カールヘアやウェーブヘアにすると楽しくワクワクした気分になれますが、その髪型をうまく保つことは、ときに難しくもあります。そこで、イメージチェンジをしたいなら、ストレートヘアに挑戦してみましょう!髪が傷むという理由でストレートヘアにすることに気が進まない人も多いようですが、適切な道具、製品、手法を用いれば、髪をひどく傷めることなく美しいストレートヘアを手に入れることができます。適切に髪をストレートにするためには、ストレートアイロンかヘアドライヤーを用意し、以下のステップに従って作業を進めましょう!

方法 1 の 3:
ストレートアイロン

  1. 1
    髪を洗い、ドライヤーで乾かします。一番ストレートにしやすいのは、洗いたての髪か、洗った次の日の髪です。髪を洗うときは、自分の髪のタイプに合わせたシャンプーとコンディショナーを使用しましょう。毛量が多い、あるいは縮毛の場合は髪を滑らかに整えるシャンプーとコンディショナーを用い、薄くてへたった髪なら、ボリュームをアップさせるものを使用しましょう。髪を洗ったら、手早くタオルドライし、ドライヤーで乾燥させましょう。こうすることでストレートヘアを作る準備が整い、ストレートアイロンを使用する際の手間が省けます。
    • 最初にドライヤーで髪の根元を乾かしてから、髪全体に風を当てるようにしましょう。
    • 髪にボリュームを出したい場合は、頭を逆さまにして乾かしましょう。
    • パドルブラシを髪のもつれに差し込み、髪を引っ張りながら乾かしましょう。
  2. 2
    髪を熱から保護するスプレーをします。多少値が張っても、効果的に髪を熱から保護するスプレーを購入し、ストレートアイロンを使用する際には必ず使用しましょう。これからも髪をストレートにし続けたいなら、こうして髪をきちんと労わることが大変重要です。保護スプレーは髪の潤いを逃さずに、髪が乾燥してボロボロになるのを防ぎます。頭から15cmほど離して、髪全体に均一に付けるようにしましょう。[1]
    • 髪の根元にスプレーしてはいけません。髪が脂ぎっているように見えてしまいます。
    • 髪を熱から保護するスプレーは、大抵のドラッグストアや美容室で購入できます。高い保護効果を得るためには、多少高くてもブランド品を入手しましょう。美容師におすすめの商品を尋ねてみると良いでしょう。
  3. 3
    髪をいくつかの部分に分けます。髪をいくつかの部分に分けることで、全ての髪を漏れなく、適切にストレートにできます。一番簡単な分け方は、髪を3層に分けることです。
    • まず、最初の層を作るには、前方部分の髪を両手の親指で後方にすくい上げ、それを全て頭頂部の上で掴みます。そして、この髪をねじって髪ゴムかヘアクリップで留めましょう。[2]
    • 次に耳の上に残っている部分の髪をすくい次の層を作り、同様に髪ゴムかヘアクリップで留めます。
    • 第3層は留められずに残っている全ての髪です。後頭部の、うなじや首の周りに生えている髪になるでしょう。
    • 髪の量がとても多い場合は、髪を3層以上に分けることもできます。毛量がとても少ない、あるいは髪が細い場合は髪を分けないか、2つの部分にだけ分けるようにしましょう。
  4. 4
    ストレートアイロンの温度は髪のタイプに合わせて設定します。高品質のアイロンなら温度を自分で設定できるようになっています。適切な温度でアイロンを使用することで、美しいストレートヘアを作ることができ、不必要なダメージを予防できます。以下を参考に、髪のタイプに合わせてアイロンの温度を設定しましょう。[3]
    • 細い髪や傷んだ髪は、90℃から150℃の間で設定しましょう。[3]
    • 毛量が平均的で健康状態の良い髪なら、150℃から200℃の間で設定しましょう。[3]
    • 毛量がとても多い、あるいはゴワゴワの髪や縮毛の場合は、180℃から200℃の間で設定しましょう。[3]
  5. 5
    正し手法を用いましょう。ストレートアイロンで髪を伸ばすには何も複雑な行程は必要ありませんが、最高に美しいストレートヘアを作るためには数点のコツがあります。以下に記しますので、参考にすると良いでしょう。
    • 一度にアイロンをかける髪の量に気を付けましょう。髪を美しくストレートにするためには、一回に、幅2.5cmから5cm程度で厚さが1.3cm未満の量の髪の束を手に取るようにします。これより多量の髪を一回で伸ばそうとすれば上手く行かず、またこれより少ないと、髪全体を伸ばすのに時間がかかり過ぎます。
    • 髪をピンと張った状態に保ちます。片手で髪を引っ張りながら、ストレートアイロンで髪を挟み、髪を伸ばします。最初の一回でうまく伸ばせなかったとしても心配せず、もう一度髪にアイロンをかけましょう。
    • 根元から約1.3cmほど離してアイロンをかけましょう。こうすると髪の立ち上がりが少し残るので、髪のボリューム感が失われ過ぎずに済みます。
    • アイロンはジグザグに動かすのではなく、滑らかに動かします。髪には一回の滑らかな動作でアイロンをかけるようにします。ジグザグに動かしたりすると、髪に横向きの線が刻まれてしまいます。
  6. 6
    髪から煙が出たり、ジューという焼けるような音がしていないか注意します。このような現象が起きた場合は、髪が十分に乾いていないという証拠です。作業を止め、アイロンのスイッチを切り、髪をドライヤーで十分に乾かしてから作業を再開しましょう。濡れた髪にアイロンを使用すると髪は非常に傷み、髪の健康状態を損なってしまいます。よって、可能な限りこうした事態を避けましょう。
  7. 7
    次の層の髪にアイロンをかけましょう。最下部の層の髪を伸ばし終えたら、次の層のヘアクリップを外し、先ほどと同じ要領でストレートにして行きましょう。下から始めて、一番上の層の髪が最後に伸ばす部分となります。
  8. 8
    伸ばし忘れたところがないか、鏡で確認しましょう。ストレートヘアを作る工程において、一箇所や二箇所は作業をやり残してしまうこともあります。後頭部の確認を忘れてはいけません。もし、ウェーブや縮れが残っていたら、もう一度ストレートアイロンで伸ばしましょう。
    • 手に別の鏡を一つ持って、鏡に対して後ろ向きに立つと後頭部の髪を確認できます。手元の鏡に後頭部を映して確認しましょう。
  9. 9
    髪型を仕上げましょう。ストレートアイロンを少し違う要領で動かして、髪が顔にかからないようにしたり、髪型を少しアレンジして整えても良いでしょう。例えば、アイロンをかけるときに毛先の部分で少しアイロンをひねると、毛先にわずかに動きをつけることができます。
    • こうした修正作業は、必ず仕上げ用スタイリング剤を付ける前に行いましょう。なぜならば、仕上げ用スタイリング剤(例えばスプレー等)は可燃性があり、ストレートアイロンの熱で着火する可能性があるからです。
  10. 10
    仕上げ用スタイリング剤を付けましょう。髪に輝きを加えたいなら、シリコンが入った美容液を付けましょう。あるいは、ホールド力のあるスプレーをかけて、髪が乱れないようにセットしましょう。ムースや水を基剤とする製品で髪を濡らすと髪がうねってしまうので、使用してはいけません。
    広告

方法 2 の 3:
ヘアドライヤー

  1. 1
    髪を洗います。当たり前のことですが、髪をドライヤーで乾かす前には髪を洗う必要があります。毛量が多い、あるいは髪が縮れがちの場合は、髪を滑らかにするシャンプーとコンディショナーを使用し、薄く、へたってしまう髪の場合は、ボリュームを出す効果があるものを使用しましょう。
    • コンディショナーは毛先と髪の中程だけに付けましょう。根元に付けてしまうと、髪が薄い上に、脂ぎっているように見えてしまいます。
    • 髪にコンディショナーを付けている間に、目の大きな櫛でもつれを解きましょう。コンディショナーのおかげで、もつれを解くのも簡単になり、切れ毛も最小限に抑えられます。
  2. 2
    髪をタオルドライします。シャワーを終えたら、吸水力のある超極細繊維のタオルで髪を包み、1、2分置きます。それから髪をほどき、軽く髪をタオルで叩いて余分な水分を取りましょう。
    • タオルで髪を擦ってはいけません。切れ毛の原因になります。
    • タオルで髪を完全に乾かす必要はありません。タオルドライを終えるときは、髪がまだかなり濡れている状態にしておきます。
  3. 3
    櫛でもつれをほどきます。目の大きな櫛かパドルブラシを使って、髪を分け、梳かしましょう。濡れた髪は特に傷みやすいので、優しく扱うようにします。根元から下に向かって梳かすのではなく、必ず毛先を梳かしてから、上に向かって櫛を動かしていくようにしましょう。こうすれば切れ毛の発生を抑えられます。
    • 髪が濡れているうちに分け目を決めておくと、髪が乾いてストレートヘアになった後に分けるよりも自然になります。
    • 髪の絡まりがひどい場合は、もつれを解くミストや洗い流さないコンディショナーを使用しましょう。
  4. 4
    スタイリング剤を付けましょう。髪をストレートにする効果のある美容液やクリームを、少量、毛先と髪の中程に付け、揉み込んで浸透させます。こうすると、ブロードライ後、髪がより滑らかで艶やかになります。
    • ストレート効果のあるスタイリング剤の中でも、髪を熱から保護する成分が含まれたものが見つかった場合は、是非それを使用しましょう。
    • 先ほどと同様、こうした製品を髪の根元に付けてはいけません。髪がその重みで下がってしまいます。
  5. 5
    高品質のドライヤーを使用しましょう。髪をブローで伸ばしたいと考えるなら、高品質のドライヤーが欠かせません。ドライヤーの風力が強く温度が高いほど、髪を簡単に早くストレートにすることができます。多少高価でも新しくドライヤーを購入しようと考えているなら、以下の点を参考にしましょう。
    • ワット数を確認します。ワット数を見れば、そのドライヤーにどれほどの風力があるかわかります。ワット数は高いに越したことはありません。美容室のドライヤーは大抵、1800ワット程度ですが、毛量がかなり多い場合や、巻き毛の場合は2000ワットが必要でしょう。[4]
    • 風の速度と温度を調整する機能があるか、確認します。速度と温度を調整する機能を搭載しているドライヤーは、髪型に合わせて設定を調整できるので非常に便利です。例えば、冷風を出すことができれば、スタイリングの仕上げに髪に冷たい空気を当て、髪の輝きを引き出すことができます。[4]
    • 重さを確認しましょう。ブロードライの作業途中で、腕が疲れてしまうような重いドライヤーは必要ありません。900g以下の軽いドライヤーを探しましょう。重さは製品の外箱に記されているはずです。[4]
    • 付属品を確認しましょう。ブロードライで髪をストレートにしたいと考えるなら、ドライヤーから吹き出す風を集約し、髪が縮れるのを予防するための付属品が必ず必要です。吹き出し口に付ける付属品が含まれているか、あるいは別途購入可能かを確認しましょう。[4]
  6. 6
    髪をざっと乾かします。ドライヤーのスイッチを入れ(可能なら、速度と温度を高い設定にして)、髪をざっと乾かして行きましょう。髪の根元に集中して風を当て、指で髪を持ち上げ、分けましょう。まだブラシを使用してはいけません。[5]
    • ドライヤーの吹き出し口を、必ず下に向けるようにします。頭頂部から下に向かって風を当てるようにします。上向きは避けましょう。[5]
    • 髪が60% から80%乾燥するまで、乾かし続けましょう。それ以上乾かしてはいけません。[5]
  7. 7
    髪をいくつかの部分に分けましょう。ブロードライの際は、髪をいくつかの部分に分けておく方が良いでしょう。こうすると、一度に一つの層の髪のみを伸ばすことに集中できます。そこで、髪を三層に分けましょう。一つ目は頭頂部の髪、二つ目は中程の髪、三つ目はうなじや首の周りの髪です。まずは、ヘアクリップか髪ゴムを使って上二つの層の髪を留めて、よけておきましょう。
    • 前髪がある場合は、下ろしておき、最下層の髪に着手する前に、最初に乾かしましょう。なぜなら、前髪は早く乾き、一旦乾くとまっすぐに伸ばすのが難しいからです。
  8. 8
    適切なヘアブラシを使用します。髪をブロードライするときに使用するブラシ次第で、仕上がりが変わってきます。髪をストレートにしながらも、ボリュームを出したい場合、あるいはわずかにカールや動きを付けたい場合は、厚みのあるロールブラシを使用しましょう。髪をひたすら直毛にしたい場合は、パドルブラシを使うのが最適です。[6]
  9. 9
    髪をブロードライで伸ばすための正しい手法を用いましょう。5cmから10cmの幅の髪を取り、ブラシで引っ張ります。髪をストレートにするには、髪を乾かす間、ピンと張った状態にしておくことが最も重要です。[7]
    • また、ドライヤーの風を必ず下向きに当てることも大切です。髪を乾かしている間は、ドライヤーの吹き出し口が必ず毛先の方を向いているようにしましょう。こうすると髪のキューティクルを下向きに保つことができ、滑らかで艶やかな髪に仕上がります。[7]
    • 分けた層の髪を完全に乾かし終えたら、最後に冷風を当てて髪をセットし、輝きを出しましょう。[7]
  10. 10
    次の層の髪に着手しましょう。最下層の髪を完全にブローし終えたら、真ん中の層の髪のヘアクリップを外し、先ほどと同じ要領でブローします。二番目の層の髪を完全に乾かし終えたら、最後の三番目の層の髪を下ろし、ブローしましょう。
    • 髪が完全に乾いたら、真っ直ぐでツヤツヤになっていることでしょう。少しうねりが残っているようなら、髪をブラシで引っ張りながら、更にブローし髪を伸ばしましょう。
    • それでもだめなら、どうしてもうまくいかない特定の部分にだけ、ストレートアイロンを使いましょう。
  11. 11
    仕上げ用スタイリング剤を付けましょう。髪をセットし、艶と収まりの良さを加えたい場合は、豆粒大の仕上げ用スタイリング剤を、毛先と髪の中程に付けましょう。輝きを出す美容液やスプレーの場合も、同様に使用します。髪がへたってしまったり、髪型が崩れるのが心配な場合は、頭から15cmほど離してヘアスプレーを薄く噴きかけると良いでしょう。こうすれば、一日中(もしくは一晩中!)、髪をストレートに保つことができます。
    広告

方法 3 の 3:
ストレートヘアを保つ

  1. 1
    水を噴きかけたり、ムースを使用してはいけません。水分を含むと、髪はすぐに巻き戻ったり、縮れます。よって、湿気が多い場所に住んでいるなら、空気中の水分で髪がうねりやすくなってしまうため、スプレーを使用しましょう。
  2. 2
    傘を携帯するようにします。雨に濡れてしまえば、せっかく苦労して作り上げたストレートヘアが崩れ、髪が縮れて台無しになってしまいます。また、夏場は前髪が汗に濡れるのを防ぐために、ヘアバンドを持ち歩きましょう。ショギングやウォーキングの際はポニーテイルにして髪を上げておきましょう。
  3. 3
    コテを使ってわずかにカールを付けたり、動きを出したりしても良いでしょう。直毛が好きだとしても、顔に髪がかからないように、毛先や前髪にコテで少し動きをつけてみましょう。
  4. 4
    髪を洗えば、元通りになることを理解しておきましょう。しかし、心配はありません。また同じ手順を踏めば、ストレートヘアを作ることができます!ただし、髪が乾燥し傷んでしまうので、髪をあまり頻繁にストレートにしてはいけません。特別な機会のためにとっておきましょう!
    広告

ポイント

  • ストレートアイロンを使用する際は、髪を熱から保護するヘアケア剤を使用しましょう。高いものである必要はありません。自社ブランド製品が安く売られているので、それらを購入できます。
  • 髪が濡れているときは、絶対にストレートアイロンやコテを使ってはいけません。髪が傷み、煙が出ます。髪を先に洗った場合は、必ずドライヤーで完全に乾かしてからアイロンを使うようにしましょう。
  • 冷風が出るドライヤーなら、髪を完全に乾かした後、髪に冷風を当てましょう。こうすると髪を冷水で濯いだときと同じように、髪に輝きが加わります。
  • 雨の日や湿度が大変高い日は、外を歩いたり、長時間外にいるのを避けましょう。湿気のせいで髪が縮れてしまいます。
  • 後頭部の髪を伸ばすのが難しい場合は、大人や友人に手伝ってもらいましょう。
  • 髪をいくつかの部分に分けましょう。毛量が多いなら、髪を非常に細かく部分分けしましょう。しかし髪が薄い場合はそれほど細かく分ける必要はありません。
  • 髪をドライヤーで乾かすことと、ストレートアイロンで伸ばすことを同じ日に行なってしまうと、髪が非常に乾燥し傷みます。時間が許すなら、ヘアドライヤーを使わず、代わりに髪を空気乾燥させましょう。
  • 髪をブロードライするときは、必ずドライヤーを下に向けましょう(つまり、髪本来の「性質」に沿い、それに逆らってはいけません)。こうすると髪が輝きます。
  • ストレートアイロンで髪を上向きに引っ張りながら髪を伸ばすと(下向きの反対方向)、根元が立ち上がり、ボリューム感が出ます。
  • 髪をあまり頻繁にストレートにしてはいけません。継続的に繰り返し髪に熱を与えると、髪が傷みます。

広告

注意事項

  • 美容液やスタイリング剤を使い過ぎてはいけません。髪が痩せた上に、脂ぎったように見えてしまいます。
  • 一週間に2回から4回以上ストレートアイロンを使ってはいけません。継続的にアイロンで髪をストレートにすると、いくら保護スプレーを使用しても髪が傷みます。自然な髪型にしておくか、可愛らくしアップしておきましょう。
  • ストレートアイロンを使用した後は、必ず電源を切り、コードを抜きましょう。
  • 髪が濡れているときにブラシで梳かすと、髪が伸びて切れてしまうので注意しましょう。代わりに目の大きな櫛で梳かすようにします。
  • 髪にアイロンをかけすぎてはいけません。これは不必要なことであり、髪を傷めるだけです。
  • 火傷に注意しましょう。
  • その日の夜に髪を洗う予定がないのなら、髪にスプレーを使用してはいけません。一晩中スプレーを付けたままにしておくのは、髪に良くありません。
広告

必要なもの

  • 目の大きな櫛
  • ヘアドライヤー (ノズルや拡散器のような付属品があると尚良い)
  • ヘアスプレー
  • ストレートアイロン
  • 髪を熱から保護するスプレー
  • シャンプー及びコンディショナー
  • ヘアブラシ
  • ヘアスプレー(任意で)
  • 毛が多いブラシ(任意で)

関連記事

How to

靴の音鳴りを止める

How to

生理を早める

How to

洗濯機で衣類を縮める

How to

タトゥーシールをはがす

How to

縮んだ服を伸ばす

How to

防犯タグを外す

How to

アロエベラジェルでニキビを消す

How to

お酒の臭いを消す

How to

髪に付いたガムを取る

How to

革に付いた油染みを落とす

How to

デリケートゾーンの匂いを消す

How to

ポリエステル製の服を縮める

How to

えくぼを自然に作る

How to

衣類のカビ臭さをなくす
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む320人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は1,839回アクセスされました。
記事のサマリーX

ストレートアイロンで髪をストレートにする前に、髪を熱から保護するスプレーをかけて水分を閉じ込めます。次に、髪を3層の束に分け、髪ゴムかヘアクリップでそれぞれの束をまとめて固定します。まず、下の束から髪を約3~5cm幅に小分けして、各束を引っ張ります。そして、髪の根元から3㎝ほど離れたところにストレートアイロンを挟みます。一度の滑らかな動きで髪の先まで滑らせてから離します。小分けの束にして作業を続け、下の束を全て伸ばしてから、次に真ん中の束、最後に上の束を仕上げましょう。 ストレートアイロンを使わずに髪をストレートにする方法など、美容師の共著者からのヒントをさらに知りたい場合は、記事を読み進めましょう!

このページは 1,839 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告