PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

ジーンズがピッタリし過ぎて、新しいものを購入しようと考えてはいませんか?実は、洗濯・乾燥機で縮んでしまったそのジーンズを、一時的に少々引き伸ばす方法があります。ぬるま湯を吹き付け、手で広げたり、ジーンズを履いたまま浴槽に浸かってみましょう。こういった方法で十分にジーンズが広がらない場合は、腰回りに追加の布を付ける事で、ジーンズのフィット感を更に上げる事もできます。

方法 1 の 3:
ぬるま湯と手を使う

  1. 1
    ジーンズの腰回りとその周辺にぬるま湯を吹き付ける しっかりとスプレーし、腰回りを湿らせましょう。ぬるま湯がジーンズの繊維を引き伸ばす働きをします。忘れないように、前後両方にスプレーしましょう。[1]
    • 霧吹きがない場合は、ジーンズの腰回り全体をそのままぬるま湯に浸しましょう。その際は、周囲がびしょ濡れになる可能性もあるので注意しましょう。
  2. 2
    腰回りを手で引き伸ばす ボタンを外した状態で、ウエストの脇を両手で掴みます。腰回りが広がるように、外側にできるだけ強く引っ張ります。掴む位置を変えながら、同じようにジーンズのウエストを一周しましょう。[2]
    • ボタンを引き抜いてしまう恐れがあるので、ボタンをかけた状態で引っ張ってはいけません。
    • また、ウエストの真下と腰回りを掴み、ジーンズを引き伸ばします。繊維をほぐすために、複数の方向に伸ばしましょう。
    • ベルトの輪も、引き抜いてしまう可能性があるため、引っ張ってはいけません。
    • また、ウエスト伸ばし専用のパンツストレッチャーを購入してもよいでしょう。ウエストの部分をストッチャーに巻きつけた後、ストレッチャーを始動させウエストを引き伸ばします。
  3. 3
    更に力を入れて伸ばしたい場合は、腰回りを踏み、上向きに引っ張る ジーンズが思ったように伸びない時は、もっと力が必要かもしれません。腰回りの内側に足を入れて踏み、ウエストの横側を掴み引き上げます。[3]
    • 他の人に手伝ってもらってもよいでしょう。相手に片方を掴んでもらい、反対側を引っ張りましょう。
  4. 4
    ジーンズを床に置き、平らな状態で乾かす 乾燥機にかけると、熱でジーンズが再び縮んでしまうかもしれません。タオルの上や乾燥ラックなどに平らになるように置き、一晩乾かします。[4]
    • 乾燥機を使う場合は、低い温度に設定しましょう。
    広告

方法 2 の 3:
浴槽でジーンズを伸ばす

  1. 1
    ジーンズを履く いつもの様に、ジーンズを履きます。ウエストをさらに広げる為に、できれば、ジッパーとボタンを閉めましょう。この際、ジーンズを履いたまま浴槽に入ることになるので、下着を履かないで行った方が良いでしょう。[5]
    • 浴槽のお湯でジーンズの繊維をほぐし、同時に自分の体でウエストを広げます。
  2. 2
    暖かいお湯をいれる 浴槽にお湯を溜めましょう。熱いお湯や、石鹸、泡風呂入浴剤などは使わず、ぬるま湯だけを使用しましょう。湯加減は、心地の良い程度の温度に設定します。[6]
    • 熱すぎるお湯は、ジーンズを縮める原因になります。
    • しっかりと濯がないといけなくなるため、石鹸の使用は控えましょう。
  3. 3
    ジーンズを履いたまま、浴槽に入る ジーンズを履いたまま、お湯につかりましょう。少し違和感があるかもしれませんが、これで簡単にジーンズを伸ばすことができます。この時、ウエスト部分が完全にお湯に浸かっている事を確認しましょう。[7]
    • 浴槽に入らず、ジーンズを普通に履くだけでも同じ効果が得られますが、それではより時間がかかります。[8]
  4. 4
    10分から15分待つ ジーンズを履いたまま、しばらくお湯に浸かり続けます。ウエストを伸ばすために、腹部を広げたり、腰の所を曲げたりしてみましょう。[9]
    • 水が冷たくなったら、浴槽から上がりましょう。
  5. 5
    平らな状態で乾かす 可能な限りジーンズから水を振り落としましょう。ジーンズを再び縮めてしまう可能性があるので、乾燥器に入れてはいけません。タオルの上や、乾燥ラックなどに平らに置き、一晩乾かします。[10]
    • この工程を早めたい場合は、洗濯機で脱水しましょう。すすぎサイクルに突入しないよう注意しましょう。
    • 外で物干しざおに干しても良いでしょう。
    広告

方法 3 の 3:
足し布をつける

  1. 1
    ウエストの上の部分から、縫い目に沿って切り込みを入れる バックヨーク、または、ウエストとポケットの間にあるV字の縫い目の頂点まで切り込みを入れます。5~7㎝程の切り込みを入れましょう。[11]
    • 両脇で縫い合わされている縫い目にそって、切り込みを入れます。周辺を少しずつ引きのばすと、Vの字になります。
    • この工程で、新たな布をウエストの両サイドそれぞれに付け加えることで、腰回りを少し大きくすることが出来ます。
  2. 2
    お揃いの布地を切り、折り込む 似たような色の丈夫な素材を選びましょう。家にない場合は、裁縫店などで小さなハギレを購入する事も出来ます。布は、切り込みの倍の長さより、少し大きめに切ります。それを半分に折り、わが上にくるようにします。布が、切り込み全体をカバーしていることを確認しましょう。[12]
    • 布の代わりに厚いゴムバンドを使用する事もできますが、シャツをジーンズに入れる際には見えてしまうので注意しましょう。
  3. 3
    布をピンで止める 切り込みを好みの大きさまで広げます。足し布のわを上向きにして、切り込みの内側に置きます。まち針を切込みの外側から布に刺し込み、内側の足し布から出して固定しましょう。[13]
    • 端を所定の位置にとめるには、両方の布片を一緒に持ち、切り込みの外側から布にまち針を打ちます。切り込みの内側の生地までまち針を通し、固定します。
  4. 4
    ジーンズの縁に沿ってジグザグ縫いをする ミシンは、縫い目が大きくなるよう、また糸の圧力は、高く設定します。ジーンズの切り込みに沿ってミシンを動かし、下にある生地を縫い付けます。[14]
    • 切り込みを入れたV字に沿って、縫っていきます。
    • ミシンを使わない場合は、糸を玉どめし、V字の切り込みに沿って並縫いで手縫いしていきます。[15]
  5. 5
    余分な布を内側から切り落とす 縫った線に沿って余分な布を鋏で切り取ります。最低でも、縁から6㎜程度生地を残して切ると、先ほど縫った所を誤って切り落とす事がありません。[16]
    • 反対側でも同じ手順を繰り返します。
    広告

必要なもの

ぬるま湯と手を使う

  • 霧吹き、又は浴槽
  • ぬるま湯
  • パンツストレッチャー(任意で)

浴槽でジーンズを伸ばす

  • 浴槽
  • ぬるま湯

足し布をつける

  • お揃いの布
  • ミシン、又は針と糸

関連記事

噛んだファスナーを直す
洗濯機で衣類を縮める洗濯機で衣類を縮める
ジーンズを伸ばすジーンズを伸ばす
色あせた服を復活させる色あせた服を復活させる
ジーンズの股にあいた穴を補修する
縮んだ服を伸ばす
防犯タグを外す防犯タグを外す
ジーンズについた血液のシミを落とす
ラルフローレンの偽物を見分けるラルフローレンの偽物を見分ける
ポリエステル製の服を縮めるポリエステル製の服を縮める
革に付いた油染みを落とす
衣類のゴムを伸ばす衣類のゴムを伸ばす
皮膚に付いた食品着色料を落とす
絞り染めTシャツを作る
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 衣服
このページは 514 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告