スケボー(スケートボード)は世界で最も人気のあるストリートスポーツの一つで、その象徴とも言えます。街中をスケボーで巡るための基本を学ぶ場合も、プロのようにキックリップを決めたい場合も、この記事で最初の一歩を学ぶことができます。最初のボードを買うところからオーリーを習得するまで、歩道を自由に移動するために必要なことを学べます。

パート 1 の 4:
スケボーを始める

  1. 1
    自分にあったボードを購入しましょう。スケボーには安いものもあれば高いものもあり、様々なサイズや形があります。最も基本的なものは、通常のスケボーとロングボードの2つです。近隣のスケートショップやスケボーのウェブサイトで購入可能なものを見てみましょう。
    • 通常のスケボーは、曲がったノーズやテールがあり、技を決めやすくするためにコンケーブがあります。様々なサイズがありますが、ほとんどは長さ78センチ〜82センチであり、幅20センチ程度です。スケートパークやストリートで滑って技を決めたいのであれば、これらのボードを買いましょう。
    • ロングボードやクルーザーはより長くて平らな形をしています。ボードの長さは様々ですが、通常のスケートボードの最大2倍大きいこともあります。初心者にとっては、通常のボードよりもかなり安定していて乗りやすいでしょう。技を決めることはできませんが、スケボーで街中を移動する場合や、坂を下る場合にはいい選択肢です。
    • 初めてのスケボーは5000円から15000円くらいの値段がするでしょう。スケートショップで、最適なトラックとウィールがついたセットアップを用意してもらいましょう。安売り店で売っているようなスケボーは絶対に買わないようにしましょう。すぐに壊れて、習得するのが難しいからです。スケートボード専門店に行きましょう。
  2. 2
    最適なシューズを手に入れましょう。スケートシューズは、主にVANS、エアウォーク、コンバース、エトニーズなどのブランドがあります。これらのシューズはアッパーが頑丈であり、底が平らで、ボードをつかむのに最適です。普通のスニーカーで滑ることもできますが、スケートシューズで滑った方がかなりボードを扱いやすくなります。
    • 決してサンダルやビーチサンダルで滑ってはいけません。足が動きやすく、快適である必要があります。そうでないと、かかとをすぐに怪我してしまい、スケボーから落ちやすくなります。
  3. 3
    最適な防具を手に入れましょう。スケボーを始めたばかりの頃は、スケボーから転ぶこともあります。おそらく転ぶことは多々あるでしょう。ヘルメット、ひざ当て、ひじ当てなどの防具を買って、転落や事故から身を守りましょう。これは初心者にとって特に重要です。ヘルメットなどの防具の着用を義務付けているスケートパークもあります。[1]
    • 自分の頭にきちんと合うヘルメットを手に入れましょう。購入前にメジャーを使って眉のすぐ上のところの、頭のまわりの長さを測りましょう。頭にぴったり合うヘルメットを購入しましょう。
    • 防具を着けてかっこ悪い、あるいは子供っぽいということは決してありません。深刻な頭の怪我から自分を守ることは大事です。
  4. 4
    スケボーをするのに最適な場所を見つけましょう。平らでコンクリートの私道や駐車場は、スケボーに慣れるのに最適な場所です。道に何もないことを確認し、ひびや小石やくぼみに気をつけましょう。小石の上を滑ってしまうと、特にウィールが硬い場合は、事故につながることもあります。
    • スケートパークは、経験を重ねた人にとっては素晴らしい場所です。ボードの上で立っているのがやっとである状態ならば、スケートパークで滑ることは厳しいかもしれません。近くにスケートパークがあるなら、見に行って他のスケーターを参考にしましょう。もっとも、見るときはスケートパークの端っこにいましょう。
  5. 5
    スケボーが上手くて教えてくれる知り合いを見つけることも考えましょう。おそらく、父親では技も何もできないでしょうから、近隣のスケートショップやスケートパークにいる人に、滑るところを見学してもいいか聞いてみましょう。その人がやっている技が上級レベルから中級レベルであれば、完璧です。初心者数名を集めて、その人に先生になってもらいましょう。
    • 友達とスケボーをするのはスケボーの醍醐味の一つです。友達にスケボーをする人がいるなら、その友達からスケボーを習いましょう。友達から学ぶ方が、独学やインターネットで学ぶよりもはるかによいでしょう。
    広告

パート 2 の 4:
基礎を習得する

  1. 1
    ボードの上に正しく立ちましょう。地面にボードを置き、その上に立って正しい足の位置やバランスの取り方を学びましょう。足は横向きにしてボードに立ち、それぞれの足はウィールとボードをつなげるトラックの位置に大体揃えましょう。
    • レギュラースタンスは、左足が前方で右足が後方にある場合を言います。これは主に右足でプッシュをすることになります。
    • グーフィースタンスは、右足が前方で左足が後方にある場合を言います。これは主に左足でプッシュをすることになります。
    • 前後にボードを揺らしてみて、ウィールがどれくらい動くか、トラックがどれくらい揺れるかを確認しましょう。とにかくボードに慣れましょう。
  2. 2
    足をボードに乗せながら、そっと押し出しましょう。前足の方向を、ボードに対して横向きではなく少しまっすぐにしましょう。もう片方の足で蹴り出し、最初はかなりゆっくりと進みましょう。無理に速く滑ることで事故を起こすのは避けたいところです。
    • 勢いがついたら、後ろ足をボードの後方、つまりテールの少し手前でトラックのあたりに置く練習をしましょう。膝を少し曲げて、バランスをとりながら乗りましょう。
    • モンゴプッシュとは、前足で蹴り出しながら後ろ足で乗っているということです。これをよしとする人もいますが、後々不便であり、前足をしきりに動かすのは不自然です。モンゴプッシュがやりやすいのなら、レギュラースタンスからグーフィースタンス、あるいはその逆に変えてみましょう。
  3. 3
    速度が下がってきたらもうひと押ししましょう。少し蹴り出して、減速するまで足をボードに乗せておくという練習を繰り返しましょう。その後、足を前方に向け、もう片方の足は蹴り出してからボードに戻しましょう。これをたくさんやればやるほど、ボードに乗ることにどんどん慣れていきます。
    • 少しだけでいいので、速度を上げましょう。自転車と同じように、少し速度を上げた方がバランスを取りやすい人もいます。
    • 速度を上げるとスケボーがぐらつく場合は、トラックをきつく締めましょう。こうすると、方向転換することは難しくなりますが、ボードがスピードでガタつくのに慣れるまではトラックをきつく締めて練習しましょう。大抵、重心を前に傾けた方がうまくいきます。
  4. 4
    方向転換するには、足首を曲げて重心を移動させましょう。蹴り出して乗ることの要領をつかんできたら、重心を軽く移動させることでボードの方向を変えてみましょう。ひざを柔らかくして、重心は低く保ちましょう。そして、(レギュラースタンスの場合は)重心を少し前に傾けて右へ曲がり、重心を少し後ろに傾けて左に曲がりましょう。
    • トラックがどれだけ緩いかによって、重心を少し傾けるだけで曲がれるか、それともかなり傾けるのかが変わります。トラックの中央にある大きなボルトを回すと、トラックを緩めることができます(左回りで緩くなり、右回りできつくなります)。これにより、ブッシュに対する圧力が変わるので、方向転換が簡単に(トラックが緩い場合)、あるいは難しく(トラックがきつい場合)なります。
    • 方向転換する際にバランスを崩したり、転落してしまう場合は、上半身の重心を反対方向に移動させましょう。足をボードの回転軸としてトラックを方向転換することが大事です。
  5. 5
    止まるには足を下ろしましょう。止まるには、減速してきたら蹴り出す足を下ろして、勢いを止めます。もっとも、速度が出ている時に足を強く地面につけないようにしましょう。最初は足を軽く引きずる程度で、減速するにつれて足に力を入れていきます。もう片方の足はボードにのせたままにしましょう。そうでないとボードが勝手にどこかへ行ってしまいます。
    • 重心を後ろに傾けてテールを地面と摩擦させることで止まる方法もあります。ロングボードの中には、ボードの後ろにプラスチックのブレーキがもともとついているものもあります。これは少し難しい止まり方で、ボードの後ろが削れることにもなります。ボードを傷めない他のやり方としては、つま先をテールに置きつつ、かかとを使って止まる方法です。テールの代わりにかかとが地面と接触することになります。
  6. 6
    スイッチスタンスで乗ってみましょう。ボードに乗ることにかなり慣れてきたら、スタンスを変えて、前の足と後ろの足を入れ替えましょう。技を決めるためにスタンスを変えることもあるので、本当にうまいスケーターになりたいのなら、両方向に進むことに慣れる必要があります。これは、ハーフパイプやあらゆるスケボーの技を試す時に役立ちます。
  7. 7
    正しい転び方を学びましょう。転倒はスケーターにとって日常茶飯事です。これはスケボーの一部と言えます。適切な防具をいつも身につけ、正しい転び方を学びましょう。スケーターの勲章である、よくある擦り傷やあざ以上の深刻な怪我を負いたくないのなら、自分の身を守る術を身につけましょう。
    • 腕は広げながら、力を抜きましょう。体が硬いままだと、腕をクッションにする場合と比べて、手首や足首をより深刻に痛めるかもしれません。[2]
    • 転ぶ際は体を広げ、受け身を取りましょう。転ぶ際は擦り傷を負うかもしれませんが、落ちた時にパシッという音がすれば痛みは格段に小さくなります。
    • 悪い予感がしたら危険を回避しましょう。スピードを出し過ぎていてボードを制御できない場合は、ボードから飛び降りて足で着地するか、あるいは草むらに転がり込みましょう。制御できなくなったボードにしがみついていてはいけません。
  8. 8
    コツや技を習得するために経験豊富なスケーターから学びましょう。一緒に滑ってくれるスケーターを見つけましょう。彼らのスタイルや、様々なレベルの滑りを見ることで多くのことを学べます。知り合いが誰もいなかったら、地元のスケートパークで誰かに話しかけてみましょう。スケーターは大抵親切なので、助けてくれるでしょう。新しい技を試してみる、オーリーをより高く飛ぶ、他の技について勉強するなど、興味のあることはどんどん試しましょう。先輩スケーターとは師弟関係ではなく、次第に友達になれるでしょう。その人やあなたが自慢したい人と技術を共有しましょう。
    • どのような動きをすればいいかを学びたいのなら、動画をスローモーションで見て足の動きを観察するのがよいでしょう。連続写真も学ぶ素材として最適です。
    • 練習すればするほど上達することになります。1回や2回失敗したからと言って落ち込むことはありません。楽しみながら練習をすれば、いつか必ず技を習得することができます。
    広告

パート 3 の 4:
オーリーを習得する

  1. 1
    まずは後ろ足でテールを叩いて、ボードの前方を上げることから始めましょう。オーリーとは、ボードを空中に跳ね上げてから着地する技のことです。最初に、テールに足を移動させ、テールを地面に叩きつけることでボードを空中に跳ね上がらせます。この動きはとても大事なので、よく練習して慣れましょう。
    • ボードの上に立った状態で後ろに傾けてノーズを上げ、バランスをとりましょう。勇気があるなら、ボードを移動させながら試すのもいいでしょう。
    • オーリーの動きを始める前に、スケボーの横に立ってボードを空中に跳ね上げる練習をするのもいいでしょう。足でテールを踏みつけて、空中に跳ね上がるにはどれだけの力がいるかを見ましょう。これは、ボードを跳ね上げて手で持つ練習にもなります。
  2. 2
    静止した状態でボードを跳ね上げてみましょう。ボードの上に立ち、膝を柔らかくして低めに保ち、トラックの上で重心を低くしましょう。後ろ足をテールへ移動させましょう。マニュアル(前輪を上げ、後輪だけで走行する技)をするときと同じようにテールを叩きますが、オーリーの場合は地面にまで叩きつけ、ボードを跳ね上げます。
    • 動きながらの練習はまだです。止まった状態でできないのであれば、滑りながらオーリーを試すことはかなり危険です。おそらく失敗するでしょう。
  3. 3
    ボードを空中に跳ね上げて、跳びましょう。ボードを跳ね上げるためには、前足を少し後ろにスライドさせながら跳び、同時に膝を胸の方まで持っていく必要があります。それと同時に後ろ足ではテールを叩きます。
    • この動きは素早く行う必要があります。そして、最初はコツをつかむのに苦労します。後ろ足でボードを跳ね上げるのと同時に、ボードから空中に跳び上がることになります。[3]
    • 前足は後ろ足よりほんの少し早く跳び上がります。歩道を滑っていて、三角コーンを飛び越える姿をイメージしましょう。そのような動きを目指すことになります。
  4. 4
    前足を前に出してボードをとらえましょう。ボードが空中に跳ね上がった後、前足を前に持っていき、ボードを地面と平行にさせてコントロールしましょう。空中に跳んだらこれをすぐに行う必要があります。
  5. 5
    足を伸ばすことでボードを押し下げましょう。ボードを地面と平行にした後、足を伸ばすことでボードを地面に戻し、着地して元の姿勢に戻りましょう。最も大事なことは、膝を曲げながらボルトの上で着地することです。これにより、ボードを壊さずに上手く着地する可能性が高まり、怪我を回避することもできます。
    • ボードから脱出するのは恥ずかしいことではありません。ボードが地面と平行ではない場合や、感触が良くない場合は、無理にボードで着地してはいけません。その代わり、足で着地するようにしましょう。
    • 実際、ボードの上で跳び上がってから、着地は足で行うのもいい練習になるでしょう。
  6. 6
    動きながらオーリーをしてみましょう。静止した状態でのオーリーが10回連続でできるようになったら、滑りながらのオーリーを試しましょう。ゆっくりとしたスピードで滑り出したら、かがみこんで、静止状態で行ったのと同じようにボードを跳ね上げましょう。
    • オーリーは最も基本的な技で、他の技のほとんどがこの技を基礎としています。他の技について具体的に知りたい場合は、次のステップに進みましょう。
    広告

パート 4 の 4:
他の技を習得する

  1. 1
    ポップショービットを試しましょう。オーリーをできるだけ高く行って、足を持ち上げたら、前足でボードを軽く押して180度回転させましょう。回転をかけやすくするために、後ろ足でボードをすくうような動作を行うのもいいでしょう。
  2. 2
    キックフリップを試しましょう。ポップショービットと同じような動きを行い、今回はボードを軽く押す代わりに、ボードの端が上がってきたのを蹴り出しましょう。回転がかかるまで、違う動きをいろいろ試しましょう。これは簡単な技ではないので、繰り返し練習して諦めないようにしましょう。
  3. 3
    グラインドを試しましょう。かなり低いレール(30センチメートル以下)から始めてみましょう。これは簡単ではないので順を追って行いましょう。
    • まずはレールの方に向かって、ボードから跳んで足でレールに乗り、ボードは放置しましょう。
    • 次に、ジャンプするのと同時にボードを跳ね上げて、ボードがどこに行くかは気にしないようにしましょう。足がレールに着地するようにしましょう。
    • レールに入るときは、まっすぐではなく鋭角に入るようにしましょう。こうすることで、トラックがレールの先端に引っかかってしまうのを防ぐことができます。
    • 以上を踏まえて本番を行いましょう。レールの方に向かってできるだけ高くオーリーをしましょう。足をボルトの上にのせて着地し、レールの上でボードのバランスをとりましょう。
    • ボードをレールに対して横向きに滑らせる技はボードスライド、レールと同じ方向にトラックが乗り、トラックを固定してグラインドする技は50-50グラインドと言います。
    • レールの終わりに達したら、ボードスライドの場合は(進行方向に戻すために)ボードの向きを変え、ボルトの上で着地しましょう。50-50グラインドの場合は、(テールを少し押すことで)前輪を少し上げ、ボードの先端から落ちてしまわないようにしましょう。オーリーをして下りるという手もあります。
  4. 4
    スケートパークに行ってドロップインを習得しましょう。ドロップインは勇気がいるものですが、習得する価値はあります。
    • コーピング(ハーフパイプの上部にある鉄の部分)にテールをのせて、足をボルトのすぐ後ろでバランスのとりやすいところに置くことから始めましょう。
    • 前足をボルトの上にのせ、ボードを下へ叩きつけましょう。躊躇していると転落します。勇気と力が必要です。
    • この動きでは前かがみになるように気をつけましょう。そうでないと、ボードが先に滑ってしまいます。両肩は必ずボードと平行になるようにしましょう。
    • 向こう側で下りる方法は心配いりません。頂上でボードから飛び降りればいいだけです。
  5. 5
    リップトリックをしましょう。リップトリックのいい例として、ロックトゥフェイキー、アクスルストール、ノーズストールなどがあります。これらは印象的な技ですが、数ヶ月の経験があれば習得するのは難しくないです。スケートパークに行く時は、事故に遭わないようにいつも気をつけましょう。痛いことは間違いありません。
    広告

ポイント

  • 必ず両足を離すようにしましょう。両足をくっつけているとバランスを崩してしまいます。
  • スケボーの極意はバランスです。少し傾いた坂で片足で乗る、あるいは両足の重心を変えるなどしてバランスをとる練習をしましょう。
  • サンダー、インデペンデント、グラインドキング、ロイヤルなど良いブランドのトラックを使うと方向転換がしやすくなり、ボードをコントロールしやすくなります。フォース、ダークスター、リクタ、オートバーン、スピットファイア、ボーンズなど良いブランドのウィール、そしてボーンズ(ボーンズレッズが最もいいと言われている)、スイス、ロッキンロンズ、ニンジャなど良いブランドのベアリングを使うと、加速しやすくなり、スピードを維持することができます。リバイブ、ミニロゴ、ミステリー、オルモスト、ブラックレーベル、エレメント、リアル、ガール、チョコレートなど良いブランドのデッキを使うと、操作性や感触や耐久性が向上します。
  • いつも重心は少し前にしましょう。後ろに傾いていると、ボードが先に滑っていってまうかもしれません。
  • デッキを選ぶ際は、どのようなスケボーをしたいのかを知っておきましょう。着地やグラインドがしやすく、滑りやすい安定したボードが欲しいのなら、20センチから22センチの幅のボードが最適でしょう。フリップ系の技やテクニカルな滑りや動きが少ない滑りをしたい場合は19センチから20センチの幅のボードが最適でしょう。もっとも、これは個人の好みなので、選ぶ際は異なるサイズをいくつか試してみましょう。
  • 古くて荒い道ではなく、なめらかな道で滑りましょう。
  • 時間があればスケボーに乗って、いろいろな立ち位置を試しましょう。これは後でバランスをとるのに役立ちます。足を動かしながらボードを揺らしてみましょう。こうすることでボードに慣れていきます。
  • 低くかがむことで重心が低くなり、すぐに転んでしまうことはなくなります。
  • 落ち葉などはあらかじめ道から取り除きましょう。技の邪魔になるからです。
  • 服装は動きやすいものにしましょう。最新のファッションにならう必要はありませんが、スケートシューズを履くのはいい考えです。
  • 技を着地する際はいつもボルトの上に足をのせ、ボードがあなたから滑り出さないようにしましょう。
  • 自分の体のサイズやレベルや身長に合ったスケボーを選ぶようにしましょう。体に合っていないと感じるボードを使っていると危険なこともあります。
  • 携帯など壊れる可能性のあるものをポケットの中に入れたままにしてはいけません。
  • いつもボードの先を見て、進む方向を確認しましょう。
  • 膝はいつも曲げた状態にしましょう。
  • 転落しても恥ずかしく思わないようにしましょう。いたって普通のことです。経験豊かなスケーターでも転ぶことはあります。
  • 転んだ際にどのように着地するかを知っておきましょう。これは転ぶ練習にもなります。
  • スケボーをしている場所で立ち退くように言われたら素直に立ち退き、安全で合法な場所で滑るようにしましょう。私道、駐車場、ガレージ、行き止まりの道、地元の公園などはどれも最適な場所です。
  • 「ペニーボード」に乗っている時は、重心をなるべく前に傾けて低く保つ必要があります。
  • 歩行者やドライバーに道を譲りましょう。
  • 体を傾けてもすぐに方向転換ができない場合は、中央の大きなボルトを緩めて、トラックを緩めましょう。
  • 初心者の頃は安いボードでも大丈夫ですが、オーリーを習得した後は、どの技をするにしてもボードを叩きつけることになります。
  • 足を守ってくれてグリップ力のある、良質なスケートシューズを購入しましょう。
  • ヘルメット、ひじ当て、ひざ当てなどの防具を身につけましょう。
  • 安全第一で、子供や動物から距離を置いて滑りましょう。
  • スケート仲間を見つけましょう。知り合いで自分と同じようにスケボーを始めた人がいるなら、スケボーの技のこと、その楽しさや難しさについて語り合いましょう。スケボーは友達とする方が楽しく、友達は多ければ多いほどよいものです。

広告

注意事項

  • 履き心地がよく耐久性のある、良質なスケートシューズを見つけましょう。
  • 滑る環境にはいつも気をつけましょう。
  • 他の人が行なっているからといってすぐに真似をしないようにしましょう。できる自信があることだけを行いましょう。
  • 防具を身につけましょう。ひざ当ては動きづらい面もありますが、バートで滑るには不可欠なものです。
  • グループでスケボーをするのが最もいいです。何かが起こっても、後始末をする仲間がいてくれます。そして、友達に囲まれながらスケボーをする方が楽しいです。
  • イライラしている時にボードを投げないようにしましょう。取り返しのつかないことになるかもしれないからです。
  • ヘルメットを着用しましょう。かっこ悪いと感じるかもしれませんが、頭がい骨にひびが入るのを防ぎます。スケボーは楽しいものですが、ヘルメットを着用しない場合は怪我や死につながる事故に気をつけましょう。
広告

関連記事

How to

素手の喧嘩に強くなる

How to

短期間で筋肉をつける

How to

お尻を大きくする

How to

ボクシンググローブの手入れをする

How to

体脂肪を燃やす

How to

肺活量を増やす

How to

立ち泳ぎをする

How to

腰を強化する

How to

筋肉をつける

How to

ゴルフのハンディキャップを計算する

How to

ストレッチで背を伸ばす

How to

自分に合ったスタンドアップパドルボード(SUP)を購入する

How to

高齢者の運動

How to

手首を鍛え太くする
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む263人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は1,104回アクセスされました。
このページは 1,104 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告