ストレートヘアを保ったまま寝る方法

共同執筆者 Ashley Adams

この記事には:ストレートに整えた髪を包む寝ている間もストレートヘアを保つ8 出典

簡単な方法で準備してから寝ると、朝までストレートヘアをきれいに保つことができます。シルクやサテンのスカーフで髪を覆って寝る方法はよく知られていますが、他にも、シルク又はサテンの枕カバーやヘアケア製品を利用したり、涼しい部屋で寝たりする方法を試してみましょう。

1
ストレートに整えた髪を包む

  1. 1
    シルクやサテンのスカーフを用意します。髪を覆うスカーフはいろいろありますが、就寝中の髪を守るにはシルクやサテンでできたスカーフが適しています。このような素材は、枕とこすれないので朝まで毛先が縮れることがありません。頭に巻き付けて髪を覆うことができれば、バンダナ、ターバン、襟巻き用のスカーフなど何でも使うことができます。[1]
    • 寝るときに使うナイトキャップは量の多い髪やブレイドヘアには便利かもしれませんが、緩すぎて髪が中で動いてしまうので髪をストレートに保つことができません。覆った髪を頭にしっかり巻き付けられるスカーフを使いましょう。
  2. 2
    髪を保護するためにオーバーナイトヘアセラムを指で塗ります。アルコール含有量が少なくケラチンを多く含んだオーバーナイトセラムを髪に塗って、ストレートに整えた髪をきれいなまま保ちましょう。直径2㎝弱の量を指先に取り、根元から毛先を指で梳くようにして髪になじませます。
  3. 3
    髪を後ろで半分に分けます。髪を覆う前にまず髪を後ろで2等分します。くしやパーマコームを使って髪を後ろで真ん中から分けましょう。頭を下げて頭の後ろにくしをあて、真ん中から2つに分けます。
    • 横に流した前髪があれば、その部分は後ろの髪とは別に左右同じ分量に分けてもかまいません。
  4. 4
    パーツ毎に髪をブラッシングします。まず2つに分けた髪をそれぞれ前に向けてブラッシングし、次に顔の横で後ろに向かってブラッシングします。2等分した髪が顔の両脇に分かれている状態です。
    • 次の手順に進む前に、分けた髪が混ざらないように片方を髪ゴムで緩く結んでおきましょう。
  5. 5
    分けた髪をそれぞれ頭の周りにしっかり巻き付けます。一方の髪を左側でまとめ、ポニーテールを作るように頭の後ろ半ばの高さに持ち上げます。そのまま頭の下に沿ってしっかり巻き付けながら右後ろへ持っていき、毛先をカーブのついたヘアピン1本でとめます。もう1方の髪も同様に、頭の下に沿って左側へしっかり巻き付けましょう。
    • 顔の両側に分けた髪があれば、右側の髪は左側へ左側の髪は右側へ巻き付けます。
    • 髪が混ざらないように髪ゴムで結んでいた場合は、巻き付ける前に髪ゴムを外しておきましょう。
    • 髪が非常に長い場合は、頭の上の方へ巻き付けてから下の方へ持っていきます。頭に沿ってしっかり巻き付けましょう。
  6. 6
    巻いた髪の毛先をカーブのついたヘアピンで止めます。分けた髪を両方とも巻き付けたら毛先をカーブのついたヘアピンで止めて固定します。カーブのついたヘアピンは頭の形になじむので髪が凹みにくいでしょう。
    • 長い髪を頭の上の方にも巻き付けた場合は、複数のヘアピンで固定しましょう。
  7. 7
    巻き付けた髪の上をスカーフで覆います。巻いた髪を包むようにスカーフをしっかり巻き付けましょう。スカーフをうなじにあてて両端を持ち上げ、前方で結ぶと寝た時に結び目が邪魔になりません。
    • スカーフで包むと、寝ている間にヘアピンが外れたり髪が動いたりするのを防げます。

2
寝ている間もストレートヘアを保つ

  1. 1
    シルクやサテンの枕カバーを使います。スカーフで髪を巻いて寝るのに抵抗があれば、シルクやサテンの枕カバーを使いましょう。シルクやサテンの枕カバーは、寝ている間に動いても髪がこすれることがありません。[2]
    • デパートの寝具売り場やオンラインショップでシルクやサテンの枕カバーを探しましょう。
    • スカーフを使わない場合でも、髪を頭に巻き付けて寝ると髪が絡むのを防げます。
  2. 2
    濡れた髪をブラッシングして自然にストレートに整えた後、髪が完全に乾いてから寝ましょう。髪がストレートまたは少しウェーブがついている場合は、寝る前にシャンプーとコンディショナーで髪を洗います。パドルブラシや目の粗いくしで絡んだ髪をほぐし、下向きにブラッシングしながらドライヤーで乾かすか自然乾燥します。[3]
    • 髪が少しでも湿っていると寝ている間にクセがついたりうねったりするので、完全に乾いてから寝ましょう。
    • 硫酸系化合物を含まない「髪を滑らかに整える」と表示されているシャンプーやコンディショナーを選びましょう。硫酸系化合物は髪を乾燥させるので髪が縮れてしまいます。
  3. 3
    くせ毛や髪が硬い場合は、寝る前に髪をまっすぐに整えるトリートメントを使いましょう。くせ毛や硬い髪を滑らかに整えるヘアオイル、セラム、クリームなどを寝る前に髪に塗りましょう。アルガンオイルやココナッツオイルを含む製品が効果的です。直径20㎜弱の量を指に取り、髪の根元から毛先になじませます。[4]
    • 目の細かいくしで髪を梳くと髪の隅々までオイルが届きます。
  4. 4
    髪を緩く頭の上でまとめて寝ると翌朝のスタイリングが簡単です。ストレートヘアに整えたまたは自然にストレートな髪を頭の上で1つにまとめます。伸縮性のあるヘアバンドで緩く結び、毛先を根元に巻き付けてお団子にまとめます。布製のシュシュでお団子を緩く止めましょう。[5]
    • 翌朝お団子をほどいてブラシで髪をストレートに整えます。
    • この方法は、シルクやサテンの枕カバーや髪をまっすぐに整えるセラムを使う方法などと合わせて行うとより効果的です。
  5. 5
    寝室の温度を下げます。就寝中に汗をかくと髪が縮れやすくなります。クーラーを利用したり涼しい日には窓を開けたりして、寝室の温度をできるだけ低くして寝ましょう。[6]
  6. 6
    細くまっすぐな髪はドライシャンプーを使って脂分を減らします。髪が細くまっすぐな場合は、脂っぽくなりがちです。毎晩シャンプーする代わりにドライシャンプーを利用して脂分を取り除き、髪のボリュームを保ちましょう。髪の根元から15㎝離れたところからドライシャンプーをスプレーして1分間そのままおき、指で根元になじませます。[7]
    • 粉末状のドライシャンプーを使う場合は、1~2回根元に振りかけて頭皮にすりこみます。必要に応じて別の部分の根元にも振りかけてこすりましょう。
  7. 7
    寝る前に髪にボリュームを出します。髪が細くまっすぐなら、髪のボリュームを増すスタイリング剤を濡れた髪に使いましょう。直径20㎜弱の量を指に取り、髪をすくように指を通してなじませます。[8]
    • ボリュームを増すスタイリング剤を塗ってから、頭の上で1つにまとめる、緩いお団子にまとめる、大き目のカーラーで巻く、三つ編みにする、などの方法でボリュームアップできます。

必要なもの

  • シルクやサテンのスカーフ
  • 目の粗いくし又はパドルブラシ
  • 髪をまっすぐに整えるオーバーナイトセラムやヘアクリーム
  • シルクやサテンの枕カバー
  • 伸縮性のあるヘアバンドや布製のシュシュ

記事の情報

この記事はAshley Adamsが共著しています。 アシュリー・アダムスは2016年に美容専門学校、「John Amico School of Hair Design」を卒業しています。認定資格を取得した後、イリノイ州にて美容師、そしてヘアスタイリストとして働いています。

カテゴリ: 髪とネイル

他言語版:

English: Sleep with Straight Hair, Italiano: Mantenere i Capelli Lisci durante la Notte, Español: dormir con el cabello liso, Deutsch: Mit glatten Haaren schlafen, Français: dormir avec des cheveux droits, Bahasa Indonesia: Menjaga Rambut Lurus Selama Tidur, العربية: الحفاظ على شعر مفرود أثناء النوم, Nederlands: Slapen met steil haar, Tiếng Việt: Ngủ với mái tóc thẳng

このページは 89 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?