PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

シンプルなスポンジケーキほど自分の好きなように飾り付けができるケーキはありません。天板やケーキ型、シフォンケーキ型などで焼いたケーキはフロスティング、アイシング、ホイップクリームで飾り付けるか、ほんのり甘いお菓子としてシンプルにお茶に添えて出すこともできます。スポンジケーキはよく溶いた卵を使用すると膨らみますが、使用する脂肪分によって質感を変えることが可能です。バターを使用するシンプルなスポンジケーキは天板やケーキ焼き皿で焼くことができ、ふわふわで軽く、巻きやすいスポンジが仕上がります。シフォンケーキは使用する油が重要で、小麦粉を多めに使用します。こうすると重みのあるフロスティングやバタークリームに耐えられるしっかりとしたケーキが出来上がります。スポンジケーキの種類を選んで好みのケーキ型で焼き、フロスティングで飾り付けて自分だけのケーキを作りましょう。  

材料

シンプルなスポンジケーキ

  • 無塩バター大さじ4杯(溶かして冷ましておく)と、型に塗るためのバターを別途用意
  • 薄力粉約170gと型に振るための薄力粉少々
  • Lサイズの卵9個、室温において卵白と卵黄を分けておく
  • 砂糖約300g、分けておく
  • バニラエッセンス小さじ1杯
  •  コーシャーソルト(または粗塩)ひとつまみ
  • トッピング用の粉砂糖

シフォンケーキ

  • 薄力粉260g弱
  • 砂糖約300g、分けておく
  • ベーキングパウダー小さじ2と1/4杯
  • 塩小さじ3/4杯
  • キャノーラ油、植物油、ヒマワリ油などの中性油約110g(オリーブオイルは使用不可)
  • Lサイズの卵黄7個分
  • Lサイズの卵白9個分
  • 全乳180mL
  •  クリームオブターター小さじ1/2杯
  • バニラエッセンス小さじ2杯

方法 1
方法 1 の 2:
シンプルなスポンジケーキを作る

  1. 1
    オーブンを予熱してケーキ型を用意する オーブンの温度を180℃(海外製のオーブンはガスマーク4)に設定します。約20cmのケーキ型2つ分、または約30x40cmの縁のある天板2枚にバターを塗ります。型の底にクッキングシートを敷いてバターを塗り、小麦粉を全体に振りかけます。優しく小麦粉を揺り動かして全体に行き渡らせ、余分な粉を型から振り落としましょう。
    •  クッキングシートを敷く作業を省いてはいけません。シートを使用するとケーキが型に付着せずに取り外しやすくなります。
  2. 2
    湯せんを用意する 片手鍋に水を入れて煮立てる、または少々沸騰させます。ボウルが湯に触れないように注意して鍋の上に置きましょう。
    • 湯せんと同様に2つの鍋を重ねるタイプの二重鍋を購入して使用してもよいでしょう。
  3. 3
    卵黄と砂糖約100gをボウルに入れる 煮立っている湯の上で卵黄と砂糖を3~4分間程度混ぜ合わせ、砂糖を溶かします。砂糖の粒が見えなくなったらボウルを火から外しましょう。
  4. 4
    卵黄と砂糖の混合液をしっかり混ぜる ハンドミキサーを中高速に設定し、混合液の色が明るくなり少々粘り気が出るまで3~5分間しっかりと混ぜます。次にバニラエッセンスと塩を入れてかき混ぜ、混合液を大きいボウルに移しましょう。
  5. 5
    卵白を泡立てる 別の大きいボウルに卵白を入れ、ミキサーを高速に設定して泡立てます。柔らかい角が経つまで泡立て続けましょう。ボウルからビーターを持ち上げるとわずかに角が垂れ下がる状態にします。この状態になったら残りの砂糖を加えて卵白の角が硬くなってツヤが出るまで泡立て続けましょう。数分間で仕上がります。
    • 完全にきれいな状態のビーターとボウルを使用するようにします。油脂や油分が少しでも付着していると卵白の角が立ちません。
  6. 6
    卵白を卵黄液に混ぜ合わせる この作業は1度に卵白を1/3ずつ入れ、切って混ぜるようにして徐々に行います。次に薄力粉を優しくふるいにかけて上から振りかけ、混ぜ合わせます。全ての薄力粉が混ざり合う直前で混ぜるのをやめましょう。
    • 生地を混ぜ合わせる際は利き手でヘラを持ち、卵白を卵黄液に混ぜ込みます。かき混ぜると卵白のボリュームが失われるため注意しましょう。かき混ぜるのではなく、手首を回して生地を切って混ぜるようにします。
  7. 7
    溶かしバターを入れる ボウルの側面にバターを流し入れ、生地が滑らかになるまで混ぜ合わせますが、混ぜすぎに注意しましょう。
  8. 8
    型に生地を流し込んで焼く 2つ用意しているケーキ型か天板に生地を分けて流し入れます。ケーキ型の場合は25分程度、天板であれば15分程度焼きましょう。均一に焼き色をつけるには、焼いている途中でケーキ型か天板を回転させます。ケーキテスターか串をケーキの中央に刺してきれいな状態で出てくれば、焼き上がっています。
  9. 9
    ケーキ型か天板からスポンジケーキを取り外す ケーキ型を使用した場合はケーキの上に皿を用意し、素早く上下逆さまにして皿の上にケーキをのせます。クッキングシートを外し、同じ方法でケーキをひっくり返して大皿にのせましょう。
    • 天板を使用した場合は、まずキッチンタオルを数枚敷いてその上に粉砂糖を振りかけましょう。ケーキが熱いうちにすぐひっくり返して粉砂糖を振ったキッチンタオルの上にのせます。ケーキの上に追加で粉砂糖を振りかけ、キッチンタオル上でケーキを巻いていきます。最低1時間冷まし、デコレーション前に元の状態に戻しましょう。
  10. 10
    好みに合わせてフロスティングかクリームや果物を入れて飾り付ける ケーキが型で焼いたスポンジケーキは段ケーキとして段の間にクリームや果物などを挟むことができます。また、クリームなどを塗ってロールケーキのように巻いてから、外側にフロスティングを塗ってもよいでしょう。
    • ブッシュドノエルを作ってみましょう。天板で焼いたスポンジケーキを用意し、チョコレート、栗、コーヒー、クリームチーズなどの好みのクリームを塗ります。スポンジを巻いて好みのフロスティングで飾り付けます(一般的にはチョコレート)。見た目をユールログ(クリスマス前夜祭に燃やす大きなまき)のように仕上げるには、メレンゲきのこ、ヒイラギ、砂糖漬けのクランベリーなどで飾り付けます。粉砂糖も振りかけましょう。[1]
    • ビクトリアスポンジ(イギリスのビクトリア女王が好んで食べたケーキ)にも挑戦しましょう。ケーキ型で焼いたスポンジケーキ1つを大皿に置きます。ラズベリージャムを上に塗るか、新鮮なベリー類を散らします。ホイップクリームかバタークリームをジャムかベリー類の上にたっぷりと塗って広げます。もう1つのスポンジケーキをベリーとクリームの上にのせて粉砂糖を振りかけて仕上げましょう。[2]
    広告

方法 2
方法 2 の 2:
シフォンケーキを作る

  1. 1
    オーブンを予熱してケーキ型を準備する オーブンの温度を165℃(海外製の場合はガスマーク3)に設定します。シフォンケーキ型にはバターや油を塗らずに準備しておきます。
  2. 2
    粉の材料を混ぜ合わせる 薄力粉、砂糖約150g、ベーキングパウダー、塩を中サイズのボウルに入れて混ぜ合わせます。
  3. 3
    液体の材料を混ぜ合わせる 別の大きいボウルで油、卵黄、牛乳をよく混ぜ合わせます。粉の材料を徐々に液体の材料に入れて混ぜましょう。
  4. 4
    卵白を泡立てる 別のボウルに卵白を入れ、ミキサーのスピードを高速に設定して卵白が泡立つまで混ぜます。次にクリームオブターターとバニラエッセンスを加えてから柔らかい角が立つまで混ぜ続けます。残りの砂糖(約150g)を入れてゆっくりと泡立て、硬くてツヤのある角が立つまで混ぜ続けましょう。この作業には5分程度かかります。
  5. 5
    卵白を生地に入れて混ぜる まずは卵白の1/3を生地に入れて混ぜます。次に残りの卵白をヘラで優しく生地に混ぜ込みます。薄力粉が全て混ざり合う直前に混ぜるのをやめましょう。
    • 生地を混ぜ合わせる際は利き手でヘラを持ち、卵白を生地に混ぜ込みます。かき混ぜると卵白のボリュームが失われるため注意しましょう。かき混ぜるのではなく、手首を回して生地を切って混ぜるようにします。 
  6. 6
    生地をシフォンケーキ型に流し入れて焼く ケーキ型をオーブンに入れ、生地を押さえたら元に戻る状態になるまで50~55分程度焼きます。その後はオーブンから取り出して上下逆さまにして1時間冷ましてから型から外しましょう。
    • ケーキを逆さまにして冷ますには、シフォンケーキ型を上下逆にして型の中央の穴にペットボトルなど差し込むと冷ましやすいでしょう。
  7. 7
    好みに合わせてフロスティングかクリームや果物などを添えて飾り付ける シフォンケーキはエンゼルケーキ(卵黄を使わず卵白で作るケーキ)のように垂直に切るか、ビクトリアスポンジのように水平に切ってクリームなどを塗ることもできます。
    広告

ポイント

  • トッピングには白い粉砂糖が適しています。
  • ケーキをオーブンで焼いている最中は頻繁に確認し、焼きすぎに注意しましょう。
  • 簡単に味を変えるには、薄力粉の一部をココアパウダーで代用します。チョコレートスポンジケーキにする場合は、ココアパウダーを加えます。大さじ数杯分を薄力粉からココアパウダーに代えましょう。[3]
広告

注意事項

  • 生地を混ぜすぎないようにしましょう。混ぜすぎると重たいケーキになり、スポンジのフワフワ感がなくなります。重いケーキになってしまった場合は、切ってトライフル(スポンジケーキとカスタードクリームのデザート)の土台として使用しましょう。
広告

必要なもの

  • ビーターと泡立て用の付属品付きのミキサー
  • ゴム製のヘラ
  • 約20cmのケーキ型2つ、または約30x40cmの縁のある天板2枚
  • クッキングシート
  • 湯せん、または二重鍋
  • ボウル2つ
  • うらごし器、または粉ふるい
  • 木の串、またはつまようじ
  • キッチンタオル(天板を使用する場合)

関連記事

牛乳からクリームを作る
塩気の強いスープの味を調整する
生アーモンドをローストする
ご飯を温め直すご飯を温め直す
ベーキングパウダーの代用品を作るベーキングパウダーの代用品を作る
シチューにとろみをつける
オートミールを作る
自家製ワインを造る自家製ワインを造る
フロスティングを作る
牛乳からバターミルクを作る
ケーキのアイシングを作るケーキのアイシングを作る
ホエイプロテインを作るホエイプロテインを作る
アイシングシュガーを使わずにアイシングを作る
ソースにとろみをつけるソースにとろみをつける
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHow Staff Writer
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
このページは 293 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告