スイカ(学名:キトルルス・ラナツス)は皺だらけの大きな葉がついた蔓に実ります。高温を好み、一度根付いてしまうと後は大した手入れをしなくてもよく育ちます。ここではスイカの植え付けと手入れの方法を説明します。

パート 1 の 3:
植え付けの下準備

  1. 1
    栽培するスイカの品種を選ぶ スイカには1.3kgから32kgまで様々な大きさがあり、赤い果肉と黄色い果肉のものがあります。ジュビリー、チャールストングレイ、コンゴなどの品種は大型の円筒形のスイカで、シュガーベイビー、アイスボックスなどは小型で球状のスイカです。
    • 種から栽培するか、苗を移植するかを決めましょう。[1] スイカの種は気温21℃以上で発芽します。寒冷地では最後の霜が降りる数週間前に室内で種まきを行うと、育成シーズンが始まる頃には苗の準備ができます。そうしない場合は、霜の季節が終わって気温が21℃を保つようになったら、直接土に種をまきます。
    • スイカの種や苗は早春に苗木販売店で購入できます。
  2. 2
    栽培する場所を選ぶ スイカの苗は一日最低6時間の日照を必要とします。広い空間に長い蔓を伸ばすので、ミニスイカを栽培するのでなければ、ひとつの苗に1.2mx1.8m程度の広さが必要だと考えてください。
  3. 3
    土を耕す 耕運機を使って土を耕し、固くなった土をほぐします。雑草を取り除くか、もしくは土の中に完全に混ぜ込んでください。
    • スイカは肥沃で水はけのよいローム層の土壌を好みます。水はけを調べるには、激しい雨が降った後に水溜りができるかどうかを見ます。水溜りができていたら、水はけがよいとは言えません。
    • 土を改善するために上層部の土に堆肥を混ぜます。[2]
    • スイカは土壌のpH指数が6.0-6.8程度でよく育ちます。土壌のpH指数を調べて、土壌がスイカの栽培に適しているかどうかを確認しましょう。pH指数が合わない場合は、苗木販売店などで購入できる調整剤を加えて、pHバランスを整えます。
    広告

パート 2 の 3:
スイカの苗を植える

  1. 1
    畝を作る くわなどを使って土を盛り、種をまく場所を作ります。栽培地の広さによって60cm-180cm程度の間隔をあけます。畝を作ることで、根を張らすための土が十分にほぐれているかを確認して、根に酸素を供給すると共に、余分な水が根に接触したままにならないようにします。また畝には雨量の少ない時期に水分を蓄える役割もあります。
  2. 2
    種をまく 畝の最上部を平らにして、小さなくぼみを作ります。道具または指で土に深さ2.5cmの穴を3-4個開けます。ひとつの穴に1-4個の種を入れ、種の上に土をかぶせて平らにします。土を軽く押さえて、種の周りの土が乾かないようにします。
  3. 3
    発芽を観察する 種が発芽するまでには、土の温度や種をまいた深さ次第で約7-10日かかります。発芽期には種の周りの土を乾燥させないようにして、短い根にも水が届くようになるべく新芽に近いところに水遣りをします。
    • 苗が育ち始めたら、よく育っている苗2本を残して間引きします。成長の良い苗により多くの空間を与えるためです。
    • 土を完全に乾かさないように注意しましょう。最低一日一回は水遣りをします。
  4. 4
    苗が約10cmほどに成長したら、適切なマルチ材で根元を覆います。マルチ材には松葉、不織布、腐葉土などがあります。マルチ材はできるだけ苗の根元に敷いて、雑草の繁殖や乾燥を予防し、まだきちんと張っていない根の周りの土を直射日光や高温から守ります。
  5. 5
    花が咲いたら水遣りの回数を減らす 開花後は土が乾いていたら約3日に一度の頻度で水遣りをします。水の与えすぎに注意しましょう。スイカは水を多く必要としない植物です。
    • 葉と果実を湿らせない 果実は汚れていない板、ごつごつしていない大き目の小石、レンガなどの上に置くことができます。
    • 気温の高い日には土が湿っていても葉がしおれることがあります。夕方になってもまだしおれていたら、十分に水遣りをしてください。
    • 収獲前の一週間に水遣りを控えるとスイカの甘みが増します。しかし水遣りを控えて蔓がしおれてしまったら、すぐに水を与えましょう。スイカを収獲したら、元の水遣りパターンに戻り、次のスイカの生育を見守ります。
  6. 6
    雑草を定期的に抜く 特に根元と蔓の先の雑草は取り除きましょう。
    広告

パート 3 の 3:
スイカの収獲

  1. 1
    完熟したことを確かめる スイカはよい条件が整えば、温暖地では約4ヶ月で甘く完熟します。完熟する前に収獲したスイカは味が落ちます。
    • スイカが熟しているかどうかを調べるには、表面を軽く叩いてみます。鈍い音が返ってきたら、熟しています。また、下になった部分を見てみると、完熟したスイカは下の白い部分が薄い黄色に変わっています。
    • スイカの茎から出ている巻きひげがしおれていたら、収獲してよいサインです。[3]
  2. 2
    蔓からスイカを切り離す よく切れるナイフか園芸用はさみで果実近くの蔓をきれいに切ります。収獲したばかりのスイカは約10日ほど持ちます。[4]
    広告

ポイント

  • ひとつの蔓から2-5個のスイカが収獲できます。

広告

注意事項

  • ヒゲナガハムシに注意しましょう。この害虫はスイカを好みます。その他の害虫にはアブラムシやハダニなどがいます。
  • 最低気温が15℃以上になるまで種をまくのは待ちましょう。最適な土壌温度は24℃ですが、必要ならばそれ以前に鉢に種をまくこともできます。
  • べと病やうどん粉病はスイカ栽培の大きな問題です。ヒゲナガハムシは細菌を媒介して青枯病を引き起こすので、きちんと予防しましょう。
  • 収獲を遅らせないようにしましょう。スイカが熟しすぎてしまいます。
  • スイカは霜の被害を受けやすい植物です。
  • スイカは肥料やけに敏感です。市販の肥料はよく混ぜて、控えめに与えましょう。
広告

必要なもの

  • 園芸用道具
  • スイカの種、または室内で育てた苗

関連記事

How to

エアーベッドの空気漏れを修理する

How to

キャンドルのロウを落とす

How to

ヘアピンでドアの鍵を開ける

How to

ガラスの傷を取る

How to

木に防水加工をする

How to

プラスチックについた傷を消す

How to

衣服に付いたロウを落とす

How to

ドライバーを使わずにネジを外す

How to

革製品の臭いを取り除く

How to

コンクリートを仕上げる

How to

ヒューズをチェックする

How to

切り花のチューリップを長持ちさせる

How to

庭にミツバチを呼び寄せる

How to

ペーパークリップで鍵を開ける
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む45人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は8,703回アクセスされました。
このページは 8,703 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告