PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

シリコン製のスマートフォンケースには細菌や汚れが蓄積されるため、きれいに手入れをすることが大切です。シリコンをきれいにするには石けんと水が使えますが、刺激の強い洗剤などは避けるべきです。いざという時には、除菌シートを使えばケースから細菌を取り除くことができます。1ヶ月に1回程度はケース全体をしっかりと拭き、週に最低1度は消毒するようにしましょう。

方法 1 の 2:
毎月ケースを洗う

  1. 1
    ケースの手入れの前にスマートフォンをケースから外す 徹底的にきれいにする前に、シリコン製のスマートフォンケースを取り外します。ケースの角を優しく伸ばし、スマートフォンから徐々に引き離します。完全にスマートフォンが外れるまで、スマートフォンの外縁周りのシリコンケースを持ち上げます。[1]
    • 強く引っ張るとシリコンが傷ついたり裂けたりするため、注意しましょう。
  2. 2
    ぬるま湯240mL(1カップ強)に食器用洗剤1~2滴を入れる シリコン製のスマートフォンケースに最適な洗浄液は温かい石けん水です。容器内のお湯が温かいうちに食器用洗剤を入れて完全に溶かします。少々泡立つくらいまで溶液を混ぜ合わせます。[2]
  3. 3
    清潔な歯ブラシを石けん水に浸し、ケースをこすって洗う 石けん水に清潔な歯ブラシを1~2分間浸し、シリコンケースにつけます。小さな円を描きながらケースをこすります。シミやこびりついた汚れに集中し、スマートフォンケースをできる限りきれいにしましょう。[3]
    • 数秒ごとに歯ブラシを石けん水に浸し、徹底的にきれいにしましょう。
  4. 4
    頑固な汚れやシミの上に重曹をひとつまみ振りかける スマートフォンケースに付着している取れにくい油脂、汚れ、ゴミの欠片などは、重曹で浮かせることが可能です。汚れている箇所に直接重曹を少量振りかけます。引き続き歯ブラシでケースをこすりましょう。[4]
  5. 5
    流水の下でケースをしっかりと洗い流す ケースこすり終わったらシンクで石けん水を洗い流します。熱湯や冷水ではなく、ぬるま湯を使いましょう。洗い流す際に優しくケースをこすり、石けんが残らないようにします。[5]
  6. 6
    ケースを完全に乾かしてからスマートフォンを戻す ケースがまだ湿っている時にスマートフォンを戻すとスマートフォンが駄目になる可能性があり、ケースの内側で細菌が繁殖する恐れもあります。キッチンペーパーでスマートフォンケースを軽く押さえ、できる限り水気を取ります。その後、約1時間はケースをそのままにして完全に乾燥させてから使うようにしましょう。[6]
    • 時間がない時は、ヘアドライヤーを最低温度に設定して数秒間スマートフォンケースを乾かしましょう。
  7. 7
    細菌やシミなどを最低限に抑えるため、ケースを月に1度手入れする 日々のスマートフォンの使用により、自分と機器との間で定期的に油脂や細菌を移しあっています。月に最低1回はスマートフォンケースの内側と外側をきれいに手入れして細菌や汚れを最低限に抑えましょう。忘れないようにするには、毎月のリマインダーを設定するか、カレンダーや予定表にメモしておきましょう。[7]
    広告

方法 2 の 2:
毎週ケースを消毒する

  1. 1
    細菌を全て取り除くため、スマートフォンをケースから取り出す スマートフォンケースの外側だけを消毒してもスマートフォンとケースの隙間に細菌が残るため、効果的ではありません。常にスマートフォンをケースから取り出して完全にケースを除菌します。最善の結果を得るには、シリコンケースの内側と外側両方の細菌を除去するようにしましょう。[8]
  2. 2
    週に最低1度は除菌シートでケースを拭く ケースの内側と外側の表面全体を除菌シートで拭きます。そしてケースを数分間そのままにして乾燥させます。完全に乾いていることを確認してからスマートフォンをケースに戻しましょう。[9]
    • これは、スマートフォンに細菌がついた場合に素早く除菌するのに便利な方法です。
  3. 3
    殺菌シートがない場合は、イソプロピルアルコールでケースを拭く 消毒用アルコールを綿棒か綿球につけます。アルコールに浸した綿で、スマートフォンケースの内側と外側を拭きます。こうすると、ケースに残っている細菌が死滅するでしょう。[10]
    • 消毒用アルコールは、つけてから数秒で乾くはずです。
  4. 4
    乾いてからスマートフォンをケースに戻す ケースに湿気が残っているとスマートフォンがダメージを受ける可能性があるため、必ず乾かしましょう。数分長めに待ち、ケースが完全に乾いたのを確認してからスマートフォンをケースに戻しましょう。
  5. 5
    刺激の強い洗浄剤をケースに使うのは避ける 強力で高濃度の洗浄剤は、シリコン製品にダメージを与える可能性があります。刺激の強い洗浄剤をスマートフォンをケースに使うのは控えましょう。刺激の強い製品には、次のようなものがあります。[11]
    • 家庭用洗浄剤  
    • 窓ガラス用洗浄剤  
    • アンモニア入り洗浄剤
    • 過酸化水素入り洗浄剤
    • エアロゾルスプレー
    • 溶剤型洗浄剤  
    広告

ポイント

  • スマートフォンケースにクリスタルやラインストーン、その他の飾りがついている場合は、注意して洗いましょう。
  • シミを避けるため、暗い色のシリコン製スマートフォンケースを選びましょう。
広告

注意事項

  • 消毒のためにスマートフォンケースを煮沸するとシリコンが収縮する場合があるため、煮沸してはいけません。
  • 衣服の色がシリコンに移ってできたシミは、通常永久的に残ります。[12]
広告

関連記事

着信拒否されているか確かめる着信拒否されているか確かめる
画面保護用ガラスフィルムの気泡を取り除く画面保護用ガラスフィルムの気泡を取り除く
非通知で電話をかける非通知で電話をかける
Spotifyのパスワードを変更するSpotifyのパスワードを変更する
ポップソケッツを取り外すポップソケッツを取り外す
内線番号にかける内線番号にかける
インスタグラムに問い合わせるインスタグラムに問い合わせる
SamsungのGalaxyで動画をトリミングするSamsungのGalaxyで動画をトリミングする
携帯電話を見つける携帯電話を見つける
iPhoneにGIF画像を保存するiPhoneにGIF画像を保存する
スマートフォンのスピーカーを掃除するスマートフォンのスピーカーを掃除する
隠しカメラを見つける隠しカメラを見つける
スマートフォンをGPS追跡するスマートフォンをGPS追跡する
携帯電話のIMEI、またはMEIDを確認する携帯電話のIMEI、またはMEIDを確認する
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は1,304回アクセスされました。
カテゴリ: 携帯電話・小物
このページは 1,304 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告