スポーツをする時に着用するジャージは高品質の素材で作られていて、洗濯をする際も傷んでしまわないように注意する必要があります。特にスポーツ用の衣服であれば、洗濯をする前にまず染みを個別に処理しましょう。次に色別に分け、裏表を逆にしましょう。中温と高温の水を混ぜて洗い、最後に完全に乾かしましょう。

方法 1 の 4:
染みを処理する

  1. 1
    芝生でつけてしまった染みは酢と水の混合液を使用する  酢と水を1:2で混ぜ合わせましょう。ひどい染みがついてしまったジャージが2枚以上ある場合は、酢の量を少なくとも240ミリリットルにしましょう。柔らかい毛先の歯ブラシを混合液に浸します。この歯ブラシを使って、染みがついた部分を優しくこすりましょう。最後に染みがついていた箇所を混合液に1~2時間浸してから洗濯をしましょう。[1]
  2. 2
    血がついてできてしまった染みは冷水で洗う ジャージをまず裏返し、流水で出来る限り血を落としましょう。そして、冷水に浸し、指を使って染みになっている箇所を優しくこすります。完全に染みがなくなるまで4~5分ほどこの作業を繰り返しましょう。[2]
  3. 3
    頑固な血液の染みにはシャンプーを使う 冷水だけでは染み抜きが上手くいかなかったという場合、食器用洗剤あるいはシャンプーを使ってみましょう。少量のシャンプーまたは洗剤を染みのある場所にすりこみましょう。洗い流し、最後に洗濯をしましょう。[3]
  4. 4
    汗染みには酢を用いる 染みが緑色あるいは黄色になっている場合は汗が原因です。15ミリリットルの酢と120ミリリットルの水を混ぜ合わせましょう。この混合液の中に汗染みができた箇所を浸し、30分程度放置しましょう。最後に洗濯を行います。[4]
    広告

方法 2 の 4:
洗濯の準備をする

  1. 1
    ジャージを色ごとに分ける 白いジャージは他の衣類から色移りしてしまう恐れがあるので、それだけで洗うようにしましょう。黒いジャージは逆に他の衣服に色を移してしまう恐れがあるので、同様に個別に洗いましょう。その他の色のジャージはまとめて洗うことができます。[5]
  2. 2
    ジャージだけで洗濯する ジャージを洗濯する際は、その他の衣類、特にジーンズとは混ぜないようにしましょう。ジーンズの青い染料が水に混ざり、ジャージに色移りする恐れがあります。[6]
  3. 3
    ボタンは留めずに洗う ボタンを留めた状態で洗濯をしてしまうと縮んでしまうかもしれません。特に前見頃のボタンは外してから洗うようにしましょう。[7]
  4. 4
    ジャージを裏返す 表と裏を逆にすることでアップリケ、印字、刺しゅう等が、より保護されます。裏返さずに洗うと、文字同士がくっついてしまったり、刺しゅう部分がちぎれてしまうこともあります。[8]
    広告

方法 3 の 4:
収集品のジャージを洗濯する

  1. 1
    洗濯機に水をためる 洗濯機を高温に設定し、13センチほどの水位になるまで水をためましょう。次に中温に設定を変え、洗濯槽が一杯になるまで水を注ぎましょう。[9]
    • ドラム式の洗濯機の場合、2分程経過した段階で、設定を高温から中温に変更しましょう。
  2. 2
    洗剤を加える 染みに強く良質で、カラー対応タイプの洗濯用洗剤を使いましょう。洗うジャージが2枚以上ある場合は水量に合わせて指定されている通りの量を加えましょう。1枚だけの場合は洗剤の量を半分にしましょう。そして最後にジャージを洗濯機に投入し洗います。[10]
    • 洗剤容器のフタに使用量を示す線が入っているでしょう。
    • ドラム式の洗濯機の場合、洗濯槽に水を注ぐ前に、洗剤とジャージを投入しておきます。洗濯槽に水が入り始めて1分ほど経過したら水温を変更しましょう。
  3. 3
    1分ほど経過したら一時停止を押しジャージに水を浸透させる 洗濯機が衣服を洗い始めて1分ほど経過したら一旦停止し、ジャージに水をよくしみこませましょう。こうすることで通常の設定のまま洗うよりも染みや汚れが落ちやすくなります。[11]
    • 最大1日まで染み込ませておくことができます。
  4. 4
    洗濯サイクルを完了させ、ジャージの状態を確認する しっかりと水が染み込んだようであれば、洗濯サイクルを再開し完了させましょう。終わったところで、染みが本当に落ちているか確認しましょう。まだ残っている場合は、再び染み抜きの処置を行い、洗濯しましょう。[12]
  5. 5
    洗濯が完了したらすぐに干す ジャージを洗濯槽の中に長時間放置するとシワができてしまいます。アップリケや印字も損なわれてしまうかもしれません。すぐに洗濯機から取り出し、ハンガーにかけて乾かしましょう。完全に乾くまで2日ほどかかるものもあります。[13]
    広告

方法 4 の 4:
スポーツユニフォームを洗濯する

  1. 1
    試合や練習が終わったらすぐに洗濯する 使用済みのジャージを放置している時間が長いほど、汗や汚れが深く浸透し、ジャージが傷みます。試合や練習が終わったら、直ちに洗濯機に入れましょう。[14]
  2. 2
    粉末洗剤を使用する 液体洗剤だとジャージ素材を傷ませる成分が含まれていることもあるので、粉末タイプの製品を使用しましょう。1枚しか洗うジャージがない場合は、指定通りの量の洗剤は必要ありません。その半分の量の洗剤で洗濯しましょう。[15]
  3. 3
    臭いが気になるときは酢を加える ジャージが臭う場合、240ミリリットルのホワイトビネガーをブリーチ用の投入口から注ぎましょう。酢の成分によって臭いが中和されるでしょう。酢の臭いがジャージに残ることはありません。[16]
  4. 4
    冷水でドライ(手洗い)コースに設定する ドライコースの設定にすることでジャージの繊維を、さらに冷水で洗うことでジャージの印字を守ります。ドライコースとはデリケートな衣類を優しく洗いたいときに設定するコースです。[17]
  5. 5
    ジャージをハンガーにかけて乾かす 乾燥機は使用できません。熱によって伸縮性や繊維が損なわれたり印字が溶けてしまう恐れがあります。その代わりに木製やプラスチック製のハンガーにジャージをかけて、一晩自然乾燥させましょう。[18]
    広告

関連記事

How to

銅製品の汚れを落とす

How to

天然成分の消毒剤を作る

How to

失くしたテレビのリモコンを見つける

How to

カーペットの臭いを消す

How to

濡れたカーペットを乾かす

How to

自宅の浸水被害に対処する

How to

家庭でのノミ駆除

How to

クモの駆除

How to

窓ガラスの水垢を取る

How to

自分の部屋を掃除する

How to

アイロン面の汚れを落とす

How to

タイルの目地をきれいにする

How to

冷凍庫の霜取り

How to

薬剤を使わずにアリを駆除する
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 by
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 掃除
このページは 468 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告