ステンレス調理器具を手入れする方法

この記事には:頑固な汚れを落とすフライパンを慣らす普段の手入れ

ステンレスは耐久性があり美しく、調理器具に最も適した素材のひとつです。しかし、非粘着表面処理された調理器具と異なり、使い方を間違えると汚れを落とすのに苦労します。定期的な手入れを欠かさず、さらに、頑固な汚れを効果的に落とす方法を知ることが、スレンレス調理器具を使用する際には重要です。また、ステンレス製フライパンを慣らすと、食材が焦げ付きにくくなるので洗うのも楽になります。こちらの記事で、汚れの落とし方と慣らし方を紹介します。

1
頑固な汚れを落とす

  1. 1
    表面を覆う汚れやこびりついた汚れを落とす フライパンの表面が調理後の汚れで覆われていたら、洗剤を加えたぬるま湯に数時間浸けます(または、一晩浸けておきます)。水を捨ててスコッチブライト(ナイロン不繊布たわし)で力を込めて擦ります。表面にこびりついた汚れは、これでほとんど落とせます。 
    • スチールウールや銅たわしは焦げ付きを落とすのにとても効果的ですが、調理器具の表面を傷めるので使用してはいけません。
  2. 2
    調理器具に付いた焦げ汚れを落とす フライパンを長時間火にかけっぱなしにして付いた焦げは重曹で落とせます。フライパンが完全に乾いているのを確認してから、表面に重曹をたっぷりふりかけます。乾いた布かスポンジで、フライパン全体にベーキングパウダーを擦りつけるようにして磨きます。
    • 重曹に水を少々加えてペースト状にして使うこともできます。
    • 焦げ付きがなかなか取れない場合は、ホーミングクレンザーのような研磨剤率の低い洗剤を試しましょう。フライパンの底に直接かけてスポンジで擦り、水できれいに洗い流します。フライパンが新品のようにきれいになります。.[1]
  3. 3
    調理器具の水垢を落とす 水垢は水に含まれるミネラルが付着したもので、実は水ではありません。水の硬度が高い地域に住んでいると、水垢の付着が多くなりますが、フッ化物のような化合物が原因の場合もあります。フライパンを洗浄後すぐに拭いていれば、水垢の問題はそれほど起きないでしょう。水垢が付着したら炭酸水を振りかけ、水でよく洗い流してから清潔な布巾で拭き取ります。[2]
    • もしくは、フライパンを酢に浸す方法もあります。浸した後は普段通りに洗剤とスポンジで洗います。
  4. 4
    火にかけて頑固な焦げを落とす 重曹や洗剤で焦げ付き汚れが落とせなければ、火にかけて落とす方法を試しましょう。焦げ付いている部分が完全に隠れるように水を入れ、コンロにかけて沸かします。小さじ数杯の塩を加えて火を止め、そのまま数時間放置します。その後、水を捨ててスコッチブライトで汚れを擦ります。汚れがしつこく焦げ付いていて落ちなければ、もう一度繰り返します。[2]
    • 塩は水が沸騰してから加えましょう。水が冷たいうちに加えると合金に穴をあける恐れがあります。
    • 塩の代わりにレモン果汁か白酢も使えます。また、100%のトマトジュースをフライパンに注いで沸かす方法もあります。トマトに含まれる自然の酸は汚れを落とす効果があります。[2]

2
フライパンを慣らす

  1. 1
    フライパンを温める ステンレス製フライパンを、熱くなるまで中火で温めます。1~2分で熱くなります。[3]
  2. 2
    油をひく フライパンが十分に熱くなったら、火から下して大匙1杯の油(オリーブオイル、ココナッツオイル、ピーナッツオイルなど、好みのもの)を入れ、フライパンを回しながら油をなじませます。[3]
  3. 3
    フライパンを火に戻す 煙が立ってくるまで油を熱し続けます。フライパンが熱くなり油がなじむとステンレスの表面の分子が拡張し、油がそこに入り込んで表面をコーティングするので焦げ付かなくなります。[3]
  4. 4
    火を止める フライパンから煙が立ち始めたら、火を止めて油を冷まします。油が冷めてフライパンの表面が鏡のように反射するようになったら油慣らしは完了です。[3]
  5. 5
    油をあける フライパンを慣らし終えたら、油を瓶または缶にあけます。キッチンペーパーで表面の余分な油を拭います。[3]
  6. 6
    こびりつかない表面を保つ 洗剤で洗わなければ、表面にこびりつかない状態をしばらく保てます。フライパンが含んでいる油が焦げてしまわないように、調理をする際には少し多めに油を使用する必要があります。
    • フライパンの表面が、黄色または茶色っぽくなってきたら、同じ要領で再び慣らしましょう。

3
普段の手入れ

  1. 1
    普段の手入れを怠らない 高品質のステンレス調理器具を購入するのは投資ですから、鍋やフライパンを丁寧に扱って投資した物を守らなければなりません。可能であれば、銅かアルミニウムを芯や底に含む製品を選びましょう。銅やアルミニウムはステンレスよりも熱伝導がよく、調理中に熱がむらになるのを防ぎ、食べ物がこびりつくのを最小限に抑えます。[4]
  2. 2
    使うたびにきれいにする 調理後すぐに手入れをすると、油汚れや食べ物が乾いてこびりつくのを防げます。油で慣らしていないフライパンであれば、洗剤を使ってスコッチブライトのようなナイロン不繊布で軽く擦り、お湯で洗い流しましょう。
    • 油で慣らしたフライパンであれば、洗剤を使わずに熱いお湯だけで洗います。余分な油はティッシュなどで拭き取るといいでしょう。
    • アンモニアや漂白剤を含む製品は、絶対に使用してはいけません。変色や品質劣化の原因となります。[2]
    • ステンレス製品専用の手入れ用品を使用するのが理想的です。
  3. 3
    調理器具を拭く 鍋やフライパンを洗い終えたら、きれいなタオルで拭きましょう。自然乾燥という方法もありますが水垢が残ります。  
  4. 4
    食洗機の使用を避ける たとえ「食洗機可」の製品であっても、食洗機を使用すると寿命が著しく短縮し、ステンレスの美しさも損なわれます。
    • どうしても食洗機を使用しなければならない場合には、食洗機から取り出したらすぐに炭酸水ですすいで、柔らかい清潔なタオルで拭きましょう。そうすれば、水垢がつくのを防げます。[2]
  5. 5
    ステンレス調理器具を磨く ステンレス調理器具をピカピカにしたいなら、専用の研磨剤を使います。きれいな布に研磨剤を少々取り、調理器具を磨きます。
    • ステンレス製品についた指紋は、ガラスクリーナーをかけて、ペーパータオルや柔らかい布で拭くと落とせます。
    • 水、研磨剤なしの洗剤、重曹をペースト状にして鍋やフライパンの外側を磨くと、小さなひっかき傷を消すこともできます。
  6. 6
    ステンレス製ナイフの手入れ ステンレス製ナイフは、使用中や使用後ただちに付着した食材を拭き取るのが最良の手入れ方法です。こうすれば、食材が乾いてこびりつき、取りにくくなるのを防げます。
    • ナイフの手入れをする時には、手を切らないように気を付けましょう。ナイフの柄を持って、布巾で刃に沿って拭います。ゆっくりと慎重に行いましょう。[4]

注意事項

  • 研磨剤は皮膚を傷つけるので、研磨剤を含む製品を使用する際には手袋をしましょう。
  • 漂白剤やアンモニアをステンレス製品に使ってはいけません。金属と反応して腐食が進む原因となります。

必要なもの

  • ステンレス製調理器具
  • 洗剤
  • ナイロン製不繊布
  • きれいなタオル
  • 炭酸水
  • 重曹
  • ステンレス製品専用研磨剤(任意)

記事の情報

カテゴリ: 掃除 | 住まいと暮らし・ガーデニング

他言語版:

English: Clean Stainless Steel Cookware, Español: limpiar baterías de cocina de acero inoxidable, Deutsch: Kochgeschirr aus Edelstahl reinigen, Português: Limpar Panelas de Aço Inoxidável, Italiano: Pulire le Pentole di Acciaio Inox, Français: nettoyer des ustensiles de cuisine en acier inoxydable, 中文: 清洁不锈钢炊具, Nederlands: RVS pannen schoonmaken, Русский: почистить посуду из нержавеющей стали, Čeština: Jak čistit nádobí z nerezové ocele, हिन्दी: स्टेनलेस स्टील के बर्तन (Stainless Steel Cookware) साफ करें, العربية: تنظيف أدوات طهي الفولاذ المقاوم للصدأ

このページは 1,265 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?