スパティフィラムは、室内の鉢植え植物として人気の高い品種です。栽培が簡単なスパティフィラムは、お部屋の素敵なアクセントになるでしょう。適切な手入れをすると、この美しい植物を長い間楽しむことができます。

パート 1 の 3:
スパティフィラムの手入れ

  1. 1
    スパティフィラムの置き場所を選びましょう。スパティフィラムは、高温多湿の鬱蒼とした熱帯雨林に原生しています。そのため、大抵の温帯気候の地域では、屋外で一年中栽培することはできません。しかし、屋外に比べて比較的温度と湿度が高い室内では、健やかに生育します。スパティフィラムは、直射日光ではなく間接光が当たる、暖かい部屋の窓辺に置きましょう。一日を通して間接光が当たる、北か西向きの窓辺が最適です。株が弱ったり、葉が茶色に変色して萎れてしまうため、冷気や過度な日射は避けましょう。

    ポイント:居住地域の気候によっては、高温多湿の時期であれば、スパティフィラムを屋外で栽培できるかもしれません。日陰になるパティオなどが適しています。熱帯地域にお住まいであれば、一年を通して屋外で育てることができます。

  2. 2
    適切な水やりをしましょう。スパティフィラムの手入れで大切なポイントは、注意深く水やりをすることです。鉢の土が乾燥している時に限り、湿らせる程度に水を与えます。土を水浸しにしてはいけません。水が足りないと、株は萎れて枯れてしまいます。実際、水やりを怠ると、茎が垂れ下がってくるのがはっきりと分ります。しかし、水をやりすぎても根腐れを起こし、やがて枯れてしまいます。週に1度を見安に、土が乾いたら水やりをしましょう。株がほんの少し萎れるまで、水やりを控える栽培者もいます。
  3. 3
    週に数回、スプレーボトルを使って葉に霧を吹き掛けましょう。スパティフラムは、熱帯気候のような湿度が高い環境を好みます。そのため、通常の水やりに加え、定期的にスプレーボトルで霧を吹き掛けて、熱帯雨林のような多湿の環境を作り出す必要があります。夏の生育期には、さらに頻繁に霧を吹き掛けましょう。[1]霧を多く吹き掛けるほど、たくさんの花を付け、健康に生育します。
    • スパティフィラムは塩素に敏感なため、水から塩素を除去しましょう。水道水を室温で24時間放置し、塩素を除去します。
  4. 4
    不健康な葉を切り取りましょう。スパティフィラムは、他の植物ほど頻繁な剪定は必要ありません。それでも、茎や葉が茶色に変色したり、萎れていたら、そこに無駄なエネルギーを費やさないように、傷んだ部分を切り取りましょう。清潔で鋭利な剪定バサミを使い、傷んだり、枯れた部分を取り除きます。健康な組織を傷つけないように、土の表面近くをきれいな切り口で切り取りましょう。
    • 萎れて茶色く変色した葉は単に水不足が原因であったり、あるいは、さらに深刻な問題がある場合もあります。適切な手入れをしていても頻繁に剪定が必要な場合は、問題の兆候があるかを確認し(下記の「スパティフィラムの問題解決」を参照)、根本的な原因の解決策を見つけましょう。
  5. 5
    肥料は注意して与えましょう。適切な水やりと間接光での栽培に気をつければ、スパティフィラムはそれほど手のかかる植物ではありません。肥料や栄養分を補わなくても、スパティフィラムは元気に生育します。しかし、通常より大きく育てたり、花をたくさん付けさせるために肥料を与える場合は、肥料のやりすぎに注意しましょう。スパティフィラムには、やや繊細な側面もあります。窒素、リン酸、カリウムが20-20-20の割合で配合された、標準的な肥料を与えましょう。生長が最も活発な春と夏の間、月に1度、推奨されている量の半分または1/4の量を与えましょう。
    • 緑色の花は肥料のやり過ぎが原因です。[2]緑の花を付けたら、施肥を中止し、次の生育期には半量の肥料を与えましょう。
    広告

パート 2 の 3:
スパティフィラムの植え替え

  1. 1
    植え替えが必要なサインを知りましょう。大抵の鉢植え直物と同様に、スパティフィラムも生長すると、元の鉢が窮屈になり健やかに生育できなくなります。鉢が小さすぎると、頻繁な水やりが必要になったり、はっきりした原因もなく葉が黄色く変色することに気付くかもしれません。また、土の表面まで根が混み合っているのが見えるでしょう。一般的にスパティフィラムは、1~2年おきに植え替えが必要なため、植え替えの時期に差し掛かった頃にこの状態になれば、株を植え替える必要があるでしょう。
  2. 2
    適切な大きさの鉢を使いましょう。スパティフィラムを植え替える際、さらに根を張って生長するために、当然元の鉢より大きな鉢が必要です。元の鉢より直径が5 cmほど大きな鉢を使いましょう。鉢のサイズが僅かに大きくなっただけでも、数年は十分に生長を続けられます。一般的にスパティフィラムには、直径が25 cm以上の鉢は必要ありません。そのため、鉢がこれより大きいにも関わらず、まだ何らかの問題がある場合は、他の原因が考えられます。[3]
    • 陶器、プラスティック、素焼きなど大抵の素材の鉢を使えます。
    • 底にひとつ以上の水抜き穴がついている鉢を使いましょう。水を排出する穴がないと、スパティフィラムが根腐れを起こす恐れがあります。
  3. 3
    適切な培養土を使用しましょう。前述のように、スパティフィラムは熱帯雨林に原生する植物です。原生地では何層にも生い茂った樹木の下で育ち、常に腐敗した植物で覆われています。培養土を購入する際、このような自生の環境に近い種類を選びましょう。腐敗樹皮、砂またはパーライトを含む、ピートモスがベースの培養土を使いましょう。軽くて柔らかく(水はけが良い)、無臭の培養土が理想的です。[4]
  4. 4
    新しい鉢に株を植え替えましょう。新しい鉢に適量の土を入れ、株が安定するように軽く押し固めます。株の周りに土を入れ、根鉢(根と土の塊)の表面と同じ高さになるようにします。根鉢の表面が土で覆われたり、株の周りの土が表面より低くならないようにしましょう。株が沈まないように、やさしく土を押し固めます。スパティフィラムを鉢から引き出すか、または掘り出して、新しい鉢の土の上に置きます。元の鉢の土を、植え替えた株の周りに入れましょう。馴染んだ土を使うと、新しい環境に順応しやすくなります。株に水をやり、鉢の中の土が落ち着いたら、さらに土を加えましょう。土の高さは、鉢の縁から1.5~2.5 cm下になるようにします。

    ポイント:鉢を割ったり、切り裂いたりしない限り株を取り出せないような場合は、たっぷりと水をやって1時間ほどおいてみましょう。

  5. 5
    株を支える支柱を用意しましょう。植え替え後の株は、新しい土に根を張るまで十分な支えがありません。そのため、株を真っ直ぐに保つことが困難な場合があります。株を安定させるのが難しい場合は、しっかりとした木製の支柱を使い、スパティフィラムを支えましょう。支柱を土に挿し込み(根を傷つけないよう注意しましょう)、茎を針金で支柱に固定します。十分に根を張って株を支えられるようになったら、支柱を外しましょう。
  6. 6
    ふたつの株に分ける場合は、親株から子株を切り離して植え替えます。株全体を新しい鉢に植え替えるのではなく、株分けをして別の鉢で栽培することもできます。子株を親株から切り離して、新しい鉢に植えましょう。2本以上の葉茎が塊となって、親株から分かれている子株を、切り離して植えましょう。
    • 親株から子株を分割するには、初めに株全体を鉢から取り出します。茎の根元から根の先端に向かって、徐々に根をほぐしながら子株を親株から離していきます。時間が掛かる場合もあり、根を誤って傷つけてしまうことは避けられませんが、必要以上に根を傷めないように注意しながら作業を続けましょう。子株を完全に親株から分割したら、小さい鉢(直径15 cm以下)に、通常のスパティフィラムと同様に植え替えましょう。
    広告

パート 3 の 3:
スパティフィラムの問題解決

  1. 1
    水の不足とやりすぎのサインを知りましょう。スパティフィラムに問題が生じる一般的な原因のひとつに、不適切な水やりがあります。水不足や水のやりすぎによって、時には他の病気と同じ症状になる場合もあります。しかし、不適切な水やりによって起こる問題は、容易に解決することができます。思い切った処置をする前に、まず次の方法を試してみましょう。
    • 水不足の兆候は明確です。土が乾燥していて株が萎れている、葉が黄色に変色している、茎が垂れているなどの症状が見られたら、明らかに水が不足しています。定期的に水やりをし、霧を吹き掛けて、状況を改善しましょう。最低週に1度はそれぞれの作業を行いましょう。株が生長して鉢が窮屈になると、通常通り水を与えてもうまく水を吸収することができません。
    • 水のやりすぎは、判断するのが難しい場合がありますが、しばしば水のやりすぎで葉先が茶色に変色します。水のやりすぎはまた、さらに深刻な問題である根腐れの原因になることがあります。
  2. 2
    根腐れを起こした株を植え替えましょう。根腐れは、土の中に根を張る、どの鉢植え植物にも起こり得る深刻な問題です。根腐れを起こすと、植物は簡単に枯れてしまう場合があります。根腐れは、水のやりすぎや、土の水はけの悪さが原因で起こります。根が水浸しの土に長期間触れていると、生育に必要な酸素を吸収できず、根は腐敗してしまいます。また、水性菌類と呼ばれる特定の種類の微生物が、根腐れを悪化させます。この菌の胞子は、適度な湿度があれば、他の植物に根腐れを広めます。根腐れは時には枯死につながりますが、根腐れからスパティフィラムを救うには、直ちに株を鉢から取り出し、枯れたり腐った根を切り取ります。そして、その株を、乾燥した土を入れた水はけの良い鉢に植えましょう。
    • 根腐れは土の中で起こりますが、根腐れを起こすと地上部の葉や茎も枯れ始めます。適切な日射や定期的な水やりにも関わらず、スパティフィラムが次第に萎れていく場合は、根腐れの疑いがあります。

    ポイント:他の解決策として、健康な根が付いているスパティフィラムの子株を、別の鉢に植え替えてもよいでしょう。親株は枯れても、同じ遺伝子を持つ子株が生長を続けます。

  3. 3
    アブラムシやハダニなどの害虫を、害虫用洗剤で駆除しましょう。アブラムシやハダニなどの害虫が、しばしばスパティフィラムに害を及ぼします。スパティフィラムが萎れたり、枯れ始めたり、害虫や粘液質の分泌液、または蜘蛛の巣状の白い糸が見えたら、その株は害虫に侵されています。株に水を勢いよく吹き掛けて害虫を洗い流し、植物に安全な害虫駆除剤を使って再発を防ぎましょう。または、次の方法で家庭で害虫駆除用の洗剤を作ることができます。
    • 大さじ1杯(15 ml)の植物油、大さじ3杯(16 g)のカイエンペッパー、大さじ1杯(12 g)の天然油脂由来の石鹸(食器用液体洗剤以外)を、950 mlのぬるま湯で溶かします。この溶液をスプレーボトルに入れ、スパティフィラムにまんべんなく吹き掛けます。全体に吹き掛ける前に、部分的に吹き掛けて1日おき、植物に害がないかを確認しましょう。[5]
  4. 4
    株に発生したカビを除去するか、株を廃棄しましょう。カビが発生しても害がない場合から、またはカビが原因で枯れてしまう場合まで、様々なケースがあります。土の表面に白または灰色の綿状の物が付着していても、それほど心配する必要はありません。これは植物を害するカビではありませんが、カビにアレルギーがある人間には有害な場合もあります。抗真菌効果のあるシナモンをカビに振り掛けると、この小さな問題は解決することができます。[6]しかし、霜などの明確な原因がなく、スパティフィラムの茎や葉が黒いもので覆われている場合は、深刻なカビの可能性があります。
    • この場合、株を廃棄するのが最善の方法です。カビの胞子を完全に除去するのは難しく、土や空気中に長期間存在し、周囲の植物に感染します。それでも、株を救いたい場合は、カビに侵された部分を慎重に取り除き、カビの害が及ばない場所(ゴミ箱など)に廃棄しましょう。次に、水とコンポストティー(コンポストの栄養分を抽出した水溶液)を与えます。コンポストティーには天然の抗菌作用があり、土の中の胞子を除菌します。
    広告

ポイント

  • スパティフィラムの葉を観察し、何が必要かを見極めましょう。葉が垂れ下がったり、下部の葉が黄色く変色して萎れている場合は、水を与える必要があります。また、葉が黄色く変色し始めたら、日射量が多すぎる可能性があります。直射日光が当たらない場所に、鉢を移しましょう。

広告

注意事項

  • 美しい姿に反し、スパティフィラムは有毒植物です。特に葉は、人間や動物に対して毒性があるため、子供やペットの手の届かない場所に置きましょう。
広告

必要なもの

  • スパティフィラム
  • スプレーボトル

関連記事

How to

トマトの剪定

How to

マンゴーを熟成させる

How to

きのこを駆除する

How to

木の根を枯らす

How to

雑草を酢で除草する

How to

レモンの種を植えて育てる

How to

ヒマワリを鉢植えで育てる

How to

ツタを取り除く

How to

ミノムシを駆除する

How to

バラを種から育てる

How to

枯れそうなアロエベラを復活させる

How to

レモンの木を室内で育てる

How to

庭にミツバチを呼び寄せる

How to

芝生のタンポポを除去する
広告

このwikiHow記事について

Lauren Kurtz
共著者 by
園芸家
この記事の共著者 by Lauren Kurtz. ローレン・カーツはコロラド州オーロラに住む自然主義者で、園芸の専門家です。現在はオーロラ市の水保全課で、市民センターにある庭園「Water-Wise Garden」の管理者を務めています。2014年、西ミシガン大学にて環境持続可能性研究の学士号を取得。 この記事は3,607回アクセスされました。
このページは 3,607 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告