ジオラマを作る方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

ジオラマ製作とは、小さな空間の中にワクワクする場面を作る楽しいDIYです。 ジオラマを通じて、創造性や革新性を大きく伸ばせる可能性があります。 通常ジオラマは、歴史的な場面や自然の風景、架空の情景を表現しますが、作りたいと思うものはなんでも作ることができます。学校の課題のためでも、模型の土台作りでも、ただ楽しむためでも、ジオラマ作りは簡単で楽しい企画です!

パート 1 の 2:
ジオラマの計画を立てる

  1. 1
    必要なもののリストを作り用意をする 必要なものはコンセプトやテーマにもよりますが、モデリングクレイ(色付きの油粘土)、画用紙、のり、はさみ、絵の具と筆、マーカー、フェルト、端切れ布はあるといいでしょう。人や家具のミニチュア、石や小枝のような自然物、印刷した写真や雑誌の切り抜きもあるといいかもしれません。近くの手芸店やホームセンターを見て回り、必要なものを全て探します。
  2. 2
    理想的なジオラマの下図を作成する PinterestやYouTube等を使い、オンラインでひらめきを得ましょう。作りたいジオラマを、背景と前景を含めて大まかに描きます。作品の構成や全てのパーツの配置を考えましょう。[1]
    • 例えば、プードルスカートやジーンズにレザージャケットを着た人形とジュークボックス、カウンターに赤いバースツールを置き、黒と白のチェッカーボード柄の床を敷いて、1950年代風のダイナー(北米式の食堂)を作るのもいいでしょう。
    • ミニチュアはジオラマの他の部分に対して適切なサイズになるように気をつけます。
    • 太陽系の模型を作るなら、サイズの異なる発泡スチロールの玉、絵の具、グルーガンと釣り糸があると良いでしょう。
    • 自然のジオラマには、花や木の実、葉っぱ、種などを集めます。
  3. 3
    コンセプトやテーマを選ぶ ジオラマは、同じコンセプトやテーマを表現するものをいくつも組み合わせて作る、小さな情景です 。学校の課題でジオラマを作成しているのであれば、テーマが与えられていることでしょう。そうでなければ、本や歴史上の時代、生態系の一例、動物や植物、もしくは全く違うものから表現する場面を選びます。[2]
    • 例えば熱帯雨林や砂漠を表現したジオラマを作ることもできます。あるいは、南北戦争や最初の月面着陸の場面を設定するのもいいでしょう。
  4. 4
    テーマについて調べる できるだけ実際に近いジオラマを作るために調査をする必要があります。選んだテーマについて全体像から詳細まで表現できるよう、できるだけ詳しく調査をします。[3]
    • 生態系を選んだ場合は、どのような土壌や水質で、どんな植物や動物が見られるのかを調べます。例えば、海洋生態系の場合は塩水、珊瑚、海藻、藻、サメ、エイ、カメ、甲殻類、魚などが含まれます。
    • 歴史的な場面には、当時存在していた技術や人気だったファッションと芸術、人々の生活様式や建物の特徴などについて考慮します。
  5. 5
    容器を選ぶ ジオラマには何層もの背景があるので、箱や深さのある枠を選びましょう。容器は、中の場面が見えるように正面が開いている必要があります。基本的なジオラマを作るには、 靴用の箱や輸送用の箱を横向きにすると最適です。大きなジオラマは、大きい木枠箱や箱の枠で作ることが出来ます。[4]
    • ジオラマの枠組みには創造力を働かせましょう。例えば、家族の一場面や人々についてのジオラマであれば、人形の家を改造して使うことが出来ます。
    • コンテナを選ぶときには設計を考慮しましょう。例えば、熱帯雨林のジオラマを作るには、展示する木や植生を重ねて植えるのに十分な高さが必要です。
    • 仕上がりを良くするために箱の外側を塗るのもいいでしょう。外側の塗装は最初に行い、塗料を乾かしてからジオラマの内側を作り始めます。
    広告

パート 2 の 2:
場面を組み立てる

  1. 1
    始めに背景を作る 容器の奥から始めて、場面に奥行きを出すための詳細やイメージの層を加えながら、手前に向かって作業を進めていきます。箱の一番遠い内壁の背景を最初に作成します。簡単な背景を描くか、画像を印刷して糊付けしましょう。雑誌の切り抜きでコラージュを作りジオラマの背景にすることも出来ます。[5]
    • ダンボールにマーカーで色をつけると全てが暗く見えてしまします。明るい色にしたいときは画用紙を切って糊で貼り付けます。
    • 室内の場面では、 雑誌のリビングの写真を切り抜き、箱の背景に糊付けして家のように見せましょう。
    • 太陽系のジオラマには、箱にダークブルーか黒の画用紙を貼り、白か銀の小さい星を描きましょう。
  2. 2
    地面や風景を組み立てる 現実味のあるジオラマを作るには、箱の底面も詳細に作るとよいでしょう。写真や絵、モデリングクレイを使ってジオラマのリアルな地面や床を作ることが出来ます。必要に応じて平らなままにするか、丘やくぼみを作りましょう。[6]
    • 例えば、モデリングクレイを使って底にくぼみのある丘を形作ります。乾いたら青色のマニキュアでくぼみを満たすと 、池や湖を作ることができます。
    • 海中の場面を作る場合は、砂や砂利を底に糊付けし海底を再現します。
  3. 3
    細部を加えてより現実味のある場面にする 箱の奥から初めて手前に向かって作業を進め、小さいアイテムは大きいものより手前におきましょう。箱の上から底までアイテムを配置することで、魅力的な見た目になります。全てのパーツを置いてみて、配置に納得がいったら糊付けをします。[7]
    • 例えば、屋外の場面であれば綿を壁に貼り付けて雲を作り、小石と花を底に敷きましょう。
    • 室内の場面には、端切れ布を底に敷いてラグにし、アルミホイルを壁に貼って鏡に見立てます。
  4. 4
    必要に応じてミニチュアを並べる ミニチュアの人形や家具、模型を加えて、場面を完成させましょう。ミニチュアが他の要素の大きさとあっているか必ず確認します。また、人や家具のシンプルな写真を印刷して切り取り、場面全体に配置することもできます。[8]
    • 自然のテーマには、小さなおもちゃの動物や虫を地面に置いたり、釣り糸とグルーガンを使って鳥や小さな飛行機を上から吊るしたりします。
    • 室内の場面には、ジオラマ内に小さなテーブルや椅子を置き、小さな人形を加えて人に見立てます。
  5. 5
    配置に納得がいったら、全てを糊付けする 少し時間をとってジオラマを点検しましょう。全体の見た目に満足がいくまで調整をします。場面のバランスが取れるように、ジオラマ全体のパーツの間隔を均等にしてみましょう。できたら、全部のパーツを糊付けします!
    広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: 趣味・DIY
このページは 18 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告