正しくシーズニングされたスキレット(鋳鉄製のフライパン)の寿命は長く、また表面が焦げ付くこともありません。スキレットの表面に油を焼き入れて作った皮膜ができており、焦げ付きを防止しています。この記事では、新しいスキレットをシーズニングする方法、錆びた古いスキレットを復活させる方法、そしてスキレットを手入れする方法を紹介します。

方法 1 の 3:
新しいスキレットをシーズニングする

  1. 1
    オーブンを177℃に予熱しましょう。スキレットをシーズニングしている間は、オーブンで調理をするのはやめましょう。調理で発生する蒸気が、シーズニングのプロセスに影響することがあります。
  2. 2
    スキレットを洗って乾かしましょう。洗剤とたわしを使ってスキレット全体を磨きましょう。洗剤とたわしを使ってスキレットを洗うのはこの時だけです。シーズニングした後は、磨くことはありません。
  3. 3
    ラード、ショートニング、またはオリーブオイルを、スキレットの内側・外側に塗りましょう。スキレット全体に塗るようにし、ペーパータオルでこすってなじませます。[1]
  4. 4
    スキレットをオーブンに入れましょう。[2]2時間置いて油分を焼き入れます。オーブンから取り出したら冷やしましょう。
  5. 5
    ここまでの工程を3回繰り返しましょう。スキレットを完全にシーズニングするには、油の層を重ねる必要があります。調理中にコーティングが剥がれて焦げ付いてしまうことがないように、もう一度油分を塗り、オーブンで焼き、冷やしてコーティングを重ね、さらに同じ工程を繰り返しましょう。
    広告

方法 2 の 3:
錆びたスキレットを復活させる

  1. 1
    オーブンを177℃で予熱しましょう。
  2. 2
    酢と水を混ぜた液を作りましょう。スキレット全体が浸かるような大きさの入れ物を用意します。酢と水を1:1で混ぜた液を入れ物に入れましょう。[3]
  3. 3
    液の中にスキレットを入れましょう。スキレットが完全に浸かっているようにします。そのまま3時間置いておきましょう。その間に酢が錆を分解します。3時間経ったらスキレットを取り出しましょう。
    • スキレットに錆が残っていたら、たわしで磨いて落としましょう。この時点では錆は簡単に取れるはずです。錆が残らないように気をつけましょう。[4]
    • スキレットを酢の液に戻さないようにしましょう。スキレットを酢の液に長時間浸けすぎると、鋳鉄が劣化し始めます。
  4. 4
    スキレットを水で洗い、水分を拭いて乾かしましょう。ガスレンジかオーブンで数分間熱して、スキレットを完全に乾かすようにします。
  5. 5
    脂肪分または油分を塗りましょう。スキレット全体に塗るようにします。ペーパータオルを使い、スキレットの表面をこすって油分をなじませましょう。
  6. 6
    スキレットをオーブンで焼きましょう。177℃に熱したオーブンでスキレットを2時間焼きます。2時間経ったらオーブンから取り出し、冷やしましょう。
  7. 7
    ここまでの工程を繰り返しましょう。スキレットの表面が確実に焦げ付かないようにするためには、もう一度油分を塗って焼き、冷やします。そしてまた同じ工程を繰り返しましょう。
    広告

方法 3 の 3:
スキレットの手入れをする

  1. 1
    すぐに洗いましょう。スキレットは使用した直後の、食べ物がこびりついてしまう前が一番洗いやすい状態です。スキレットが触れるくらいまで冷えたら、食べ物のかすをふきんで拭き取り、お湯で洗い流しましょう。
    • 表面に食べものがこびりついていたら、粗塩と酢を混ぜたものを使い、ペーパータオルでこすって落とします。その後、酢が残らないように完全にお湯で洗い流しましょう。
    • 食べ物のこびりつきは、焼いて落とすこともできます。高温に熱したオーブンにスキレットを入れましょう。食べ物は焦げて灰になるため、スキレットが冷えたらたわしで落とすことができます。この方法を用いた場合、油のコーティングも焦げて剥がれてしまうため、もう一度シーズニングを行う必要があります。
    • シーズニングしたスキレットを、洗剤や金属たわしで洗わないようにしましょう。油のコーティングが剥がれ、表面から水分が入って金属と反応し、錆が発生します。
  2. 2
    スキレットを完全に乾かしましょう。こびりついた食べ物を洗い流したら、スキレットを完全に乾かします。乾いたふきんで水分を拭き取り、割れ目などに水が残らないようにします。また外側も必ず乾かすようにしましょう。
    • 調理で使っていたガスレンジがまだ少し熱い場合は、スキレットを上下逆さまにして、レンジの上に置きましょう。こうすると早く乾きます。
    • スキレットを確実に乾燥させるために、オーブンで数分間熱しましょう。
  3. 3
    定期的にシーズニングしましょう。スキレットで料理をするたびに、調理に使用する油が染み込み、コーティングを守ります。しかし、時々はシーズニングを行って、表面が焦げ付かない状態を維持しましょう。特に、酢と塩を使うことを余儀なくされた時にはシーズニングを行いましょう。
  4. 4
    乾燥した場所で保管しましょう。他の台所用品からの水分がスキレットに付着しないようにします。他のものと一緒に保管している場合は、乾いたふきんやペーパータオルを間に挟んでスキレットの表面を保護しましょう。[5]
    広告

注意事項

  • 洗剤や傷つきやすいスポンジなどでスキレットを洗わないようにしましょう。苦労してコーティングした油の膜が剥がれてしまいます。
広告

関連記事

How to

キロワット時(kWh)の計算

How to

食器洗い機の水を抜く

How to

アイロン面の汚れを落とす

How to

冷凍庫の霜取り

How to

電子レンジでお湯を沸騰させる

How to

ワッフルメーカーを手入れする

How to

アイロンを掃除する

How to

エアコンを自作する

How to

冷蔵庫を移動する

How to

冷蔵庫を掃除する

How to

食器が電子レンジ対応かどうかを確認する

How to

薄型テレビを掃除する

How to

冷蔵庫の臭いを取る

How to

キューリグ(コーヒーメーカー)の手入れをする
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む20人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 家電製品
このページは 878 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告