スキニージーンズにアンクルブーツを合わせて着こなす方法

この記事には:ジーンズを準備するアンクルブーツを選ぶ全体のコーディネートを考える

スキニージーンズとアンクルブーツはとても相性がよく着こなしやすい組み合わせです。しかしスキニージーンズの着方次第で全体のスタイルが台無しになることもあります。例えば、裾を「くしゅくしゅ」させて履くよりもクロップド(半端丈)タイプのものや、ロールアップされた状態で履いた方が見た目が良くなります。ジーンズだけでなく、求めるスタイルに合ったブーツとそれに適した服装を選ぶことで、楽々とおしゃれをこなしている雰囲気が出るでしょう。

1
ジーンズを準備する

  1. 1
    クロップドジーンズとアンクルブーツを合わせる クロップドジーンズはアンクルブーツと良く合います。ブーツの3センチほど上の位置で裾が終わる長さのものを選びましょう。より脚を見せたいと考えているのであれば、ブーツとの間隔が5センチ空くような丈を選んでも良いでしょう。ブーツとジーンズの間に肌が見えないと、脚が短く見えてしまいます。[1]
  2. 2
    裾をロールアップする すでに折り返された状態のジーンズを購入したのであれば問題ありません。そうでない場合、裾が少し長すぎると感じたらロールアップすると良いでしょう。どれくらい長さが余っているのか、ブーツとジーンズの間にどれくらい肌を見せたいのかによって折り返す回数は変わります。一回だけ折り返して済む場合もあれば、小柄な人は2回でも良いでしょう。[2]
  3. 3
    ジーンズの裾をたくし込み、裾の丈を短く見せる ジーンズをブーツにタックインするという着方に抵抗がある場合は、ジーンズを実際よりも短く見せるという手段もあります。この方法はジーンズがわずかに長すぎる際に特に有効です。余っている裾をジーンズの中にたくし込みましょう。脚を実際よりも長く見せる効果もあります。[3]
  4. 4
    長いジーンズはアンクルブーツの中にしまい込む ジーンズの長さがやや余っている場合、ブーツの中に裾をしまい込んでも良いでしょう。この方法はアンクルブーツでも丈のあるタイプ、例えば足首の高さを少し超えているブーツに合わせると、裾がしまい込みやすくなります。タックインされた時のジーンズが滑らかに見えるよう、たるみやしわが無いように裾をしまい込みましょう。[4]

2
アンクルブーツを選ぶ

  1. 1
    履き心地の良さとおしゃれの両方を求めている時はフラットアンクルブーツ スキニージーンズはヒールの無いアンクルブーツに最も良く合います。また、黒のスキニーとテーラードジャケットをフラットアンクルブーツと合わせると、着心地の良さと華やかさの両方を楽しむことができます。あるいは、Tシャツとジーンズというコーディネートにブーツを合わせれば、カジュアルさ、ゆったりさが増します。[5]
  2. 2
    さまざまな服装と相性の良い黒のアンクルブーツ どのような服装とでも合う1足を探しているのであれば、黒レザーのアンクルブーツが最適でしょう。スキニージーンズ&Tシャツというコーディネートにも、レザージャケット&ブラックジーンズといったコーディネートにもよく合います。フォーマルなワンピース以外であれば、どのような服装に対しても黒のアンクルブーツを組み合わせることができます。[6]
  3. 3
    個性的なスタイルを目指している時は大胆な色のブーツ 大胆な色のアンクルブーツを持っているだけで、普段の服装にアクセントを加えることができます。例えば全身黒の服装に真っ赤なブーツを合わせると、服装に遊び心が加わります。また、黄色のワンピースに紫のアンクルブーツを合わせれば、かなりカラフルになります。[7]
    • デザインや刺しゅうの施されたブーツは個性的な雰囲気を醸し出します。
  4. 4
    エッジの効いたスタイルにはバックルや靴紐のついたブーツ ブーツはファスナー、バックル、あるいは靴紐がついているものが多く、エッジの効いたスタイルにはバックルや靴紐タイプのブーツをレザージャケットに合わせると効果的です。ダメージ加工のスキニージーンズを合わせられれば上級者です。[8]
  5. 5
    アンクルブーツには丈の短い靴下を合わせる ボトムズとブーツの間にわずかに肌を見せたほうがスタイルがきまるため、ブーツからはみ出さない長さの靴下を履くようにしましょう。一般的な足首丈の靴下やぺったんこ靴に合わせる「はみ出さない」タイプの靴下が良いでしょう。[9]
    • あえて靴下を見せたいのであれば暗い色のものを選びましょう。

3
全体のコーディネートを考える

  1. 1
    モノトーンの着こなしに挑戦する ミニマルなスタイルを目指しているのであれば、モノトーンのコーディネートが最適です。ブーツが黒であればトップス、スキニータイプのボトムス、上着をすべて黒で統一してみましょう。青色のアンクルブーツなどのカラーブーツには、洋服も大胆に青で合わせてましょう![10]
  2. 2
    毎日のコーディネートはニュートラルな色味で統一する カジュアルでくつろいだスタイルを目指すのであれば、中間色が欠かせません。ベージュのアンクルブーツに対して、淡い色のスキニージーンズ、淡褐色や白のトップスを合わせることで完全な中間色の着こなしが実現できます。必要に応じて茶色やベージュの帽子を付け足してみましょう。[11]
  3. 3
    寒い日には真冬の上着と合わせる 真冬の天候にはロングブーツを合わせる印象がありますが、アンクルブーツは1年中コーディネートに取り入れることができるアイテムです。ブーツの中にしまい込めるだけの丈が余っているボトムスを履いたり、濃い色合いの薄手の靴下を合わせてしっかりと寒さを防ぎましょう。最後に好み次第で毛皮のコート、丈の長いピーコート、ダウン素材などのふんわりとしたコートなどを着込みましょう。[12]
  4. 4
    白のジーンズは1年中履ける 白のジーンズは夏の間だけ、というルールに縛られる必要はありません。黒のTシャツ、黒のアンクルブーツに合わせて履いてみましょう。あるいはベージュのアンクルブーツ、白のジーンズ、淡褐色のTシャツという組み合わせに、デニムジャケットを最後に合わせても良いでしょう。[13]
  5. 5
    温かい日はタンクトップとジーンズに組み合わせる タンクトップ、スキニージーンズ、アンクルブーツという組み合わせは、温かい日向けのキュートでスタイリッシュな着こなしです。あるいは、タンクトップ、ダメージ加工のジーンズ、アンクルブーツという組み合わせでカジュアルな着こなしになります。柄つきあるいは無地のホルターネックのトップスと黒のジーンズ、黒のブーツというコーディネートであれば、ぐっと華やかな印象になります。[14]

ポイント

  • 長いジーンズをブーツの中にしまい込まないようにしましょう。脚が実際よりも短く見えてしまいます。[15]
  • ブーツカットやフレアタイプのジーンズを除き、ジーンズの裾をブーツに被せて履くのは避けましょう。[16]

記事の情報

カテゴリ: ファッション | 衣服

他言語版:

English: Wear Skinny Jeans with Ankle Boots, Español: usar jeans pitillos con botines hasta el tobillo, Français: porter un jean skinny avec des bottines, Deutsch: Enge Jeans zu Stiefeletten tragen, 한국어: 스키니진에 앵클부츠 신는 방법, Tiếng Việt: Diện quần bò với bốt cổ ngắn, العربية: ارتداء بنطال الجينز الضيق مع حذاء الكاحل, Italiano: Abbinare Stivaletti e Jeans Skinny, ไทย: ใส่ยีนส์สกินนี่กับรองเท้าบูทหุ้มข้อ, Русский: носить узкие джинсы скинни с ботильонами, Português: Usar Calças Jeans Skinny com Botas de Cano Curto, Nederlands: Skinny jeans met enkellaarsjes dragen

このページは 209 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?