スペアリブを温め直すのなら、リブに乗った肉とソースをそのまま生かして調理できるオーブンやグリルが最適です。スペアリブの大きさによって加熱時間は変わりますが、同じ工程で調理できます。

方法 1 の 2:
オーブンで温め直す

  1. 1
    必要な場合は、スペアリブを解凍する 
  2. 2
    オーブンを120℃に予熱する オーブンがそれ以上の温度になってしまうと、肉が縮んでしまったり、硬くなったりしてしまう可能性があるので注意しましょう。[1]
  3. 3
    バーベキューソースをスペアリブの全ての面にたっぷり塗る 
  4. 4
    スペアリブをアルミホイルで2重に巻く アルミホイルが破れると肉が乾燥してしまうので気をつけましょう。[2]
  5. 5
    アルミホイルで包んだスペアリブを焼き型またはクッキングシートに乗せて、オーブンの真ん中の段に置く 
  6. 6
    肉の中心が約65℃になるまで加熱する 肉の大きさにもよりますが、約1時間かかります。
  7. 7
    スペアリブからアルミホイルを外し、オーブンを「グリルモード」に設定 オーブンのドアを開けたまま、片面を5~10分焼き、その後ひっくり返します。バーベキューソースがぐつぐつと気泡を作り出すまで焼きましょう。オーブンのドアを開けたままにしておくことで、サーモスタットがオフになりません。
  8. 8
    オーブンからスペアリブを取り出して5分落ち着かせてから食べる 
    広告

方法 2 の 2:
グリルで温め直す

  1. 1
    必要な場合は、スペアリブを解凍する 
  2. 2
    スペアリブの両面(肉の部分)にバーベキューソースを塗る [3]
  3. 3
    グリルをおよそ120℃に熱する ガスコンロのグリルを使う場合は、中火に設定します。[4]
  4. 4
    スペアリブをアルミホイルで2重に巻く 
  5. 5
    グリルで間接加熱し、肉の中心が約65℃になるまで温める 
  6. 6
    アルミホイルをスペアリブから外し、バーベキューソースがぐつぐつと気泡を作り出すまで5~10分ほどグリルで直接加熱する 
  7. 7
    グリルからスペアリブを取り出し、食べられるくらいまで冷ます 
    広告

ポイント

  • 電子レンジで温め直す場合、肉の加熱具合の調節がむずかしいので、まずは1分間の加熱からはじめて、徐々に時間を足していきましょう。そうすることで、肉を軟らかく、バーベキューソースをなめらかにできますが、スペアリブの脂が破裂することがあるので、キッチンペーパーで覆いましょう。
  • 温め直す6~8時間前に、残り物のスペアリブをラップで包んだ状態で冷蔵庫で解凍しましょう。
  • 調理後3~4日以内に余ったスペアリブを食べる予定がない場合は、ラップでしっかりとくるむか、真空で保存できる容器に入れ、冷凍庫に入れましょう。ラップや容器にできるだけ空気が入らないようにしましょう。
  • スペアリブを温め直す際にバーベキューソースを使わない場合は、2~3mlの水、りんごジュース、白ワインなどで代用できます。肉がしっとりと軟らかくなるようアルミホイルで包みましょう。
  • スペアリブの最初の調理方法がグリルかオーブンか長時間かけて焼いたかなどに関わらず、この記事で紹介した再加熱方法を使うことができます。

広告

注意事項

  • 温め直す工程の最後の5~10分は肉から目を離さないようにしましょう。バーベキューソースには砂糖が含まれているので、非常に焦げやすくなっています。
広告

必要なもの

  • バーベキューソース
  • アルミホイル

関連記事

How to

塩気の強いスープの味を調整する

How to

固ゆで卵をひびを入れずに茹でる

How to

ラザニアの冷凍保存

How to

ソーセージを調理する

How to

ご飯を温め直す

How to

圧力鍋を使う

How to

ゴマを炒る

How to

フライドポテトを温め直す

How to

乾燥パスタの量をはかる

How to

固ゆで卵ができたか確認する

How to

鶏肉を茹でる

How to

アスパラガスの調理

How to

干し鱈を料理する

How to

電子レンジでお米を炊く
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む10人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は3,179回アクセスされました。
カテゴリ: 調理法
このページは 3,179 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告