パートナーをちらっと見たとたんに自分のものにしたくなる人もいれば、目が覚めた瞬間からその気になる人もいるかもしれません。時には、気づいたらそんな気分になっていたということもあるでしょう。その原因が何であるかは重要ではなく、一番知りたいのはどうすればパートナーをセックスしたいという気分にさせることができるのかということですよね。実は、あなたの気持ちを秘密にしておく必要はありません。率直なコミュニケーションとほんの少しの大胆さがあれば、パートナーとのセックスを始める方法はいくらでもあるのです。

方法 1 の 5:
ベッド上で初めに取るべき行動は?

  1. 1
    パートナーを誘惑しましょう。パートナーが先に動いてくれるのを待っていてはいけません!パートナーがその気になっていなくても、状況は自分で変えることができます。分かりやすく合図を送ったり、セクシーな小道具やおもちゃを出してみましょう。また、おどけながら積極的にアピールして自分が求めていることをパートナーに伝えるのも良いでしょう。お互いが気持ちよくセックスを始められるようになると、最終的にセックスの回数が増えるため、お互いにとってメリットとなります。[1]
  2. 2
    確信が持てない場合は、試しに一度やってみると良いでしょう。パートナーがどれだけその気になっているのかを計るために、少しじゃれあってみましょう。また、キスはパートナーをその気にさせるのに役立ちます。そして、パートナーの体を触って次の段階に進みましょう。この時、パートナーの反応に注目することが大切です。パートナーがセックスに対して前向きになっていれば、すぐに始めましょう!反対に、パートナーがためらっていたり動きを止められたりした場合は引き下がる方が良いでしょう。[2]

方法 2 の 5:
長い付き合いの相手とセックスを始めるには?

  1. 1
    自分はパートナーをその気にさせる方法を把握していると思い込んではいけません。一緒に過ごした期間が長く、パートナーのことは全て知っていると思っていても、それは同様です。調査によると、多くの人がパートナーの性的関心についてあまり知らないか、完全に間違って把握していることが分かっています。パートナーとのセックスを増やしたいのであれば、その気にさせる方法を知る必要があります。[3]
  2. 2
    どんな時にセックスしたくなるのかをパートナーに尋ね、その気にさせる方法を把握しましょう。「始める時には言葉をかけてほしい?それとも触ってほしい?」や「自然な流れで始めたい?それともタイミングを知っておきたい?」などの質問をし、その答えに耳を傾けましょう。そうすれば、パートナーは相手が自分の好みを気にかけてくれていると感じ(質問をすること自体にも魅力を感じるかもしれません)、また一方でパートナーをその気にさせるための方法を知ることもできます。[4]
    • コミュニケーションは、楽しくて刺激的な性生活を送るのに非常に効率的な方法です。パートナーが求めているものが分かれば、パートナーの好みに忠実に行動することができます。また、パートナーも同じようにしてくれることでしょう。
  3. 3
    パートナーが求めていることを叶えたり、交代でセックスの主導権を握ったりしましょう。パートナーの好みに合わせて、斬新でワクワクするような方法でその気にさせてみましょう。例えば、パートナーがサプライズ好きなら、仕事から帰ってくるパートナーを寝室で待つのが1つの方法です。また、それほど興奮できそうには思えないかもしれませんが、交代でセックスの主導権を握るという方法もあり、この方法は思ったよりもかなり効果的です。パートナーが何をしてくれるのかに対する期待感が生まれ、例えお互いのアプローチ方法が異なる場合であっても相手の好みを知ることができます。[5]

方法 3 の 5:
朝からセックスをするには?

  1. 1
    ちょっとした前戯をしてパートナーの気持ちを盛り上げましょう。朝は2人とも疲れているかもしれません。しかし、寝起きでリラックスしていることで、性的に興奮しやすくなっています。パートナーをその気にさせるには、少しの刺激が必要かもしれません。お互いを愛撫し、気分が盛り上がってきたら濃厚なオーラルセックスに進みましょう。[6] そして、軌道に乗り始めたら、(朝で疲れているので)バックハグなどの簡単でありながら非常にセクシーな体勢を試してみましょう。この体勢は手間がかからないのに関わらず効果は抜群です。朝方パートナーと素敵なセックスをした後は、たいていは1日機嫌よく過ごせるはずです。[7]
    • 自分にとって無理のない方法を選び、それに関して問題がないかを必ずパートナーに確認しましょう。
  2. 2
    雰囲気が良い時にはシャワーを浴びることを心配する必要はありません。口臭や体臭によって雰囲気が壊れてしまわないかという恐れは捨てましょう。パートナーもそれほど気にしないでしょうし、そこまで悪臭でもないはずです。また、パジャマを着替える必要もありません。なぜなら、最終的に脱いでしまうのが目的だからです。雰囲気が良ければそのまま突き進みましょう![8]
    • 気になる人はサイドテーブルにミント菓子を用意したり、水を飲んだりして息をリフレッシュしてからセックスを始めましょう。

方法 4 の 5:
セックスを主導しようとすると男性は喜ぶのか?

  1. 1
    ほとんどの男性はかなり喜びます!ほとんどの人はセックスが大好きです。大事なのは、パートナーがどのようなセックスの始め方を好むのかを知ることです。きわどい服装でパートナーを驚かせる、丁寧な前戯をするなど、様々な方法を試してみましょう。ただし、パートナーをその気にさせるための一番の方法は、相手の好みを直接尋ねることです。パートナーの好みと、それをどのように味わいたいかを尋ねましょう。あなたがパートナーの求めているものを与えようとしていることが分かったら、パートナーの気分はかなり高まるはずです。明確で率直なコミュニケーションを取ることで2人の性生活はより濃く、充実したものになります。[9]
  2. 2
    何がきっかけでパートナーの性欲に火が点くのかを把握しましょう。パートナーがあなたの誘いを断るのは、あなたが主導権を握ることが嫌だからではなく、その方法に原因があるのかもしれません。パートナーの好みを完全に把握していると思い込んではいけません。パートナーに好き嫌いを尋ね、どのようにセックスを進めるべきなのかを知っておきましょう。新しいことや思いつきを行うのは楽しいものですが、パートナーが気に入るかどうかを確認することが大切です。気に入らないようであれば強要してはいけません。彼のやる気をそいでしまいます。[10]

方法 5 の 5:
斬新な方法でセックスを始めるには?

  1. 1
    セクシーな服装をして分かりやすい合図を送りましょう。きわどい下着やパートナーにとってたまらないような服を身に着けて相手を驚かせれば物事は一気に進みます。恥ずかしそうな振りをしてパートナーを焦らしても構いませんし、すぐに次に進んでも構いません。その服装をしていれば、いずれにせよその意味が分かるはずですからね。[11]
  2. 2
    性欲をそそるような小道具を出しましょう。手錠や2人が好きなおもちゃをベッドに置いておきましょう。パートナーは、それを見た瞬間にこれから起こることを明確に察知するはずです。ただし、あからさまに性的なものを用意する必要はありません。時には、音楽を流したりテレビを消したりするだけでもパートナーの気を引くことができます。[12]
  3. 3
    性欲をそそるようなメッセージを送ってパートナーを焦らすこともできます。パートナーが仕事から帰ってくる時間にメッセージを送ってみましょう。「帰ってきたら寝室に来てね、待ってるから」といった内容を送るとあなたの意思が明確に伝わるはずです。また、メッセージアプリなどを使ってセックスしたいという合図をこっそりと送ることもできます。例えば、子どもや家族と一緒にリビングにいる時にきわどいメッセージでパートナーを焦らせば、その後行うセックスのための準備を始めることができます。[13]
  4. 4
    パートナーにとって予想外のタイミングでオーラルセックスを始めてみましょう。まず、帰宅した瞬間や出勤前に身なりを整えている時にキスなどをして、何でもないタイミングでパートナーを捕まえましょう。初めは手でパートナーの体を触ります。パートナーが受け入れているようであれば、不意打ちでオーラルセックスに移行して構いません。そうすれば、多くの場合本格的なセックスに発展させられるでしょう。[14]
  5. 5
    家事や日常の仕事を利用してパートナーをその気にさせられる可能性を無視してはいけません。もちろん、皿洗いや洗濯物を畳む作業などは一見性欲をそそるようには思えません。しかし、このような家事などはパートナーを捕まえてセックスを始めるのに完璧なタイミングになることもあります。時には、その予想外のタイミングがセックスをより面白くすることもあるのです。また、退屈な家事が面白いセックスにつながる可能性があれば、お互いにとって家事をするのが楽しみになるかもしれません。[15]

ポイント

  • セックスについて正直に話せる環境作りに取り組みましょう。パートナーの好みを知れば知るほど、相手をその気にさせることができます。[16]
  • パートナーの気持ちを尊重すること、同意を得ることを忘れないようにしましょう。目的はパートナーにセックスしたいと思ってもらうことであり、相手の気持ちに関係なくセックスをすることではありません。

注意事項

  • パートナーが不快に思っていることを強要してはいけません。2人の性生活と関係が壊れてしまう可能性があります。

このwikiHow記事について

JT Tran
共著者 ::
デートコーチ
この記事の共著者 : JT Tran. JT・トランはデートコーチ、そしてLA Weekly とBaller Magazine専属の恋愛相談コラムニストとして活躍しています。また、デートのブートキャンプ「ABCs of Attraction」を運営、本キャンプではアジア人の男女を対象に、アジアのデート様式に対応する為の文化的及び社会的配慮の仕方を指導しています。デートコーチとして10年以上の経験があり、ハーバード大学、イェール大学、ペンシルバニア大学ウォートン校(ビジネススクール)にてアジア文化の特徴とそれに関連するデート、そして恋愛関係のアドバイスを発表。その業績は AsianWeek、New York、NU Asian Magazine、ハフポスト、Channel News Asia、Voice of America News TVに取り上げられました。
カテゴリ: 性的関心
このページは 164 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?