「スコビー」とはSymbiotic Culture Of Bacteria and Yeastの頭文字をとった略語で、コンブチャ(紅茶キノコ)の元となる菌株のことです。コンブチャを作る時に、次の発酵までの間や、しばらく作らない時はスコビーを保存する必要があります。スコビーの保存期間が1ヶ月未満の場合であれば、すぐにコンブチャを新しく作ることができます。 また、スコビーを冷蔵庫で保存すれば、一時的に発酵を止めることができます。スコビーの保存期間は1~3ヵ月です。長く保存したい場合は、「スコビーのホテル」を作る必要があります。

方法 1
方法 1 の 3:
コンブチャを新しく作る

  1. 1
    スコビーを保存するため4週間程度かけてコンブチャを作る スコビーを保存するためには、コンブチャを作るのが最も簡単です。 中鍋で約3.31Lの水を沸かし、紅茶または緑茶のティーバッグを約8個入れます。沸騰したら、鍋を火から下ろして冷まします。[1]
    • 鍋を氷水にあてて冷却を速めることもできます。
    • 茶葉を使用する場合の使用量は、大さじ2杯(30g)程度を目安にします。
    • ノンカフェインのお茶の使用は避けます。[2]
  2. 2
    紅茶にきび砂糖1カップ(200g)を加えて溶かす お茶が入った鍋をコンロから下ろしたら、すぐに砂糖を加えます。スプーンでかき混ぜて、砂糖を完全に溶かします。[3]
  3. 3
    冷めたらガラスの瓶にお茶を注ぎ入れ、布巾をかぶせる ティーバッグを浸したまま1~3時間冷まします。その後、清潔な大きめのガラスの瓶に注ぎ入れます。この瓶の中にスコビーを入れて、コンブチャを発酵させます。[4]
    • 瓶はお茶を入れる前に洗剤できれいに洗います。
    • 瓶の容量は2 L程度が適しています。
  4. 4
    スコビーを瓶の中に入れて蓋をしっかり閉める 瓶にお茶を注ぎ入れたら、手でスコビーを入れます。スコビーは底に沈みます。次に、瓶の口の部分に織り目の細かい布巾をかぶせ、きつく蓋を閉めます。[5]
  5. 5
    瓶を暗く暖かくい場所に保管する コンブチャは室温の暗い場所で最もよく発酵が進みます。また、瓶が何かにぶつかって割れたり傷がついたりしないように、平らな場所に置きます。[6]
    • 瓶は棚などに保存してもよいでしょう。
    • スコビーは室温に置いておけば、通常30日間で発酵するため、特に何もしなくてもコンブチャが出来上がります。
    広告

方法 2
方法 2 の 3:
発酵を止める

  1. 1
    スコビーを清潔なビニール袋や小さめのガラス瓶に移して保存する しばらくコンブチャを作らない場合は、清潔な密閉容器に入れてスコビーを冷蔵保存することができます。清潔なビニール袋やガラス瓶を使って、一時保存しましょう。[7]
    • スコビー1枚ごとに容器を分けて保存します。
  2. 2
    保存する瓶や袋に2分目まで砂糖を加えたお茶を入れる 次にコンブチャを作る時までにスコビーが傷んでしまわないよう、砂糖を加えたお茶やコンブチャの残りをスコビーが浸る程度注ぎ入れます。このお茶やコンブチャはスコビーを発酵させるためのエサになります。どちらか一方または両方を混ぜ合わせて使うことができます。
    • 加える量は正確に計量する必要はありませんが、次にコンブチャを作る時までスコビーの菌が生きられる程度の量が必要です。後で追加することもできます。
  3. 3
    スコビーが腐らないように、冷蔵庫で保存する スコビーを個別の容器に入れ、エサをある程度加えたら、次にコンブチャを作る時まで冷蔵庫で保存します。低温になると発酵が止まるため、スコビーの成長が一旦停止します。[8]
    • 保存袋や瓶は一番下の棚の奥や角に置くとよいでしょう。
    • 袋に入れて保存する場合は、湿気の多い場所は避けます。
  4. 4
    スコビーは3ヵ月以上冷蔵庫で保存しない コンブチャを作ったり休んだりする間隔がそれほど長くなければ問題ありませんが、2~3ヵ月以上コンブチャを作らずにずっと置いておくとスコビーが傷んでしまう可能性があります。[9]
    • スコビーが腐らないうちに次のコンブチャを作るか、保存から2~3カ月程度までにスコビーの「ホテル」に移します。
    広告

方法 3
方法 3 の 3:
スコビーのホテルを作る

  1. 1
    スコビーが5~6枚分入る大きさの滅菌済みガラス容器を用意する 容器は、保存したい分のスコビーが入る大きさのものであれば、どのような大きさのものでもかまいません。容器は洗剤と水でよく洗って使います。[10]
    • 容器の中に洗剤を入れてしばらく置いた後、よくすすいで洗剤を洗い流します。
    • 容量が2 L程度の容器が使いやすいでしょう。
  2. 2
    容器の中にスコビーを全て入れる 容器の中にスコビーを少しずつ溜めて「ホテル」を作ります。こうしておけば、作ったコンブチャが傷んでしまった時に役立ちます。また、新しくコンブチャを作る時のための予備としてスコビーを確保することができます。[11]
    • スコビーは1つの容器に2~3枚から5~6枚程度まで入れることができます。
  3. 3
    コンブチャ240mLとお茶700mLを容器に注ぎ入れる 直近に作ったコンブチャまたは容器で保存しておいたコンブチャを使います。コンブチャを入れたら、砂糖を加えた紅茶または緑茶をスコビーが浸るまで注ぎ入れます。この「ホテル」に注ぎ入れたコンブチャとお茶がスコビーのエサになります。[12]
    • 6~7カップの沸騰したお湯にティーバッグ4個を浸してお茶を入れます。そこへ、きび砂糖120mL加えます。
  4. 4
    清潔な布巾を瓶にかぶせて蓋をしっかり閉める 織り目の細かい布巾を容器の口にかぶせます。次に、隙間がないように蓋をきつく締めます。[13]
    • 適当な布巾がない場合は、代わりにコーヒーフィルター2枚を使います。
  5. 5
    暗くて暖かい乾燥した場所で保管する 発酵中のコンブチャの隣に置いてもよいでしょう。保管する場所がどこでも、「スコビーのホテル」が邪魔にならない場所に置きましょう。[14]
  6. 6
    2週間ごとに「スコビーのホテル」のコンブチャを交換する 「スコビーのホテル」の中にはスコビーが何枚も入っているため、菌が強力になりコンブチャの発酵が進みやすくなっています。このため、2週間経ったら新しいコンブチャに交換する必要があります。[15]
    • 瓶の中のコンブチャは、飲んで消費するか、別の容器に移すか、または、廃棄します。
    広告

必要なもの

  • スコビー
  • 密閉容器
  • ティーバッグ
  • 砂糖
  • 布巾
  • 暗く温かい場所

注意事項

  • スコビーが黒くなっている場合は、残念ながら腐っています。新しくスコビーを作り直す必要があります。
  • 保存袋や瓶を完全に滅菌しないと、スコビーにカビが生える可能性があります。
  • 青い点々が出てきた場合は発酵を中止しなければいけません。これはカビですので、飲んではいけません![16]
広告

関連記事

牛乳からクリームを作る
ビールをショットガン飲みする
傷んだ卵を見極める傷んだ卵を見極める
パンをおいしく温め直す
チーズを溶かすチーズを溶かす
ベーコンが傷んでいるか判断するベーコンが傷んでいるか判断する
ビンのラベルをはがす
野菜を蒸す
ラップサンドを巻く
腐った牛ひき肉を見分ける腐った牛ひき肉を見分ける
ブルーチーズが腐っているか判断するブルーチーズが腐っているか判断する
自家製ワインを造る自家製ワインを造る
料理で重曹を代用する料理で重曹を代用する
ソーセージを調理する
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHowスタッフライター
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は9,582回アクセスされました。
カテゴリ: 食・おもてなし
このページは 9,582 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告