PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

パートナーよりも先に絶頂に達してしまうのはよくあることです。そのため、決して落ち込む必要はありません。幸いなことに、早漏に悩んでいる人のほとんどはセックスを長続きさせるための方法を学んで身に付けることができます。運動をしたり生活習慣を変えたりすればコントロール力を改善するのに役立ちますし、セックス中に実践可能な射精を遅らせるテクニックもたくさんあります。また、射精を遅らせることのできる製品や薬も一度使ってみる価値があります。パートナーが絶頂に達するのが早すぎる場合は、チームになってこの問題に取り組みましょう。相手を責めることは避け、肉体的および精神的な絆を深めるために一緒に努力したいという気持ちを相手に伝えることが大切です。

方法 1
方法 1 の 4:
生活習慣を変える

  1. 1
    リラックスし、自分自身を励ましましょう。不安と自信の無さは雰囲気を壊してしまう主な原因になるため、気楽に考えるようにしましょう。自信と自尊心を持ち、前向きな姿勢でセックスに臨めば自分とパートナーの両方に大きな違いが現れるはずです。[1]
    • 自分の性的パフォーマンスに関する否定的な考えにとらわれるのではなく、「○○、早漏は珍しいことじゃないんだから落ち込むな!お前ならできる!」と自分自身に言い聞かせましょう。
    • 「ポジティブなセルフトーク」を実践する時には、自分のことを名前で呼ぶとより効果的です。 [2]
  2. 2
    マスターベーションを長続きさせる努力をしましょう。マスターベーションでなるべく早く射精しようとすると、早く射精することを体が期待するようになってしまいます。[3] そのため、週に数回およびセックスの数時間前にマスターベーションを行えば射精を遅らせるのに役立ちます。特にマスターベーションを長続きさせる練習をしている場合に効果的です。
  3. 3
    骨盤底筋体操を始めましょう。射精をコントロールする筋肉を鍛えればセックスを長続きさせるのに役立ちます。まず、この筋肉がどこにあるのかを知るために排尿を途中で止めたり、おならの排出を防ぐ筋肉に力を入れたりしてみましょう。この筋肉を鍛えるには、3秒間力を入れる、3秒間力を抜くという動きを5〜10回繰り返します。[4]
    • 初めのうちは横になったままや座ったままの方が楽かもしれませんが、立ったままでもできるようになる努力をしましょう。そして、筋力が付いてきたら1日10回×3セットを目標に行いましょう。
    • 排尿とおならの排出をコントロールする筋肉のみに力を入れるようにしましょう。お尻や太ももの筋肉に力を入れてはいけません。
    • 運動をする際には息を止めてしまわないように注意し、通常通り呼吸をしましょう。
  4. 4
    アルコールやその他の薬物を控えましょう。アルコールやその他の物質は早漏、勃起不全、その他のパフォーマンス上の問題を引き起こすことがあります。セックスの前にはアルコールや薬物を避け、全体的な摂取量も減らすようにしましょう。[5]
  5. 5
    可能であれば、決まったセックスパートナーを見つけましょう。普段色々な人と遊びまわっているのであれば、誰か1人に落ち着くことを検討しましょう。1人のパートナーとの絆が深まればセックス中の気持ちが楽になり、自信を持ちやすくなります。また、セックスを向上させるために率直に会話する機会も持ちやすくなるでしょう。[6]

方法 2
方法 2 の 4:
セックス中にテクニックを実践する

  1. 1
    先にパートナーを刺激してみましょう。自分自身を刺激したり、自分の敏感な部分を相手に触らせたりせずにパートナーに意識を向けましょう。こうすれば興奮の度合いと射精のタイミングを近づけることができます。
  2. 2
    ゆっくりとした動きを心がけましょう。セックスは時間をかければ長続きしやすくなります。そのため、結果よりも過程を大切にするようにましょう。素早い動きを繰り返すだけではなく、官能的なダンスのようなセックスを目指すのです。[7]
  3. 3
    新しい体位を試してみましょう。体位を変えると集中力を取り戻すことができ、興奮の度合いもリセットされます。また、いつものルーティンから抜け出すことを体に覚えさせることもできます。[8]
    • 自分によく合う体位がある場合は最後に残しておきましょう。[9]
  4. 4
    射精が近づいていると思ったらゆっくりと深呼吸をしましょう。射精が近づいていると感じた時に呼吸をゆっくり行うとオルガズム反射を遮断することができます。ゆっくりと深呼吸をし、息を吸う時に腹部を膨らませましょう。そして、2〜3秒息を止めてからゆっくりと吐き出します。[10]
    • 射精しそうな感覚がなくなるまでゆっくりとした呼吸を続けましょう。
  5. 5
    しばらく他のことを考えてみましょう。射精が近くなっていると感じたら、仕事やスポーツ、テレビ番組、学校などの性的ではないことを考えて気を紛らわせましょう。一時的に注意を反らせば心身ともにリラックスし、セックスのペースを遅くすることができます。[11]
    • 他のことを考えるのに時間を使いすぎてはいけません。気持ちはその場に残してパートナーを喜ばせるのに集中しましょう。[12]
  6. 6
    休憩を取りましょう。スタート&ストップ法では、射精が近づいていると感じた時にパートナーからペニスを引き抜く方法です。ペニスを引き抜いたら30秒ほど休んでから再びセックスを始めます。双方が絶頂に達する準備ができるまでスタート&ストップ法を繰り返しましょう。[13]
    • 休憩を取る際に深呼吸をしたり、他のことを考えてみたりするのも良いでしょう。
  7. 7
    スクイーズ法を行ってみましょう。スクイーズ法では射精が近づいていると感じた時にパートナーからペニスを引き抜きます。そして、自分で(もしくはパートナーが)亀頭と陰茎の境目の部分を軽く握ります。数秒間握った後、30秒ほど待ってからセックスを再開しましょう。[14]
    • 強く握りすぎてはいけません。また、痛みや不快感を伴う場合はこの方法を試すのは止めましょう。

方法 3
方法 3 の 4:
射精を遅らせる製品や薬を使用する

  1. 1
    厚みのあるコンドームを着けましょう。近所のドラッグストアで早漏防止コンドームを探してみましょう。早漏防止コンドームは厚めに作られており、ブランドによっては一時的に感度を鈍らせる麻酔成分が含まれているものもあります。[15]
  2. 2
    感度を鈍らせることのできる潤滑剤を使用しましょう。局所麻酔タイプの潤滑剤は通販もしくは近所のドラッグストアで手に入ります。クリームタイプ、スプレータイプ、シートタイプなどの形で販売されており、通常セックスの10〜15分前に使用します。
    • 局所麻酔タイプの潤滑剤を使用する時には、パートナーの感度を落とさないようにコンドームを着けましょう。
  3. 3
    処方箋医薬品について医療従事者に尋ねてみましょう。他の方法で改善が見られない場合は、経口薬が有効かどうかを医師や薬剤師に尋ねてみましょう。セックスの数時間前に低用量の選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)を服用すればオルガズムを遅らせることができるかもしれません。

方法 4
方法 4 の 4:
パートナーの持続力を高める

  1. 1
    チームになってこの問題に取り組みましょう。性的パフォーマンスは繊細な問題です。この話題を持ち出す際には、パートナー自身および2人の親密度が大切だと考えていることを伝えましょう。また、パートナー1人で解決しなければならない問題ではなく、チームとして性生活に取り組みたいと伝えることが大切です。[17]
    • 「○○だけのせいじゃないよ。最高の性生活を送れるように一緒に頑張ろう。お互いを最大限に喜ばせることを考えたらワクワクするなあ!」などと伝えると良いでしょう。
  2. 2
    パートナーを責めるのは止めましょう。パートナーに問題があると思わせるのではなく、楽観的かつ建設的な姿勢を持つことが大切です。[18]
    • 「僕は○○のことを気にかけているだけであって、決して僕が○○を批判しようとしてるんじゃないってことは分かっていてほしいな。僕たちは精神的、肉体的に絆を深めるために協力できるって信じてるよ」などと言うと良いでしょう。
  3. 3
    新しいテクニックを試すことに対して正直になり、また忍耐強さを持ちましょう。まず、パートナーに何が効果的だと思うかを尋ねます。この時、率直な気持ちを話しつつパートナーにプレッシャーをかけないように全力を尽くしましょう。忍耐強く新しいテクニックを試し、2人にとって何が最適なのかを見極めましょう。[19]
    • 「少し時間がかかるかもしれないけど、この過程は当然のことだよ。だから新しい方法を色々試して何が効くかどうか探してみよう」と伝えましょう。
  4. 4
    カップルカウンセリングを検討しましょう。性的パフォーマンスに関する問題は2人の関係に負担をかけてしまうかもしれません。チームになって問題に取り組むことも有効ですが、欲求不満を含む全ての自分の感情に正直になる必要もあります。カップルカウンセリングは2人の複雑な感情を整理し、2人の絆を邪魔している可能性のある問題を探るのに役立ちます。[20]
    • カウンセリングの話を出す時には、否定的な言い方をしないように注意しましょう。そうではなく「俺らは今色んな感情を抱えてるよね。それで、カウンセラーに相談すれば新しい視点で俺ら自身を見られるようになると思うんだ。お互いの感情をぶつけるんじゃなくて、一度気持ちを整理した方がいいんじゃないかな」などと話すと良いでしょう。

ポイント

このwikiHow記事について

Ritu Thakur, MA
共著者 ::
自然健康療法専門家
この記事の共著者 : Ritu Thakur, MA. アーユルヴェーダ、自然療法、ヨーガ、そしてホリスティック医療の分野において10年以上の経験を持つリツ・タクールは、インドの首都デリーを拠点とする医療コンサルタントです。2009年にボパールのバーカチュラー大学にてアユールヴェーダ医療看護の学士号を、2011年にはハイデラバードにあるアポロ医療マネジメント専門大学にて修士号を取得。 この記事は62,691回アクセスされました。
カテゴリ: 性的関心
このページは 62,691 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?