シャボン玉液を作る方法

この記事には:シャボン玉液 その1シャボン玉液 その2吹き具を作る出典

シャボン玉はとても楽しく、特別な材料は何一つ必要ありません。作り方もいたって簡単です。欲しいだけ作ってたくさん遊びましょう。

1
シャボン玉液 その1

  1. 1
    液体洗剤(台所用洗剤、ベビーシャンプーなど)、ボウル、水、スプーン、砂糖、増粘剤(任意)を用意します。
  2. 2
    洗剤をボウルやカップに入れ、水を加えます。使用する洗剤や水の種類によって、必要な水の量は異なります。以下にご紹介する割合を参考に、いろいろ試して最適の割合を見つけましょう。
  3. 3
    グリセリン、砂糖、コーンシロップなどの増粘剤を加えます。ただし、増粘剤の量が多いと、液の粘度が高すぎてシャボン玉にならないので気をつけましょう。
  4. 4
    液を静かにしっかりと混ぜます。
  5. 5
    完成です。外に出て、満足するまでシャボン玉で遊びましょう。さらに、液を1日置いておくと、シャボン玉が割れにくくなります。

2
シャボン玉液 その2

  1. 1
    ボウルにぬるま湯を入れます。
  2. 2
    洗剤を加えます。
  3. 3
    グリセリン、砂糖、コーンシロップなどの増粘剤を大さじ1杯半加えます。
  4. 4
    しっかりとかき混ぜます。
  5. 5
    この液にお好きなシャンプーを加えます。しっかり混ぜます。
  6. 6
    蓋つきの容器に入れます。
  7. 7
    完成です。戸外でシャボン玉遊びを楽しみましょう。

3
吹き具を作る

  1. 1
    「吹き棒」がなければ、細い針金やモールを輪にして作ることができます。シャボン玉が出る輪を針金で作り、端をねじるだけです。針金を上手に曲げれば、ハート形や四角にもできます。
  2. 2
    針金ハンガーを使って、特大の吹き棒を作ります。三角形のハンガーを丸く整えます(必須ではありませんが、シャボン玉には丸いほうが適しています)。
    • ハンガーのフックの形を整えて、吹き棒の持ち手にします。
    • お好みで、持ち手にテープを巻きます。
    • シャボン玉液をたっぷりつけるには、モールを使います。先に作った針金の輪にモールを巻き付けていきます。針金の輪の約2.5cmにモールを1回巻きます。モールを1本巻き終わったら、端から約5mmの箇所を先端が細いプライヤーでフック形に折り曲げます。次のモールも同様に曲げてフック同士を引っかけ、外れないようにプライヤーで押し潰します。このようにして、針金の輪全体をモールで覆います。モールの両端は、先述のようにプライヤーで固定します。これをシャボン玉液に浸すと、モールに液がたっぷり浸みこみ、大きなシャボン玉を作ることができます。少し練習が必要ですが、30cmほどの大きなシャボン玉を作れば周囲も驚くことでしょう。

ポイント

  • 水道水よりも蒸留水が適しています。これは、水道水に含まれるミネラル成分がシャボン玉にわずかに影響するためです。
  • シャボン玉液が残り少なくなったら、台所用洗剤と水を混ぜて簡単に補充できます。シャボン玉液を買いに行く必要はもうありません。
  • 台所用洗剤やベビーシャンプーの代わりに、ボディーソープを使うこともできます。
  • 可能ならばアルコールフリーの洗剤を使うと、良いシャボン玉液が作れます。アルコールフリーの製品が手に入らなければ、普通の洗剤をボウルに入れて一晩おき、アルコール分を蒸発させてから使いましょう。
  • 紙製のラッパでもシャボン玉を作ることができます。紙を円錐形に丸めて、端の余分な部分を切り落とします。広い口をシャボン玉液に浸し(最初は30秒間)、細い口から吹きましょう。重なった紙にシャボン玉液がたっぷりついて、とても大きなシャボン玉が作れます。
  • 大きな吹き棒が入る大きさの鍋などがなければ、段ボール箱を使いましょう。ほどよい大きさの段ボール箱を浅いトレー形に切ります。このトレーをゴミ袋などの大きなビニール袋に入れます。袋の端をトレーの中にたくし込んで、箱を完全に包みます。ここにシャボン玉液を入れて遊びましょう。
  • 作ったシャボン玉液を1日置くと、シャボン玉が割れにくくなります。
  • 海外では、セットの缶飲料を6パックリング(プラスチック製の輪が繋がった器具)で束ねて売っていることがあります。こうしたものでも、簡単に大きなシャボン玉を作ることができます。
  • シャボン玉は湿度の高い時ほど割れにくくなります。乾燥した空気は(水性の)シャボン玉の大敵です。

注意事項

  • シャボン玉液を飲むと体調を崩す恐れがあります。第一、美味しくありません。

必要なもの

  • かき混ぜるための大きなスプーン(材質は問いません)
  • 台所用洗剤またはベビーシャンプーまたはボディーソープ
  • ボウル
  • グリセリン(任意)
  • 砂糖(任意)

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む89人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 趣味・工芸 | 趣味・DIY

他言語版:

English: Make Bubble Solution, Español: hacer solución para hacer burbujas, Deutsch: Seifenblasenwasser herstellen, Русский: сделать мыльный раствор, Italiano: Preparare la Soluzione per le Bolle di Sapone, Français: préparer de la solution pour faire des bulles, 한국어: 비눗방울 용액 만드는 법, العربية: صنع محلول الفقاقيع, ไทย: ผสมน้ำสำหรับเป่าฟองสบู่, Tiếng Việt: Làm nước xà phòng thổi bong bóng, Bahasa Indonesia: Membuat Larutan Gelembung Sabun, 中文: 配制泡泡水, Nederlands: Bellenblaas maken

このページは 2,214 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?