一杯のシャンパンやスパークリングワインは、特別な行事をお祝いしたり、新年を迎えたりするのにぴったりです。また、特別なブランチを楽しむ際のお酒としての相性も最高です。しかし、ボトルを開けてから数時間以内に飲み終えない場合は、再度栓をして別の日まで取っておきましょう。ボトルにきちんと栓をし直せば、飲みかけのシャンパンやスパークリングワインは3~5日もちます。シャンパンに適切に栓をし直す方法はいくつかあります。また、適当な道具が無くても、いざというときに残りを長持ちさせるコツもあります。

パート 1 の 2:
シャンパンに再度栓をする

  1. 1
    古いコルクを試します。シャンパンのコルクは、ボトルから外すとキノコ型に広がり、再度ボトルにはめることはできません。通常のワインのボトルや、一部の強いお酒のボトルで使われている真っすぐなコルクは、シャンパンの残りを保存する際に再利用できます。[1]
    • 古いコルクを再利用する場合、古いワインやウイスキーのコルクを、元のコルクの代わりにシャンパンのボトルにはめます
    • シャンパンのボトルは、二酸化炭素によってボトルの中に生じる圧に耐えられるよう、特別にデザインされています。残ったシャンパンを保存する方法として、通常のワインのボトルに移し替えてはいけません。[2]
  2. 2
    特別な栓やストッパーを使います。シャンパンを保存するために作られた栓やストッパーがあり、それらはシャンパンのボトルに合うよう、特別にデザインされています。中にはボトル内の空気を抜いて真空密封する栓もあれば、ボトル内で発生する圧に耐えられるように特別にデザインされたストッパーもあります。
    • フランスのシャンパーニュ地方の特別な伝統技法で作られたワインだけがシャンパンと呼ばれます。異なる地域で作られたスパークリングワインのボトルは、異なる口の大きさをしています。そのため、必ずシャンパン用のストッパーを使いましょう。
  3. 3
    ラップを使います。誰でも古いコルクや特別なシャンパン用の栓が手元にあるわけではありません。3つ目の選択肢は、口をラップで覆う方法です。縁の周りをぴったりふさぎ、ボトルの首の周りに輪ゴムを巻いてラップを固定します。
    広告

パート 2 の 2:
残ったシャンパンを冷やして保存する

  1. 1
    氷でシャンパンを冷やします。一晩かけてシャンパンのボトルを飲み切るつもりなら、氷をたっぷり入れたバケツの中に入れて風味を保ちましょう。シャンパンは44.6~57.2F(7~14℃)で飲むのが理想です。
    • 氷と水を半々に混ぜたものをワインクーラーまたは金属のバケツの半分まで入れます。優しくボトルをバケツに入れ、さらにバケツいっぱいまで氷と水を加えます。ボトルの上から1/3までは外に出すようにしましょう。[3]
  2. 2
    シャンパンを冷蔵庫で保管します。ボトルをすぐに飲み終えるつもりでも、そうではなくても、冷たくしておくことが、風味と炭酸を保つうえで最も重要なことの一つです。実際、開けたボトルを24時間以内に飲み終えるつもりなら、栓をしないで単純に冷蔵庫に入れておくだけでも、当分の間は問題ありません。[4]
  3. 3
    シャンパンを凍らせてはいけません。ワインを凍らせると風味が損なわれるだけでなく、長時間放置しすぎるとボトルが破裂することもあります。
    広告

関連記事

How to

ワインオープナーを使わずにワインを開ける

How to

栓抜きを使わずにボトルを開ける

How to

牛乳を冷凍保存する

How to

腐った牛乳を見分ける

How to

折れたコルクを抜く

How to

牛乳を温める

How to

ビールを一気飲みする

How to

ミルクシェイクを作る

How to

ペットボトルを開ける

How to

アマルーラリキュールを楽しむ

How to

バナナスムージーを作る

How to

透明な氷を作る

How to

自家製ビールを作る

How to

アップルサイダーを作る
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 飲み物
このページは 607 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告