スクランブルエッグを作る方法

この記事には:牛乳またはクリーム入りスクランブルエッグフライパンの上で混ぜる、卵だけのスクランブルエッグ

素早く簡単に作れるスクランブルエッグは、朝食、昼食、夕食に大活躍です。こちらの記事でスクランブルエッグの作り方を紹介します。

材料

  • 牛乳またはクリーム入りスクランブルエッグ
    • 卵 2個
    • 塩、挽きたての黒胡椒か白胡椒(好みで)
    • バターもしくはオイルスプレー
    • 牛乳(好みで)
    • オリーブオイル
    • 水(好みで)
    • チーズ(好みで)
    • ハーブ(好みで)
  • フライパンの上で混ぜる、卵だけのスクランブルエッグ
    • バター 大さじ2杯、もしくは食用油 小さじ1杯
    • 卵 LかLLサイズ2個
    • 塩、胡椒 少々

1
牛乳またはクリーム入りスクランブルエッグ

  1. 1
    卵を用意します。1人前につき2個の卵を割り、ボウルに入れます。柔らかくてしっとりした仕上がりが好みなら、卵1個につき、牛乳、コーヒーフレッシュ、またはサワークリームを大さじ1杯加えます。卵に水分を少し加えると、硬くてゴムのような食感にならずに済みます。
  2. 2
    卵の色と質感が均一になるまでしっかりかき混ぜます。チーズを加えてチーズ風味のスクランブルエッグにするのもいいでしょう。
  3. 3
    卵の数に合わせてフライパンの大きさを選びます。卵が2個なら小さなフライパンで、10個の卵を調理するなら、かなり大きなフライパンが必要です。
  4. 4
    小さじ2杯のバター、ベーコン油または食用油をフライパンで温めます。フライパンの柄を握って、油がフライパンの表面全体に行きわたるように動かします。
  5. 5
    指先に水につけてフライパンに落とし、フライパンの温度を確認します。水滴がジュッと音を立てて蒸発すれば、フライパンは充分に温まっています。卵液を注ぎ入れましょう。卵液をかき混ぜながらフライパンに注ぎ入れ、弱火にします。
  6. 6
    火が通り始めた卵液が固まるのを待ちます。卵液が固まり出したら、すぐにヘラを使って、フライパンの底にある火が通った部分と、まだ火が通っていない卵液を入れ替えるように混ぜます。こうすると、フライパンの底にあたっていた卵に焦げ目が付くのを防げます。
  7. 7
    卵にほぼ火が通ったかを確認します。火が通っていればコンロから下します。そのままにしておくと余熱で調理が進んでしまいます。固めの食感が良ければ、好みの固さになるまで火を通します。フライパンに余分な液体が残っていなければスクランブルエッグは完成です。
    • しっとりとした外観が損なわれる前にフライパンからお皿に移します。裂いたチーズを加えると、さらに味わい深くなるでしょう。卵の上でとろけるように、チーズは熱いうちに加えましょう。
    • お好みで塩、胡椒を加えます。

2
フライパンの上で混ぜる、卵だけのスクランブルエッグ

本物のスクランブルエッグは黄色一色ではなく、白と黄色が混ざり合っている、という説もあります。こちらはそのようなスクランブルエッグの作り方です。

  1. 1
    20cmのフライパンにバター大さじ2、もしくは食用油大さじ1を入れます。強火で30秒ほど温めた後、中火にします。
  2. 2
    Lか LLサイズの卵を2個、もしくはMサイズの卵を3個フライパンに割り入れます。最初にスプーンで黄身をつぶし、かき混ぜたりひっくり返したりしながら卵を混ぜます。ひとつまみの塩と黒胡椒を加えます。
  3. 3
    卵が固まり、まだしっとり感が残っているところで火を止め、さらに15~30秒混ぜます。.
  4. 4
    お皿に盛りつけます。新鮮なパセリを1枝刻んで散らしたらすぐに食卓へ。

ポイント

  • 卵をしっかりとかき混ぜるほど、出来上がりの際に白身が見えにくくなります。
  • たくさんの卵をフワフワに仕上げるには、フライパンに卵液を注いだ後、かき混ぜたくなる気持ちをじっとこらえて、しばらくそのままにしておきましょう。フライパンの底や縁にあたっている卵液が焼き過ぎになりそうなところで卵を混ぜ始めます。
  • チョリソーを加えてみましょう。
  • 刻んで炒めたハムやベーコン、スモークサーモンを加えると、風味が増して色鮮やかになります。ベジタリアンのために、肉の代用食品を扱っているスーパーもあります。
  • 少し趣向を変えて、みじん切りの玉ねぎをバターで炒め、ひとつまみの塩と砂糖で味付けしたものを加えると美味しくなります。
  • 脂肪を控えるには、バターの量を減らすか代用品を使います。テフロン加工のフライパンを使えば油は必要ありません。実際に試してみましょう。ただし、美味しいバターや高品質の油を使うと卵の旨みがぐっと増します。
  • 卵をいつまでも炒めていると、卵のタンパク成分が水分を押し出すため、お皿の上で卵が水浸しになってしまいます。
  • 火を通し過ぎると、固くてゴムのようなスクランブルエッグになってしまいます。火が通り始めたら、フライパンを時々持ち上げ、火から遠ざけて調理しましょう。
  • ディル、オレガノ、バジルのようなハーブミックスを卵液に混ぜるか、仕上げに散らすと風味が増します。パセリも付け合わせに最適です。ローズマリーを入れてみると、また違った風味が楽しめます。
  • チーズ好きの人はパルメザン、モッツアレラ、クリームチーズを少し加えてみましょう。ただし、チーズを入れた卵液は、フライパンにこびりつきやすいので注意しましょう。もしくは、卵1個につき牛乳の代わりに小さじ一杯のカッテージチーズを加えるのもいいでしょう。
  • トーストやベーグルと一緒に食卓へ出しましょう。

注意事項

  • 調理が済んだら火を忘れずに消しましょう。
  • 生焼けの卵はサルモネラ感染症を引き起こす可能性があります。しっかりと火を通しましょう。
  • 火を使って調理をするときは、いつでも注意が必要です。小さな子供が周りにいたら、調理器具の柄を子供の手の届かない方向へ向けましょう。
  • 卵を食べ過ぎると便秘になることはよく知られています。果物や野菜などの繊維質を充分に摂取して便秘を防ぎましょう。

必要なもの

  • 調理する卵の数に合わせたサイズのフライパン
  • 計量スプーン
  • フォーク、または泡立て器
  • ヘラ
  • コンロ
  • 大きなボウル




記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む201人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 調理法

他言語版:

English: Make Scrambled Eggs, Italiano: Preparare le Uova Strapazzate, Español: hacer huevos revueltos, Français: faire des œufs brouillés, Deutsch: Rühreier kochen, Português: Fazer Ovos Mexidos, Русский: приготовить яичницу болтунью, Nederlands: Roereieren maken, 中文: 炒鸡蛋, Bahasa Indonesia: Membuat Telur Orak‐Arik, Čeština: Jak uvařit míchaná vajíčka, Tiếng Việt: Làm món trứng khuấy, العربية: صنع بيض مقلي مخفوق, ไทย: ทำไข่คน, 한국어: 스크램블 에그 만드는 방법

このページは 1,165 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?