シャワーを浴びる方法

この記事には:シャワーを浴びる用意をする体を洗うシェービングと歯磨き仕上げ記事のサマリー動画

何百万人もの人が習慣的に毎日シャワーを浴びます。シャワーは体を綺麗にする上で、迅速かつ効果的で、爽快感を伴う手段と言えるでしょう。スポーツや運動をした日にはシャワーを浴びましょう。シャワーの浴び方に興味があれば、以下の記事を読みましょう。またはそれとなくシャワーを浴びるように促したい人が身近にいるようであれば、この記事のリンクを送ってみても良いでしょう!

パート 1
シャワーを浴びる用意をする

  1. 1
    服を脱ぐ 汚い服を洗濯かごに入れましょう。清潔な服やパジャマは、シャワーの水がかからない場所に置いておきます。[1]
    • 眼鏡やコンタクトレンズも外します。
    • 時計やネックレス、またその他の装飾品も外しておきましょう。
  2. 2
    水温を適度に調整する 水が温かくなるまで出しっぱなしにしておきます。水が下に落ちるようにシャワーヘッドの位置を確認し、外に飛び散らないように気を付けます。水温が熱くなり過ぎないように注意しましょう。指先と比べて、手首の方が温度を正確に測ることができます。手首を使って水温が適温であるかどうかを判断しましょう。[2]
    • あまりにも暑く、湿度が高い時や、激しい運動をした後には低めの温度か冷水のシャワーを浴びても良いでしょう。
  3. 3
    適温になったら注意してシャワー室に入る 慌てて飛び込むと滑って転倒する恐れがあるため、ゆっくりと入室しましょう。
    • 水温を完璧に調整していない状態でシャワー室に入っても良いでしょう。シャワーを浴びながら水温を調整すると、少量ですが水を節約できます。それでも、シャワー室に入る段階で水が冷た過ぎず、熱すぎないように注意しましょう!

パート 2
体を洗う

  1. 1
    体全体を濡らす シャワーを浴びながら何回か体をひねって体全体を濡らしましょう。髪を洗う場合には、頭と髪全体を濡らします。体を洗う際に、まず泥や塵をすすぎ落す必要があります。特にお湯には筋肉を弛緩させる効能があります。[3]
  2. 2
    少量のシャンプーを泡立たせて髪につける 泡が優しく頭皮の奥にまで浸透するようにし、毛束全体が先端に至るまで泡立つようにしましょう。大量のシャンプーを使う必要はありません。大量に使うと、シャンプーがすぐに無くなってしまうだけでなく、髪に含まれる適量の天然油分まで奪い去られてしまいます。手の平の四分の一の面積に相当する量だけシャンプーを取りましょう。少なめの量を取り、必要に応じて追加しましょう。[4]
    • 毎日髪を洗うのではなく、一日置きに洗いましょう。髪を洗い過ぎるとダメージが生じる恐れがあります。[5]
  3. 3
    髪から完全にシャンプーを洗い落とす 石鹸分が含まれた状態で髪を乾かさないようにします。[6]
    • 髪にシャンプーが残っていないかどうかを確認するために、髪が濡れた状態で絞ってみます。髪から流れ落ちる水の色を見てみましょう。わずかにシャンプーが残っているのが見えるようであれば、完全にシャンプーが無くなるまですすぎ続けます。
  4. 4
    髪にコンディショナーをつける 髪を洗うだけでなく、お好みのコンディショナーをつけることで髪の印象や感触、また健康状態を向上できます。コンディショナーは泡立ちません。そのために頭皮から先端にかけて、髪全体が滑らかな感触になるまでなじませましょう。コンディショナーに記載されている使用方法を確認します。多くの場合、コンディショナーは、洗い流す前に数分間放置することが推奨されています。しかし中には、シャワーから出た後につけるように作られているものもあります。[7]
    • シャンプーとコンディショナーを別々に使用する必要がないような、前もって混合された製品を好んで使用する人々もいます。
  5. 5
    顔を濡らす まず顔を濡らし、指や洗面タオルを使って少量の洗顔料や角質除去用のスクラブをつけます。顔の周りで優しく洗顔料を30秒程こすります。こうして頬、鼻、顎やおでこ、またニキビが突然発生したような場合には首や背中の上部にも行きわたるようにします。目には入らないように気を付けましょう。ニキビ予防洗顔料を使用する際には、少なくとも30秒間放置して毛穴に浸透させましょう。その後に洗面タオルと顔を完全にすすぎます。
    • 特別な洗顔料を使う代わりに普通の石鹸を使用しても良いでしょう。洗顔しないよりは良いとはいえ、洗顔用以外の石鹸を使用し続けると、肌が乾燥して不快感が生じる可能性があります。
  6. 6
    体を洗う 固形石鹸かボディーソープを、タオルや、ボディー用ナイロンタオル、ボディースポンジ、また手につけます。準備が整えば体全体を洗ってみましょう。首と肩部分から始めて、体の下部に移動します。脇の下や背中もしっかりと洗いましょう。陰部やお尻は最後に洗います。耳の後ろや、首の後ろ、また足の指の間も洗い忘れないようにしましょう。[8]
  7. 7
    石鹸を洗い落とす シャワーを浴びながら体をひねって指でこすります。こうすることで、落ちそびれた石鹸やゆるんだ垢をこすり落とします。髪を手でとかして余分な石鹸を完全に落としましょう。洗い忘れた箇所があれば、このタイミングで洗います。

パート 3
シェービングと歯磨き

  1. 1
    任意でと脇の下をシェービングする シャワーを浴びるタイミングこそが、脚のムダ毛や腋毛を除去する上で最適だと考えている人は少なくありません。
    • 若い女性や大人の女性の間で、脚のムダ毛や腋毛を剃ることが普通と見なされる国もありますが、そうしなければ綺麗になれないという訳ではありません。最終的には、これは個人的な決定です。なかなか決断できないようであれば、信頼できる女友達に相談しても良いでしょう。また生活している文化圏の習慣も考慮に入れてみましょう。ボディースクラブで脚部分の角質を除去すると、死んだ皮膚を除去できるためシェービングがしやすくなります。
    • 脚を濡らしてからシェービングクリームやコンディショナーを脚につけて泡立たせます。
    • 剃刀を使って、毛の地肌とは反対方向に向けて上向きに剃ります。足首から始めて上に向かいましょう。最後に足の甲の毛も剃ります。
    • 特に膝や脚の裏部分を剃る際には、怪我をしないようにゆっくりと剃りましょう。隆起部に当たって肌を切ってしまう可能性があります。
    • 腋毛に関しては、脇の下にシェービングクリームかコンディショナーを泡立たせてから上下に剃ります(ゆっくりと)。腋毛は両方向に生えています。
  2. 2
    髭を剃る 男性の中にはシャワーを浴びながら髭を剃ることを好む人がいます。このため、水や蒸気の下でも曇らないようなシャワー室用の鏡が必要です。この鏡さえあれば、シャワーを浴びながら髭を剃ることで時間を節約できるでしょう。また必然的に温かいお湯の下でより長い時間過ごすこともできます。
  3. 3
    ビキニライン付近や陰毛を任意でシェービングする 男性や女性の中にはシャワーを浴びる際に、陰毛やビキニライン付近の余分な毛の手入れやシェービングをする人がいます。この場合には十分気を付けると共に、姿勢を維持できるような空間がシャワー室内にあり、シェービングをする上で十分な明るさがあるかを確認しましょう。
  4. 4
    歯磨きをする 奇妙に思えるかもしれませんが、実はシャワーを浴びる際に歯磨きをすることはとても効率的です。舌をブラッシングできるだけでなく、歯磨き粉が髪や服に付く心配もありません。

パート 4
仕上げ

  1. 1
    最後にもう一度体をすすぐ 体から石鹸を完全に落とす上でこれは非常に重要です。次のステップに進む前に髪からコンディショナーを完全に落とします。
  2. 2
    お湯を止める しっかりと蛇口を閉じて貴重な水を無駄使いしないように注意しましょう。シャワー室を出る用意をし、室内に持ち込んだ物品を回収しましょう。
  3. 3
    シャワー室を出る 浴室で滑ると危険なため、気を付けて外に出ましょう。
  4. 4
    タオルで乾かす ラグかマットの上に立った状態で近くにあるタオルを取ります。頭、顔、腹部付近、腰付近、脚、陰部付近や足をタオルで優しく拭き上げます。丁寧に拭き上げれば、水はマットやラグにしか残らないので、床の他の部分に飛び散ることもありません。顔を乾かす際には強くこすらず、タオルで優しく叩くように乾かします。
  5. 5
    衛生用品をつける このタイミングでデオドラントや、ローション、アフターシェーブローション、また濡れた状態でつけるような整髪剤等をつけます。その他にも、服を着ている状態ではつけるのが困難な製品をこの時につけてもよいでしょう。
  6. 6
    清潔な服を身に付け、毎日これを習慣的に行う 清潔な下着を身に付け、その後残りの服を着ましょう。これにてシャワーを浴びることが終了します。寝る準備、または一日を始める準備が整いました。

ウィキハウ動画: シャワーを浴びる方法

動画を見る
Did this video help you?
もう一度見る

記事のサマリーX

シャワーを浴びるには、まずお湯を出し、熱すぎない程度に温かくなるまで出しっぱなしにしておきます。浴室に入る前に、手でお湯の温度を確認しましょう。浴室に入り、シャワーのお湯の下に立って体を洗い流します。次に、ボディーソープか石けんを使い、スポンジや手で体を洗います。また、シャワー中に普段使っている洗顔料で顔も洗いましょう。髪の毛を洗う場合は、髪全体を濡らしてから、シャンプーとコンディショナーをつけます。コンディショナーをつける前に、髪の毛からシャンプーを洗い落とすようにしましょう。流し終えたら、注意しながら浴室から出て、清潔なタオルで体を拭きましょう。日々のシャワーを特別な空間にしたい場合は、角質除去スポンジ、バスローブ、エッセンシャルオイルなどのバスグッズを購入し、シャワーを小さなスパに変身させましょう。浴室をスチームサウナにしたい場合は、お湯から湯気が出ている状態で、浴室の床にエッセンシャルオイルを数滴たらしてみましょう。最後に、浴室に入る前に音楽をかけておくと、体をきれいにしている間も音楽に乗りながらリラックスできるでしょう。 シャワー中に、ひげを剃ったり歯を磨く方法を知りたい場合は、記事を読み進めましょう!

ポイント

  • 髪を洗いたくない場合や、濡らしたくない場合には、シャワーキャップを着用しましょう。
  • シャワーを浴びた直後に髪をとかすことは控えましょう。濡れている時の髪は非常に繊細です。
  • 足の踵部分の皮膚は温かいシャワーにより柔らかくなっています。角質除去により、死んだ皮膚は簡単に除去できます。
  • シャワーを浴びている際にシェービングした場合には、強くこすって乾かすのではなく、軽く叩くように乾かしましょう。不快感やダメージを防ぐことができます。
  • シャワー室の横にマットを敷いておきます。床にマットを(タオルでも)敷いておくと、外に出る際に滑って転倒することを防げます。
  • シャワーを浴びる前に髪をとかしておきます。人間は毎日少しずつ髪を失っていきます。ブラッシングをしてシャワーを浴びる前にその大半を取っておくと、シャワー室の排水口が髪で詰まるような事態を防げます。
  • 電話やラジオを通して音楽を聴くこともできますが、水がかからない場所に置いておきましょう。また水やその他の危害を与える恐れがあるものから保護しておきましょう。
  • 髪を逆さに持ち上げて、髪の根元や頭の底部を洗います。
  • 石鹸の泡を流している際にシャンプーが目に入るのが心配であれば、シャワーの近くにタオルを置いておきましょう。またすすいでいる際に目を閉じます。すすぎ終わった際に、タオルを使って目を優しくこすり、石鹸やシャンプーが顔に残らないようにします。ゆっくりと目を開けます。
  • シャンプーとコンディショナーが混合された製品の使用は控えましょう。シャンプーは髪に10秒間放置しておくことが可能ですが、コンディショナーはつけてから数分間放置する必要があります。

注意事項

  • シャンプーや石鹸が目に入らないように注意します。ヒリヒリとした刺激が生じる恐れがあります。
  • シャワー室内で電子製品を使用してはいけません!これにはヘアドライヤー、携帯電話やラジオが含まれます。電源コードや電池を備えた製品を浴槽やシャワー室内で決して使用してはいけません。
  • ペットがシャワー室内にいないことを確認してからお湯を出しましょう。シャワー室内に座るのを好む猫が時折いるので、お湯を出す前に確認しておきましょう。
  • 扉を施錠するとプライバシーは確保できますが、シャワー室内で転倒したり怪我をした際に、救急隊員による救助が遅れる可能性があります。信頼できる人たちと暮らしているのであれば、扉を施錠する必要が本当にあるかを今一度考えてみましょう。扉を施錠するのであれば、簡単に見つかるような場所に鍵を保管しておいてもよいでしょう。
  • 裏面に吸盤が付いたゴム製か丈夫なシャワーマットの購入を検討しても良いでしょう。ゴムによる粘着摩擦により、シャワー室内での転倒や怪我を防げます。また吸盤はシャワー室内でのズレを防ぎます。しかし湿度によりマットの下からカビが生えてくる恐れもあるので、 清潔で乾燥した状態で保管するようにしましょう。
  • 女性の場合には陰部を洗う際に注意しましょう。少量の石鹸が体内に入っても問題はありませんが、必要以上の量であれば組織に害が及ぶ恐れがあります。[9]

必要なもの

  • シャンプー
  • コンディショナー
  • 石鹸
  • 洗顔石鹼
  • 洗面タオル
  • ボディースポンジ、ブラシ、ボディー用ナイロンタオル(任意で)
  • タオル
  • バスマット
  • 清潔な布
  • バスローブ(任意で)
  • 櫛かブラシ(任意で)
  • ボディーローション(任意で)
  • 剃刀(任意で)
  • デオドラント
  • 歯ブラシ(任意で)
  • ボディー用保湿剤(任意で)

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む364人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 個人衛生

他言語版:

Español: tomar una ducha, Italiano: Fare la Doccia, Deutsch: Richtig duschen, Português: Tomar Banho, Français: prendre une douche, Nederlands: Een douche nemen, Русский: принимать душ, Bahasa Indonesia: Mandi dengan Baik, 中文: 洗澡, Čeština: Jak se osprchovat, ไทย: อาบน้ำ, हिन्दी: नहाये, العربية: الاستحمام بالطريقة الصحيحة, Tiếng Việt: Tắm, 한국어: 샤워하는 방법

このページは 216 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?