PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

浴室のタイルの保護や窓枠の隙間埋めといった用途にはシリコン製シーリング材が適しています。かなり使い勝手が良く、様々な素材の表面に用いることができるシーリング材である一方で、寿命があります。長年使用していると、ひび割れが生じたり、一部が浮く、剥がれ落ちるといった問題が発生することもあります。このような時は万能ナイフや剃刀刃でシーリング材を注意深く取り除きましょう。

方法 1 の 3:
浴室のタイルに用いられているシリコンシーリング材を取り除く

  1. 1
    シャワーや浴槽を掃除する 浴室に置かれているものやバス用品は別の場所に片づけましょう。浴室用の洗浄剤でタイル部分の掃除をします。
    • 風呂あかをしっかりと落とすことのできる洗浄剤を用いましょう。
    • 低刺激の食器用洗剤でタイル掃除をすることもできます。
  2. 2
    1つ目の目地を選ぶ 万能ナイフやカミソリ刃で目地の片側に切り込みを作ります。[1] 壁にできる限り近い位置でシーリング剤の端に狙いを定める必要があるので、ナイフやカミソリ刃は短く持ちましょう。
    • 壁に傷を作ってしまわないよう、ゆっくりと切れ目を入れましょう。
    • 目地の端から端まで切れ目を入れる必要はありません。端の部分が少し浮き上がれば十分です。また、ナイフの刃の先端だけを使い、浅い切り込みを入れる程度にしましょう。
    • もう一方の側にも同じ手順で切り込みを作ります。シリコンとタイルの境界で、目地に沿ってナイフを用いますが、壁に傷を作らないよう注意しましょう。
  3. 3
    浮かせたシリコンの片側を手で持つ シーリング剤をタイルから剥がしていきます。表面の目に見えている部分と一緒に、目地を埋めていたシリコンが取り除かれていきます。剥がしにくい部分がある場合は、パテナイフを使って少し力を加えます。
  4. 4
    取り残したシーリング材も取り除く 万能ナイフやパテナイフを使って取り残していたシーリング材を注意深く剥がしましょう。[2] タイルの破損を防ぐためにも、ナイフはタイルに対して角度をつけて持ちましょう。
    • 同じ手順で、その他の目地のシーリング材も取り除きます。焦らずに時間をかけて作業を行いましょう。
  5. 5
    タイルに付着した残留物はこすり落とす スポンジにアセトンをつけ、タイルの表面をこすりましょう。落ちにくい部分は少し力を入れる必要があるかもしれません。
    • アセトンがない場合は、消毒用アルコールやミネラルスピリットで代用しましょう。
    • 80ミリリットルの漂白剤に対し3.8リットルの水を混ぜたものを用いると、あらゆるカビ、白カビに効果があります。[3] 新しいシーリング材で目地を埋め直す際は、表面が完全に乾くまで待って作業を行いましょう。
    広告

方法 2 の 3:
ガラスに用いられているシーリング材を取り除く

  1. 1
    カミソリ刃を使ってガラスの表面に付着しているシーリング材をこそぎ落とす シーリング材とガラスの境目に刃を合わせましょう。刃を持っている手に力を込め、シーリング剤をこそぎ落とします。
    • ガラス表面に傷をつけたり自分が怪我をしないよう、カミソリ刃は注意深く扱いましょう。
  2. 2
    剥がしにくい場合はヒートガンで熱をあてる カミソリ刃だけでは取り除けない場合はヒートガンを用意しましょう。高温に設定し、ノズルをシーリング材が取り除きにくい箇所に向けます。少し待ち、柔らかくなっているか確認してみましょう。ほとんどが取り除けるまで作業を続けます。
    • ヒートガンがない場合は、ヘアドライヤーを高温に設定して代用することもできます。
  3. 3
    取り残したシーリング材は消毒用アルコールとスポンジで落とす 消毒用アルコールまたはミネラルスピリットにスポンジを浸し、優しく表面を拭き取ります。[4]
    • 大量にシーリング材が残っている場合は、再度ヒートガンの熱をあて、こそぎ落としてみましょう。
    • シーリング材を完全に取り除くことができたら、消毒用アルコールに浸した布を使い、曇っていた表面をきれいにしましょう。
    広告

方法 3 の 3:
木に用いられているシーリング剤を取り除く

  1. 1
    浮きかけている部分は手で剥がす 古くなったシーリング材は、すでに部分的に木から浮き上がっていたり剥がれ始めている可能性があります。剥がしやすそうな位置から手で剥がしてみましょう。[5]
  2. 2
    残った部分はヒートガンの熱をあてる 熱によってシーリング剤が柔らかくなるので剥がしやすくなります。
    • ヒートガンはヘアドライヤーで代用することも可能です。[6]
  3. 3
    残っていたシーリング材はカミソリ刃でこそぎ落とす 木に傷をつけないよう刃は低角度で構えましょう。シーリング材は大きな塊で剥がれるはずです。指先やピンセットも使い、完全に取り除きます。
  4. 4
    残留物はシリコンコーキング除去剤を用いる まずは製品の使用方法を確認します。次に、残留物に除去剤をふきかけ、湿った布で拭き取ります。
    • 大量にふきかけすぎると水分で木が傷むので注意しましょう。
    • まずは小さく試し、木に破損や変色が起こらないことを確認しましょう。
  5. 5
    木材洗浄剤で表面の汚れを落とす 気の表面を美しく保ちます。プライマー、塗料、ステイン、ニスなどを塗る際、表面が清潔な状態でなければ作業が行えません。[7]
    広告

ポイント

  • シリコン溶解剤を使ってシーリング剤を取り除く際は、まずは小さく目立たない場所で製品を試しに使ってみましょう。溶解剤によって素材が傷まないことを確認することが大切です。
広告

注意事項

  • ナイフやカミソリ刃といった鋭い刃ものは細心の注意を払って扱いましょう。自分が怪我をしたり、素材を破損させないよう慎重に行いましょう。
広告

必要なもの

タイルのシーリング材を取り除く

  • 柔らかい布
  • カミソリ刃または万能ナイフ
  • パテナイフ
  • スポンジ
  • アセトンあるいは似た溶剤
  • 浴室タイル用の洗剤または低刺激の食器用洗剤
  • 漂白剤

ガラスのシーリング材を取り除く

  • カミソリ刃
  • ヒートガンまたはヘアドライヤー
  • スポンジ
  • 消毒用アルコール

木からシーリング剤を取り除く

  • シリコンシーリング除去剤
  • ヒートガンまたはヘアドライヤー
  • カミソリ刃
  • ピンセット
  • 湿らせた布
  • 木材洗浄剤

関連記事

エアーベッドの空気漏れを修理するエアーベッドの空気漏れを修理する
ヘアピンでドアの鍵を開けるヘアピンでドアの鍵を開ける
庭にミツバチを呼び寄せる庭にミツバチを呼び寄せる
芝生のタンポポを除去する
キャンドルのロウを落とす
アリを殺虫剤なしで殺傷するアリを殺虫剤なしで殺傷する
カタツムリを駆除するカタツムリを駆除する
ドライバーを使わずにネジを外す
革製品の臭いを取り除く革製品の臭いを取り除く
プラスチックについた傷を消すプラスチックについた傷を消す
マンゴーを熟成させるマンゴーを熟成させる
ガラスの傷を取るガラスの傷を取る
木に防水加工をする木に防水加工をする
切り花のチューリップを長持ちさせる切り花のチューリップを長持ちさせる
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
このページは 508 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告