シンクの詰まりを直す方法

この記事には:手作業で取る家にあるものを使う強い薬品を使う6 出典

シンクが詰まっていると非常に不便です。しかし、水道業者に連絡する前に自分で直すことを検討してみましょう。排水管にごみのかたまりが詰まっている場合は手作業で解決できます。また、家にあるもので排水管洗浄剤を作る、あるいは薬品を使って詰まりを取ることも可能です。この記事ではシンクが詰まった時に試せる一般的な対処法を紹介します。

1
手作業で取る

  1. 1
    フック状のワイヤーハンガーで詰まりを取りましょう。[1] シンクが髪の毛あるいは何かの固形物で詰まっているようであれば、不要になったワイヤーハンガーで取り出せるかもしれません。
    • ワイヤーハンガーをできるだけ真っすぐに伸ばし、片方の端を曲げて排水口に入る大きさのフックを作ります。
    • フックになっている方から排水口に入れていきましょう。ワイヤーは排水管の中央を通さず、側面を沿わせるようにします。そうすれば詰まっているものを下へ押し込んでしまうリスクが減らせます。
    • 何かに当たったら、ハンガーを動かして詰まっているものを引っかけてみましょう。ハンガーを引き上げて、可能な限り詰まりを取り除きましょう。
    • 蛇口からお湯を出し、排水口に数分間流し続けます。できるだけ熱いお湯を可能な限り速く流します。水が逆流してきたら蛇口を閉めましょう。
  2. 2
    ラバーカップで詰まりを直しましょう。[2] 一般的なラバーカップを使い、勢いよく押したり引いたりして詰まりを取ります。
    • 2層式シンクの場合は、片方の排水口に濡れた布を被せてぴったりと塞ぎます。
    • ラバーカップをもう片方の排水口の上に真っすぐ立たせます。
    • ラバーカップを置いたシンクに8~10cmほど水を溜めましょう。こうすればラバーカップがシンクに密着して排水口を塞ぎます。
    • ラバーカップを押し、排水口の中へ水を強制的に流します。勢いをつけて素早く、20秒間ほど押したり引いたりしましょう。この時ラバーカップがシンクから外れないように気をつけます。
    • 一通り終わったらラバーカップを外します。
    • 詰まりを取るのにこの作業を数分間続けなければならないことがあります。
  3. 3
    Pトラップを掃除しましょう。詰まりとなるゴミなどは、多くの場合排水管に流れていく前にPトラップに溜まります。Pトラップはシンクの真下にあり、取り外して掃除をすることが可能です。
    • Pトラップの下に大きなバケツを置きましょう。Pトラップを外した時に出る水やゴミを受けるためのものです。
    • プライヤでPトラップのスリップナットを少し緩め、そのあと指で緩めましょう。接続部からナットを外し、Pトラップを慎重に取り外します。
    • 小さなワイヤーブラシを使って、Pトラップに溜まっているごみをバケツにかき出しましょう。ついでに同じブラシで汚れもこすり落としましょう。
    • Pトラップをお湯で洗います。この時Pトラップを外したシンクとは別のシンクを使いましょう。
    • Pトラップを元の状態に取り付け直しましょう。ナットやワッシャーが摩耗していたら交換します。
  4. 4
    ワイヤー式排水管クリーナーを使いましょう。排水管の奥の方が詰まっている場合は、ワイヤーの排水管クリーナーで詰まりを取らなければならないことがあります。
    • Pトラップと、壁側の排水口につながっている排水管をすべて取り外します。
    • ワイヤーを15~25cm引き出しましょう。
    • 壁側の排水口へワイヤーの先を入れ、固定ねじを締めます。
    • クランクハンドルを時計回りに回し、排水管に通していきましょう。最初に感じるワイヤーの抵抗は、パイプの曲がりに当たっていると考えられます。
    • ワイヤーが詰まりに当たったら、ワイヤーが詰まりの反対側へ突破するまでハンドルを回し続けましょう。突破したらワイヤーにかかる圧力が大幅に減ります。
    • ハンドルを反時計回りに回し、ワイヤーを引き出しましょう。ワイヤーを引き出したら洗いましょう。
    • 詰まりを感じなくなるまで繰り返し、終わったら配管を元に戻します。

2
家にあるものを使う

  1. 1
    排水口にお湯を流しましょう。やかんに少なくとも1Lのお湯を沸かし、2~3回に分けて排水口に流します。1回入れたら数秒待ってから入れるようにしましょう。必要に応じで繰り返します。
    • 可能であれば、少なくとも1Lのお湯を流すようにします。やかんにお湯が1L以上入るなら、お湯を多量に流しましょう。
    • やかんがない場合は小鍋や電気ケトルでお湯を沸かしましょう。
    • 電子レンジでお湯を沸かすこともできます。電子レンジを使う場合は、木製の箸を水に入れた状態で20~40秒ずつ加熱していきます。こうしなければ過加熱状態になり、非常に危険です。
    • シンクに流したお湯が排水口へ流れるのではなく、排水口に直接お湯を流し込みましょう。
    • この方法は軽い詰まりに効果があり、ひどい詰まりには効かないかもしれません。また、お湯の振動が詰まりに効果があるため、お湯は必ず沸騰している状態で流し込むようにしましょう。
  2. 2
    重曹と酢を使って詰まりを解消しましょう。[3][4] 重曹と酢を混ぜた液は非常に効果があります。2つの材料を混ぜるとぶくぶくと勢いよく泡が立ち、その反応よってがんこな詰まりが緩和します。
    • シンクの排水口に重曹125mlを入れます。
    • 続いて蒸留酢を125ml入れましょう。
    • すぐに排水口に蓋をしましょう。蓋をすれば泡が溢れず、詰まっている部分に行き渡らせることができます。
    • 発泡が止まったら、もう一度酢を125ml入れましょう。蓋をして15~30分そのまま置きます。
    • やかん、または小鍋でお湯を1L沸かします。シンクにお湯を流し、排水管に残っている酢と重曹を流しましょう。
  3. 3
    塩と重曹を使いましょう。塩、重曹、水を混ぜても化学反応が起こり、詰まりを緩和します。
    • 塩125mlと重曹125mlを混ぜましょう。
    • 混ぜたものを排水口にそっと流し込むか、スプーンを使って入れましょう。できるだけたくさん入れるようにしますが、シンクに泡が溢れないように気をつけます。泡は詰まりに直接働きかけた場合にのみ効果を発揮します。
    • 重曹と塩を入れたら10~20分置きましょう。
    • やかん、または小鍋にお湯を1L沸かし、排水口へそっと流し込みましょう。
    • お湯を流し込んだら素早く排水口に蓋をして泡が溢れ出ないようにし、排水管の中へ行き渡らせます。
    • 起こった化学反応により十分詰まりが解消されるはずです。

3
強い薬品を使う

  1. 1
    苛性ソーダを排水口に入れましょう。苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)は、シンクのほとんどの詰まりを解消する強力な薬品です。
    • 苛性ソーダは多くのホームセンターで購入できます。
    • 大きなバケツで苛性ソーダ750mlを3Lの水で薄めます。木製スプーンを使って混ぜましょう。
    • あとで調理に使う用具や容器を使わないようにします。
    • 苛性ソーダと水を素手で混ぜてはいけません。
    • 混ぜていると水と苛性ソーダが化学反応を起こして泡立ち、熱を持ち始めます。
    • できた液体を詰まっている排水口にそっと流し込みましょう。20~30分間そのまま置いておきます。
    • お湯を4L沸かし、排水管を洗い流しましょう。
    • 必要に応じてこの作業を繰り返します。
  2. 2
    漂白剤を使いましょう。シンクの排水管が井戸や浄化槽ではなく公共の下水道につながっているなら、漂白剤を使って排水管の詰まりを掃除し、消臭を行いましょう。
    • 漂白剤の原液250mlを排水口に直接流し込みましょう。5~10分そのままにします。
    • 蛇口をひねり、排水管に水を流しましょう。水はできるだけ熱くして勢いよく流します。5分くらい流しっぱなしにしましょう。
    • 水が逆流してきたら蛇口を閉め、一旦水を全部流してから詰まりを取る作業を繰り返します。
    • 浄化槽を使っている場合は漂白剤の使用は避けましょう。漂白剤によって浄化槽内の細菌は死滅しますが、この細菌は水中のごみを食べて排水管の詰まりを防いでいます。
  3. 3
    液体の排水管クリーナーを使いましょう。[5]市販の排水管クリーナーはほとんどのスーパーで購入できます。苛性、酸性、また酵素を利用したものがあります。
    • パッケージのラベルをよく見て、解消したい詰まりに合うクリーナーを選びましょう。例えば、洗面台の排水管に効くものもあれば、台所の排水管に効くものもあります。
    • 使用の際はラベルの説明書きによく従いましょう。
    • 苛性の排水管クリーナーは、水酸化物イオンによる化学反応を利用します。
    • 酸性のクリーナーは、水素イオンと詰まっている物質との化学反応を利用します。また苛性のものよりも強く作用する傾向があります。
    • 酵素クリーナーはこれらの中で最も効き目が弱く、微生物による酵素が詰まっている有機物を食べる作用を利用しています。

ポイント

  • レモン果汁洗浄でシンクを消臭しましょう。[6] レモン果汁はシンクの詰まりを解消するほどは酸性度が高くありませんが、強い消臭効果を持ちます。シンクの詰まりが取れたあとに鼻をつく臭いなかなか消えないことがあります。レモン果汁を250ml排水口に流し込めばこの臭いが中和されるはずです。

注意事項

  • 苛性ソーダを水に加えるという順番を守りましょう。反対に、水を苛性ソーダに入れると発熱反応が起こり、沸騰してあなたに降りかかることがあり、薬物と熱による深刻なやけどを負う原因となります。細心の注意を払うことが大切です。
  • 苛性ソーダや排水管クリーナーなどの強い薬品を扱う際は、ゴム手袋とゴーグルを着用しましょう。これらの薬品が肌に跳ねた場合は、すぐに石鹸と水で洗い流します。洗ったあともまだヒリヒリする、あるいはやけどになっている場合はすぐに病院へ行きましょう。
  • 作業中にひどく負傷した場合は、直ちに救急手当てを受けましょう。

必要なもの

  • ワイヤーハンガー
  • ぼろきれ
  • ラバーカップ
  • 大きなバケツ
  • プライヤ
  • 小さなワイヤーブラシ
  • ワイヤー式排水管クリーナー
  • やかんまたは小鍋
  • 重曹
  • 苛性ソーダ
  • 木製スプーン
  • 漂白剤
  • 市販の液体排水管クリーナー
  • ゴム手袋
  • ゴーグル

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む16人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 住宅メンテナンス

他言語版:

English: Unclog a Sink, Português: Desentupir uma Pia, Deutsch: Einen verstopften Abfluss frei machen, Русский: прочистить раковину, 中文: 疏通水槽, Español: desobstruir un lavabo, Français: déboucher un évier, Italiano: Liberare lo Scarico del Lavabo, Nederlands: De gootsteen ontstoppen, العربية: تسليك حوض, हिन्दी: सिंक (Sink) में से गंदगी हटा कर उसे खोलें

このページは 148 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?