PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

ゼラニウムは鮮やかな赤、可憐なピンク、魅惑的な白、情熱的な紫など多彩な花を咲かせます。カラフルな花は庭に彩りを添え、窓辺のプランターや鉢植えでも楽しめます。ゼラニウムの栽培手順を参考にして、色鮮やかなゼラニウムを楽しみましょう。

パート 1
パート 1 の 2:
ゼラニウムを植える

  1. 1
    ゼラニウムの栽培に最適な場所を探します。ゼラニウムは育てやすい植物で、土植え、鉢植えのどちらの方法でも簡単に栽培することができます。日当たりの良い場所、半日陰、やや日陰の場所で栽培できますが、一日にだいたい5~6時間日光の当たる場所が最適な環境です。ゼラニウムは水はけの良い土壌を好みます。水のやりすぎで湿った土は、根腐れや病気の原因になります。[1]
    • 一年の大半が高温の地域では、午後は日陰になる場所で育て、土に適度な湿り気を持たせましょう。
  2. 2
    ゼラニウムは水浸しの土を嫌うため、底に穴の開いた鉢に植えます。ゼラニウムの大きさに合った鉢を選びましょう。小さな株であれば直径15~20 cm 、大きな株であれば25 cmほどの鉢が適しています。
  3. 3
    定植に適した季節を選びましょう。ゼラニウムは一般的に、春の霜の心配がなくなった時期に植えます。ゼラニウムの種類によって、真夏、夏の終わり、秋など、花の咲く時期は異なりますが、時には春に一斉に開花することもあります。冬期間を除いて、一年中美しい花を楽しむことができます。
  4. 4
    花壇を準備します。ゼラニウムはやわらかい耕土でよく生育します。耕運機や鍬などで30~38 cmの深さまで耕します。耕した後は、厚さ5 ~10cmほどの堆肥を混ぜ合わせて土に養分を与えます。
  5. 5
    適度な間隔で植えましょう。ゼラニウムの種類に応じて15~60 cmの間隔で植えます。大きめのゼラニウムを植える場合は、約60 cmの間隔を空けて栽培しましょう。
  6. 6
    それぞれの株の穴を掘ります。ゼラニウムが入っていたビニールポットの2倍程度の直径の穴を掘りましょう。直径15 cmのポットであれば、約30 cmの穴が必要です。
    • ゼラニウムを種から育てる場合は、直接地面に種を撒きます。種子から栽培する場合は、生長と開花に時間が掛かります。また、種を鉢植えにすることもできます。その場合、最初は鉢を室内に置いて根を出すのを待ちます。発芽が始まったら、鉢を屋外に移します。
  7. 7
    ゼラニウムを穴に植えます。根を傷つけないようにゼラニウムをポットからやさしく取り出します。根鉢(ビニールポットの中で生長した根が塊となったもの)の表面と土の表面が同じ高さになるように調整しながら穴に入れます。穴に土を入れて株の周りの土を押さえて固め、ゼラニウムを真っ直ぐに固定します。植え込みが終わったら、すぐに水やりをしましょう。
    • 茎が土に埋まらないように注意しましょう。茎が腐って枯れてしまうことがあります。
    広告

パート 2
パート 2 の 2:
ゼラニウムを育てる

  1. 1
    必要に応じて水やりをします。ゼラニウムは比較的乾燥に強い植物ですが、適度の水やりは必要です。水をあげるタイミングは土をチェックして判断します。爪で土の表面より少し下まで掘り返します。土が乾いている、またはほとんど湿り気がない場合は、水やりが必要です。[2]
    • 鉢植えの場合は、十分に水が与えられているかどうか注意しましょう。水やりをする時は、鉢の底から水が流れ出るまでたっぷりと与えます。鉢底の水抜き穴はこのためのものです。
  2. 2
    堆肥を与えます。毎年、春にゼラニウムの周りに堆肥を撒きましょう。堆肥に5 cmほどの厚さの根覆いを被せましょう。根覆いは、土の保湿とゼラニウムの周りに生える雑草の防止に効果的です。[3]
  3. 3
    咲き終わった花を摘んで生長を促します。花が咲き終わったら、枯れた部分を摘み取りましょう。そうすることでゼラニウムは再び活力を取り戻し、生長を再開します。カビを防止するために、茶色くなって枯れた葉や茎も取り除きます。カビは植物の枯れた部分に発生します。
  4. 4
    3~4年ごとに株分けをします。ゼラニウムが大きく生長し、株同士が干渉しあうようになれば、株分けをしましょう。株分けは晩春に行います。大きくなった株を根ごと持ち上げて、地面からやさしく引き抜きます。茎の根元周辺に生えた塊ごとに株分けし、それを別の区画に植え替えます。
  5. 5
    窒素、リン、カリウムが1:1:1または1:2:1の割合で配合された液体肥料を与えます。頻度や量については、肥料の取扱説明書に従いましょう。葉に肥料が付着しないように注意しましょう。
    広告

ポイント

  • ゼラニウムは挿し木で増やすこともできます。茎を切り取り、茎の下の方の葉を落とします。他の挿し木と同様に、そのまま新たな土に植え込みましょう。
  • ゼラニウムは単品でも十分楽しめますが、プランターに他の種類の花と寄せ植えにして花壇を作ることもできます。
広告

必要なもの

  • ゼラニウムの株または種
  • 肥料
  • 培養土

関連記事

プラスチックについた傷を消すプラスチックについた傷を消す
リベットを外すリベットを外す
ヘアピンでドアの鍵を開けるヘアピンでドアの鍵を開ける
スライダーが完全に外れたファスナーを修理するスライダーが完全に外れたファスナーを修理する
エアーベッドの空気漏れを修理するエアーベッドの空気漏れを修理する
バラを種から育てるバラを種から育てる
ガラスの傷を取るガラスの傷を取る
てんとう虫を駆除するてんとう虫を駆除する
衣服に付いたロウを落とす衣服に付いたロウを落とす
ヒューズをチェックするヒューズをチェックする
木の高さを測る木の高さを測る
木に防水加工をする木に防水加工をする
ドライバーを使わずにネジを外す
ツタを取り除くツタを取り除く
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む17人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は2,192回アクセスされました。
このページは 2,192 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告