ジーンズの裾上げをする方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

自分の脚の長さにぴったりのジーンズが売られていることはあまりありません。体型には合っているのに裾が少し長いという場合は、裾上げサービスを利用したり、自分で縫うことができます。元の裾をそのまま残しても、不要な部分を切り新たに縫い直してもよいでしょう。また、デニム素材は扱い方にコツがあります。この記事で紹介する方法を参考に、上手に裾上げを行いましょう。

方法 1 の 3:
元の裾を残す

  1. 1
    新しい裾の位置を決める ジーンズを履き、どの程度短くする必要があるのかを確認しましょう。一般的に、ジーンズの裾は床よりも2.5センチほど上にある状態が好ましいでしょう。裾を踏んでしまうことを防ぎ、逆に短すぎるような見た目になることもない、適度な長さです。ただし、個人の好みもあるので、必要に応じて微調整を加えましょう。
  2. 2
    裾を折る 希望する位置で裾を折ります。平らになるよう丁寧に折り、折った長さに間違いがないことを確認しましょう。一方の裾でこの作業を行った後は、元の裾から折り目までの距離を測り、その長さを元に、もう一方の裾も同じように折ります。
  3. 3
    裾をまち針で仮止めする まち針で裾をぐるりと仮止めしましょう。真っすぐに折りたたまれ、左右が同じ長さになっているか今一度確認します。[1]
  4. 4
    縫いつける 元の縫い目のすぐ下の位置をぐるりと塗っていきましょう。ミシンを用いることも、手縫いをすることも可能です。縫った後に折られていた部分をひっくり返しての着用となります。この方法であれば、背が伸びている途中の人、あるいは少し裾を長くして履きたくなったという人にも適した縫い方です。
  5. 5
    折られていた部分をひっくり返す 折られていた部分をズボンの内側にしまい込むような要領でひっくり返してみましょう。ズボンの内側で縫い付けられた布地が輪の様に残っている状態で履くことになります。つまり、折った部分は外側からは見えません。着用して長さを確認しましょう。
    • 今後、裾の長さを変える予定が無いのであれば、余分な布地を切ってしまうことも可能です。先ほどの新しい縫い目から2.5センチほどの位置で切り落としましょう。[2]
  6. 6
    アイロンがけをする アイロンで表裾の表面を平らにしましょう。内側にしまい込んで隠した布の輪もアイロンでかなり目立たなくなります。裾上げがされているとは誰も気がつかないでしょう。
    広告

方法 2 の 3:
新しく裾を縫い直す

  1. 1
    新しい裾の位置に印をつける ジーンズを履き(あるいは実際にジーンズを履くことになる人に着用してもらい)希望する裾の位置で折ると簡単です。折り目をつけ、チャコペンで折った位置に印をつけます。[3]
  2. 2
    さらに2本の線を引く 折り目に合わせて引いた線から1.3センチ上の位置に平行な線を新たに1本引きましょう。同様に、1本目の線から1.3センチ下の位置にも平行な線を引きましょう。[4]
    • 3本線が引かれていることになります。この線を基準にして新しく裾を縫い直します。
  3. 3
    一番下の線に沿って裾を切る 1番下の線に沿って元の裾を切り落としましょう。線があることで、真っすぐに切りやすくなります。切り落とした部分は捨てて構いません。[5]
  4. 4
    裾を折りたたむ 3本のうちの中央の線に沿って裾を折りましょう。位置が動いてしまわないように、まち針で固定しておくと縫いやすいかもしれません。縫い始める前に曲がっている部分がないことを、しっかりと確認しましょう。[6]
  5. 5
    裾を縫う デニム用のゴールドの糸あるいはお好みの色の糸を使い、固定した部分を縫っていきます。ストレートステッチを用い、できる限り均等に縫っていきましょう。[7]
    • 縫いながら、不要になったまち針を抜いていきます。
    • ぐるりと縫い終えることができれば、すぐに着用可能です。
    広告

方法 3 の 3:
上手に裾上げをする

  1. 1
    新品のジーンズはまず洗濯する デニムは初めて洗濯をすると縮みます。つまり、必要以上に短く裾上げをしてしまわないよう、まず洗濯してみたほうが良いでしょう。[8]
    • ジーンズを洗濯する際はラベルの情報をよく確認しましょう。
  2. 2
    新しい針を使う 4時間作業を続けた後、あるいは大きな縫い仕事を終えた後は、ミシン針を新しいものと取り替えましょう。しばらく針を取り替えていなかった場合は、取り替えてから裾を縫いましょう。[9]
  3. 3
    ゆっくりと作業する デニムのような分厚い布地は、縫いにくく感じられることがあります。また、糸が絡まったり、布地がなかなか進まないこともあるかもしれません。真っすぐかつ均等な縫い目になるよう、ゆっくりと作業しましょう。[10]
    • まずは少しずつペダルを踏み縫い始めましょう。布地が順調に進んでいるようであれば、少し速度を上げてみます。
    • 布地が引っかかってしまう時は、プーリーを活用しましょう。
    広告

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
このページは 320 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告