一般的に「ジャンクフード」と呼ばれる甘いお菓子、高脂肪食、スナック類などの加工食品を食べたあと、胃痛が起きることがあります。ジャンクフードの多くが低食物繊維食であり、食物繊維不足によって胃痛や便秘を引き起こします。[1] 砂糖、脂肪、炭水化物も膨満感を起こすため、胃痛が発症する原因となります。ジャンクフードの食べ過ぎによる胃痛が生じたら、以下の方法で解消しましょう。

パート 1 の 2:
ジャンクフードによる胃痛を治す

  1. 1
    レモンウォーターを飲む レモン果汁に含まれる酸が消化を促すため、ジャンクフードの食べ過ぎによる胃痛を治療する効果があります。[2] レモン果汁を温かいお湯240~360mlに混ぜて、痛みが改善するまでゆっくり飲みましょう。
    • レモン果汁を普通の紅茶に混ぜても効果的です。はちみつを少量加えると飲みやすくなるでしょう。ただし、入れすぎると胃痛を悪化させる原因となります。
  2. 2
    カモミールティーを飲む カモミールティーは自然の抗炎症剤としての作用があり、消化管を弛緩させ、食事の通過を補助する働きがあります。[3] カモミールのティーバッグに沸騰させたお湯を注ぎ、5~10分もしくは少し冷めるまで蒸らしてから飲みます。すべて飲み終えるか痛みが消えるまで飲みましょう。
    • カモミールは安眠効果を有するため、就寝前に飲むと特に効果的です。
    • 熱い飲料には細心の注意が必要です。スプーンで温度を確かめてから飲むようにしましょう。
  3. 3
    ペパーミントティーを飲む ペパーミントにも消化管筋肉の弛緩作用があるほか、胆汁の流れを促し、消化を助ける働きがあります。[4] ペパーミントティーはスーパーや健康食品店で、ティーバッグや茶葉などで販売されています。沸騰したお湯に浸し、少し冷めるまで待ってから飲みましょう。すべて飲み終えるか症状が改善するまで飲みましょう。
    • ペパーミントを家庭で育てている場合は、ミントの葉がついた茎をそのまま切り取り、吊るして乾燥させ、茶葉を作りましょう。自家製のペパーミントティーを常備しておけば、ジャンクフードによる胃痛が生じた際に使用できます。
  4. 4
    ジンジャーティーを飲む ショウガには胃を落ち着かせる作用があります。ジンジャーキャンディーを舐めても同様の効果が得られます。
  5. 5
    温熱療法を行う お腹の外側から温熱療法を行うことで胃痛を軽減させる効果があります。[5] また、筋肉をリラックスさせ痛みを紛らせることができます。湯たんぽがあれば、熱いお湯を入れて横になります。湯たんぽをお腹の上に置き、痛みが治るまで安静にしましょう。
    • 湯たんぽを当てて横になるうちに、眠たくなったら寝ましょう。寝ると胃痛が治まることがあります。
    • 湯たんぽの代わりに、温パッドを使用しても効果的です。
  6. 6
    市販の胃腸薬を服用する 市販の胃腸薬は消化不良などの治療に使用できます。ほかの薬剤を服用している場合は、相互作用を防ぐために、主治医に確認してから服用するようにしましょう。[6]
  7. 7
    ライスティーを飲む 計量カップ半分の米を6カップの水に入れ15分間沸騰させて、特効薬のライス「ティー」を作りましょう。ライスティーは胃痛の緩和に効果があります。ライスティーが出来上がったら、米は取り除き、少量のはちみつや砂糖を加えて、温かいまま飲みましょう。
  8. 8
    焦げたトーストを食べる 焦げたトーストなどの苦い食品は、胃痛を悪化させるイメージがありますが、実はパンの焦げには胃の調子を改善させる効果があります。トーストの焦げが不調を起こす胃の特定成分を吸収する作用があると言われています。
    • 少量のはちみつやジャムをつけると苦味が抑えられるでしょう。
  9. 9
    リンゴ酢を少量飲む リンゴ酢大さじ1杯、お湯240ml、はちみつ大さじ1杯を混ぜ合わせて飲むと、消化不良の緩和に効果的です。また、腹部のけいれんやガス感、胸やけの症状緩和にも有用です。
    広告

パート 2 の 2:
ジャンクフードによる胃痛を防ぐ

  1. 1
    ジャンクフードの摂取量を制限する ジャンクフードは中毒性を起こすよう開発されていると言われています。[7] そのため、ジャンクフードを過剰摂取すると、依存性が高くなり、ジャンクフードの低食物繊維、高砂糖・脂肪・炭水化物による胃痛をより多く引き起こす原因となります。過剰摂取は控えましょう。
    • 商品のパッケージには、通常1食分とその栄養成分が表示されています。1食分を量り、その分量のみに制限して、胃痛の予防につなげましょう。
    • 1人分の小袋タイプのスナック菓子を購入するようにして過食を予防することもできます。
  2. 2
    健康的なスナックに変える 甘いものが欲しくなったら、生の果物や果物のスムージーを摂取して欲求を満たしましょう。同様に、塩味のついたナッツ類はポテトチップスへの欲求を抑制するのに効果的です。[8] ジャンクフードを食べるにしても、適量を食べる分には胃痛は起きません。一般的には、食べる頻度と量に関連して胃痛が生じます。常にジャンクフードの代わりに健康に良いスナックを食べるようにして、ジャンクフードの摂取量を減らしましょう。どのタイプのジャンクフードにも健康的な代替品が見つかるはずです。常備しておき、ジャンクフードの代わりに摂取して、ジャンクフードの過剰摂取による胃痛を予防しましょう。
    • 生の果物を購入したら、食べるサイズに切り容器に入れて冷蔵庫に保存しておきましょう。そうすることで、ジャンクフードが食べたくなったときに、すぐに食べられるようにします。
    • ナッツにドライフルーツを混ぜると、甘塩っぱいスナックになります。
  3. 3
    胃痛の原因となる飲物は控える 代わりに水を飲むようにすると、胃痛の予防に効果的です。特にほかのジャンクフードを摂取するときは、実践するようにしましょう。コーヒー、アルコール、炭酸飲料水などは、それだけの摂取でも、ジャンクフードと摂取しても胃を刺激させる原因となります。
    • 炭酸飲料水に含まれる砂糖などの成分は特に、胃痛のリスクを高めます。
    広告

ポイント

  • 胃痛が改善されない場合は、医療機関を受診しましょう。胃潰瘍の可能性もあるため治療が必要になります。
  • 市販の制酸薬を服用しても高い効果が得られます。また、体を伸ばしたり、丸くなったりして、胃痛に楽な姿勢で少し横になりましょう。

広告

関連記事

このwikiHow記事について

Claudia Carberry, RD, MS
共著者 :
Claudia Carberry, RD, MS
栄養学修士(テネシー大学ノックスビル校)
この記事の共著者 Claudia Carberry, RD, MS. クラウディア・カーベリーはアーカンソー大学の医療科学センターで働く管理栄養士です。腎臓移植を専門とし、患者の減量カウンセリングも行っています。アーカンソー栄養士協会の会員で、2010年にテネシー大学ノックスビル校にて栄養学の修士号を取得。
カテゴリ: 全般的健康
このページは 195 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告