名前の通り、シンプルなシロップを作るのはとても簡単です。水と砂糖だけで作ることができます。火を通すので砂糖の粒が残らず、喉ごしの良さを大切にしたい飲み物の甘味料として重宝します。基本のシロップの作り方を覚えたら、好みの風味を加えてアレンジを楽しむこともできます。

材料

  • 白いグラニュー糖225g
  • 水240ml

方法 1 の 2:
シンプルなシロップを作る

  1. 1
    上記の材料を小さい鍋に入れ、よく混ぜます。砂糖が溶けるので、出来上がる量は調理前より少なくなります。砂糖225gと水240ml を煮ると、360mlのシロップが出来上がります。[1] 多くまたは少なめに作る場合は、水と砂糖の割合を変えずに量を調整しましょう。
  2. 2
    混ぜた砂糖水を沸騰させます。中火か強めの中火で砂糖水を煮て沸騰させます。砂糖が溶けるように時々混ぜましょう。
  3. 3
    沸騰したら弱火にして、砂糖が溶けて透明になるまでコトコト煮ます。[2] 泡だて器やスプーンで時々かき混ぜます。3~5分で出来上がります。
  4. 4
    火からおろして冷まします。冷めたらすぐに調理などに使えます。すぐに使わない場合は、次の方法で保存しましょう。
  5. 5
    シロップをガラス製の瓶やボトルに入れます。ボトルに入れる場合は、漏斗を使うと簡単です。
  6. 6
    シロップを冷蔵庫で保存します。アイスティー、コーヒー、レモネード、カクテルなどに入れて使います。保存可能期間は約4週間です。
    広告

方法 2 の 2:
香りをつけたシロップを作る

  1. 1
    砂糖と水を小さい鍋に入れます。砂糖225gと水240mlを鍋に入れて混ぜます。
  2. 2
    一度沸騰させてから、砂糖が溶けるまで弱火でコトコト煮ます。3~5分で出来上がります。時々かき混ぜましょう。
  3. 3
    シロップを火からおろして、香辛料や生のハーブなどを加えます。乾燥ハーブをつぶして使うこともできますが、粉状のハーブは取り除くのが難しいので避けましょう。香りの違うシロップを数種類作る場合は、シロップを数本の瓶に分けて入れ、それぞれに好みの香辛料やハーブを加えます。加える香辛料などは次の例を参考にしましょう。
    • シナモンスティック4本、半分に折って使います。[3]
    • レモン、ライム、グレープフルーツなどのしぼり汁やオレンジの皮大さじ1杯。[4]
    • タイム、ラベンダー、ローズペタルなどの乾燥ハーブ大さじ1杯。[5]
    • 新鮮なローズマリー、タイム、ラベンダーの小枝3~4個。[6]
    • 新鮮なミントやバジルの葉25g。[7]
    • バニラビーンズのさや半分、種をこすり取って加えます。[8]
  4. 4
    鍋にしっかりと蓋をして、そのまま30分おきます。この間に加えたハーブ、スパイス、花などがシロップに浸かり、香りが移ります。[9]
  5. 5
    ハーブ、スパイス、花などを取り除きます。瓶に一緒に入れるとおしゃれな雰囲気になりますが、シロップの日持ちが悪くなるので取り出しましょう。[10] 目の細かいざる、茶こしなどをガラス瓶やボトルの上に置き、シロップを注いで濾します。茶こしに残ったハーブ、スパイス、花などは捨てましょう。
    • ボトルにシロップを保存する場合は、まず漏斗をつけてからシロップを注ぎます。
  6. 6
    ガラス瓶やボトルの蓋をしっかり閉めて、冷蔵庫で保存します。アイスティー、コーヒー、レモネード、カクテルなどに使って、甘味と風味を楽しみます。保存可能期間は1~2週間です。
    広告

ポイント

  • 砂糖2に対し水1の割合で作ると、甘く濃いシロップができます。
  • 白砂糖の代わりにブラウンシュガーを使うと、風味が増します。[11]
  • 砂糖1に対し水2の割合で作ると、甘さを抑えた薄いシロップができます。また砂糖1に対し水3の割合で作ると、ほんのりした甘さの極薄シロップができます。[12]
  • 火にかけずにシロップを作る方法もあります。熱湯と上白糖(粉砂糖は使用しません)を同量ガラス瓶に入れ、蓋をしっかり閉めて振って混ぜます。[13]
  • はちみつでシロップを作ることもできます。砂糖の代わりにはちみつを使うだけで、簡単に作れます。[14]

広告

注意事項

  • シロップを火にかけている間は、必ず傍についていましょう。砂糖が焦げたりカラメル状にあることがあります。
  • 砂糖を使っているため、シロップは長期保存できません。カビが生えたり、変なにおいがしたら廃棄しましょう。
広告

必要なもの

シンプルなシロップ

  • 小鍋
  • 泡立て器又はスプーン
  • 漏斗(任意)
  • ガラス瓶又はボトル

香りをつけたシンプルなシロップ

  • 小鍋
  • 泡立て器又はスプーン
  • 目の細かいざる又は茶こし
  • 漏斗(任意)
  • ガラス瓶又はボトル

動画
このサービスを利用すると、一部の情報がYouTubeと共有される場合があります。



関連記事

How to

パイナップルを熟成させる

How to

悪くなったスイカを判別する

How to

スイカを切る

How to

バナナを長持ちさせる

How to

バナナを冷凍する

How to

バナナのスライスの変色を防ぐ

How to

ココナッツを割る

How to

パパイヤの種を食べる

How to

オレンジの皮を剥いてゼストを作る

How to

ビーツを調理する

How to

桃を熟させる

How to

オレンジからオイルを抽出する

How to

じゃがいもの保存

How to

傷んだキノコを見分ける
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 by
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は1,902回アクセスされました。
カテゴリ: 野菜と果物
記事のサマリーX

シンプルなシロップを作るには、同量の砂糖と水を片手鍋に入れて混ぜ合わせます。中火で時々混ぜながら、シロップを沸騰させましょう。弱火にしてシロップを3~5分間、または砂糖が溶けてシロップが透明になるまでトロトロと煮こみます。シロップを火からはずして冷まします。冷ました後はレシピに活用してもよいですし、ガラス瓶に入れておくと冷蔵庫で最長4週間保存できます。

このページは 1,902 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告