ソファのへたりを修理する方法

長く使うとソファが傷みクッションにへたりが生じることがあります。傷んだソファを捨てて新しいものを購入することも可能ですが、修理すればお金を節約できるでしょう。最初にソファの状態を確認してへたりの原因を突き止めます。クッションの摩耗といった単純な原因もあれば、フレームの破損などより複雑な原因もあります。

パート 1 の 3:
ソファを調べる

  1. 1
    ソファのへたりの原因を確認しましょう。クッションの摩耗、スプリングの劣化、フレームの破損が原因でソファがへたることがあります。[1]
    • 原因がクッションであれば修理は簡単です。調べた際にクッションに問題がなければ、スプリングかフレームを交換する必要があるかもしれません。破損の状態にもよりますが、ひどい場合はソファを買い替えることになるでしょう。[2]
  2. 2
    写真を撮ります。ソファを分解する前に写真を撮っておくと、後で参考にすることができます。できれば、撮った写真を地元の家具修理店に持ち込み、問題を特定できるか相談してみましょう。
  3. 3
    ソファのフレームを調べます。ソファのクッションをすべて取り除き、裏面が見えるようにソファをひっくり返します。生地の破れ、木材の破損や腐敗を探します。
    • ひび割れやたわみが生じた木材があれば、交換する必要があります。このような修理をするには、布張りの大部分を剥がす必要があり時間もかかります。[3]
    • スプリングを調べるために、裏張りと呼ばれるソファ底面の布地を剥がす必要があるかもしれません。その場合は、破らないように丁寧に剥がしましょう。[4]
  4. 4
    ソファにどのような種類のスプリングが使用されているかに注目します。SバネというS字状のバネを連結したスプリングを使ったソファもあります。その他のソファにはコイルスプリングが使われています。
    • スプリングに湾曲や破損がないか確認します。スプリングが曲がっている場合は、自分で修理できるかもしれませんが、破損していたら専門店での修理が必要になるかもしれません。
    • 新しいソファにはSバネが使われていることが多く、古いソファにはコイルスプリングがよく使われています。フレームの質によってはスプリングが全く使われていないソファもあります。
    • クッションの下を確認しましょう。床板やウェービングベルトが破損している場合もあります。
    広告

パート 2 の 3:
クッションを詰める

  1. 1
    クッションの硬さを確認しましょう。クッションが柔らかすぎる場合は、詰め物を足す必要があります。それぞれのクッションカバーを外し中身を取り出しましょう。[5]
    • この機会にクッションカバーを洗濯することもできます。
  2. 2
    芯材や詰め綿を調べます。詰め綿には繊維が使われており、クッションの表面を滑らかに見せるために芯材を覆っています。通常はコットンやウールですが、ポリエステルを含む混合素材が使われている場合もあります。[6]
    • 芯材に明らかなへこみがあれば、クッション全体を交換する必要があります。芯材に問題がなく、表面の詰め綿が劣化しているだけなら、その部分を交換するだけで済むでしょう。[7]
  3. 3
    芯材や詰め綿を交換します。クッションの中身の交換に必要なものを確認します。芯材に使われているウレタンフォームや詰め綿はオンラインショップやホームセンターなどで購入することができます。
    • また、好みに応じて他の素材をクッションに詰めることができます。必ずしもウレタンフォームを使う必要はありません。好みに応じて、コットン、ダウン、古着などを詰めるともできますが、詰める物がクッションの弾力性に影響するので、詰める前に好みの硬さであることを確認しておきましょう。
    • 材料の耐久性を考えます。材料によっては耐久性がないものもあります。ウレタンフォームを詰めればこれから何年も持つでしょう。
  4. 4
    詰め綿を切り、好みのクッションの詰め物に重ねます。必ずシート状の詰め綿を使いましょう。クッションのサイズに合わせて切り、詰め物に数層巻きつけて厚みを出します。クッションの表面がでこぼこにならないように、滑らかに整えておきましょう。[8]
  5. 5
    クッションカバーを取り付けます。クッションを直したらカバーを元通りに取り付けましょう。ソファに座ってへたりの原因がクッションだけだったのかを確認します。クッションを修理してもへたりがあれば、再度フレームを調べましょう。
    広告

パート 3 の 3:
フレームを修理する

  1. 1
    床板を確認します。ソファーのフレームを支える床板が破損している場合は、木材とねじを交換する必要があります。床板を計測し必要なサイズを書き留めます。ホームセンターなどで必要な材料を購入できるでしょう。
    • 必要なものを正しく購入できるように、必要に応じて床板を持参します。
    • フレームとクッションの間に合板を置いて土台を強化することもできますが、暫定的な解決策であり、ソファが好みより少し硬くなってしまうかもしれません。[9]
    • 木工用接着剤で端を固定します。ガンタッカーで長く太い針を打つか、ハンマーで非常に細いくぎを打って床板を固定しましょう。
  2. 2
    曲がったスプリングを修理します。スプリングがねじれたり曲がったりした場合は、ペンチで曲げて他のスプリングと同じ形に戻すことができます。[10]
    • スプリングを交換する必要があれば、家具修理の専門店に頼むのが最善です。スプリングの交換には、スプリングフックなど特別な工具が必要になります。[11]
  3. 3
    破損した木材を取り除きます。木製のフレームにひび割れや腐敗した部分があれば、ソファを解体して木材を交換する必要があります。ソファに合板が使われていることもありますが、その場合は硬材に交換することを検討しましょう。[12]
    • 交換する木材に付着した布があれば取り外します。布を破らないように気を付けましょう。[13]
    • フレームに取り付けられたスプリングを外す必要があり、これには特別な工具を使います。危険を伴うため慎重に行いましょう。[14]
    • スプリングと布を安全に外せたら、ソファーから木材を取り除きます。[15]
  4. 4
    新しい木材を取り付けます。ガンタッカーまたはハンマーと釘を使って壊れた木材を新しいものに交換します。[16]
    • 木材を木工用接着剤で固定し完全に乾かします。[17]
    • 新しい木材にスプリングを取り付けます。この作業にはスプリングフックが必要になるかもしれません。バネを取り付ける金具を新しいねじで固定します。[18]
  5. 5
    布張りや布を元通りに取り付けます。フレーム修理が終わったら、布を元通り木材に取り付けます。フレームの底面に布地をピンと張りながらガンタッカーで取り付けましょう。[19]
    広告

ポイント

  • このような修理を始める前に家具修理の専門家に相談しましょう。適切な工具を使わずに行うと、一部の修理には危険を伴うことがあります。
  • 修理の際は必ず保護メガネと保護手袋を着用しましょう。
  • 自分で修理するのに抵抗があれば、修理を頼むか新しく買い替えましょう。

広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む12人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 家具
このページは 4,115 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告