スピーディーに学ぶ方法

4 パート:体をケアする学び方を学ぶ学校の授業を受ける効率的に学習内容を復習する

めまぐるしく変化し続ける社会環境に即適応するために、私たちは多くの事を効果的かつ効率的に学ばなければなりません。この記事ではメタ学習(学び方を学ぶ事)の基礎を紹介します。ここで学ぶテクニックは自主学習の質、スピードを上げ、生活のあらゆる場面や対処すべき問題に適用できます。同時に、メタ学習の基礎である頭の使い方を向上させるのに役立ちます。体のケアの仕方を変えるだけで、脳の機能がアップし、正確かつ効率的に情報が吸収できる場合があります。メタ学習のテクニックを利用して、体のケアについて効率よく効果的に学びましょう。

パート 1
体をケアする

  1. 1
    睡眠を十分にとりましょう。多くの場合、物覚えが悪いのは、自分自身または学習の仕方に問題があるわけではなく、体に必要な何かが足りていないからです。体は十分な睡眠を必要とします。たっぷり寝ると脳の働きが良くなり、情報を得やすくなります。夜遅く勉強中に、コーヒーを一杯飲むだけではあまり効果がありません。そんな時は早く寝ます。睡眠を十分にとり、翌朝早く起きて勉強を再開しましょう。しっかり休んだ脳は良く働きます。
    • 脳は寝ている間に分泌液を出し、脳内の毒素を洗い流すという研究結果があります。[1]睡眠を十分にとらないと、脳に毒素が溜まった状態で正しく機能できません。
    • 理想的な睡眠時間は人により、また身体機能によって違います。通常、大人の場合7時間から8時間だと言われていますが、[2]日中、コーヒーなどのカフェインに頼らず物事に素早く対応できるならば、睡眠時間はそれより少なくても多くても問題ありません。夕方の4時、5時前に疲れを感じるようなら、睡眠不足や寝過ぎを疑いましょう。
  2. 2
    食事を十分にとりましょう。空腹時は脳の情報処理能力が衰えます。体から空腹の信号が絶え間なく送られてくるので、脳は他の事に集中できません。しっかりと食事をとるように心がけましょう。自主学習中、授業中、テスト中などヘルシーなスナックをとると脳が活性化するでしょう。
    • ヘルシーな食事をとりましょう。ジャンクフード(高カロリー及び、低栄養素の食べ物)では十分な栄養が吸収できず体が適切に機能できません。アーモンドや人参を軽食としてとると、お腹の張りや疲労感を覚えることなく集中力を高めることができます。
  3. 3
    水をたくさん飲みましょう。水分を十分に摂ると、体は最適な状態で機能します。水分が不足すると集中力が続かなくなり、のどが渇くと自覚症状がなくても注意力散漫になります。頭痛なども引き起こし、学習に支障をきたします。
    • 適切な水分補給量は人によって異なります。1日コップ8杯の水を飲むと良いと言われますが、あくまでも推定値です。水分補給状態は尿の色で判断できます。透明に近ければ水分補給は十分で、濃い色の場合は水分不足と言えます。
  4. 4
    運動しましょう。運動が体に良いことは周知の事実ですが、勉強中に軽い運動をすると学習速度が上がるという調査結果もあります。[3]運動好きでアクティブな人が長い間じっとしていると集中力が続かなくなります。勉強中に運動をすると学習効果が上がると言われる所以です。
    • 運動しながらの勉強法は色々あります。部屋を歩き回りながら教科書を読む、エアロバイクで運動しながら講義のテープを聴く、などです。ただし、軽い運動を選ぶようにしましょう。
  5. 5
    学ぶことを脳に覚えさせましょう。スピード学習は習慣です。脳を再訓練して、良い習慣をつけましょう。休憩をとらずに複雑な作業に従事して集中力を上げましょう。作業同士の関連性がなくても問題ありません。学習のための時間と場所を確保しましょう。場所は神聖な空間として認識しましょう。学習で最も大切なのは、楽しいと感じられることです。楽しめると学習意欲が高まり、苦戦せずに色々なことを習得できます。
    • 自分の好きなテーマを継続的に学習しましょう。時とともに脳が学習法をマスターし、苦手なテーマに取り組む時でも、好きな課題で培った学習法を応用できるようになります。

パート 2
学び方を学ぶ

  1. 1
    目標を立てましょう。ライフスタイルの向上を目指し、自分の行動パターンで変えたい箇所を確認しましょう。始める前に、どんな目標を立てるとより多くの事を学べるかを考えます。あまり時間をかけず、すぐ始められる目標を探しましょう。今回この記事で取り上げる目標は体のケアです。この目標を細かく分類し、体のケアをより効果的に推進するのはどの要素かを考えましょう。
    • なるべく早い時間帯に勉強する。
    • 十分に睡眠をとる。
    • ヘルシーな食事をとる。
    • 水をたくさん飲む。
    • 運動する。
  2. 2
    学ぶための手段を探しましょう。
    • どのような学習手段が適しているのかを考えましょう。インターネットでのリサーチに興味があるのか、栄養士やフィットネスのインストラクターに相談するのが合っているのか、などと学習手段を考えます。集中して読むのが苦手だとしたら、雑誌の記事を使って学習するのが効果的でしょうか。
    • 直観を信じましょう。何かおかしいと感じたらすぐ止めましょう。睡眠習慣の改善法を読んでいる最中、推奨方法が自分に合わないと思ったら、別の情報源を探しましょう。「専門家」の意見だから、「みんながやっているから」という理由で読み続ける必要はありません。自分にとって有益な情報を得ることが肝心です。
    • 目標を明確にしましょう。体のケアについて調べ始めると焦点を当てたい要素が浮き彫りになり、大雑把な「体をケアする」という目標が「ヘルシーダイエットで体のケアをする」と具体的になります。
    • 目標を達成した先輩たちに話しを聞きましょう。運動量を増やす、ヘルシーな食事療法を実践するなど生活様式の一部を変えた人に話を聞きましょう。具体的に何をどのように実践したのか、また情報の入手手段なども尋ねましょう。
    • インターネットで調べる、講義を受ける、誰かに尋ねる、メンターを見つけるといった手段を試してみましょう。色々な学習課題に挑戦し、自分に一番合っているものを見つけましょう。
  3. 3
    選択肢の中から自分にとって最高の手段を選びましょう。
    • タイムスケジュール内で建設的に取り組め、集中力とスタミナを切らさずに学べる課題を選びましょう。時間的制約があり授業に毎回出られないのが分かっているのなら、栄養学の授業を受けるのはやめましょう。代わりに栄養計画を立てて実行するなど、自分の生活に無理なく追加できる目標を立てます。
    • 時間的制約、地理的制約、自分の精神状態を考慮しましょう。コントロールし切れない量を取り入れるとストレスになります。学習の目的は生活の質を良くするためであり、悪化させてしまうなら本末転倒です。
    • 1日の中で学習する時間、習った事を実践、練習する時間を決めましょう。いつも決まった時間に学習する習慣をつけると継続のモチベーションが上がります。
    • 改善したい所、学びたい事に注意を向ける習慣をつけましょう。「気持ちが高まると集中力が高まり、高まった集中力は学習を推し進めます」自分の感情的反応に注意を払いましょう。運動を始めようと調べている最中、気乗りしていない自分を感じたなら、その理由を考えます。運動の何が自分をそういう気分にさせるのか。心理的抵抗には理由があるはずです。
    • 選択肢の量に圧倒されてはいけません。私たちはしばしば、「正しい」選択をしなければと気負いがちですが、選択に「正しい」も「間違い」もありません。何が自分に合っているかが大切です。一番合っているものを選択し挑戦しましょう。途中で合っていないなと思ったら別のものに切り替えましょう。
  4. 4
    学習に取りかかりましょう。実験を効果的に行う場合にはまず計画を立てます。進捗状況の評価方法を決め、定期的にプロセスと成果を確認するようにします。学習の場合も同様です。
    • 一定の基準を設けると達成度の確認に便利です。栄養計画を立てるのであれば、1日3食にするのか、1日を通して何回かに分けて食事をとるのか、といった規則を設けましょう。
    • 進捗状況が分かるようにしましょう。手帳、スマートフォン、アプリ、パソコン、インターネット、カレンダー、ブログなど自分に合ったツールを使ってプロセスを追えるようにしましょう。
    • 進捗状況を常に確認しましょう。情報は足りているか、新しい睡眠方法を始めるにあたり必要なものは全て揃っているか、と確認しましょう。
    • 過程の中で小さな目標を設けましょう。ヘルシーな夕飯の献立を3つ見つけ栄養計画に盛り込む、など具体的で最終目標を達成するための小さな目標を立てます。
  5. 5
    成果と過程内に設けた小さな目標を評価しましょう。
    • 成果はあったでしょうか。新しいエクササイズに挑戦するにあたり十分な知識が得られたでしょうか。睡眠習慣を改善する効果的な方法は見つかったでしょうか。
    • カレンダーの通知システムを使うと進捗状況を確認するのに便利です。「確認日」を設定して学習した情報や方法について、効果的か、足りない情報があるか、上手く行った事は何か、何がダメだったのか、その理由は何か、などを評価しましょう。
  6. 6
    学習方法を改善しましょう。選んだ方法が上手く機能したならばそのまま継続します。そうでないなら、別のスタイルを選び実験をやり直しましょう。

パート 3
学校の授業を受ける

  1. 1
    新しい事を学ぶ時は集中しましょう。高速学習は、説明されている時に注意を向けることが大事です。一瞬気がそれただけでも、新しい情報を聞き逃してしまいます。新しい事を学ぶには、意思の力で集中力を保ち情報をすべてキャッチする以外に良い方法はありません。
    • 先生に不意に質問されても即答えられるように、集中して授業を聞きましょう。聴いた情報を自分自身にリピートするのも良いアイディアです。自主学習の際に授業の内容を要約して自分で自分に説明すると、情報が脳にしっかりと固定されます。
  2. 2
    ノート取りも集中に役立ちます。新しい物事を学ぶ時にノートを取ると集中力が増します。書き取りは習っている内容について考えさせられるだけでなく、後で復習する時の骨組みにもなります。
    • ノート取りは説明されたこと全てを書き出すのではありません。重要だと思う情報を含めた概要を書き留めます。理解するのが難しい内容や、忘れてしまう可能性のある複雑な事象を書き留めます。
  3. 3
    積極的に授業に参加しましょう。学習経験は積極性が重要です。積極的な態度を保つには五感のフル活用が欠かせません。単に授業を聴くだけという受け身状態に比べて集中力が高まり、新しい情報を吸収しやすくなります。学習経験の形はグループ学習で積極的に習う、授業中に質問するなど様々です。
    • 先生からの質問には間違いを恐れずに答えるようにしましょう。間違いは学習経験の一部です。
    • グループ活動には積極的に参加しましょう。黙って座っているだけではなく、他の参加者と積極的にかかわって質問をしたり意見を交換したりして楽しみを味わいましょう。
    • 理解できない時や更に知りたい時は質問しましょう。質問することも授業に集中する方法の1つで、理解を深める良い手段です。先生の説明が分からない時、何か面白いことがあった時、更に深く知りたいと思った時は恐れずに質問しましょう。
  4. 4
    学習経験に役立つ環境作りをしましょう。実験のパートナーが迷惑行為をしたり、自分の勉強場所にテレビがあったりすると高速学習はできません。脳に最高の学習経験をさせるためにも、学習に集中できる静かな場所を選びましょう。障害物がない静かな環境とは、注意力散漫にならない場所です。学習用の部屋を設けるのも良いアイディアです。脳が一定の方法で機能するようになります。
    • 学校での学習環境に問題があるなら、先生に相談して机を移動したり学習パートナーを変えてもらったりしましょう。家に問題があるなら、近くの図書館を利用するなど他の場所を探しましょう。家のお風呂場を利用したり、ルームメートが朝起きる前に勉強したりするのもアイディアです。
  5. 5
    自分の学習方法を見つけましょう。知識の吸収方法は1つだけではありません。学習方法は様々でどの方法でも学習は可能ですが、自分にひときわ合った方法が1つや2つ必ずあります。オンラインテストを受けるか学校の先生に相談して、自分に合った学習方法を探しましょう。見つけた学習方法を先生の指導方法に取り入れてもらうのも面白いかもしれません。
    • 表やグラフを使うと学習しやすいのであれば、視覚情報によって学ぶ「ビジュアルラーナー」かもしれません。情報を絵や図にすると覚えやすいでしょう。
    • 音楽を聴いていると読んだ事が鮮明に覚えられる、周りの音も記憶できるのなら、聴覚で学ぶ「オーディオラーナー」かもしれません。授業を録音して授業の前後に、または学んでいる内容がほぼ同じであれば勉強をしながら録音テープを聴いてみましょう、
    • 授業の最中に走り出したい衝動にかられる、授業中貧乏ゆすりをしてしまうのなら、体を動かすことによって学ぶ「フィジカルラーナー」かもしれません。授業中、指で小物をいじり回したり散歩しながら勉強したりすると学習速度が上がります。
  6. 6
    学習内容にあった方法で学習しましょう。学習する内容によって学び方を変えると学習効果が上がります。自身の脳が吸収しやすい方法でスキルを学べるように学び方を調節しましょう。
    • 言語は、人の話を聞いたり使ったり会話を通して習得を目指します。英語を習うのなら、フラッシュカードではなく実際に話すことで上達します。英語を早くマスターしたいのであれば、 この記事を読んでみましょう
    • 数学で考えてみましょう。同じ問題や例題を何度も見たり解いたりする代わりに、一定のスキルを必要とする色々な問題に挑戦しましょう。[4] 全く別のスキルを使って問題を解くと学習内容の理解が更に深まります。
  7. 7
    学習障害があるかどうかを確かめましょう。勉強中に集中できなかったり、手伝ってもらっても別の方法を試しても頭に情報が入らないのであれば、学習障害の有無を検査してもらいましょう。学習障害は様々で、ほとんどが一般的に良くあるものです。(米国では5人に1人が学習障害を持つと言われています[5])。学習障害は。知能レベルが低かったり、抱えている本人に問題があるのではなく、学ぶ方法が通常と違うだけです。よくある学習障害には次のものがあります。
    • 失読症は、文字が読みづらくなる障害です。読んでいる際に目がきちんと文字を追えないのであれば、失読症を疑いましょう。
    • 失読症関連の障害には、書くのが苦手な書字障害や、計算が苦手という計算力障害があります。話すのは全く問題ないのに文字を書くことが容易にできない場合は、書字障害の可能性があります。また、費用の見積もりや数字の認識が困難な場合は、計算力障害が疑われます。
    • 聴覚情報処理障害は、音を処理するのが難しい学習障害です。難聴と似ていますが、聴覚が全くないわけではありません。ただ、周りの音で集中できない、会話についていけないという問題が起こります。

パート 4
効率的に学習内容を復習する

  1. 1
    新しい内容を学習したらできるだけすぐに、またできるだけ頻繁に復習しましょう。勉強すればするほど知識量も増えます。学習後すぐに復習すると内容全てが簡単に掌握できます。テストの2、3日前に慌てて勉強してもあまり効果がありません。テスト勉強は少なくとも1週間前から始めましょう。また、学期中継続的に勉強する事を心がけましょう。
    • その週に習った事を復習すると同時に、前の週の学習内容も復習しましょう。以前に思いついたアイディアやスキルが思い出され、それを土台に新しい考えを積み重ねていけます。
  2. 2
    わからない時は家庭教師や先生に尋ねましょう。アドバイスをもらうのは全く悪いことではありません。より早く理解でき、学習効果が高まります。恥ずかしさやプライドを捨て、先生にわからない点を尋ねてアドバイスをもらいましょう。先生が忙しい場合は、指導員や家庭教師などを紹介してくれるでしょう。
    • 個人指導にお金がかけられないのであれば先生に相談しましょう。クラスの中で助けになれる人を見つけてくれるかもしれません。
    • 無料の個人指導を提供する学校がたくさんあります。通っている学校で個人指導を受けられるかを調べて見ましょう。
  3. 3
    スピーディーに学習するためにマインドマップを描きましょう。マインドマップは、覚えたい情報を可視化して脳に直接焼き付ける方法です。授業中に取ったノート、事実や概要を書き出した紙、あるいは関連する絵や写真などを壁に貼ったり床に並べたりします。似たような事柄を近くに並べ、糸などで関連するアイディアや主題にリンクさせます。自分のノートをただ眺めるだけでなく、マインドマップを使って勉強すると効果的です。
    • テストを受ける時、論文を書く時などマインドマップは便利です。それぞれの位置にどんな情報があったか、それがどの要素と関連しているかがが一目で分かるからです。ちょうど地図上の場所や道路を思い出す作業に似ています。
  4. 4
    マインドマップに情報を素早く固定して効率的に覚えましょう。記憶が常に確実な手段だとは限りませんが、内容によっては非常に効果的です。例えば、とるべき行動が順番に書かれたリストや単語などを覚える時に役立ちます。複雑な内容は機械的に記憶してもあまり効果がないかもしれません。
    • ニーモニックを使って速く覚えましょう。ニーモニックとは、大量の情報の記憶を助ける短い語句や単語です。例えば、日本語の「水金地火木土天冥海」という惑星の順番の覚え方に当たる英文「My Very Eccentric Mother's Jazz Singing Usually Nauseates」などです。各単語の頭文字が惑星の頭文字と一致します。
    • 情報を小さく分解して1つ1つに焦点を当てます。内容が多い場合は小さく分けて、小分けにされた情報を1つずつ理解してから次の情報へと進みましょう。一見非効率に思えますが、前に覚えた内容を何度も確認する必要がないので、実際には早道です。単語や羅列された項目などを覚える時にとても有効です。5つから8つの単語をひとまとめにして覚えてから、次のセットを覚えるようにしてみましょう。
  5. 5
    筋道をたてて覚えましょう。情報はストーリーを作って処理すると簡単に覚えられます。面白いストーリーならより簡単に記憶できます。ストーリーの立て方をリサーチして、役に立ちそうな例を見つけましょう。
    • 英語を勉強しているのであれば、覚えたい単語やフレーズなどが映画のシーンにないかを調べてみます。旅行に役立つ単語を覚えたいのであれば、「ロスト・イン・トランストレーション」を観てみましょう。
    • 歴史の勉強には、主題に関連したドキュメンタリー番組や勉強中の国についてのテレビ番組を観てみましょう。学習内容に合った写真やビデオなどを見ると情報の理解が早まり、覚えやすくなります。

ポイント

  • 何を学ぶかを決める際、最初に目についたものではなく、候補をいくつか見つけてから自分に一番あったものを選びましょう。
  • 学習の定義の1つとして、有名な心理学者、ロバート・ビョーク氏の言葉が参考になります。「学習とは、長い期間使用されなかった情報を使う能力であり、ある状況で教えられた情報を異なる状況で生じた問題の解決のために使う能力である」[6]
  • 特定のトピックを読んだ後、内容をシンプルにまとめ、元の資料を見ずに他の人に正確に説明できるかどうかを試してみましょう。情報の長期記憶に一役買います。
  • 授業に集中すると、その内容の6割が頭に入ります。自宅で同じ内容を復習すると残りの4割が理解できます。集中して授業を受けましょう。
  • 毎日目標を目指しましょう。授業では必ずノートを取りましょう。将来何かの役に立ちます。

注意事項

  • 使わなければ忘れてしまいます!学習した事を練習したり実践したりする機会をみつけましょう。前向きに考えます。健康的な食事療法を学んでいるのなら、友だちや家族に健康的な食事についてのアドバイスをしましょう。

記事の情報

カテゴリ: 学び・コミュニケーション

他言語版:

English: Learn Faster, Español: aprender más rápido, Italiano: Apprendere Più Velocemente, Deutsch: Schneller lernen, Русский: повысить продуктивность обучения, Português: Aprender Mais Rápido, 中文: 提高学习速度, Français: apprendre plus vite, Bahasa Indonesia: Belajar Lebih Cepat, Nederlands: Sneller leren, Čeština: Jak se učit rychleji, العربية: التعلم والمذاكرة بطريقة أسرع, Tiếng Việt: Học nhanh hơn, ไทย: พัฒนาตนเองให้เรียนรู้ได้ไวขึ้น

このページは 369 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?