PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

スクランブルエッグはおいしい間食や手頃な食事としても重宝するので、作り方を覚えると便利な料理の一つです。まず、ボウルに卵数個を割り入れて混ぜ、フライパンでバターを熱しましょう。バターが溶けたら卵をフライパンに入れ、卵がまとまるように混ぜ続けます。卵が好みの硬さになるまで調理して、温かく柔らかいうちに食べましょう。

材料

1人前

  • 卵2個
  • バター小さじ1杯(4.5g)
  • 塩、コショウ(味付け)

方法 1 の 3:
コンロで作るスクランブルエッグ

  1. 1
    ボウルに卵を割り入れ、フォークか泡だて器で混ぜましょう。何人分作るかを考えて、1人あたり卵2個を用意します。ボウルに卵を割り入れ、卵白と卵黄がしっかりと混ざるようにかき混ぜましょう。[1]
    • 卵の殻の破片が混入しないように、卵を割るときはボウルの縁ではなく平らな面で叩きましょう。

    ご存じですか? この時点で卵に塩を加えて味付けすると柔らかくできあがりますが、調理前に塩を加えるとスクランブルエッグの色が少し暗くなります。

  2. 2
    フライパンにバターを入れ、強めの中火で加熱しましょう。ノンスティック加工の小さなフライパンにバター小さじ1杯(4.5g)を入れ、強めの中火で加熱します。バターが溶けて少し泡立つまで、1分ほど熱しましょう。フライパンの底面と側面にバターが行きわたるように、フライパンを傾けてぐるっと回します。[2]
    • 好みに応じて、バターの代わりにオリーブオイルやココナッツオイルを使ってもかまいません。
    • 柔らかいスクランブルエッグが好みならバターを最初に熱するのではなく、卵をフライパンに入れると同時にバターを加えましょう。
  3. 3
    フライパンに卵を入れて火力を落とします。よく混ぜた卵をゆっくりとフライパンに注ぎましょう。卵がフライパンに触れたときにじゅっと音がするくらいが目安です。弱火に落として、卵にゆっくりと火を通しましょう。
  4. 4
    卵をかき混ぜながら3~4分加熱します。シリコン製もしくは木製のヘラを使って、常にかき混ぜながら調理しましょう。フライパンの側面から卵を剥がすようにして、卵がまとまり始めるまで絶えずかき混ぜます。しっかりと火を通すには、3~4分加熱しましょう。[3]
    • スクランブルエッグを柔らかく仕上げるには、フライパンを火からおろして卵を30秒かき混ぜましょう。フライパンを火にかけ、火からおろしてかき混ぜるのを交互に行い、卵が柔らかくまとまるまで繰り返しましょう。

    ポイント:きめの細かいスクランブルエッグに仕上げるには、素早くかき混ぜながら調理しましょう。大粒のスクランブルエッグに仕上げるには、塊があまり崩れないようにゆっくりとやさしく混ぜましょう。

  5. 5
    最高の食感を楽しむためにすぐに食べましょう。火を止め、スクランブルエッグが冷めないうちに皿に移します。塩、コショウ、ハーブなどを振りかけ、トーストやベーコン、新鮮な果物を添えて食べましょう。
    • スクランブルエッグは時間が経つと水っぽくなるので、保存には向きません。
    広告

方法 2 の 3:
電子レンジで作るスクランブルエッグ

  1. 1
    電子レンジ対応のボウルに卵と調味料を入れます。底が丸いボウルに卵2個を割り入れ、塩とコショウを振りましょう。[4]
    • 塩とコショウの代わりに好みの調味料を加えると、一味違うスクランブルエッグになります。
  2. 2
    泡だて器でしっかりと混ぜましょう。小さな泡だて器やフォークを使って、卵と調味料をよく混ぜます。卵黄と卵白がしっかりと混ざり合うようにかき混ぜましょう。[5]
  3. 3
    高出力に設定した電子レンジで1分30秒加熱します。ボウルを電子レンジに入れ、30秒間加熱しましょう。ボウルを取り出して卵を混ぜ、30秒再加熱します。30秒加熱するごとに取り出して混ぜ、合計で1分30秒加熱しましょう。
    • 加熱が終わると卵に火が通ってまとまるでしょう。
  4. 4
    バター少量を加えるとより豊かな風味になります。電子レンジからボウルを取り出し、温かいうちに食べましょう。バター小さじ1杯(4.5g)を加えて溶けるまで混ぜ合わせると、コクのあるスクランブルエッグに仕上がります。

    ポイント:新鮮なハーブを使う場合は、できあがったスクランブルエッグに加えましょう。パセリやセイヨウアサツキ、バジルなどを使ってみましょう。

    広告

方法 3 の 3:
スクランブルエッグのアレンジ

  1. 1
    乳製品を加えて、さらにクリーミーなスクランブルエッグを作りましょう。大さじ1杯の冷たい乳製品を加えると卵に火が通りすぎず、スクランブルエッグにコクが出ます。クリームチーズやサワークリーム、クレームフレーシュ、マスカルポーネチーズ、カッテージチーズなどを加えましょう。[6]
    • クリームチーズは電子レンジで10~20秒加熱し、柔らかくしてから加えると、スクランブルエッグにチーズの塊が残りません。
  2. 2
    好みのチーズを加えて豊かな風味を増しましょう。溶いた卵に1つかみのシュレッドチーズを加えて調理するのを好む人もいれば、できあがったスクランブルエッグにチーズをトッピングして食べるのを好む人もいます。好みのチーズを1種類または組み合わせて使いましょう。次のいずれかのチーズを試してみましょう。[7]
    • チェダーチーズ
    • モッツァレラチーズ
    • フェタチーズ
    • ゴートチーズ
    • パルメザンチーズ
    • スモークゴーダチーズ
  3. 3
    肉を足して風味を増しましょう。ベーコンや生チョリソーなどの生肉を使う場合は、あらかじめフライパンで調理してから卵に加えます。調理済みの肉を使う場合は、スクランブルエッグができあがる1分前に1つかみの肉を加えて調理しましょう。こうすると肉も温められます。[8]

    加える肉の例:
    ベーコン
    ハム
    チョリソー、ソーセージ
    スモークサーモン

  4. 4
    生のハーブを加えて爽やかな風味を出しましょう。生のハーブ数本を刻み、できあがったスクランブルエッグに振りかけます。ディルやオレガノ、バジル、パセリ、セイヨウアサツキなど、好みのハーブを一種類またはいくつか組み合わせて使いましょう。[9]
    • 強いハーブの風味を手早くつけるには、十分な量の生のバジルソースを卵に混ぜ込みましょう。ただし、この方法で調理するとスクランブルエッグの色は変わります。
  5. 5
    好みのソースやスパイスで味付けして、独特な風味のスクランブルエッグを作りましょう。スクランブルエッグを皿に盛ったら、塩やコショウの代わりに好みのスパイスを振ります。たとえば、ザータルやガラムマサラなどのミックススパイスを使っても良いでしょう。スパイスではなくソースをかける場合は、スリラチャソース、サルサベルデ、醤油、ウスターソースを試してみましょう。[10]
    • スクランブルエッグに少量のケチャップをかけると、シンプルながらピリッとした味わいになります。
    広告

ポイント

  • 調理後2時間経つと食中毒を起こす可能性があるので、できあがったスクランブルエッグは温かいうちに食べましょう。
  • 少しでもたくさんでも、好きな分量のスクランブルエッグを作りましょう。卵を多く使う場合は、大きなフライパンを使用するか何回かに分けて調理する必要があります。
  • 卵に牛乳を加えてスクランブルエッグを作る方法は一般的ですが、シェフや料理の専門家の多くは有害無益だという意見で一致しています。[11] 牛乳や他の液体を加えると、火が通る前に卵が分離し、スクランブルエッグがパサついて硬くなってしまいます。[12] [13]
広告

必要なもの

コンロで作るスクランブルエッグ

  • ボウル
  • 泡だて器またはフォーク
  • 鉄のフライパンまたはノンスティック加工のフライパン
  • シリコン製のヘラまたは木べら

電子レンジで作るスクランブルエッグ

  • 電子レンジ対応のボウル
  • 泡だて器またはフォーク

関連記事

ミリリットル(mL)をグラム(g)に換算するミリリットル(mL)をグラム(g)に換算する
クリームチーズを柔らかくする
生卵とゆで卵を見分ける
たくさん食べるたくさん食べる
ベーキングパウダーの代用品を作るベーキングパウダーの代用品を作る
生アーモンドをローストする
スパゲティーソースにとろみをつける
牛乳からバターミルクを作る
ロックキャンディを作る
ハーブ漬けオリーブオイルを作る
シチューにとろみをつける
パパイヤの種を食べるパパイヤの種を食べる
スイカを切る
電気圧力鍋でフライドチキンを作る
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む201人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は2,100回アクセスされました。
カテゴリ: 調理法 | レシピ
このページは 2,100 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告