パーティーでアルコールを独創的にゲストに出す方法として、カラフルで果汁たっぷりなジェロショットがあります。ジェロショットの作り方はとても簡単で、普通のゼリーを作るのとほとんど変わりません。ここでは、簡単でおいしいジェロショットの作り方と、通常のショットに少し独創性を加えるアイデアをご紹介します。

方法 1 の 7:
普通のジェロショット

  1. 1
    材料を用意します。30mlのショットを32個作るのに必要な材料はたったのこれだけです。
    • ゼリーの素 85g
    • 水 3カップ程度
    • お好みの冷やしたアルコール飲料 1カップ程度
  2. 2
    水とアルコール飲料を合わせて2カップの液体をつくります。割合はアルコールの度数によって変わります。下記の割合でゼリーが固まるようにしてください。
    • 20%以下:アルコール飲料390ml(大さじ26)+水90ml(大さじ6)
    • 45%以下:アルコール飲料300ml(大さじ20)+水180ml(大さじ12)
    • 75%~100%:アルコール飲料180ml(大さじ12)+水300ml(大さじ20)
  3. 3
    液を冷蔵庫で冷やします。液が完全に冷えてから次のステップに移ります。アルコールが蒸発する温度(沸点)が78.6℃なのでこのステップは重要です。その後、100℃で沸騰した水とアルコール飲料を合わせます。アルコール飲料が十分に冷やされていないと、混ぜた時にアルコールの沸点を越えてアルコールの一部が蒸発してしまいます。そうなるとショットのアルコール成分が弱くなってしまいます。
  4. 4
    1カップ以上の水を沸騰させます。正確に1カップの熱湯が必要となるので、蒸発する量を考えて、鍋ややかんに少し多めの水を入れて沸騰させましょう。
  5. 5
    お湯を1カップに正確に測り、ゼリーの素と混ぜ合わせます。ゼラチンの粉が溶けるまでしっかりと混ぜます。
  6. 6
    そこに冷やした水とアルコール飲料を合わせた液を入れます。
  7. 7
    容器にクッキングスプレーを吹きかけます。そうするとゼリーが簡単に外れるようになります。小さなプラスチックのスプーンやアイスの棒を入れることもできます。
  8. 8
    容器にミックス液を入れます。
  9. 9
    容器を冷蔵庫(冷凍庫ではなく)に入れて、固まるまで冷やします(およそ2~4時間)。しっかり冷えるまで冷蔵庫で保存します。
    広告

方法 2 の 7:
オレンジ・ジェロショット

半分に切ったオレンジにゼリーを入れる一風変わった方法です。ショットに白い綿状の部分が入らないように、しっかりとオレンジをくり抜きましょう。

  1. 1
    オレンジを半分に切ります。
  2. 2
    スプーンで果肉を取り除き、半分に切ったオレンジの皮の部分だけを残します。
  3. 3
    オレンジにゼリーを注ぎます。
  4. 4
    ゼリーの入ったオレンジを一晩冷蔵庫で冷やします。数時間で固まりますが、切り口がきれいになるように余分に時間を置いて固めます。
  5. 5
    半分のオレンジを3等分に切ります。「オレンジジェロショットを作る方法」も参考にしてください。
    広告

方法 3 の 7:
レイヤーショット

ゼリーに層を入れると、異なる味と色のレイヤーショットができます。グラデーションを付けるために、ひとつの層を流し込んだら次の層を注ぐまでに10分置きます。

  1. 1
    それぞれに色の異なる85gのゼリーの素を3種類使います。
  2. 2
    材料はすべて上記のレシピの半分量にして、各層のジェロショットのゼリー液を作ります。
  3. 3
    容器の3分の1までゼリー液を注ぎます。
  4. 4
    ゼリーが完全に固まるまで待ちます。
  5. 5
    同様に次のゼリー液を注ぎます。はじめの液と同じように容器に入れます。これが2層目になります。ここで容器には3/2までゼリー液が入っているはずです。
  6. 6
    2層めのゼリーが完全に固まるまで待ちます。
  7. 7
    次に3種類目のゼリー液を容器に注ぎます。これが3層目(最上層)になります。
  8. 8
    3種類すべての層が完全に固まれば完成です。
    広告

方法 4 の 7:
グリーン・ジェロショット

緑色は食紅などで作ります。ゼラチンは真っ白なキャンバスと同じで、好みの色を使って楽しいゼリーが作れます。

  1. 1
    通常のジェロショットを黄色のゼリーの素で作ります。
  2. 2
    ゼリーを容器に入れる前に緑や青の食紅を入れてゼリー液を緑色に変えます。一回ごとに違う色の緑を作ることもできます!
  3. 3
    完成。セントパトリックスデーや、アースデー、みどりの日に最適です。
    広告

方法 5 の 7:
アルコール分が強めのジェロショット(ウォッカ)

22mlから45mlのウォッカを入れて作る非常にアルコール分の強いジェロショットです。注意しながら食べましょう。

  1. 1
    ゼリーの素85gを用意します。ライムやオレンジ味のゼリーの素を使うと、ウォッカベースのカクテルの味に似たものになります。チェリー味は咳止め薬のような味になってしまいます。ブルーベリーやブドウの味もお勧めできません。
  2. 2
    熱湯1/2カップににゼリーの素を入れます。このステップはしっかり行ってください。お湯はしっかりと沸騰していなければゼリーの素は完全に溶けません。また熱湯が118ml以下の場合は液が固まりません。
  3. 3
    ゼリーの素が完全に溶けるまでよく混ぜます。
  4. 4
    アルコール度40%程度のウォッカ1と3/4カップを液に入れます。固いジェロショットを作るのには2と1/4カップまでウォッカを入れることができます。ただし、1と3/4カップ以上だとゼラチンが固まらずにスライム状になってしまいます。またお酒が多すぎて、他の味を消してしまいます。
  5. 5
    ゼリー液を容器に入れます。1と3/4カップのウォッカからは30ml18個、もしくは60ml9個のショットが出来上がります。
    広告

方法 6 の 7:
Jelobah・ジェロショット

Jelobah(ジェロバー)は冷蔵庫なしでショットを5分で固める便利な商品です。

  1. 1
    Jelobahショットミックスを200mlの水に入れます。溶けるまで混ぜます。
  2. 2
    好みのアルコール飲料200ml、もしくはアルコール飲料100ml+好みのアルコールミックスを加えます。
  3. 3
    ショットグラスに入れます。
  4. 4
    5~10分待ちます。
  5. 5
    インスタントジェロショットのできあがり。冷蔵庫に入れる必要はありません。そのままゲストに出します。
    広告

方法 7 の 7:
テーマ別ジェロショット

  1. 1
    古典的なジェロショット 好きなアルコール飲料に新しいムードを加えます。
  2. 2
    ホリデーショット クリスマスパーティーなどを予定しているのであれば、ムード作りのためにクリスマスのテーマでジェロショットを作りましょう。
  3. 3
    ノーベイク・デザート・ジェロショット オーブンを使ってクッキーやケーキを作るのが面倒なときには、オーブンで焼かなくてもできる美味しいデザートのようにジェロショットを作ってみましょう。
  4. 4
    スポーツ観戦ジェロショット 通常スポーツ観戦はビール片手にと決まっていますが、ここはジェロショットで少しひねりを加えてみましょう。
  5. 5
    フルーツ味のジェロショット これらのショットはフルーツの味がするだけではなく、本物の果物のかけらが入っていて暑い夏の日には最高の清涼デザートになるでしょう。
    広告

ポイント

  • 固めのショットを作る場合、味のついていないゼラチンを沸騰したお湯に入れる前に加えます。味のついていないゼラチンを使うと固めのショットになるので、型を使うときなどに便利です。
  • ショットグラスや通常のショットグラスのサイズのプラスチックのカップ(30ml~89ml)、アコーディオンのように絞れるジェロショット用に製造されたカップなどを使って出すこともできます。こうしたショットグラスはジェロショットのきれいな色を素敵にみせてくれますが、紙カップも簡単に食べられるという点でおすすめです。そうでないと、パーティーにジェロショット用のスプーンを持っていかなければなりません。

広告

注意事項

  • ジェロショットはキャンディーのような味がしますが、実際はビールやワインやアルコール飲料のショットよりも含有アルコール度数が高くなっています。あらかじめゲストにそのことを伝えて、ショットとショットの間には時間を置き、食べ過ぎを防ぎましょう。
  • ゼリーはベジタリアン用のデザートではありません。ゼラチンは動物の骨、軟骨、臓器や腸から取ったコラーゲンを部分加水水解したものです。もしゲストの中にベジタリアンや卵や乳製品も口にしないビーガンの方がいるのでしたら、通常のゼリーではなく、ビーガン用ゼリーの素を使うことを考えましょう。
  • 子供が普通のゼリーと間違えて食べないように注意してください。
  • 子供がビールなどの入ったゼリーを食べてしまうと酔っぱらって具合が悪くなることがあります。
広告

関連記事

How to

牛乳からクリームを作る

How to

アボカドを熟成する

How to

傷んだ卵を見極める

How to

ベーコンが傷んでいるか判断する

How to

腐った牛ひき肉を見分ける

How to

鶏肉を解凍する

How to

ビールをショットガン飲みする

How to

パンをおいしく温め直す

How to

オートミールを作る

How to

自家製ワインを造る

How to

水の浄化

How to

オーブンでステーキを調理する

How to

野菜を蒸す

How to

アルカリ水を作る
広告

出典

  1. http://www.greatpartyrecipes.com/how-to-make-jello-shots.html
  2. Palm, Michelle. The Jelly Shot Test Kitchen. Running Press, 2011.

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む159人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は11,648回アクセスされました。
カテゴリ: 食・おもてなし
このページは 11,648 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告