人にお金を借りるのは、少々気まずいものです。特に、ショートメールやLINEメッセージなどでお願いしなければならない場合は、なおさらです。そのときの気持ちは誰にでもわかるはずです!幸いにも、できるだけ円滑にお金を借りるために実行できる簡単なことがいくつかあります。この記事では、ショートメールなどで借金をお願いする際に役立つ方法を紹介します。記事を読み進めましょう!

方法 1 の 8:
借金をお願いする理由を正直に伝える

  1. 1
    お金の使用目的を説明すると、借りられる可能性が高くなります。相手の電話番号を知っているということは、その相手は恐らく友人、同僚、家族なのではないでしょうか?このような人々であれば、あなたの境遇に共感してくれる可能性が高いはずです。お金が必要な理由と使用目的を簡潔に説明しましょう。[1] 例えば、下記のようにお願いしてみましょう。
    • 「○○君!お願いしにくいんだけど、ちょっと困っているの。電気代の支払期限が金曜なんだけど、給料日が30日までお金がないの」
    • 「こんにちは、○○おじさん!今月は学校の教材費用のお金を取っておくの忘れてしまって、来週から学校が始まるんですが、お金を貸してもらえませんか?」
    • 「○○君!本当に恥ずかしいんだけど、今レストランにいて食べ終わったところなんだけど、会計しに行ったところで家にお財布置いてきたのに気づいたの。PayPayで少しお金送ってもらえる?
    広告

方法 2 の 8:
必要な金額を明確に伝える

  1. 1
    話を曖昧にしていると、相手はあなたに利用されていると感じるかもしれません。曖昧な表現をしてはいけません!金額をはっきりと伝えなかったり、具体的な金額を書かずに「家賃のため」などと曖昧に伝えると、あなたがお金を搾り取ろうとしているのではないかと思われてしまうでしょう。さらに、相手が「いくら必要なの?」と聞かなければならない状況になれば、相手はうんざりするに決まっています。金額を明確にすると、お互い気持ちが楽になります。[2] 下記のようにお願いしてみましょう。
    • 「うちの家賃、8万8千円なんだけど、2万円足りないんだ」
    • 「飲食代に2千円だけ足りないんだけど、それだけあれば何とかなりそう!」
    • 「本屋にいるんですが、教材費に1万4千円必要なんです」

方法 3 の 8:
お金が必要な時期を伝える

  1. 1
    緊急の場合や大金が必要な場合は、期日を知らせるようにします。相手がお金を貸しやすい状況にするのが得策です!数万円以上借りる必要があれば、相手がお金を準備しやすいように、事前に知らせておくようにします。光熱費などの支払いでお金が必要な場合は、支払期限を知らせておきましょう。早急に現金が必要な場合は、その旨を明確に伝えます。下記のように伝えてみましょう。
    • 「家賃の支払いが来月の1日までだから、2週間以内にお金が必要なの」
    • 「光熱費の支払期限が10月24日だから、それまでにお金を借りられるかな?」
    • 「本当に緊急事態なの。今レストランにいるんだけど、レジでウェイターに今支払うように言われているの」
    広告

方法 4 の 8:
お金の受け取り方や送金方法を提案する

  1. 1
    余計なことで相手の手を煩わせてはいけません。既に借金のお願いをしているわけですから、相手にとって最も楽な方法でお金を受け取るようにしましょう。もちろん具体的な状況にもよりますが、可能であれば2つ以上の選択肢を提案するのが得策です。選択肢が1つしかない場合は、必ず明確にしておくようにします。例えば、下記のように伝えましょう。
    • 「今、PayPayでお金送ってもらえる?それか、楽天Payでも大丈夫。店員がすぐ横にいるの」
    • 「直接うちのアパートの○○管理会社宛てに送金してもらえるかな?そしたら、大家さんに支払えるから」[3]
    • 「○○君の都合がよければ、ちょっと寄っていくから2千円借りられる?本当に助かる!」

方法 5 の 8:
返金時期を伝える

  1. 1
    返金する約束をすれば、お金を借りられる可能性が高まるでしょう。家族や恋人から1万円以下程度の金額を借りる場合、返金してもらえるかどうかはあまり気にしないかもしれませんが、それでも必ず返金を申し出ましょう!かなりの金額を借りる場合、返金時期を明確に伝えておくと、大抵の人は安心します。[4] 下記のように言ってみましょう。
    • 「来週の金曜日に給料が入るから、その日に2万円返せるよ」
    • 「まとめて1度に10万円は返金できないけど、毎月1万円ずつ払って完済するつもり」
    • 「今、私のPayPayに送金してくれたら、お礼に今週の日曜日の夜に外食するときにおごるよ!」
    広告

方法 6 の 8:
大金を借りる場合は文章で明確に記す

  1. 1
    返済計画の詳細を記した文書を作成し、相手に安心してもらいましょう。大金を借りる際、特に返済に時間がかかるとわかっている場合には、かなり気まずい雰囲気になるものです。このような場合には、返済期日や分割払いの金額を明記した支払い計画書を作成すると、気まずい空気を和らげられるでしょう。[5] 例えば、下記のように言ってみましょう。
    • 「隔週金曜日に給料が入るから、その都度PayPalで1万円送金するね。次の金曜日に最初の1万円を送金する予定。そのスケジュールでいけば、2月24日までに返し終わるけど、それでいいかな?」
    • ショートメールやメッセージなどで借金のお願いをするため、追って数分後には詳細を明記した書面を添付して送信する旨を伝えるようにします。内容を確認してもらい、相手が納得してから送金してもらうようにしましょう。[6]

方法 7 の 8:
相手にお金を貸している場合は、それとなく気付かせる

  1. 1
    友人にお金を貸していることを面と向かって突きつけたくない場合は、それとなく気付かせましょう。友人に返金をお願いするのは、少々気まずいものです!友人が返すと約束した日が既に過ぎてしまっている場合は、それとなく気付かせて大目に見てあげましょう(忘れているだけかもしれません)。[7] 返金を要求する前に、まずは下記のような内容をさりげなく伝えてみましょう。
    • 「全然お金がなくて、今夜は一緒にナイトクラブに行けないの。」
    • 「家賃の支払期限が来週なんだけど、お金が足りないの。どうしよう」
    広告

方法 8 の 8:
早急に返金してもらう必要がある場合は、冷静かつ率直に伝える

  1. 1
    緊急性を説明すると、少々お願いしやすくなります。この時点で友人に非常に腹が立っていたとしても、「貸した5千円が今すぐ必要なの!」と要求するのは、最善策とは言えません。友人が自分の状況に同情してくれるように、冷静にアプローチしてみるようにします。[8] 例えば、下記のように伝えてみましょう。
    • 「お願いしにくいんだけど、貸した5千円がどうしても必要なの。それがあれば、クレジットカードの請求書の支払いができるの。それでね、支払期限が1週間後なの……」
    • 「ちょっとお願いがあるの。車のローンが金曜日に迫っていて、お金が足りないの。1万円貸してくれたら期限内に返済できるんだけど…… :)」
    • 実際に相手を責めずに相手に気付かせるには、直接PayPalの送金リクエストを送ってみましょう。これで解決するかもしれません。[9]

関連記事

銀が本物かどうか調べる銀が本物かどうか調べる
化学反応式に係数をつける化学反応式に係数をつける
陽子、中性子、電子の数を求める陽子、中性子、電子の数を求める
右利きが左手で文字を書く右利きが左手で文字を書く
英語の論文・レポートで引用をする英語の論文・レポートで引用をする
化学反応のエンタルピーを計算する化学反応のエンタルピーを計算する
華氏と摂氏の温度を換算する華氏と摂氏の温度を換算する
論文の要旨を書く論文の要旨を書く
二進法を十進法に変換する二進法を十進法に変換する
p値を計算するp値を計算する
価電子数を求める価電子数を求める
調子を聞かれた時に正しく答える調子を聞かれた時に正しく答える
右利きから左利きになる右利きから左利きになる
円の面積を求める円の面積を求める
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
このページは 169 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告