お腹周りが気になると、ジーンズを選ぶのが難しいかもしれません。とはいえ、履き心地が良くて自信が持てるように作られているジーンズもたくさんあります!ジーンズを選ぶ時は、くるぶし丈、ミッドライズかハイライズのもので、自分にぴったりと合うサイズのものを選びましょう。また、お腹周り自信がなくても試せるジーンズのコーディネート方法がたくさんあります。ジーンズを履く時お腹周りに自信が持てるように、補正下着をつけるか体にぴったり合うトップスやアシンメトリープリントの服を着てみましょう。

方法 1 の 2:
適切なジーンズを選ぶ

  1. 1
    ぴったりと合うサイズのジーンズを履いてみましょう。ストレート、スリム、あるいはスキニーフィットのジーンズを探します。それぞれのタイプを試してみて、ぴったりと身体に良く合う、きつすぎないものを選びましょう。[1]
    • ルーズフィットのジーンズは避けましょう。一般的にリラックス、ボーイフレンド、あるいはワイドレッグのジーンズがこれに該当します。ルーズフィットのジーンズはお腹周りを大きく見せることがあります。
  2. 2
    最も履き心地の良いサイズを見つけましょう。どれを買うか決める前に、幅広いサイズを履いてみます。ジーンズが小さすぎるか大きすぎる場合は、気にせずサイズを上下して履いてみましょう。店員にジーンズを洗うとサイズが変わる可能性があるか聞いてみましょう。場合によっては違うサイズを選ぶ必要があります。
    • 履き心地が良く、お腹周りが気にならないためには、適切なサイズのジーンズを選ぶことが最も重要です。
    • 店によってサイズ展開が違う傾向があるので、いつも買うサイズのジーンズでも買う前に必ず試し履きしましょう。
    • バギージーンズは似合わない場合があるだけでなく、お腹周りを大きく見せる可能性があるので、絶対買わないようにしましょう。
  3. 3
    濃い色のジーンズかブラックジーンズを履いて着やせ効果を狙いましょう。お腹周りに自信がないなら、濃い色のジーンズかブラックジーンズを履いてお腹周りから目線をそらせましょう。ダークネイビー、チャコール、ダークグレー、あるいはブラックジーンズを履いてみて好きな色を選ぶと良いでしょう。[2]
    • ホワイトや淡い色のジーンズはお腹周りに視線を集めるので避けましょう。
  4. 4
    ミッドライズかハイライズジーンズを履いてお腹周りを隠しましょう。股上が深いジーンズはお腹周りの肉を支えると同時に目立たなくします。お腹周りが気になるなら、股上が深いジーンズを履いてお腹周りをすっきり見せましょう。[3]
    • ローライズジーンズは避けましょう。ローライズはお腹りが露出して肉がジーンズの上にはみ出すことすらあり、恥ずかしい思いをするかもしれません。[4]
  5. 5
    ジーンズのお腹周りが頑丈な生地でできているか確認しましょう。ジーンズを履いた時に、お腹部分の生地を感じてみましょう。ゆるくてもろい感じではなく、頑丈でしっかりとした感じでなければなりません。締め付けすぎの感じなくお腹周りがきちんと支えられているか確認しましょう。[5]
    • お腹周りが支えられていて履き心地も楽なジーンズなら、どんな形やスタイルでも履くことができます!
  6. 6
    くるぶし丈のジーンズを選びましょう。脚の長さに応じてさまざまな丈のジーンズが売られています。好みのサイズでさまざまな丈を試してみて、くるぶし丈のものを見つけましょう。丈が短すぎるものやくるぶし周りにたるみができるものは避けましょう。[6]
    • ジーンズの丈が長すぎるとくるぶし周りにたるみができ、体が短く丸く見える原因になります。正しい丈のジーンズを履くと縦長に見せることができます。[7]
  7. 7
    ジッパーフライの、シンプルなポケットがついているジーンズを見つけましょう。お腹周りから視線をそらせたいので、お腹周りから最も近いジッパーとポケット部分には装飾がないすっきりとしたジーンズを選びましょう。こうするとお腹周りを強調することなく、ジーンズが映えます![8]
    • ボタンフライはお腹部分がかさばってお腹周りがさらに気になる可能性があるので避けましょう。
  8. 8
    体型に最も合うジーンズを見つけるなら、プロの手を借りましょう。スタイリストや店員に見てもらうと自分にぴったりと合ったジーンズを選べ、気分も上がります。提案されるさまざまなスタイルのジーンズをすべて履いてみて、最もしっくりくるものを選びましょう。[9]
    • プロのアドバイスがもらえない場合は、信頼のおける友達か家族と一緒に買い物に行きましょう。率直な意見をもらいつつ、自分の体型に最も合うジーンズを探すのに協力してもらいましょう。
    • あるいは、ジーンズをオーダーメイドするのも良いでしょう。安くはありませんが、自分の体型にぴったりと合う気に入ったジーンズが手に入るので、長期的に見ると良い買い物かもしれません。
    広告

方法 2 の 2:
ジーンズをコーディネートする

  1. 1
    ジーンズの下に補正下着をつけてお腹周りをすっきりさせましょう。お腹周りを引き締める補正下着を選びます。必ず楽できつすぎないサイズを選びましょう。通販で買うより店舗で試着して自分に合ったサイズを買うようにしましょう。[10]
    • 自分に合うサイズより小さいサイズの補正下着をつけても、さらに細く見えることはありません。それどころか、苦しいだけで、肉が出っ張る原因にもなります。
  2. 2
    体にフィットするトップスを着て欠点を隠しましょう。体に良く合うサイズのお気に入りのトップスをジーンズと合わせます。ぴっちりとしすぎるものやきつすぎるものは避け、ほどよく体のラインが出るものを選びましょう。ぶかぶかのトップスは着心地が楽かもしれませんが、お腹周りを大きく見せるだけでなく長所も隠してしまうので、避けるべきです。[11]
    • ジャケットはお腹を隠すのにぴったりです。ジャケットはお腹周りを隠すと同時に長所をより良く見せます。
  3. 3
    ジーンズとアシンメトリートップスを合わせてみましょう。アシンメトリーの要素があるトップス、ブラウス、シャツ、あるいはチュニックを選びましょう。たとえば、アシンメトリー柄ならアニマル柄や抽象柄があります。裾がアシンメトリーなトップスやドレープがあるトップスもジーンズに合います。[12]
    • さまざまなスタイルのアシンメトリートップスを試して好きなものを見つけましょう。アシンメトリートップスを着ると、お腹周りを隠しながらおしゃれに見せることができます。
  4. 4
    お尻が隠れるトップスを着ましょう。体にぴったりと合うトップスでもアシンメトリートップスでも、お腹を隠すにはお尻が隠れる丈が最適です。太ももの付け根より長い丈のトップスは、ぶかぶかに見えるだけでなく長所を隠してしまうので避けましょう。[13]
    • 同様に、お尻が隠れない丈のトップスも避けましょう。お腹に視線を集めることになります。
  5. 5
    ジーンズのヒップ部分にベルトをするのは避けましょう。ベルトはベルトをしている部分に視線を集めます。お腹周りに視線を集めたくないなら、ベルトはしないほうが良いでしょう。しかし、代わりにウエストを強調したい場合は、高い位置でベルトをしてウエストを引き立てましょう。さまざまな高さでベルトをしてみて、自分の体型を最も良く見せる位置を見つけましょう。[14]
    • ジーンズをベルトで固定しないといけないなら、サイズが合わない証拠です。もっと小さいサイズを試してみましょう。
    • ウエストマークはアシンメトリープリントのトップスを着た時に特に決まります。
    広告

ポイント

  • ジーンズでお腹の肉を隠す最も良い方法は、履き心地が良くて、履くと楽しい気持ちになるジーンズを選ぶことです。こうすると自分の体型やスタイルにもっと自信を持つことができます!

広告

関連記事

How to

靴の音鳴りを止める

How to

生理を早める

How to

洗濯機で衣類を縮める

How to

防犯タグを外す

How to

縮んだ服を伸ばす

How to

髪に付いたガムを取る

How to

お酒の臭いを消す

How to

全身をマッサージする

How to

ペニスを洗う

How to

ジーパンをショートパンツにリメイクする

How to

爪を噛むのをやめる

How to

えくぼを自然に作る

How to

布地からマニキュアを落とす

How to

絆創膏の粘着剤を落とす
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 by
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
このページは 128 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告