ジュースの缶で喫煙パイプを作る方法

喫煙するものはあっても喫煙具がないときは、ジュースの缶があれば十分です。少しの努力と器用さがあれば、基本のパイプやより複雑な水パイプも簡単に作ることが可能です。ステップ1以下を参考に、試してみましょう。

方法 1 の 2:
基本のパイプを作る

  1. 1
    プルタブ式のアルミ缶を用意する 普通の350mlや500mlのジュースの缶を使用します。中のジュースやビールは全て出して、きれいな水ですすぎます。そして、完全に乾かしてから作業を進めましょう。
  2. 2
    針やピン等の先の尖ったものを用意する 次は、缶の側面の中央に穴を開けます。鉛筆やペンで穴を開けると良いでしょう。
    • 何も手元にない場合は、缶のタブを半分に割って尖った箇所で小さな穴を十数個開けましょう。
  3. 3
    缶の側面に親指サイズのくぼみを作る 喫煙する穴の反対側に喫煙材料を乗せるため、缶の口の反対側にくぼみを作ります。親指で押して浅い凹部を作りましょう。[1]
  4. 4
    小さな穴を開ける 針やピン、その他の穿孔器具でくぼませた所に穴を十数か所開けます。穴は大きくなくても構いませんが、多ければなお良いでしょう。格子のような模様を作るように穴を配列させましょう。[2]
  5. 5
    側面に大きめの穴を開ける 喫煙する際に親指か人差し指が自然に当たる位置を探して、削った鉛筆やペンで缶に穴を開けます。[3]
  6. 6
    プルタブを外す 金属の接続部が弱くなって壊れるまでタブを前後に揺らします。タブを誤って缶の中に落としてしまわないように、慎重に行いましょう。
  7. 7
    喫煙エリアとその周辺を熱で処理する 正当性を裏付ける科学的根拠はありませんが、一般的には火をつけて喫煙する前に、缶の内部にコーティングしてある化学物質を蒸発させるのが良いとされています。くぼみとその周辺の塗装をやすりで削っても良いでしょう。こうすることで、喫煙時に蒸発するかもしれない有害物質の大部分を取り除けると考えられています。穴を開けるときに使用した穿孔器具の端を使用するか、可能ならサンドペーパーで削りましょう。
  8. 8
    喫煙する たばこやその他の喫煙材料をくぼみに乗せて、缶の飲み口に口を付け、親指で側面の穴を抑えます。息を吸って煙を缶に入れて、吸う準備ができたら親指を離します。[4]
  9. 9
    健康上のリスクを理解する アルミニウムを熱して吸い込むと、アルツハイマー病やその他の神経系疾患の原因になると一般的に言われています。普通の100円ライターでアルミニウムを蒸発点まで熱するのは困難であるとされてはいますが、この方法は効率が悪く、出来ればやめておいた方が良いでしょう。
    • アルミニウムとアルツハイマー病の関連性についての研究は不確定です。[5]缶の塗装と内側に使用されているプラスチックにはBPA(ビスフェノールA)が含まれていることがあり、加熱ややすり掛けでこういったプラスチックを十分に落とせるかは定かではありません。また喫煙は、がんのリスクを高める可能性があります。[6] 
    • ジュース缶パイプの基本原理はりんごやジャガイモ等、副作用として悪影響を及ぼす恐れがない様々なものに応用できます。自己責任で喫煙しましょう。
    広告

方法 2 の 2:
缶で水パイプを作る

  1. 1
    必要な材料を用意する 水パイプやキセルタイプのパイプで喫煙したい場合は、下記のものを用意しましょう。
    • 350ml缶2本
    • テープ
    • 缶切り
    • ハサミ
    • トランペットのマウスピースまたはスライドガラス
  2. 2
    缶の天面と底面を切る 350ml缶をすすいで乾燥させたら、片方の缶は缶切りで天面と底面を切って空け、もう片方の缶は天面のみを切ります。缶のスープを開けるときのように、通常通りに缶切りを使用します。これで天面と底面のない筒状ものが一つと、ベースとして機能する天面がないものが一つ出来上がります。[7]
  3. 3
    筒状の缶の切った部分の尖った部分を内側に折る そして、縁でケガをしないようにテープで覆います。ここは口を付ける箇所になります。
  4. 4
    ベースの缶の側面に穴を1つ開ける マウスピースや喫煙物を入れて火をつける吸い口の柄がフィットするくらいの穴を缶の側面に開けます。[8]
    • 穴の縁は丸く仕上げます。テープを何重かに巻いても良いでしょう。
  5. 5
    マウスピースをピッタリとフィットするように取り付ける テープで取り付けます。しっかりとフィットするように時間をかけてテープを何重にも巻きましょう。
  6. 6
    ベース缶の上に筒状の缶をテープで固定する 2つの缶をテープで繋いで水パイプのチャンバーを完成させます。
  7. 7
    パイプに水を入れる マウスピースの柄が僅かに水に浸かるくらいの水を入れます。
  8. 8
    喫煙する マウスピースに喫煙したいものを詰めて、上の缶の上部から息を吸います。チャンバーに煙が溜まったら、マウスピースを外して喫煙します。
    広告

ポイント

  • 側面の穴は大きい方が良いですが、小指でも塞げるほどにしましょう。この穴は指で押さえておいて、煙を吸ってパイプの残りを空にする前に指を離します。

広告

注意事項

  • 缶で喫煙するのは危険です。缶に含まれる化学物質(アルミニウム、ワニス、プラスチック層、塗料)が燃えて危険な有毒ガスが発生します。[9]
広告

必要なもの

  • ジュースの缶
  • 針、ピン、千枚通し、アイスピック(または類似したもの)
  • 削った鉛筆、ペン、プラスドライバー(または類似したもの)
  • 細粒サンドペーパー
  • ライター

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む37人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 趣味・DIY
このページは 194 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告