街中で人とトラブルになった時に暴力で解決しようとしてはいけません。まずは交渉したり大声を出して周囲の注意を引いたりして解決を目指しましょう。ただし、自分の身を守らなければならない状況におかれる場合もあるでしょう。そんな時に安全にかつ無傷で状況を切り抜けるには、ストリートファイトの基本的な手法を理解していなければなりません。また喧嘩をできるだけ回避しようと思うなら、自己防衛の方法をマスターすることも大事です。更に、相手を打倒できるようにストリートファイトに使えそうな格闘の技を習得し、咄嗟の判断も下せるように準備しておくことも重要です。そうすれば万一凶暴な人と諍いになったとしても、安全にかつ自信を持って対処することができます。

方法 1 の 3:
自分を守る

  1. 1
    常に安全を確保する トラブルが起こりそうな所に近づくことはないでしょうが、巻き込まれる場合もあります。自己防衛の観点から自分の身の安全を確保するためにできることがいくつかあります。とにかく喧嘩を避けましょう。特に街中や表面の硬い歩道上で、またはコンクリートでできている場所やコンクリートの階段のよう縁や尖った硬い角のある場所での喧嘩は避けましょう。
    • 相手がナイフや鉄パイプといった武器を持っていたら、すぐに逃げましょう。[1]
    • 銃を突きつけられたら相手の望むものを与えましょう。リスクを犯せば大きな怪我や死に繋がります。
    • 自己防衛また自己保存とは、生き延びるために相手の腕力に屈することでもあります。
  2. 2
    体のより柔らかい部位にダメージを与える 顔、こめかみ、喉、腎臓、みぞおちなど、繊細で柔らかい身体部分を狙うと相手を無効にできるかもしれません。[2]引っかく、噛む、爪を立てて肌を抉る、唾を吐く、髪を引っ張る、目を攻撃するなど、できることは何でも行って身を守りましょう。凶暴な相手から自分の身を守る時には、ルールに則って戦うスポーツ格闘技を意識する必要はありません。使えるものは何でも使い自分の身を守ることが重要です。相手の目を指で突く、目に物を押し付ける、喉にパンチを放つなどしましょう。
    • 鼻にパンチを放つと視力が一瞬失われ痛みを引き起こします。そうして相手が放心状態になった隙に逃げられるかもしれません。
  3. 3
    相手の足を狙う キックボクシングの蹴り技に見られるローキックは、すね、足首、ふくらはぎの内側または外側、太もも、また相手の脚がまっすぐな場合には膝頭を狙って蹴る技です。膝またはウエストよりも上の部位を狙って蹴りを入れようとすると、脚を相手に取られる危険があるため避けましょう。野球のバットや棍棒、鉄パイプなどを持っている時には、それらを使って相手の脚に攻撃を加えましょう。相手が歩けない、あるいは攻撃できない状態になったら、それ以上ダメージを与えずとも安全に逃げられるでしょう。
  4. 4
    後ろから相手を襲う 背後からの攻撃は察知するのが難しいため簡単には避けられません。実際のストリートファイトで相手を背後から攻撃するのは臆病なやり方ではありません。自身の背後に注意を配りながら、相手を背後から攻撃しましょう。横移動で相手の背後に近づき旋回しながら、脚を攻撃したり腕を抑え込んだりすれば、相手をしばらくの間コントロールできるため、その間に助けを求めることができます。
  5. 5
    相手に素早くかつ強い頭突きを加える 相手の鼻めがけて額の上部で頭突きをします。頭突きは簡単に相手をノックアウトさせたり、相手の顔の骨を折ることができます。顎をしっかり引いて頭の上部で相手の顔めがけて頭突きを加えましょう。目、鼻、口などを狙うと効果的です。[3]
  6. 6
    グラップリングを習う グラップリングが上手くできると、自分よりも体格のある相手や俊敏な相手でも完全に抑えることができます。グラップリングには色々なスタイルがあり、よく使われるものにはブラジリアン柔術式、サンボ式、レスリング式があります。早く決着をつけたい場合には、サブミッション(関節技、絞め技)、ボディスラム(投げ技)、カラーチョーク(絞め技)を習いましょう。地面に倒れた形で喧嘩になった時には自分がコントロールの効く位置に身を置くことも非常に重要です。[4]
    広告

方法 2 の 3:
戦略を練る

  1. 1
    周囲を観察する 武器や罠として使える物を見つけておくことが重要ですが、特に大人数に襲われた場合には逃げる場所を見つけておくことも重要です。五感をフルに働かせましょう。目的もなくただ漠然と周囲を見渡しても意味がありません。しなければならないことをしっかりと頭に入れて周囲を観察しましょう。
  2. 2
    安全な距離を保つ 攻撃する準備ができていない限り、相手からは距離をとって安全を確保しましょう。パンチは至近距離で放たなければ効力がありません。相手から離れていればパンチを受けることはありません。相手の正面に立つのを避け、相手の横で様子を見ましょう。相手が自分で自分の動きを妨害することもあり得ます。警戒を緩めてはいけません。腕を組んでおきましょう。相手が突進してきたら、腕を上げて顔を保護することができます。
  3. 3
    武器を手に入れる 「正当防衛」の規則に従えば、自分の安全確保のためなら必要不可欠の武力を行使する権利があります。ナイフや他の武器を相手に向けて脅しても相手が引き下がらなければ、あなたに正当防衛の権利が生まれます。自分の命を守ることが最優先です。その場を逃れるのに必要最低限のダメージを与えるか、脅しをかけましょう。
    • ほうきの柄、バット、ゴミ箱のふたなど武器になりそうな物を探しましょう。
  4. 4
    攻撃する準備ができたら距離を縮める 攻撃しようと狙っていた相手が逆に自分に近寄って来ると、驚くまたは不快に感じる人がほとんどです。相手に近づき相手との距離を縮めると、相手が腕を完全に伸ばすことができなくなるためパンチの威力が低下し、結果自分に有利になります。相手を掴んで地面に引きずり倒し完全にコントロールしましょう。仰向けになると、立っている時と比べて強いパンチが打てません。
  5. 5
    できるだけリラックスして深呼吸する リラックスすればする程パンチの威力が強くなり、怪我をしにくくなります。鼻から深く息を吸い込み、口から吐いて呼吸を整えましょう。短く浅い呼吸では早く疲れてしまい、相手を優位に立たせてしまうでしょう。[5]
    • 興奮度やストレスが高ければ高い程、すぐに疲弊してしまいます。
    専門家情報
    Adrian Tandez

    Adrian Tandez

    護身術専門家
    エイドリアン・タンデズは世界的に有名な護身術のトレーニングセンター、「Tandez Academy」の設立者、そしてヘッドインストラクターです。エイドリアンは截拳道(ブルース・リーの哲学に基づく武道)と、フィリピノ・マーシャルアーツのインストラクターとして認定資格を保有しており、伝説の武道家、ダン・イノサントのもとでシラットのトレーナーも務めています。エイドリアンは25年以上にわたり、これらの武道の訓練を続けています。
    Adrian Tandez
    Adrian Tandez
    護身術専門家

    肩と肘を一直線に揃え、手首を真っ直ぐにします。この姿勢を取ると、衝撃に安全に耐えることができ、加えて最大のパワーが発揮できます。

  6. 6
    両足をしっかり地面につけてバランスを取る 両足を肩幅に広げ膝を少し曲げて立ちます。地面での取っ組み合いは熟練の格闘家でない限り非常に危険です。特に、相手が武器を持っていたり、味方がいたり、寝技が得意な場合は更に危険です。そのような状況に巻き込まれたらどんなことをしてでも逃げましょう。[6]
    広告

方法 3 の 3:
喧嘩を避ける

  1. 1
    喧嘩を避ける 当たり前のことですが、ストリートファイトに勝つための最善の方法は喧嘩を避けることです。ストリートファイトが勃発する前に、大抵の場合兆候が見えます。喧嘩になる前に解決するように努めましょう。交渉では落ち着き、毅然とした態度を取りながらも「申し訳ない」という気持ちを表しましょう。中立的かつ無抵抗姿勢を保ちましょう。相手に謝罪し、怒らせるつもりは全くなかったことを説明するという方法もあります。
    • 喧嘩を挑む仕草には、握りこぶしを向ける、攻撃的な姿勢を取る、大声を出す、罵るなどがあります。[7]
    • 「誤解させたようだね。そんなつもりはなかったんだ。本当に悪かったよ」と相手に言ってみましょう。
    • 相手が引き下がらず、更に近づいて来るなら、攻撃される場合に備えて、両手を上げるか腕を組みましょう。または、「ちょっと、下がってくれないかな」「喧嘩したくないんだ。退いてくれないかな」などと言うこともできます。
  2. 2
    逃げる場所とタイミングを図る 相手の方が優っている、大人数に囲まれた、また喧嘩したくない場合には、人通りの多い明るい場所にいち早く逃げましょう。喧嘩の途中で逃げる場合には障害物で相手をブロックするなどして、できるだけ相手の動きを妨害するようにしましょう。
    • ゴミ箱、車バス、他の障害物などで相手との間に壁を作れると更に効果的です。
    • 車の間、狭い階段の吹き抜け、狭い廊下など、狭い場所を選んで逃げましょう。集団による攻撃を防ぐことができます。
    • 相手を倒せないと判断したらリスクを犯してはいけません。大勢の相手に取り押さえられたら、単純に数と力の両方で劣るために勝てる見込みはほとんどないでしょう。そのような状況に陥った場合は逃げずに防衛手段を取りましょう。
  3. 3
    できる限りの大声を出す 躊躇せずに大声を出して助けを求めましょう。警察管、警備員などの権限のある人物を探しましょう。大声で叫べば人の注意を引くことができるため、相手にとって不都合な状況になります。また相手を注意力散漫にさせたり、パニックに陥らせたりすることもでき、抜け目ない攻撃ができなくなるでしょう。他の人の注意が向けば、相手は暴力を振るうのを渋ります。
    • 「助けて。襲われた。やられそうだ!」または「助けて。警察を呼んで!」と叫んでみましょう。
    • 助けを求める時には、特定の相手を選びその人の目を見て大声で訴えましょう。
    • 大声を出して注目を引けば、相手はおそらく立ち去ります。
  4. 4
    相手が動けなくなったらすぐに逃げる できるだけ早く警察に連絡するか然るべき機関に知らせましょう。自分の居場所、襲われた場所、相手についてそれぞれ詳しく伝えましょう。大勢と対峙しなければならない時には、 自分の立場を堅持したり相手を打ち負かそうとしてはいけません。逃げる機会を早く見つけ、即行動に移しましょう。
  5. 5
    自分の行動を詫びる 誰かがあなたに対して怒りを露わにし暴力を振るおうとするなら、相手を挑発させてしまった可能性があります。自分の行動を振り返り、相手に謝罪して立ち去りましょう。相手の立場に立って考え、謝罪する時には誠実な態度を取りましょう。相手の怒りが理解できないとしても、相手に共感できるように努め状況をエスカレートさせずに、鎮静させましょう。
    • 例えば、誰かに大声を出され攻撃的な行動を仕向けられたら、「ああ、君の酒をこぼしてしまった悪かったよ。この混雑で思わず君にぶつかってしまったんだ。シャツを汚すつもりは毛頭なかったよ。本当に悪い。大丈夫だよね?」などと相手の怒りを抑えましょう。
    • 誰かを怒らせるようなことを言った場合には「君を怒らせるつもりは全くなかったんだ。よく考えたら、自分が無知だったことに気づいたよ。本当に申し訳ない。忘れてもらえるかな?」などと言うこともできるでしょう
  6. 6
    ストリートファイトの深刻さを理解する 相手に暴力を加えた場合には暴行罪が適用されます。暴行罪には不品行などの軽いものから重いものまで色々なケースがありますが、暴行罪は相手が傷害を負わなかったときに成立する罪です。相手が傷害を負ってしまった場合は傷害罪に当てはまります。喧嘩を始めたのがあなたで相手に重傷を負わせた場合、傷害罪の法定刑により15年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられることになります。更に傷害致死罪になると3年以上の有期懲役が科されることになります。[8]ストリートファイトはまた自身の健康、幸福、生命を危険に晒します。どんなことをしてでも路上での喧嘩は避けるべきです。
    • 怒りを発散させたい時、また喧嘩が楽しく常にその機会を探している自分に気づいたら、総合格闘技などのトレーニングができるスポーツクラブに参加することを検討しましょう。
    • 格闘の技能を高めるのに役立つスポーツジムには、ムエタイやボクシングジムなどがあります。
    広告

ポイント

  • 複数の相手と戦う場合には自分に一番近い相手を最初に攻撃しましょう。1人以上倒すことができた時点で逃げましょう。1人を倒した時点で残りの相手を十分に怖がらせることができます。
  • 格闘技を習得していると、街中で窮地に陥った時などストリートファイトで勝てる可能性が高くなるでしょう。立ったままでも、地面に倒れても効果的に戦えるように、パンチ、至近距離での取っ組み合い、地面上での取っ組み合いなどが習得できる格闘技を選んでトレーニングしましょう。ただし、どんなに長くトレーニングを積んでいても街中で常に安全を保てるとは限りません。
  • 何人の敵に狙われているかを意識し、しっかりと記憶に留めておきましょう。相手がバラバラになって不意の攻撃を仕掛けてきても、防ぐことができるでしょう。
  • 特定の状況に対処することに優れている人がいる場合には、その人に任せましょう。邪魔をしてはいけません。自身が怪我をするかもしれません。その人の支持が理に叶ったものであれば素直に従いましょう。

広告

注意事項

  • この記事は、困難な状況に対処するための基本的な指針を紹介する目的で書かれています。実際の自己防衛訓練の代わりにはなりません。身体的暴力から身を守る方法を学びたい場合には、地元で評判の高い自己防衛訓練のクラスを見つけましょう。探し方が分からない場合には、地元の警察署に尋ねてみましょう。
  • 酔っている時や薬物の影響下にある時は決して喧嘩してはいけません。ただし、自身の安全のために必要で且つ武器を持っていない場合はその限りではありません。
  • 相手の顔にパンチを放つ時には十分注意しましょう。額、歯、または鼻にパンチすると自身の指が折れたり、ひどい傷を負ったりします。
  • ストリートファイトは怪我や死を招いたり、刑務所行きになる場合があります
  • 「正当防衛」は、自分を守る際に覚えておくべき最も重要な言葉です。不正な暴行を受けたとき、自分を守るためにやむを得ず相手に害を加える行為は法律上許されています。しかし、必要以上に相手にダメージを与えることは許されません。逃げる、権限のある人に通報するなどの行動を取りましょう。倒れた相手に蹴りを入れるのは、仮に正当防衛として行ったとしても暴力とみなされる場合があります。
広告

このwikiHow記事について

Adrian Tandez
共著者 by
護身術専門家
この記事の共著者 by Adrian Tandez. エイドリアン・タンデズは世界的に有名な護身術のトレーニングセンター、「Tandez Academy」の設立者、そしてヘッドインストラクターです。エイドリアンは截拳道(ブルース・リーの哲学に基づく武道)と、フィリピノ・マーシャルアーツのインストラクターとして認定資格を保有しており、伝説の武道家、ダン・イノサントのもとでシラットのトレーナーも務めています。エイドリアンは25年以上にわたり、これらの武道の訓練を続けています。
カテゴリ: 武道
このページは 346 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告