ジャガイモを下茹でする方法

下茹でとは、食材にある程度火を通しておくことで、後で料理に使用する際に調理時間を短縮できるという調理方法です。ジャガイモは、他の材料よりも火が通るまで時間がかかることが多いので、下茹でするのが一般的です。では、ステップ1から、ジャガイモを下茹でしてから料理に加える(この記事でもレシピをいくつか紹介します)方法を見ていきましょう。

材料

  • ジャガイモ
  • 沸騰したお湯
  • 冷水
  • 塩ひとつまみ

パート 1 の 3:
下茹での準備をする

  1. 1
    ジャガイモを選別する 使用するジャガイモは、硬くて表面が滑らかなものが理想的です。発芽していたり緑色に変色しているものは、毒性のある成分が作り出されており、苦みがあるだけでなく頭痛や下痢につながる恐れもあるので避けましょう。[1][2]柔らかい部分があったり傷のあるジャガイモも使用しないようにしましょう。
    • 使うジャガイモの種類はあなたの好み次第です。光沢のあるジャガイモ、でんぷん質の多いジャガイモ、何にでも使える万能のジャガイモ等があります。メークインやとうや等は煮崩れしにくいため、カレーや肉じゃが等の煮込み料理あるいはローストにするのが良いでしょう。男爵イモ等のでんぷん質の多いジャガイモは煮崩れしやすいので、粉拭きいも、ポテトサラダ、コロッケ等に向いています。[3]
  2. 2
    ジャガイモを洗う レシピを読んで、皮をむく必要かあるかどうかを確認し、必要ならばむきます。[4]
    • 皮をむく必要がなければ、流水下で汚れがとれるまで擦って洗います。
    • 皮をむく必要があれば、ピーラーや包丁(取り扱いには注意します)を使って、ボウルや残飯かごの上で皮をむきましょう。そうすれば後始末が格段に楽になります。皮をむいたら再度水でサッと洗います。
  3. 3
    必要に応じて同じ大きさに切る ジャガイモは火が通るまで時間がかかります。下茹でするのはそのためです。全て均等に火が通るようにするために、同じ大きさに切りましょう。大きく切ったものは、他の小さいものに比べて火の通りが遅くなってしまうことがあります。[5]
    • 一般的に、小さいジャガイモほど早く火が通ります。大きすぎるものは、下茹での時間を節約するために4つ切りにすると良いでしょう。
    広告

パート 2 の 3:
ジャガイモを下茹でする

  1. 1
    鍋に常温の水とジャガイモを入れる ジャガイモの2cmくらい上まで水を入れます。そうすれば、全て均等に火が通るでしょう。
    • ジャガイモは綺麗に洗って大きさを揃えておくことが大事です。火の通り具合が同じになるように、できれば全て同時に茹でるようにします。
  2. 2
    軽く沸騰させながら茹でる 小~中サイズのジャガイモなら約7~10分間、大きめのジャガイモなら約12~15分間茹でます。[6]
    • 電気コンロを利用している人は、ジャガイモを入れた鍋が沸騰したらすぐに火を止めて、余熱で茹でることを提案している人もいます。その場合は通常15分程かかりますが、ジャガイモを茹ですぎないためには好ましい方法と言えるでしょう。
  3. 3
    時間が経ったら火から下ろす ジャガイモの火の通り具合を確かめたい時は、フォークで刺してみます。好ましいのは、外側は煮えていて中は生という状態です。フォークで刺した時に、外側はスッと通り、内側は通りにくいくらいの硬さが残っているのが望ましいでしょう。
    • ジャガイモの外側を切ってみるのも良いでしょう。柔らかくスッと包丁で切れるでしょうか。内側は白っぽくて硬さがあり、まだ煮え切っていないのが明らかであれば完璧です。
  4. 4
    茹でたジャガイモをすぐ冷水に浸ける そうすれば火の通りをすぐに止めることができます。これで他の料理に使う下準備ができました。
    • 下茹でしたジャガイモはあまり日持ちがしません。長くても1、2日のうちに使い切るようにしましょう。プラスチック袋に入れて保存すると水滴が発生し柔らかくなってしまうので、ボウルに入れて冷蔵庫で保存しましょう。
    広告

パート 3 の 3:
下茹でしたジャガイモを料理に使う

  1. 1
    小ぶりのジャガイモはローストする 下茹でしたジャガイモを使った最適な料理法はローストです。下茹でしてからローストしたジャガイモは、外側はカリッとしていて中はホクホクの食感になり、味覚を十分に満足させることができます。 
    • カリカリのジャガイモが好みの人は、カリカリのローストポテトを作ってみてはどうでしょうか。
  2. 2
    野菜の炒めものを作る ジャガイモを下茹でするもう1つの理由は、他の野菜よりも調理に時間がかかるためです。ジャガイモを下茹でしておけば、他の野菜と一緒にフライパンに投入してもほぼ同時に出来上がります。
  3. 3
    ジャガイモを細かく刻んでハッシュブラウンを作る ハッシュブラウンを自宅で作る時のあまり知られていないコツは、まずジャガイモを下茹ですることです。そうすれば、ローストする場合と同様、程よくパリパリで程よくしっとりしたハッシュブラウンを作ることができます。スーパーで冷凍のハッシュブラウンを買うのはやめて、自分で作ってみてはどうでしょうか。
  4. 4
    サツマイモをローストする 普通のジャガイモ以外に、サツマイモも下茹ですることができます。例えば、人参など、でんぷん質の多いものならどんな種類の野菜でも下茹ですることが可能です。ジャガイモを下茹でするメリットが分かったら、他のでんぷん質の根菜にも幅を広げてレパートリーを増やしていきましょう。
    広告

ポイント

  • レシピによっては、ジャガイモを予め切って下茹でする必要があるかもしれません。ジャガイモの切り方や下茹での時間については、レシピに従いましょう。
  • 下茹でしたジャガイモは、ピザ、カレー、サラダ、ハッシュドポテト、コロッケに使うのが最適です。下茹でしてローストしたジャガイモが好きな人もいるでしょう。
  • 茹でるのに適したジャガイモであれば、下茹では効果的な調理法です。ジャガイモの種類によっては、下茹での段階で柔らかくなりすぎて煮崩れするものもあります。

広告

注意事項

  • ジャガイモを下茹での段階で煮すぎると、煮崩れしてしまう可能性があります。その場合は別の料理に使いましょう。
広告

必要なもの

  • ピーラー(任意)
  • 冷水を入れたボウル
  • 包丁

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む12人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 野菜と果物
このページは 131 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告