だぶだぶのTシャツをリメイクする最も簡単な方法の1つが、シャツの裾をウエストの位置で結ぶ方法です。結び方と結ぶ位置のバリエーションはたくさんあります。ボタンアップシャツがぶかぶかで持て余しているなら、いろいろな結び方を実践し、ホルタートップ、ドレス、スカートなどのさまざまな服にアレンジして楽しみましょう!結び方さえマスターできれば、コーディネイトは無限大です!

方法 1 の 2:
Tシャツを結ぶ

  1. 1
    ぶかぶかのTシャツを着る 丈が長く、ゆったりとしたシャツであれば、生地の面積も多く、結びやすいでしょう。
  2. 2
    昔ながらのシンプルなおだんご結びにする 人差し指と親指でОの字を作ります。シャツがウエストにフィットするように、裾をOの字に通しましょう。親指で根元を押さえ、裾部分を人差し指と中指に巻き付けて輪にします。先端部分を輪に通したら、引っ張って結び目を作りましょう。[1]
    • 先端を結び目の下に隠してもよいでしょう。
  3. 3
    かさばらないようにうさぎの耳結びにする シャツの裾部分を2つに分け、それぞれの手で1束ずつ持ちましょう。左耳を右耳に乗せて交差させ、靴の紐を結ぶように、左耳を下から上へ通して引っ張ります。仕上げに両耳を引っ張ってしっかりと結びましょう。[2]
  4. 4
    輪ゴムやヘアゴムを使ってフリルスタイルにする 親指と人差し指でOの字を作ります。手をシャツの内側に持っていき、生地をOの字に通して、シャツが体にぴったりとフィットするまで引っ張りましょう。指で生地をしっかり押さえたら、押さえている指のすぐ下の位置で、輪ゴムやヘアゴムで留めます。しっかり留めたら手を放しましょう。[3]
    • シャツの内側で結びましょう。前身ごろの結んだ部分から生地が波打つように仕上がります。
    • 内側からシャツを引っ張ってタイトにしていくと、裾部分が元の位置から上に上がっていきます。その際に内側で結んだ生地が外から見えないように注意しましょう!
  5. 5
    結び目の位置を変えてみる 体の前で結ぶのではなく、背中側で結んでみましょう。体の横で結ぶなど、ひねりを加えても構いません。また、きつく結んで裾を上に上げることで、お腹のあたりがいくらか見えるようにしてもよいでしょう。[4] [5]
    広告

方法 2 の 2:
ボタンアップシャツを結ぶ

  1. 1
    半袖のシャツを普通に着て裾を結ぶ 半袖のボタンアップシャツを着ます。この時まだボタンは留めないようにしましょう。シャツの左右の裾を持って、腰の位置で二重結びにします。着心地よく、ぴったりフィットするようにしましょう。最後にシャツの残りの部分のボタンを留めます。胸の谷間が見えるように、上部のボタンを1~2個外しておいてもよいでしょう。[6] [7]
  2. 2
    長袖のシャツを体に巻きつけてチューブトップにする 長袖のボタンアップシャツを、脇の下の位置で背中から羽織ります。シャツが体にぴったりフィットするように、体の前でボタンを留めましょう。袖を前にまわして、胸の下でリボン結びにします。襟は背中から突き出た状態のままでも、内側にしまっても構いません。[8]
    • シャツの裾をハイウエストのスカートやパンツに入れて、コーディネイトを完成させましょう。
  3. 3
    シャツの袖を首の後ろで結んでホルターネックにする 長袖のボタンアップシャツを、脇の下から体に巻きつけるように羽織ります。シャツが体にフィットするようにボタンを留めましょう。両袖を肩の前を通して首の後ろに引き上げ、しっかりと結びます。襟は出しておいても、外から見えないようにシャツの中にしまってもよいでしょう。[9]
    • 結び目を左右どちらかの肩の位置に持ってくることで、ワンランク上の着こなしになります。ハーフボウに結ぶとよりオシャレに仕上がるでしょう。
    • 左袖を右袖に巻き付けて輪を作り、その輪の中に左袖の一部を通して引っ張ればハーフボウスタイルになります。
  4. 4
    オーバーサイズの長めのシャツをかわいいドレスにする 長袖のオーバーサイズのボタンアップシャツを、脇の下から胸に巻きつけるように羽織ります。シャツが体にフィットするようにボタンを留め、ボタン側が後ろに、襟側が前になるように回転させましょう。袖を体の前に回して、胸のすぐ下やお腹の上あたりで、二重結びにします。[10]
    • 襟を外に出しておくと、素敵なデザインのドレスに仕上がります!
    • 普通のボタンアップシャツを使っても構いませんが、シャツの丈が短いとミニドレスになってしまうので注意しましょう。
  5. 5
    長袖のシャツを腰に巻き、ボタンを留めてスカートにする 長袖のボタンアップシャツを腰の位置で巻きつけるように羽織って、ボタンを留めましょう。袖を腰に巻きつけて、ハーフボウスタイルに結びます。襟をシャツの内側にしまえば完成です。[11]
  6. 6
    シャツのボタンを留めずにシックなスタイルにする 長袖のボタンアップシャツを腰の後ろ側、おしり部分に当てましょう。袖を腰に巻きつけて、前で二重結びにします。シャツは、服との相性を考えて選ぶようにしましょう。[12]
    • ボタンは留めずに外しておきましょう。シャツがより素敵に見えるはずです。
    • 肌寒くなってきたら、シャツをほどいて羽織りましょう!
    広告

ポイント

  • 小柄な体型の人は、男性用のボタンアップシャツを使いましょう。女性用より大きめで、生地の面積も多いので結びやすいでしょう。
  • Tシャツを結ぶ位置は、好みに合わせてどれだけ上下させても構いません。
  • シャツのサイズが大きいほど、結んでアレンジしやすいでしょう。体にフィットしたTシャツやボタンアップシャツではうまくいきません。
広告

注意事項

  • 結んだまま1日以上放置すると、シャツが伸びてしまうことがあります。
  • Tシャツの結び目は、ほどいてから洗濯機に入れましょう。シャツがダメになったり伸びたりする危険があります。
  • 塗料やステンシルを使って、Tシャツを個性的にリメイクしましょう!
広告

関連記事

絞り染めTシャツを作る
ラルフローレンの偽物を見分けるラルフローレンの偽物を見分ける
洗濯機で衣類を縮める洗濯機で衣類を縮める
ジーンズを伸ばすジーンズを伸ばす
噛んだファスナーを直す
色あせた服を復活させる色あせた服を復活させる
ジーンズについた血液のシミを落とす
防犯タグを外す防犯タグを外す
皮膚に付いた食品着色料を落とす
ジーンズの股にあいた穴を補修する
縮んだ服を伸ばす
ジーンズのウエストを詰めるジーンズのウエストを詰める
革に付いた油染みを落とす
リーバイスの偽物を見抜くリーバイスの偽物を見抜く
広告

このwikiHow記事について

Kalee Hewlett
共著者 ::
ファッションエキスパート
この記事の共著者 : Kalee Hewlett. ファッションエキスパートで、セルフイメージの向上や生活習慣の改善をサポートするトランスフォメーショナルコーチのカリー・ヒュ―レットは、ファッション業界に15年以上携わっています。個人及び有名人のパーソナルスタイリストとして活躍し、その作品は NOX、 DT、そしてThe Vergeなど数多くのファッション雑誌に掲載されています。TLC放送番組「究極の買い物人」の主任スタイリストに抜擢されたほか、ファッション番組「デザインの天才-第2シーズン」では司会者を務めました。
カテゴリ: 衣服
このページは 191 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告