ジンは、その風味をねずの実(ジュニパーベリー)から抽出するアルコール飲料ですが、製造方法は他にも様々あり、それに応じた様々な風味のものがあります。ジンは、ストレートやロックで飲んでも非常においしく、さらに他の飲み物と合わせてカクテルを作ってもおいしく味わうことができます。特に人気のジンベースカクテルはジントニックやジンマティーニなどが代表的ですが、そのほかにもジンは様々な方法で味わうことができるので、今回はそういった飲みかたをご紹介していきます。

方法 1 の 3:
まずはそのまま味わってみる

  1. 1
    ストレートで飲む スピリットをストレートで飲むとは、他のものを何も追加せずにそのまま飲むことを意味します。つまり、冷やしたり氷を入れたり、他の飲み物と混ぜたりしないということです。この方法でジンを楽しむには、昔ながらのカクテルグラスに40 ml程度のジンを標準ショットで注ぐのがよいでしょう。[1] ジンを少しずつゆっくりと飲むと、そのままの味を楽しむことができます。[2]
    • 現代のジンは、さまざまな方法で、またさまざまな成分で醸造されています。ジンを一口飲んで香ってくる風味には、例えばフローラルやベリー、柑橘類、ハーブなどがあります。[3]
    • 昔ながらのカクテルグラスは、1杯180〜240 mlの液体が入る幅の広いものです。[4]
  2. 2
    冷やして飲む ここでは、冷たいが氷が入っていないジンの飲みかたを説明します。氷を入れず冷たいジンを作るためには、まずシェイカーに氷を多めに入れ、ジンを注ぎます。それから蓋をして、よく振って氷とジンを混ぜ合わせていきます。シェイカーが十分冷たくなったら、ふたを外し、ストレーナー(漏斗のような部品)を使ってジンをカクテルグラスに注ぎます。ジンをゆっくりと味わい、お気に入りの風味を引き立たせましょう。[5]
    • ジンを氷で冷やす以外にも、ボトルを数時間凍結して冷やすという方法があります。ジンはアルコール度数が高いのでは凍りませんが、少しドロッとした液体になります。ジンが温まるにつれて普通の状態に戻り、風味がよりはっきりしてきます。[6]
    • この飲み物の別名はボーンドライ・ジンマティーニです。
  3. 3
    ロックで飲む ロックは、氷と一緒に飲むことを意味するカクテル用語です。[7] ロックアイスを2つか3つ、昔ながらのグラスに入れて、ジンのショットを氷の上に注ぎます。一口飲む前に、グラスの中でジンとアイスキューブを数回まわしてジンを冷やします。そして同じように、ジンをゆっくりと飲んでみましょう。
    • アイスキューブの代わりに冷やしたウイスキーストーンを使うこともできます。これは特別な石で、凍らせて氷の代わりに使うと、カクテルを薄めることなく冷やすことができます。
    広告

方法 2 の 3:
他のフレーバードリンクと合わせてみる

  1. 1
    クラシックなジントニック トニックウォーターは、ソーダウォーターに似た炭酸飲料ですが、キニーネ、砂糖、その他のいくつかの成分が含まれており、トニックに独特のわずかに苦い風味を与えます。ジントニックを作るには、背の高いグラスで、以下の材料を組み合わせて作ります。[8]
    • 大きな氷 4つ
    • ジン 60ml
    • トニックウォーター 120ml
    • 生のライムを絞り汁 大さじ1杯(15ml)
    • 絞った後のライム
  2. 2
    ソーダ割り ソーダ水は、シンプルでありながら好みに応じてジンを長持ちさせ、新たな風味を引き出し、飲み物の味を弱くするのに使えて効果的です。少しだけソーダを追加したり、ジンとソーダの水を等量にしたり、ジンをハイボールに入れてグラスの途中までソーダ水を入れたりして楽しむことができます。
    • ジンと柑橘系のソーダを組み合わせることもできます。レモン、レモンライム、グレープフルーツ、ブラッドオレンジなどの風味が付いたソーダは、ジンとの相性も抜群です。[9]
  3. 3
    ジンジャーエール割りを飲む ジンとジンジャーの組み合わせも抜群で、2つのフレーバーを組み合わせる最も簡単な方法はジンジャーエールを使うことでしょう。背の高いグラスに4個または5個のロックアイスを入れ、45 ml程度のジンを注ぎ、グラスに最後までジンジャーエールを入れます。[10]
    • ジンジャーの風味をさらに強く利かせたい場合は、グラスに砂糖漬けのジンジャーを添えるのが良いでしょう。
  4. 4
    柑橘系と合わせて飲む ジンの中にはレモンやグレープフルーツのような柑橘系の風味を持ったものや、フローラルで、バラやラベンダー、その他の花の風味を持ったものなどがあります。例えば、ブルーム、ヘンドリック、ボンベイサファイアなどがこれにあたります。こういった柑橘類や花の風味のするジンは柑橘類と非常に相性が良いです。
    • レモンの皮や絞った後のレモンを添えてみましょう。
    • かんきつ系の絞り汁やジュースを入れてみましょう。[11]
    • ビターレモンと組み合わせて、柑橘風味のトニックウォーターやソーダを入れてみましょう。[12]
  5. 5
    ハーブと合わせて飲む ジンを必ずしもそのまま、または冷やして飲む必要はありません。アルコールの香りを引き立てたり対比したりするために、飲み物に他の成分を追加してみることもできます。ハーブの味や香りがするポートベロー・ロードなどのハーブ系ジンの場合は、次のような飲みかたを試してみると味わいが深まるでしょう。
    • 新鮮なローズマリーまたはタイムの小枝
    • フレッシュミント
    • バジルの葉数枚
    • 生のセージ
    • ハーブ風味のトニックウォーター[13]
  6. 6
    お茶で割って飲む ジンをまるまる一本を大きなガラスのボウルに注ぎます。アールグレイまたはカモミールのティーバッグ4個を追加し、室温で2時間以上置いてお茶の風味を移します。[14] その後ティーバッグを取り出し、ジンをボトルに戻します。このお茶を入れたジンは以下のような飲みかたでおいしく飲むことができます。
    • カクテル
    • ジントニック
    • マティーニ
    • ストレートやロック
    広告

方法 3 の 3:
ジンベースの他のカクテルを試してみる

  1. 1
    ジンマティーニ ジンマティーニは、さまざまなジンを試飲するのに非常に良い飲みかたと言えます。コツは、ジンの風味を際立たせるよう、比較的クセのないマティーニを作ることです。どんなジンの良さも引き出してくれるマティーニを作るには、70mlのジン、15 mlのドライベルモット、そしてオレンジビター(お好みで)と氷をシェイカーで20〜 30秒混ぜましょう。[15]
    • よく冷えたグラスに注ぎ、オリーブやレモンを添えましょう。
  2. 2
    ロングアイランド・アイスティー これはジンと他の様々なアルコールの風味が特徴の昔ながらのカクテルです。このおいしいドリンクを作るには、ジン、ホワイトラム、ホワイトテキーラ、ウォッカ、透明なオレンジリキュール、シンプルなシロップ、フレッシュレモンジュース、コーラをそれぞれ15 mLのトールグラスでかき混ぜます。氷を加えて楽しむと良いでしょう。[16]
    • 簡単なシロップを作るには、砂糖60 gと水60 mlを小さな鍋に入れ、砂糖が溶けるまで中火で煮ます。溶けたら鍋を火から下ろし、脇に置いて冷まします。
  3. 3
    ブラッディサム(ジンシーザー) シーザーは、ジンまたはウォッカで作ることができる、スパイシーなトマトベースのカクテルです。このカクテルを作るには、まず背の高いグラスの縁にセロリ塩またはステーキスパイスを塗ることから始めます。それから、グラスにいくつかのロックアイスを入れ、以下の材料を注いでいきます。[17]
    • ジン60 ml
    • シーザーミックスまたはトマトジュース180 ml
    • ウスターソースとホットソースをそれぞれ3ml程度
    • オリーブのつけ汁1ml程度
    • 生ライム半分の絞り汁
    • 塩と胡椒
    • 飾りのオリーブとセロリスティック
    広告

関連記事

How to

ワインオープナーを使わずにワインを開ける

How to

栓抜きを使わずにボトルを開ける

How to

牛乳を冷凍保存する

How to

腐った牛乳を見分ける

How to

折れたコルクを抜く

How to

牛乳を温める

How to

ビールを一気飲みする

How to

ミルクシェイクを作る

How to

ペットボトルを開ける

How to

アマルーラリキュールを楽しむ

How to

バナナスムージーを作る

How to

透明な氷を作る

How to

自家製ビールを作る

How to

アップルサイダーを作る
広告

このwikiHow記事について

Tom Blake
共著者 ::
バーテンダー
この記事の共著者 : Tom Blake. トム・ブレークはバーテンディング専門ウェブサイト、CRAFTY BARTENDING (craftybartending.com) のブログ管理を行っています。トムは2012年よりバーテンダーとして働いており、同サイトの公式マニュアル、「The Bartender's Field Manual」の著者でもあります。
カテゴリ: 飲み物
他言語版
このページは 188 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告