ソシオパス(社会病質者)に対処する方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

この記事には:ソシオパスを理解する効果的にコミュニケーションをとる自分を守る5 出典

ソシオパス(社会病質者)は初めのころは魅力的で親しみのある人のように見えますが、その人のことをよく知るうちに本当の人格が露わになります。支配的で冷酷な人が身近にいる場合、あなた自身が精神的に参ってしまわないよう対処することが大切です。ソシオパスと議論をしようとしても無意味です。むしろ、知能が高すぎてソシオパスの策略には騙されないという印象を与えたほうが賢明と言えるでしょう。

パート 1
ソシオパスを理解する

  1. 1
    ソシオパスの特性を知る ソシオパスはパーソナリティ障害を抱えていて、他人に対する共感力がありません。多くの場合フレンドリーで仲良くなれそうな人に見える一方で、その魅力を武器にして他人を自分の思い通りに操ろうとします。下記のような一般的な特性があるので注意しましょう。[1]
    • 表面上の魅力:誰もがその人のことを好きになるような印象があります。
    • 無慈悲:何か悪いことをしても罪の意識が無いように見えます。
    • 共感力の欠如:誰かが傷ついても気にしていないように見えます。
    • 嘘をつく傾向:日常的に嘘をつき、特に気にしていません。
    • 愛情の欠落:最も身近にいる人は、何かが欠けていることに気づきます。
    • 自己中心性:自分が注目を浴びていると分かると陽気になります。
    • 誇大妄想:周囲の人間よりも自分は優れていると考えています。
  2. 2
    ソシオパスを駆り立てる要素を理解する ソシオパスは世の中を良くしたい、他人を助けたい、身近な人間関係に責任感を持ちたいという願望に突き動かされて行動をすることはありません。「正しいことをする」という発想が動機になることはなく、むしろ周囲の人間を支配することで自分の欲しいものを手に入れたいという発想に基づき行動をします。つまり、さらなる支配力、より多くのお金、カジュアルな性的関係といったものを求めます。[2]
    • 善意や優しさによる行動と見えても、ソシオパスの場合は本当の目的が隠されています。
    • ソシオパスの多くは罪悪感なく浮気をします。
  3. 3
    ソシオパスは人を操るプロだということを意識する 自分の思い通りに他人を操るので、ソシオパスは危険な存在です。あらゆる戦略を使い、周囲の人間を自分のために利用するでしょう。自分の目的を果たすために周囲の人間を対立させたり、真実を隠すために嘘をつかせたりすることもあります。
    • ソシオパスは三角関係の中心にいたり、婚姻関係を破綻に追い込むこともあります。
    • 職場においては、このような人物は同僚を卑劣な手段で陥れ、上司の前で自分の印象を良くしようとします。
    • 友人関係においては、仲間が二分されるようなもめ事を起こし、自分は涼しい顔で状況を操っているかもしれません。
  4. 4
    ソシオパスが周囲の気持ちを考える可能性を期待しない 誰が傷つこうと、こう言った人間は一切気にしません。他人の優しさや善意を利用することに良心の呵責や気のとがめを感じないからです。ソシオパスの重要な特徴として、周囲の人間に感情があること、自分の行いで傷つくということを理解できないという点が挙げられます。
    • ソシオパスが共感力の高い人間に変わっていくということはありません。どれだけ「言って聞かせて」みたり、もう一度チャンスを与えてみても、後で苦々しい思いをするだけです。
    • 充分に距離を置いて原因はあなたにあるのではないと分かれば、こうした人間に立ち向かうための強さを増すことができるでしょう。
  5. 5
    強く、落ち着いて対峙する あなたの周りにいる誰かがソシオパスであるということが認識できたのであれば、こうした人間の原動力や弱みが見えてくるでしょう。パーソナリティ障害を抱えていない人と同様に扱っても、フラストレーションが溜まったり、ソシオパスの企みに再び引き戻されてしまいます。[3]
    • ソシオパスに対応しなければならないときは、隙を見せず、その人を説得したり会心させたいという誘惑を断ち切りましょう。
    • ソシオパスの行動は愛情でなく支配欲が原動力となります。つまり自分は支配されないということを相手に示す必要があります。

パート 2
効果的にコミュニケーションをとる

  1. 1
    完全に避けることを検討する ソシオパスに対応するのは簡単なことではありません。そこで、完全に人生から締め出してしまうことができれば、それが一番でしょう。この人物との人間関係は今後も改善される見込みはありません。恋愛関係の相手がソシオパスかもしれない場合、あるいは友達がそうだった場合、関係を解消することを真剣に考えましょう。
    • これは、あなたが感情移入しやすく感受性の高い人間であれば特に大切です。ソシオパスはこうした性格の人を狙うので、可能なうちに脱出しましょう。[4]
    • ただ、解消できないという事情も時にあるでしょう。ソシオパスが職場の上司だったり、さらに都合の悪いことに、あなたの両親、子供、あるいは兄弟姉妹かもしれません。こうしたケースでは、効果的に対応する術を身につけなければなりません。
  2. 2
    隙を見せない ソシオパスが近くにいる時は、無防備な状態で隙をつかれないように気をつけましょう。正直な感情を見せてしまうと、簡単に操ることができる相手だと思われて狙われます。こうした人物とコミュニケーションをとる際は、自分で自分を完全にコントロールしているということを示しましょう。
    • ソシオパスが近くにいる時は明るい表情を繕いましょう。その日、特に元気にあふれているわけではないとしても、本当の気分を見せてはいけません。
    • 容易に口を割ったり心変わりをする人間ではないということを示しましょう。自分が弱い立場にあると感じられるのであれば、その日はその人物に近づかないようにしましょう。
  3. 3
    ソシオパスの話す内容を簡単に信じない ソシオパスは周囲の人を動揺させ怒らせることに長けているということを忘れないようにしましょう。こうした状況に発展する前に予期することができれば、ソシオパスの支配の被害者となる可能性も低くなります。このような人物が何を言っても、落ち着いて気さくに振る舞いましょう。
    • 例えば、職場で順調に午前中の時間を過ごしていたところに、ソシオパスの同僚がやってきて、上司があなたが提出した最新の報告書に関する不満を言っていたと伝えてきたとしましょう。こうした時は上司から直接話を聞くまで何も信じないようにしましょう。
    • あるいは、仲間内のソシオパスが、あなたが招かれていなかったパーティーでのことを気軽に話し始めたとしましょう。この時も、さらに他の人から話を聞くまで特に反応をしないほうが賢明です。
  4. 4
    中立的な立場で会話をこなす ソシオパスに好きに喋らせるのではなく、自分も声に出し会話の主導権を握りましょう。そうすれば会話も安全地帯の範囲を維持し、何らかの辛らつな言葉で隙をつかれるといったことにもならないでしょう。相手の意見には賞賛を込めて、できる限り賛同するよう心がけましょう。
    • 天気、スポーツといった中立的で安全な話題であれば何でもどんどん話しましょう。
    • (相手があなたに嫌がらせをしようとして何かを言い始めた時は特に)頻繁に話題を切り替え、長い沈黙を作らないようにしましょう。
  5. 5
    個人的な情報は絶対に渡さない 家族、友人、事業、財政状況、夢、目標などに関して決して何も語らないようにしましょう。ソシオパスは、あなた、あなたの大切な人、あなたの資金、人脈を利用するチャンスをうかがっています。こうした人間の思うがままにされないためにも利用できるような要素はないということを示しましょう。
    • 相手がお金を狙っている場合は、簡単に財源を見つけられないようにしましょう。例えば、ソシオパスはあなたの許可なしに銀行残高を開き、口座状況を見ようとします。注意して自分の履歴の安全を守りましょう。また、自分や家族・友人には裕福ではないという印象をソシオパスに与えるようにして、狙われないようにすると良いでしょう。
    • 相手が支配力を求めているようであれば、あなたには人脈がないという印象を与えましょう。
    • あなたを利用しようとしているのであれば、できる限りその価値がないという印象を与えることが大切です。
  6. 6
    喜びや怒りの原因を教えない あなたに幸せを運ぶもの、逆に怒りや悲しみをもたらすものが何かをソシオパスが把握していると、その情報を逆手に取り、あなたを利用しようとします。
    • 文句を言っている様子を見せないようにしましょう。精神的、感情的、心理的苦痛をもたらすもの、苛立たせたり悩ませたりすること、あるいは傷つけるものといった情報は、あなたの弱みをさらけ出し、威嚇する武器として利用される恐れがあります。
    • あなたの心が傷ついたとしても、相手に気づかれないようにしましょう。気づかれると、ソシオパスの場合、あなたをもう一度傷つけるために同じ行動を繰り替えすでしょう。

パート 3
自分を守る

  1. 1
    自分の手の内を見せない ソシオパスがあなたの計画を前もって把握してると、その情報を使って嫌がらせをしたり、けなすだけでなく、失望させ、恥をかかせようとします。何か計画をしている時は、事前にソシオパスに知られるようなことがないようにしましょう。一通り完了して初めて情報をシェアすることがコツです。
    • 例えば、転職を検討している場合、まず必要な試験と面接を受け、採用され、古い職場を退職してから、この朗報をソシオパスに伝えるようにしましょう。すべてが既成事実になっていれば、ソシオパスもあなたの成功を邪魔することはできません。
    • ソシオパスと一緒に住んだり働いている場合、その人物がオフィスや家から一旦離れている時間を使って小さな買い物を済ませたり、何かを少しだけ変更したり、物事を済ませたりしましょう。
  2. 2
    相手の企みが分かっているという態度を示す ソシオパスを完全にあなたの人生から排除したいと考えるのであれば、あなたが騙されることは今後もないということを示さなければなりません。最終的に相手も諦め、より簡単な獲物に乗り換えようとするでしょう。
    • ソシオパスに嫌がらせを受けても反応しないようにしましょう。
    • 相手が露骨な嘘をついている場合は落ち着いて指摘しましょう。
    • 相手に操られることはないという態度を示しましょう。
  3. 3
    ソシオパスに借りを作らない ソシオパスが他人を服従させる主な手段の一つに、自分に支配力を与える状況を作り出すことが挙げられます。あとでソシオパスに従わざるをえない口実を与えるようなことをしないよう気をつけましょう。
    • ソシオパスから金銭を借りないようにしましょう。
    • いかなる贈り物も受け取ってはいけません。また、上司に「口添えしておいてあげよう」と言われても、丁重に断りましょう。
    • いかなる助けも受けないようにしましょう。
    • あとで謝罪をすることになりそうな行動は控えましょう。
  4. 4
    嫌がらせを受けている時は記録を残す 誰かに卑劣な手段で攻撃をされていると感じる場合、証拠を集めることが大切です。ソシオパスは周囲の人気者であることも多いので、あなたが不当に扱われているという証拠がない限り、信じてもらえない恐れもあります。メールなどのやり取りを保存しておき、必要に応じて周囲に見せましょう。[5]
    • こうした人物とのやり取りを記録する際は最善の注意を払うようにしましょう。例えば米国では、相手の了解なく録音をすることは州によっては重罪となります。嫌がらせを受けていて証拠を必要としている場合、まず弁護士に相談し、最も適した対応策を検討すると良いかもしれません。
  5. 5
    専門家の助けを得る ソシオパスに精神的に流されやすく、こうした人物によって人生が負の影響を受けていると感じる場合、一連の出来事に関わっていない誰かに相談しましょう。例えばセラピストや精神分析医であれば、起きていることに向き合う手助けをし、ソシオパスに対処するための手段をアドバイスすることができます。

ポイント

  • 「ノー」と言えるようになりましょう。金銭や手助けといった「供給」が無いという状況ほど有効にソシオパスを追い払う方法はありません。
  • ソシオパスは終わりが近づいているということを身をもって知らなければなりません。こうした人物の言うことに関心を示さないようにしましょう。ソシオパスは自分の方法がベストだと周囲に信じ込ませ操ることに長けています。油断をせず、常に認知感覚を高めて生活をするようにしましょう。
  • ソシオパスに対峙している時、真っ向から相手の間違いを指摘するのはやめましょう。こうした人間は自分が正しいと常に思っていて、是が非でも勝利を得ようとします。つまり、ソシオパスの間違いを指摘したり、かばったりすると喧嘩や言い合いになるかもしれません。
  • 助けを得ることも非常に大切です。ソシオパスによってあなたが人間関係で孤立し、友人、同僚、家族と疎遠になっている時は特に必要となります。専門家によって、これまでの出来事がソシオパスの特徴や行動によって引き起こされていて、あなた自身が「変」なわけではないということが確認されれば、自信を取り戻す大きな後押しとなるでしょう。
  • 落ち着いて感情を見せず一歩も引かないようにしましょう。声を上げたり涙を見せてはいけません。相手はあなたの考えを変えようと試みているといことを忘れず、屈しないようにしましょう。「それは私の都合に合わないので結構です」、「私に必要ないことなので結構です」、「ありがとうございます、考えておきます」程度の返答をして、あいまいさを維持するか、会話が続かなくなるようなことを言い続けましょう。身動きがとれない状態に追い込まれないようにしましょう。
  • ソシオパスも人間です。メディアで描写されるほど危険な存在ではありません。事実、CEOの4%がサイコパス(精神病質者)に分類されるともいわれています。「殺人者」と呼ばれるには単にいくつかの特性が欠けているだけの違いです。無慈悲さや罪の意識の欠落によって自信と魅力が演出されるので、サイコパスはCEOやその他の権力のある地位に向いています。
  • ソシオパスの言葉全てをよく研究しましょう。たとえ何も得ることがないとしても、あらゆる物事に対して嘘をつきます。
  • 「最善の防御は効果的な攻撃である」という言葉があります。仕事を変え、ソシオパスからできる限り遠くに離れましょう!個人的かつプライベートに関する情報を渡してはいけません!無防備で隙がある状況下では特に自分自身を守るようにしましょう!
  • ソシオパスが家族の一員の場合、真の人格を家族全員に暴露しようとする必要はありません。誰もあなたのことを信じようとせず、あなたの印象が悪くなってしまいます。その代わりに友人や、当該人物と関わりのない人に相談しましょう。
  • ソシオパスからの侮辱によって自信を無くす必要はありません。「通常」の人間としての接し方ができない人なのだと受け入れましょう。過ちに気づけるよう手助けをする必要もありません。こうした人物と一緒に何かを築こうとすること自体諦めましょう。本来あなたが受けるべき感謝や愛情が返ってくることがないからです。その代わり、あなた自身の人生を自立して築いていきましょう。ソシオパスがどれだかあなたの自信をくじこうとしても、自分磨きを続けましょう。このような人物の醜さを甘んじて受ける筋合いは決してありません。病気なのだと理解し、その状態を受け入れ、変えようとせず、ゆっくりと断ち切っていきましょう。このような人たちが植え付けようとしている罪悪感にとらわれないことが大切です。それはあなたに自信をなくさせるための策略で、止まることはありません。また、ソシオパスは自らの悪行が効いていないと気づくと元の魅力的な人格を繕います。これに騙されず、無関心を貫きましょう。

注意事項

  • ソシオパスが関わる状況では、避けることが最善策です。完全に避けることができないのであれば、権威のある人物と近づきになって身近な存在としてつきあい、サイコパスの前で引き合いに出しましょう。自分のことはその人に全て相談していると言っておきましょう。また、サイコパスは警察官や医療従事者(医師)が近くにいることを嫌います。

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: 心の健康・心理バランス

他言語版:

English: Deal With a Sociopath, Français: gérer un sociopathe, Español: lidiar con un sociópata, Português: Lidar com um Sociopata, Italiano: Gestire un Sociopatico, Русский: справиться с социопатом, Deutsch: Mit einem Soziopathen umgehen, Čeština: Jak jednat se sociopatem, Nederlands: Omgaan met een sociopaat, Bahasa Indonesia: Menghadapi Seorang Sosiopat, 中文: 应对反社会人格者, العربية: التعامل مع شخص معتل اجتماعياً, ไทย: รับมือกับพวกจิตวิปริต, Tiếng Việt: Đối phó với Người Rối loạn Nhân cách Chống đối Xã hội, हिन्दी: मनोरोगी (Sociopath) से निपटें

このページは 205 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?