素早く作れるスパゲッティは手頃な食事に最適です。スパゲッティを茹でる間に様々なソースを準備することができます。時間がないときには好みの挽肉をさっと炒め、市販のパスタソースを加えて軽く煮込みましょう。トマトソースを使わずにスパゲッティを調理する場合は、焦がしバターにニンニクとパルメザンチーズを加え、スパゲッティを絡めます。トマトソースを手作りする時間があれば、赤タマネギとトマト、ニンニク、バジルを炒めましょう。

材料

スパゲッティ[1]

4~8人前

  • 乾燥スパゲッティ450~890g
  • 自然塩大さじ1~2杯(17~35g)

すぐにできあがるミートソース[2]

4~6人前

  • 茹でて湯切りしたスパゲッティ670g
  • キャノーラ油または植物油大さじ2杯(30ml)
  • 玉ねぎ(みじん切り)1個
  • ニンニク(みじん切り)大さじ2杯
  • トマト風味のパスタソース(缶詰や瓶詰)680g
  • 挽肉(牛、豚、鶏、七面鳥など)450g
  • 塩とコショウ(味付け)
  • パルメザン粉チーズ(好みで)

パルメザンチーズとニンニクのソース[3]

2~3人前

  • 茹でて湯切りしたスパゲッティ450g
  • 無塩バター大さじ10杯(140g)
  • ニンニク(みじん切り)3片
  • 砕いた赤唐辛子フレーク小さじ1杯(2g)(好みで)
  • すりおろしたパルメザンチーズ50g
  • 塩と挽きたての黒コショウ(味付け)
  • 生のパセリの葉(みじん切り)大さじ2杯(7.6g)

自家製トマトソース[4]

4~6人前

  • 茹でて湯切りしたスパゲッティ670g
  • 皮を剥いたホールトマトの缶詰め780g
  • エクストラバージンオリーブオイル大さじ2杯(30ml)
  • 赤玉ねぎ(さいの目切り)1/3 個
  • ニンニク(1cm角に切る)3片
  • 生のバジル(ちぎる)1~2つかみ
  • 塩と黒コショウ(味付け)
  • 赤唐辛子フレーク1つまみ(好みで)

方法 1 の 4:
スパゲッティを茹でる

  1. 1
    茹でるスパゲッティの量を決めましょう。1人あたりどれくらいの分量を茹でるのかを考えます。ほとんどのスパゲッティの袋には、何人分を作るかに応じて必要な分量が表示されています。たとえば、3人分のスパゲティを作るには、230gの乾燥スパゲティを茹でましょう。スパゲッティの分量を正確に量るために、台所用品や家庭用品を使っても良いでしょう。
    • 鍋がいっぱいになってしまうので、900g以上のスパゲッティを一度に茹でるのは避けましょう。
  2. 2
    大きな鍋に冷水または水を注ぎます。スパゲッティ670~890gを茹でる場合は、容量5~5.6リットルの鍋を使いましょう。茹でる量がそれより少ない場合は、容量3~3.7リットルの鍋を使います。いずれの場合も鍋の3/4まで水を入れましょう。
    • 使用する鍋が小さすぎると、茹でる間にスパゲッティがくっついてしまいます。
  3. 3
    塩を加えて水を沸騰させましょう。水に自然塩大さじ1~2杯(17~35g)を加えて混ぜ、鍋に蓋をします。ぐらぐら沸騰するまで、鍋を強火で熱しましょう。
    • 沸騰し始めると、蓋の下から蒸気が出てきます。
    • 乾燥ではなく生のスパゲティを茹でる場合は、水に塩を加えません。
  4. 4
    沸騰した湯にスパゲッティを入れてかき混ぜましょう。オーブンミトンをつけて、鍋の蓋を外します。湯が飛び散らないように、スパゲッティを低い位置からゆっくりと鍋に入れ、トングや麺すくいを使ってよくかき混ぜます。湯はすぐに再沸騰するでしょう。
    • 短いスパゲッティが好みなら半分に折って入れましょう。
  5. 5
    タイマーを8~11分にセットして、スパゲッティをこまめにかき混ぜましょう。スパゲッティの袋に表示されている茹で時間を確認し、タイマーをセットします。スパゲッティがくっつかないように、頻繁にかき混ぜながら茹でましょう。
    • スパゲッティは様々な粉で作られているので、袋に記載の特定の調理法に従うことが重要です。
    • スパゲッティを茹でるときは、鍋の蓋を外しておきましょう。
  6. 6
    スパゲティを試食して好みの柔らかさかどうかを確認します。スパゲッティを鍋から取り出し、半分に噛み切ります。スパゲティの中心が柔らかくなっているかを確認しましょう。茹であがったスパゲティは中まで火が通っていなければなりませんが、べちゃっとするまで茹でる必要はありません。
    • 試食したスパゲッティの中心が硬い場合は、さらに1~2分茹でてからもう一度確認しましょう。
  7. 7
    ざるを使って、茹でたスパゲッティを湯切りします。スパゲッティが好みの柔らかさに茹であがったら火を止め、シンクにざるやこし器を用意します。スパゲッティの入った鍋を慎重にシンクに持って行き、ゆっくりとざるにあけましょう。
    • 蒸気が顔にかからないように、必ず体から離して熱湯とスパゲッティをあけましょう。
    • 茹であがったスパゲッティは冷水ですすぎません。すすいでしまうとソースが絡みにくくなります。
  8. 8
    好みのパスタソースをかけて食卓に出しましょう。湯切りをしたスパゲッティに好みのソースを絡めるか、人数分の皿に分けてからスプーンでソースをかけましょう。
    • 茹でたスパゲッティを保存する場合は、完全に冷ましてから密封容器に入れましょう。冷蔵庫で3~5日まで保存できます。
    • 保存する前に、スパゲッティにオリーブオイル小さじ2杯(10ml)を絡めておくと、冷蔵した後で使いやすくなります。
    広告

方法 2 の 4:
すぐにできあがるミートソースを作る

  1. 1
    玉ねぎとニンニクを強めの中火で5分炒めましょう。キャノーラ油か植物油大さじ2杯(30ml)を大きなフライパンに入れ、強めの中火にかけます。油が熱くなったら、みじん切りにした玉ねぎ1個とみじん切りにしたニンニク大さじ2杯を加えましょう。
    • 玉ねぎとニンニクをかき混ぜながら、玉ねぎが透きとおってニンニクの香りが立つまで炒めましょう。
  2. 2
    挽肉450gを加えて7~8分炒めます。スプーンで挽肉をほぐしながら頻繁にかき混ぜ、赤い部分がなくなるまで炒めましょう。牛や七面鳥、豚、鶏の挽肉を使うことができます。
    • 好みに応じて、数種類の挽肉を組み合わせてもかまいません。
  3. 3
    フライパンに脂が多く溜まったら取り除きましょう。多くの場合、挽肉を炒めるとフライパンに脂が多く溜まります。スプーン1杯より多くの脂がフライパンの底に溜まった場合は、それを取り除く必要があります。空き缶や金属製の容器をシンクに置き、フライパンに蓋をしましょう。脂が片方に溜まるようにフライパンを慎重に傾け、肉がこぼれないように蓋で押さえながら、ゆっくりと脂を缶に注ぎます。
    • 脂が冷めてから捨てましょう。
    • 高温の脂をシンクに直接流すのはやめましょう。パイプが詰まってしまいます。
  4. 4
    パスタソースを加えてかき混ぜ、10分煮込みましょう。市販のトマト風味のパスタソースを開け、フライパンに入れて混ぜます。ソースが挽肉や玉ねぎとなじむようにかき混ぜましょう。フライパンに蓋をして、ソースが穏やかに泡立つように弱めの中火で煮込みます。
    • フライパンの底にソースがくっつかないように、1~2回かき混ぜましょう。
  5. 5
    茹でたスパゲッティにミートソースをかけて食卓に出しましょう。茹でたスパゲッティ670gを人数分の皿に分け、その上にスプーンでミートソースをかけましょう。好みに応じて、すりおろしたパルメザンチーズをかけます。
    • スパゲッティにミートソースを絡めてから、皿に取り分けてもかまいません。
    • 残ったスパゲッティとミートソースは密封容器に入れましょう。冷蔵庫で3~4日まで保存できます。ただし、長く保存するほどスパゲッティは柔らかくなります。
    広告

方法 3 の 4:
パルメザンチーズとニンニクのソースを作る

  1. 1
    中火でバターを溶かし、ニンニクと赤唐辛子フレークを炒めます。中くらいの鍋に無塩バター大さじ10杯(140g)を入れ、中火にかけます。みじん切りのニンニク3片を鍋に入れて混ぜましょう。
    • 辛いスパゲッティが好みなら、砕いた赤唐辛子フレークを小さじ1杯(2g)加えましょう。
  2. 2
    泡だて器でバターをかき混ぜながら、中火で4~5分加熱します。バターとニンニクを中火にかけ、泡だて器で絶えずかき混ぜましょう。バターが濃い黄金色になるまで加熱します。
    • バターは焦げやすいので、加熱しているときにその場を離れてはいけません。
  3. 3
    火を止めて、茹でたスパゲッティとチーズを加えます。茹でて湯切りしたスパゲッティ450gを鍋に加え、すりおろしたパルメザンチーズ50gをスパゲッティの上に振りかけましょう。トングを使って、ニンニクとバターそしてチーズをスパゲッティに絡めます。
    • トングがなければ大きなスプーンとフォークを使って、チーズとバター、スパゲッティを混ぜましょう。
  4. 4
    パルメザンチーズとニンニクのスパゲッティを盛りつけましょう。味見をして、必要に応じて塩とコショウを振ります。生パセリの葉のみじん切り大さじ2杯(7.6g)をスパゲッティの上に振りかけて、すぐに食卓に出しましょう。
    • 残ったら密封容器に入れましょう。冷蔵庫で3~4日まで保存できます。
    • 長く保存するほど、バターとチーズがスパゲッティから分離します。
    広告

方法 4 の 4:
自家製トマトソースを作る

  1. 1
    缶詰のトマトをブレンダーで潰します。皮を剥いたホールトマトの缶詰め(790g)を開け、スプーンでトマトを取り出してブレンダーかフードプロセッサーに入れましょう。ブレンダーの蓋を閉めて、好みの滑らかさになるまで攪拌します。
    • トマトの塊が残った素朴なソースが好みならこの手順を省き、ソースを煮込むときにスプーンの背でトマトを潰しましょう。
    • 非常に滑らかなソースを作る場合は、トマトの塊がなくなるまで攪拌しましょう。
  2. 2
    赤玉ねぎを5~6分炒めます。大きな鍋にエクストラバージンオリーブオイル大さじ2杯(30ml)を入れ、中火で加熱しましょう。赤玉ねぎ1/3個をさいの目に切り、熱くなった油に入れてかき混ぜます。
    • 玉ねぎが鍋にくっつかないように、頻繁に混ぜながら炒めましょう。
    • 玉ねぎが透きとおり柔らかくなるまで炒めます。
  3. 3
    ニンニクと赤唐辛子フレーク(使う場合)を加えて混ぜます。皮を剥いたニンニク3片を1㎝角に切りましょう。ニンニクを鍋に入れ、玉ねぎと混ぜ合わせます。少し辛いソースを作る場合は、ここに赤唐辛子フレークを一つまみ加えましょう。このソースを30秒炒めます。
    • 炒めるとニンニクの香りが立ちます。ニンニクは焦げやすいので、炒めるのは1分以内に抑えましょう。
  4. 4
    トマトを加えて混ぜ、塩とコショウで味付けします。潰したトマトをブレンダーから鍋に移しましょう。トマトが玉ねぎやニンニクと混ざるようにかき混ぜます。ソースの味見をして、好みの量の塩とコショウで味付けしましょう。
    • おいしく仕上げるために、煮込みながら時々味見をしましょう。風味が増すように、調味料で味を調整しながら煮込みます。
  5. 5
    トマトソースを弱めの中火で30分煮込みましょう。ソースが泡立つまで中火で加熱します。その後弱めの中火に落とし、ソースが穏やかに泡立つように煮込みましょう。鍋に蓋をしないで、ソースを少し煮詰めます。
    • 鍋底にソースがくっつかないように、こまめにかき混ぜながら煮込みましょう。
  6. 6
    生のバジルをちぎってソースに混ぜ込みます。生のバジルを1~2つかみ用意して、それぞれの葉を2~3枚にちぎりましょう。ちぎったバジルの葉をソースに加え、混ぜてから火を止めます。
    • 熱いトマトソースに混ぜるとバジルの葉はくたっとなります。
    • 忘れずに味見をして、必要なら塩とコショウを足しましょう。
  7. 7
    茹でたスパゲッティにトマトソースをスプーンでかけ、すぐに食卓に出しましょう。湯切りをしたスパゲッティを皿に盛り、その上に自家製のトマトソースをかけましょう。もしくは、鍋にスパゲッティを入れ、ソースを絡めてから皿に盛りつけてもかまいません。
    • 好みに応じて、すりおろしたチーズや生のバジル、オリーブオイルをかけましょう。
    • 残ったソースは密封容器に入れましょう。冷蔵庫で3~4日まで保存できます。
    広告

ポイント

  • 茹でたスパゲッティをすぐに食べる場合は、スパゲッティがくっつかないようにする目的で油を加えるのは避けましょう。油を加えるとスパゲッティにソースが絡みにくくなります。
  • 生のスパゲッティは乾燥スパゲッティより速く茹であがります。生のスパゲッティは、2~5分で茹であがる場合もあります。
  • 乾燥スパゲッティを半分に折る場合は、折り曲げるのではなくねじるようにしてみましょう。

広告

必要なもの

スパゲッティを茹でる

  • 大きな鍋と蓋
  • ざるまたはこし器
  • 計量スプーン
  • タイマー
  • トングまたは麺すくい

すぐにできあがるミートソースを作る

  • 計量カップと計量スプーン
  • 包丁とまな板
  • 大きなフライパンと蓋
  • スプーン
  • 空き缶または金属製の容器

パルメザンチーズとニンニクのソースを作る

  • 計量カップと計量スプーン
  • 中くらいの鍋
  • 包丁とまな板
  • トング

自家製トマトソースを作る

  • 計量カップと計量スプーン
  • ブレンダーまたはフードプロセッサー
  • 包丁とまな板
  • 大きな鍋
  • スプーン

関連記事

How to

牛乳からクリームを作る

How to

鶏肉を解凍する

How to

ベーコンが傷んでいるか判断する

How to

自家製ワインを造る

How to

傷んだ卵を見極める

How to

アボカドを熟成する

How to

腐った牛ひき肉を見分ける

How to

ビールをショットガン飲みする

How to

パンをおいしく温め直す

How to

野菜を蒸す

How to

オートミールを作る

How to

水の浄化

How to

オーブンでステーキを調理する

How to

豚ヒレ肉の直火焼き
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む41人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は1,095回アクセスされました。
カテゴリ: 食・おもてなし
このページは 1,095 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告