ジーンズは丈夫で長持ちするので、ワードローブの定番です。太もも部分に穴があいても、お気に入りのジーンズなら諦めきれないかもしれません。穴が小さければ手縫いで繕い、穴が大きければデニムのあて布をあてましょう。また、ジーンズを大切に扱って内側から補強しておくと、太もも部分に穴があきにくくなるでしょう。

方法 1
方法 1 の 3:
小さい穴を手縫いで繕う

  1. 1
    穴のほつれた部分をはさみで切る ほつれた部分をそのままにすると、穴がさらに大きくなる可能性があります。穴のほつれた部分をはさみで切りましょう。ただし、生地まで切らないように注意します。[1]
    • ほつれた部分を切っておくと、縫いやすくなります。
  2. 2
    コットンの糸を針に通し、端を玉結びにする ジーンズと同じ色のコットンの糸を使いましょう。糸を針穴に通して両端を揃え、2本まとめて玉結びにします。[2]
    • ジーンズと同じ色の糸でなくてもかまいませんが、その場合は繕った部分が目立つかもしれません。
  3. 3
    穴をつまんで閉じ、穴の両側を垂直に縫い合わせる ジーンズを裏返し、穴がほぼ閉じるように片手でつまみましょう。穴の端から、かがり縫いで縫い始めます。穴の手前から奥に向かって針を刺して抜き、穴の上を通るようにして針を手前に戻します。戻した針を穴の手前に刺してさらに縫いましょう。穴の反対側に向かって縫っていき、穴をふさぎます。[3]
    • かがり縫いで縫うとジーンズの生地を補強できるので、穴が広がる心配がありません。
  4. 4
    糸を結んで残った糸を切る 針穴の近くで糸を切って針を外します。こうすると、ジーンズから2本の糸が出ている状態になります。この2本の糸を2回結び、ほどけないようにしましょう。残った糸をはさみで切ります。[4]

    ポイント:穴を縫い合わせてふさぐとあて布を使うより弱いので、後であて布を縫いつける必要があるかもしれません。

    広告

方法 2
方法 2 の 3:
あて布を縫いつける

  1. 1
    よく切れるはさみで穴のほつれた部分を切る 穴が広がらないように、ほつれた部分を切ることが重要です。穴の周囲がきれいな線になるように、ほつれた部分をはさみで切りましょう。[5]
    • ほつれた部分を切ると、あて布をあてた部分が目立ちにくくなります。
  2. 2
    デニム生地を穴の約2倍の大きさに切る 手芸用品店などでデニム生地を購入するか、家にあるデニムの端切れを使いましょう。ジーンズにあいた穴の約2倍の大きさになるようにはさみで切ります。[6]

    ポイント:ジーンズと同じ色のデニム生地や端切れを使いましょう。

  3. 3
    穴の後ろ側にあて布をあてて留める 穴全体をきちんとふさぐように、穴の後ろ側にあて布をあてましょう。穴の左右がぎりぎりにならないように注意します。待ち針4本で留めましょう。[7]
    • アイロンで接着できる補修用あて布を使う場合は、穴の後ろ側にあててアイロンで接着しましょう。しっかりと固定するために、アイロンで接着してから縫ってもかまいません。
  4. 4
    穴の周囲を直線縫いや本返し縫いで縫う ミシンを使う場合は直線縫いで、手縫いの場合は本返し縫いであて布を縫いつけましょう。本返し縫いとは、縫い目と縫い目の間に隙間を空けない縫い方です。穴の周囲を1周縫って、あて布をしっかりと固定します。[8]
    • ジーンズと同じ色の糸を使いましょう。
    • デニム生地とジーンズの生地が重なった部分を縫うので、丈夫な針で縫う必要があります。新しい針を使いましょう。
  5. 5
    あて布の余った部分を切り落とす ジーンズを裏返し、あて布の縫い目の外側にある余った部分を切り落としましょう。こうすると、ジーンズを穿いたときに、余分な布が太ももにこすれません。[9]
    • あて布を縫いつけた糸を切らないように注意しましょう。
    広告

方法 3
方法 3 の 3:
太もも部分に穴があかないように予防する

  1. 1
    長い下着やボクサーショーツをつける ジーンズの太もも部分の下に何も穿いていないと、太ももが直接あたってこすれやすくなります。ジーンズの摩擦を防ぐための裏地として、太ももを覆う長さのガードルやボクサーショーツを穿きましょう。[10]
    • 寒い日にはジーンズの下にレギンスを穿くと、摩擦を防ぎながら脚を暖かく保てます。
  2. 2
    ジーンズの洗濯は週1回以下に抑える ジーンズを洗うと、太もも部分だけでなくすべての部分が早く摩耗します。ジーンズが本当に汚くなるまでは、できるだけ洗わないようにしましょう。洗う回数が少ないほど長く持ちします。[11]
    • ジーンズが臭くなったら、屋外に干して風にあてましょう。

    ポイント:ジーンズが傷んだり縮んだりしないように、必ず低温で洗いましょう。

  3. 3
    乾燥機を使わずに干して乾かす 乾燥機の熱でジーンズの繊維が傷むので、乾燥機を使わないようにしましょう。ジーンズの太もも部分に穴があかないようにするには、乾燥機で乾かすのではなく、ハンガーや物干しに掛けて干します。[12]
    • 乾燥機でジーンズを乾かす場合は、低温に設定しましょう。
  4. 4
    ジーンズの太もも部分が切れる前にあて布をあてておく ジーンズの太もも部分に穴があきやすい場合は、ジーンズの内側のこすれる部分にあて布をあてて予防しましょう。デニム生地をあてて、ジーンズの生地を補強します。[13]
    • どの部分に穴があきやすいがわからない場合は、ジーンズを穿いて太ももがあたる部分を確認しましょう。通常は、太ももがあたる部分の生地が切れやすくなります。
    広告

必要なもの

小さい穴を手縫いで繕う

あて布を縫いつける

  • デニムのあて布、またはデニムの端切れ

太もも部分に穴があかないように予防する

  • デニムのあて布(任意)

関連記事

ラルフローレンの偽物を見分けるラルフローレンの偽物を見分ける
スライダーが完全に外れたファスナーを修理するスライダーが完全に外れたファスナーを修理する
防犯タグを外す防犯タグを外す
噛んだファスナーを直す
縮んだ服を伸ばす
洗濯機で衣類を縮める洗濯機で衣類を縮める
ジーンズの股にあいた穴を補修する
ジーンズを伸ばすジーンズを伸ばす
革に付いた油染みを落とす
ジーンズについた血液のシミを落とす
リーバイスの偽物を見抜くリーバイスの偽物を見抜く
色あせた服を復活させる色あせた服を復活させる
スウェットシャツを縮ませるスウェットシャツを縮ませる
皮膚に付いた食品着色料を落とす
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHow Staff Writer
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 衣服
このページは 344 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告