スモモの木の剪定方法

共同執筆者 Andrew Carberry

この記事には:スモモの若木の剪定スモモの成木の管理出典

スモモの木は樹形を整え、実つきをよくするために、年に一度の剪定が必要です。剪定時期を誤ると病気にかかりやすくなるため、適切な時期に剪定することが重要です。この記事の方法1を読み、スモモの木が美しく健康に育つ剪定方法を学びましょう。

1
スモモの若木の剪定

  1. 1
    適切な時期に剪定する スモモは休眠期である冬、または夏に剪定をします。休眠期の剪定は、木の生長が止まり、葉がすべて落ちた晩冬に行います。休眠中に剪定すると、春の旺盛な生長を促進し、夏の剪定ほど木に負担がかかりません。夏の剪定は、大きくなりすぎた木の生長を抑制したり、混み合っている枝を間引くために行います。
    • 剪定した後に寒波に見舞われると木にダメージを与えるため、冬期の剪定は新芽が出る前のなるべく遅い時期に行いましょう。
    • 冬にはあまり大幅な剪定をせずに、残りは夏に剪定しましょう。晩冬に剪定しずぎると、葉が過剰に生長して果実の数が減少します。
  2. 2
    植え付け後に若木を適切な高さに剪定する 最初の休眠期にスモモの若木を剪定し、健やかな生長と理想的な樹形の形成を促します。植え付け後の休眠期のできるだけ早い時期に、約75cmの高さに切り戻します。[1] この時、芽のすぐ上を切りましょう。
    • 切った箇所から新しい枝が出ます。
    • 刈り込みバサミを使い、滑らかできれいな切り口になるように剪定しましょう。切り口が割れたりギザギザになったりすると、病害虫の被害に遭いやすくなります。
    • この最初の剪定後、木を日焼けや害虫から守るために、白いラテックス塗料を塗ってもよいでしょう。
  3. 3
    主枝をらせん状に仕立てる 幹から等間隔で生えている4本の主枝を選び、「らせん状の足場」のような形で残します。この4本の主枝が骨組みとなり、バランスのとれた樹形を保ちます。それぞれの枝を1、2個の芽を残して切り戻します。この時、芽のすぐ上を切りましょう。残りの側枝や枝は、幹まで切り戻します。
    • 植え付け後最初の2年間は、剪定は休眠期のみに行い、らせん状の主枝を25cmほどに保ちましょう。
  4. 4
    3年目にらせん状の枝をさらに増やす スモモの木は3年目までに、横に伸びる太い枝をさらに数本生やします。等間隔で生えた主枝を、前回と同様にらせん状に残します。上部の枝は芽をひとつ残して切り戻し、下部の枝は芽をふたつ残して切り戻します。スモモの木は、壺またはクリスマスツリーのような樹形が理想的です。このような樹形にすると、日光が樹木全体に行き渡って健やかに生育します。[2]
  5. 5
    幹を剪定する 毎年幹を30~60cm切り戻し、木の高さを調整するとともに、下部の枝や葉の生長を促します。枝の先端に芽を残して剪定しましょう。
  6. 6
    木が理想の高さになるまで、この方法を繰り返す 最初の3~5年は、引き続き休眠期にらせん状の主枝を作り、幹の剪定をします。木が理想の高さになったら、成木に適した剪定方法に切り替えます。

2
スモモの成木の管理

  1. 1
    枯れた枝や病気の枝を剪定する 枯れたり病気にかかっている枝に養分が注がれないように、そのような枝は剪定する必要があります。剪定用ノコギリや刈り込みバサミを使い、幹まで切り戻します。再び病気にかからないように、滑らかな切り口で剪定しましょう。
    • 太い枝にブランチカラー(枝瘤、付け根の膨らんだ部分)がある場合は、ブランチカラーのすぐ外側(幹から数センチ)を切ります。
    • 木の生長には影響がないため、枯れた枝や病気の枝は一年を通して剪定することができます。
  2. 2
    結実しない枝を剪定する 実をつけない枝を1、2本見つけたら、その枝も剪定しましょう。これらの枝はたとえ新芽が出ても実をつける可能性は低いため、芽を残すのではなく木の幹まで切り戻します。
  3. 3
    吸枝を剪定する 吸枝(サッカー)は木の根元の地下茎から伸びる枝です。栄養が吸枝ではなく主幹に行き渡るように、吸枝を切り取ります。刈り込みバサミを使い、吸枝を根元まで切り戻しましょう。[3]
  4. 4
    他の枝と交差する枝を剪定する スモモの木は生長期ごとに新しい枝を伸ばし、既存の枝に交差することがあります。交差する枝がないように、木を慎重に剪定することが重要です。枝が交差し合うと枝や葉が混み合い、各枝に十分な日光が当たらなくなります。また、枝が混み合うと、木の内部の空気循環を妨げるため、病害虫の被害に遭いやすくなります。
  5. 5
    夏季に剪定して生長を抑制する スモモの木が大きくなりすぎたら、夏に剪定して生長を抑えることができます。休眠期の剪定は春の旺盛な生長を促しますが、夏の剪定は木のエネルギーを断ち切り、その後の生長を制限します。
    • 夏季に剪定する場合は、枝を切りすぎないように注意しましょう。
    • 夏の遅い時期に剪定すると、冬の寒気に耐えられなくなることがあります。新芽が霜の被害に遭わないように、7月以降の剪定は避けましょう。
    • 夏季に剪定すると、栄養が葉の生長に集中し、結実が悪くなることがあるため注意が必要です。

ポイント

  • 多湿時に剪定すると、スモモが銀葉病にかかるリスクが高まります。
  • 枝の切り口に癒合剤を塗ってコーティングし、病気を予防しましょう。
  • スモモの剪定は、早春や初夏の乾燥した日に行うのが理想的です。真冬にスモモを剪定してはいけません(銀葉病の予防のため)。
  • 扇仕立てのスモモをお持ちの場合は、剪定しながら形を整えていきます。横に出る新枝は葉を6枚残して切り戻しましょう。

注意事項

  • 病気の拡散を防ぐため、切った枝はすべて廃棄しましょう。
  • 真夏の剪定は避けましょう。栄養が葉の生長に集中し、結実を妨げることがあります。

必要なもの

  • 剪定用ノコギリ
  • 刈り込みバサミ
  • 癒合剤
  • 園芸用手袋
  • 切った枝を廃棄するための袋、ひもなど

記事の情報

この記事はAndrew Carberryが共著しています。 アンドリュー・カーベリーは2008年より、学校の菜園や農場、そしてそれらに関する教育プログラムに携わってきました。現在は非営利団体、「Winrock International」において、地域社会に基づくフードシステム計画の開発に取り組んでいます。

カテゴリ: 園芸・ガーデニング

他言語版:

English: Prune Plum Trees, Español: podar un ciruelo, Deutsch: Pflaumenbäume beschneiden, Русский: обрезать сливу, Português: Podar Ameixeiras, Français: élaguer des pruniers, Italiano: Potare un Albero di Prugne, Bahasa Indonesia: Memangkas Pohon Plum, العربية: تقليم أشجار البرقوق, हिन्दी: करें छँटाई आलूचे (Plum) के वृक्षों की, 中文: 修剪李子树, Tiếng Việt: Cắt tỉa cây mận

このページは 1,265 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?