ジンジャービールは、風味が素晴らしい大人の飲み物であり、特に、夏に飲むと爽快な気分になります。この記事では、ジンジャービール(2L)を作成するレシピを紹介します。完成品のアルコール度数は、およそ4~5%程度になります。

材料

  • ビール酵母小さじ:1/4杯(ワイン酵母やパン酵母でも代替可能です)
  • 上白糖:225g
  • すりおろした又はみじん切りにした根生姜大さじ:1~2杯(強い刺激が欲しい場合はさらに追加します)
  • レモン汁:1個分
  • 精製はちみつ:大さじ山盛り1杯
  • 乾燥唐辛子:少々(刺激を加えるため)

ステップ

  1. 1
    材料を投入する前に、必ずペットボトルを消毒する
  2. 2
    ペットボトルに砂糖と酵母を入れる ペットボトルを振って混ぜ合わせましょう。
  3. 3
    すりおろした生姜をレモン汁、はちみつと混ぜる 風味が欲しい場合は、はちみつをさらに追加しましょう。
  4. 4
    混ぜ合わせた汁をペットボトルに注ぐ
  5. 5
    ペットボトルのおよそ半分まで水を注ぐ
  6. 6
    ペットボトルのキャップを閉めて振り、砂糖をよく溶かす
  7. 7
    ペットボトルの上まで水を注ぐ ガスの発生を考慮して、上部に空間を残しましょう。
  8. 8
    キャップを閉めて、温かい場所にペットボトルを48時間置く
  9. 9
    ペットボトルを押して、硬くなっているかを確認する 硬くなっていれば、次のステップに進みます。押してみて、へこむようであれば、さらに24時間、あるいは硬くなるまで置いておきます。
  10. 10
    冷蔵庫でペットボトルを数時間冷やす こうすることで、発酵が止まります。
  11. 11
    ボトルの中身をザルで濾して、生姜とレモンの種を取り除く
  12. 12
    ジョッキに注ぐ 夏の暑い日に最適です。
  13. 13
    爽快な風味を楽しむ  これで完成です。
    広告

ポイント

  • 冷蔵庫で保管しましょう。
  • ジンジャービールを最大限に満喫するために、1週間以内に消費しましょう。

広告

注意事項

  • これはアルコール飲料です!未成年者に出してはいけません。
  • 毎日ペットボトルを確認して、膨張し過ぎていないことを確かめましょう。置いてから24時間経過後に、ペットボトルが硬くなっている場合は、キャップを開けて、中のガスを逃します。再びキャップを閉めて、もう24時間置きます。
広告

必要なもの

  • 2Lのペットボトル(コーラの入っていたペットボトルなど)
  • 消毒剤や消毒液
  • よく切れるナイフ

関連記事

How to

ワインオープナーを使わずにワインを開ける

How to

牛乳を冷凍保存する

How to

栓抜きを使わずにボトルを開ける

How to

腐った牛乳を見分ける

How to

ミルクシェイクを作る

How to

ビールを一気飲みする

How to

フローズンレモネードを作る

How to

スイカウォッカを作る

How to

透明な氷を作る

How to

自家製ビールを作る

How to

バナナスムージーを作る

How to

ミントティーをいれる

How to

折れたコルクを抜く

How to

スプリッツァ(カクテル)を作る
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む15人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は1,514回アクセスされました。
カテゴリ: 飲み物
このページは 1,514 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告