ステーキを温め直す方法

この記事には:コンロで温め直すオーブンで温め直すオーブン+フライパンで温め直す5 出典

焼き上がったばかりのステーキは柔らかく風味豊かですが、ステーキを温め直す場合は別問題です。肉を温め直すと多くの場合パサついてゴムのようになり、風味がなくなってしまいます。ステーキを温め直しても最初のように美味しく食べたいなら、以下の簡単な方法を試してみましょう。

  • 「準備時間(コンロ使用の場合): 5分」
  • 「調理時間: 5分」
  • 「合計所要時間: 10分」

1
コンロで温め直す

  1. 1
    冷蔵庫からステーキを取り出し、調理台に数分置いて室温に戻しましょう。残り物の肉は、室温の状態から温めると美味しくなります。フライパンかソテーパンを温めましょう。フライパンにステーキを入れ、上からバターを垂らします。肉が熱々にならないよう気をつけながら、温まるまで熱します。
    • 初めに火を強くしてしまいがちですが、バターを入れたら火を弱めましょう。肉の風味が著しく損なわれるので、温度には気をつけます。
  2. 2
    ファスナー付きの袋に残ったステーキを入れましょう。刻んだニンニクや玉ねぎ、あるいはエシャロット、塩、引き立ての黒コショウなどのお好みの材料や香辛料を加えます。袋の口をしっかりと閉め、沸騰したお湯が入ったソースパンの中に入れます。肉の厚さにもよりますが、温まるまで4~6分火にかけましょう。
    • 温め直すステーキが2枚以上ある場合、この方法は適しません。家族が食事を待っているなら、オーブンで少し温めるか、フライパンで直接温める方がよいでしょう。
  3. 3
    余ったステーキを高さのあるフライパンで温め、ビーフブロスを入れましょう。ブロスが沸騰するまで強火で熱し、肉が完全に温まるまでスープの中で煮ます。そのまま食べるか、サンドイッチ用にスライスしましょう。
  4. 4
    余ったステーキを小さくカットし、お好みの野菜と一緒に炒めましょう。野菜炒めに熱いご飯と醤油を添えて出します。ご飯が熱いため、その熱が温かい肉を覆い、風味を保ちます。

2
オーブンで温め直す

  1. 1
    電子レンジで温め直し、ジューシーなステーキの風味を保ちましょう。肉を電子レンジ可の皿に入れ、ステーキソース、イタリアンドレッシング、照り焼きソースやバーベキューソースなどを少量と、油か溶かしバターを数滴かけます。皿にラップをかけ、電子レンジの出力設定を中にしてステーキを温めましょう。
    • 温めすぎると水分が飛ぶので、数秒ごとに確認しながらわずかに熱くなるくらいまで温めましょう。電子レンジの出力設定を中にしておくことが重要です。高(通常の設定)になっていると、風味が損なわれます。
  2. 2
    別の方法として、肉を30~45分程置いて室温にしましょう。こうすると脂肪分と肉汁がいい具合に戻り、風味が蘇ります。待っている間にオーブンを80℃に温めます。
    • オーブンが温まったら、高さがある天板に肉を入れて10~12分程温めます。こうすれば肉を焼いてしまうことなく温められます。温野菜などを添え、温かさを保ちましょう。

3
オーブン+フライパンで温め直す

  1. 1
    オーブンを120℃に予熱します。
  2. 2
    天板の中に足付きの焼き網をセットし、ステーキを置きます。オーブンに入れ、肉の中心部が43℃になるまで、約30分間温めます。この時、性能がよい肉用温度計を使いましょう。
    • 43℃を超えないよう気をつけましょう。これ以上熱くなると焼け始めます。また、43℃に達するタイミングは、ステーキの厚さによって異なります。
  3. 3
    スプーン数杯の油をフライパンで熱しましょう。様子を見ながら、油を熱している間にステーキを準備します。キッチンペーパーで肉の水分を押さえ、横に置いておきます。煙が立ち始めたら油が熱された印です。
  4. 4
    肉の両面が茶色くカリカリになるまで焼きましょう。片側につき60~90秒程かかります。焼けたら火から下ろし、食べる前に5分程肉を休ませましょう。
    • ステーキを最初に焼いた時と比べても、ほんの少しジューシーさが足りないだけでしょう。またカリッとした部分はさらにパリッとなり、おいしくいただけます。電子レンジでチンするよりも時間がかかりますが、やってみる価値はあります。

ポイント

  • 残り物のステーキは細切りにし、玉ねぎ、トマト、パプリカと一緒にファヒータのように食べるのもよいでしょう。ライムを絞り、サワークリームとサルサソースを添え、トルティーヤとして食べましょう。
  • 余ったステーキを細かく切り、缶のマッシュルームスープ、生のマッシュルーム、刻んだ玉ねぎ、サワークリーム240ml、塩コショウと一緒に火にかけ、即席のストロガノフを作ります。残っている牛肉のグレイビーソースがあれば、それも混ぜましょう。ストロガノフを15~20分煮込み、ご飯か温かい麺の上にかけて食べます。
  • ステーキを冷たいまま使ってみましょう。そのまま食べるか、細かく切って、少量のフェタチーズかブルーチーズと一緒にグリーンサラダに加えます。
  • ステーキを薄く切れば、ステーキサンドイッチに使うこともできます。

必要なもの

コンロを使用する場合

  • 油または溶かしバター
  • フライパンまたはソテーパン
  • ファスナー付きの袋
  • 刻みニンニク
  • 刻み玉ねぎまたはエシャロット
  • 引き立ての黒コショウ
  • ソースパン
  • 高さのあるフライパン
  • ビーフスープ

オーブンを使用する場合

  • 蓋つきの電子レンジ可の皿
  • ステーキソース、イタリアンドレッシング、照り焼きソース、またはバーベキューソース
  • 高さのある天板

熱する&焼く場合

  • 足付きの焼き網
  • 天板
  • キッチンペーパー
  • フライパン
  • トング

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む11人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 肉・加工肉・デリ

他言語版:

English: Reheat Steak, Español: recalentar un bistec, Deutsch: Steaks wieder aufwärmen, Português: Esquentar um Bife, Italiano: Riscaldare una Bistecca, Русский: подогреть стейк, Français: réchauffer un steak, 中文: 重新加热牛排, Bahasa Indonesia: Memanaskan Steak, Nederlands: Steak opnieuw opwarmen, Čeština: Jak ohřát hotový steak, العربية: تسخين ستيك اللحم, ไทย: อุ่นสเต็ก, Tiếng Việt: Hâm nóng bít tết, 한국어: 스테이크를 다시 데우는 방법

このページは 4,987 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?