スパゲッティを作る方法

この記事には:スパゲッティを茹でるソースを用意するバターを足す出典

トマトソースのスパゲッティは手間いらずで簡単に作れるため、時間が無いときにはうってつけの美味しい料理です。本記事を参考にして、この昔ながらのイタリア料理の作り方を身につけましょう。

材料

  • 乾燥スパゲッティ
  • トマトソース(ミートソース、マリナラソースなど)
  • 粉チーズ(好みに応じて)
  • バターまたはオリーブオイル(好みに応じて)
  • 調味料(好みに応じて、ニンニク、イタリアンシーズニング、オレガノ、塩、コショウなど)

合計調理時間:30分

パート 1
スパゲッティを茹でる

  1. 1
    中くらいの大きさの鍋に水を8分目程度入れる 鍋を強火にかけて、沸騰させます。
  2. 2
    スパゲッティがきちんとお湯につかるように、注意深く鍋に投入する 麺を半分に折ってから投入する必要があるかもしれません。麺がくっつかないように軽くかき混ぜながら、お湯を再度沸騰させます。沸騰したら、煮こぼれしないように火を弱めます。
  3. 3
    7~15分間茹でる(好み、パスタの種類、袋に記載されている調理時間などにより異なる) 完成したスパゲッティは中まで火が通っていなければなりませんが、茹り過ぎてはいけません。火を止める前に麺を1本取り出して、火が通っているかを確認しましょう。まだ中まで火が通っていないようであれば、もう1、2分間茹でて、再び火の通り具合を確認します。
  4. 4
    鍋を火から外す 水切りボールや大きめのザルを用いてスパゲッティの湯切りを行い、皿に移します。素早く盛りつけましょう。
    • 盛りつけたスパゲッティが乾いてしまったら、オリーブオイルやバターを上からかけましょう。

パート 2
ソースを用意する

  1. 1
    ソースを小さいフライパンに入れる フライパンを強火にかけて、沸騰させます。沸騰したら、火を弱めてぐつぐつと煮ます。
  2. 2
    パッケージに記載の指示に従いながら、最大20分間調理する 既製ソースの多くにはすでに加熱処理が施してあるため、コンロで温めるだけです。時々かき混ぜて、温まったかどうかを確認しましょう。
    • 好みに応じて、調味料を追加しましょう。
  3. 3
    鍋を火から外す ソースを数分間冷ましてから、スパゲッティの上にかけます。

パート 3
バターを足す

  1. 1
    フライパンを強火にかける バターを1cm角に切って(1人前)、フライパンの上に置きます。
  2. 2
    バターを溶かす
  3. 3
    フライパンを火から外す 溶かしたバターをスパゲッティの上にかけます。
  4. 4
    盛り付けて完成させる さらに風味が欲しい場合には、粉チーズ、バジル、オレガノ、イタリアンシーズニングを加えましょう。

ポイント

  • バターの乳脂肪が気になる人は、小さじ1杯のオリーブオイルをかけるとよいでしょう。濃厚で風味豊かなスパゲッティが楽しめます。
  • 生パスタは乾燥パスタよりも短時間で茹ります。生パスタであれば、2~5分程度で茹で上がります。
  • 好みに応じて、ひき肉を炒めて追加してもよいでしょう。約450gのひき肉が必要になります。フライパンで炒めた後に、ソースと共に盛り付けましょう。

注意事項

  • 調理が終わったら、必ずコンロの火を消しましょう。
  • 湯切りの際は、十分に気をつけましょう。

必要なもの

  • コンロ
  • ザル
  • フライパン (必要に応じて)

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む41人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 食・おもてなし

他言語版:

English: Make Spaghetti, Italiano: Cucinare gli Spaghetti, Español: hacer espagueti, Français: cuire des spaghettis, Deutsch: Wie man Spaghetti kocht, Português: Fazer Espaguete, Русский: приготовить спагетти, 한국어: 스파게티 만드는 방법, Nederlands: Spaghetti maken, العربية: إعداد السباجيتي, Tiếng Việt: Nấu mì ống Spaghetti, ไทย: ทำสปาเก๊ตตี้, 中文: 烹制意大利面

このページは 767 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?