ソーセージを調理する方法

この記事には:フライパンで焼く網焼きグリルで焼くソーセージを茹でるオーブンで焼く7 出典

ソーセージは、どんな料理にも合う1品です。燻製ソーセージはすでに加熱されていますが、焼くとさらに美味しくなります。生のソーセージは、どのように調理するにしても、まず茹でなければいけません。ここでは、ソーセージの調理方法をいくつか紹介します。

1
フライパンで焼く

  1. 1
    コンロでフライパンを熱する 中火または強めの中火でフライパンを熱します。熱に強いフライパンで、1~2分ほど熱します。
    • フライパンが十分に熱せられると、少し煙が立ってきます。または、フライパンに水滴を落とすと、水滴がジュッと音を立ててすぐに蒸発します。
  2. 2
    少量の油を使う  ソーセージには脂肪分が多く含まれているため、炒める時に油を余分に加える必要はありません。しかし、焼き始めの数分間は、この脂肪分は中に閉じ込められているため、フライパンにくっついて焦げやすくなります。炒めているうちにソーセージの中から脂肪分が出てきますが、それまでの間、ソーセージがフライパンにくっつかないように食用油(キャノーラ油など)大さじ1をひきます。
    • オリーブ油で炒める時は注意が必要です。オリーブ油は煙点が他の食用油よりも低いため、比較的低温で煙が出始めます。危険なわけではありませんが、煙探知器が反応したり、ソーセージの味に少し影響したりすることもあります。[1]
  3. 3
    熱したフライパンにソーセージを置く  フライパンにソーセージをひとつずつ慎重に置いていきます。ソーセージ同士がくっつかないように隙間を開けましょう。こうすることで、ソーセージの周りを均一に焼くことができます。たくさんのソーセージを調理する場合は、数回に分ける必要があります。[2]
    • ソーセージがつながっている場合は、切り離してからフライパンに置きましょう。
  4. 4
    両面に焼き色をつける  フライパンにソーセージを置いたら、動かさずにそのまま焼きます。2分くらいしたら、ソーセージをひっくり返します。ソーセージの周りに焼き色がつくまで、数分ごとに回転させます。ソーセージの大きさによりますが、10~15分ほどかかります。[3]
    • ソーセージに焼き色がついたら、ソーセージを1つ真ん中で切ってみましょう。中の肉は弾力があり、十分に火が通った状態でなければいけません。ピンク色の部分が残っていないか、肉汁が透明かどうかを確認しましょう。状態を見てみて必要なら、さらに加熱をします。[4]
    • 長いトングを使えば、油の飛び跳ねを避けることができます。
  5. 5
    ソーセージを平たくして、または半分に開いて調理時間を短縮する 中まで火が通るまで待っていられないという人は、調理時間を短縮する次の方法を参考にしましょう。
    • その方法のひとつに、ソーセージを「蝶」のようにする方法があります。包丁でソーセージを縦半分に切り開きます。ソーセージを「蝶」のように開き、開いた方を下にしてフライパンに並べます。色づくまで焼きます。
    • また、ソーセージを平たくすると調理時間を短縮することができます。重い鍋やフライパンの底でソーセージに圧力をかけて、平たくしてから焼きます。
  6. 6
    必要に応じて、蒸し焼きにする  ソーセージによっては(特に大きなもの)、中まで十分に火が通るまでかなり時間がかかるものもあります。しっかり火を通したいが焦げるのが心配、という場合は、次の方法を試してみましょう。フライパンにぴったり合うサイズの蓋を準備します。
    • 上記のようにソーセージを焼きます。焼き色がついていますが、中はまだ生の状態です。
    • フライパンが熱い状態でカップ半分の水を注ぎます。フライパンに蓋をします。蒸気になった水分が底の方からソーセージを包み込むことによって、ソーセージの周りから熱が加わります。
    • コンロの火を弱めの中火にします。5~10分加熱し、蒸気で火傷しないように注意しながら蓋を開けます。さらに数分間ソーセージを焼くと、皮が「パリっと」した食感になります。

2
網焼きグリルで焼く

  1. 1
    網焼きグリルの準備  ソーセージを網焼きにするのとフライパンで焼くのとは似ていますが、全く同じというわけではありません。まず、網焼きグリルを点火します。ガス式の網焼きグリルの場合は、強めの中火に設定します。炭火を使う場合は、多めの炭に火をつけ、炭が灰をまとい、赤くなるまで燃やします。
    • 炭火を使いたいけど、使い方がよくわからないという人は、詳しい使い方(炭焼きグリルを使う方法)を参考にしましょう。
  2. 2
    炭焼きグリルに「温度の高い部分」と「温度の低い部分」を作る  網焼きグリルが温まったら、温度の微調整を行いましょう。網焼きグリルの火力を片方は強くし、もう片方は弱くします。火力の調整は次のように簡単にできます。
    • ガス式の網焼きグリルの場合は、片方の火を弱めます。
    • 炭火を使う場合は、網焼き専用の金属製の道具を使って、火のついた炭を慎重に片方に寄せます。もう片方には少しだけ炭を残しておきます。火のついた炭の上に網を慎重にのせます。
  3. 3
    温度が高い部分でソーセージを焼く  温度が高い部分にソーセージをひとつずつ並べます。火の通りが均等になるように、ソーセージとソーセージとの間を少し開けて並べましょう。フライパンでの調理と同様に、ソーセージがつながっている場合は、網の上に並べる前に切り離しましょう。
    • 2分ほどしたらソーセージを回転させます。ソーセージの下面に美味しそうな焼き目がつくまで焼きます。裏返してもう片方の面も焼き、次の作業に入ります。
  4. 4
    温度が低い部分に移して中まで火を通す  ソーセージに焼き色がついたら、長めのフォークかトングでソーセージを片方に移動させます。温度の高い部分にのせておくと焦げてしまいますが、温度の低い部分に移動させれば、焦がさずに加熱することができます。時々ソーセージを回転させながら10分ほど焼きます。
    • 上記のように、外側に焼き目がつき、肉が弾力を帯びていて、ピンクの部分がない状態までしっかり加熱しましょう。肉汁は透明かどうか確認します。

3
ソーセージを茹でる

  1. 1
    鍋の7部目まで水を入れる  普通にお湯で茹でるのも悪くはありませんが、それだけではソーセージに風味が付きません。水に好みのスープベースを混ぜ合わせて茹でるとよいでしょう。例えば、だし汁、ブイヨン、ワイン、ビール、トマトソースで茹でると、その風味がソーセージに移ります。[5]
    • ソーセージを茹でると、パリッとした食感にはなりませんが、ソーセージの中に水分と脂肪分を閉じ込められます。ひき肉、脂肪分、水分が滑らかに混ざりあったソーセージは「乳化ソーセージ」と呼ばれ、茹でる方法が適しています。例えば、ブラートブルスト、ホットドッグ、フランクフルト、ヴァイスヴルスト、クナックブルストなどは茹でて食べるとおいしいソーセージです。[6]
  2. 2
    水を沸騰させる  コンロの火を強火にします。ソーセージを茹でる時は、お湯をたっぷり沸かす必要があります。お湯が沸くまで多少時間がかかります。
  3. 3
    沸騰したお湯にソーセージ入れる  お湯が跳ねないように、トングや長い箸などで低いところからソーセージを1つずつ入れましょう。ソーセージを落として入れてはいけません。ソーセージを全て入れたら、火を弱めて静かに沸騰させます。
  4. 4
    ソーセージに火を通す  沸騰した鍋に蓋をします。加熱済みのソーセージ(ホットドッグに使われるソーセージなど)であれば、中が熱くなるまで(約10分)茹でるだけでよいでしょう。「未加熱」のソーセージの場合、30分程度の加熱が必要なこともあります。どちらのタイプのソーセージでも、全体に火が通るように時々かき混ぜながら茹でましょう。
    • 茹で上がったソーセージはフライパンや網で焼いたソーセージとは少し見た目が違います。茹でたソーセージは皮の部分は茶色く色づきませんが、肉が弾力を帯び、ピンクの部分が残らず、中まで均一に火が通ります。ソーセージのタイプによって、肉の色が灰色がかっていて色があまりきれいでないものがありますが、中までしっかり火が通っていれば食べられます。
  5. 5
    お好みで、フライパンで焼く  茹で上がったソーセージはおいしく食べられますが、さらに軽く炒めると、茹でた後でも皮に焼き目をつけてパリッとした食感にすることができます。フライパンを熱して、スプーン1杯の油を加えます。ソーセージの表と裏を茶色い焼き目がつくまで数分間焼きます。
    • 中央ヨーロッパまたは東ヨーロッパでは、茹でて食べるのが伝統的な食べ方ですが、焼いてもおいしく食べられるので、こうした方法も試す価値があります。

4
オーブンで焼く

  1. 1
    オーブンを予熱で180℃に温める  オーブンが温まるまでの間に下準備をします。
  2. 2
    天板を準備する  ソーセージをオーブンで料理する方法はたくさんあります。オーブンで焼く方法は、ソーセージを天板に並べるだけなのでとても簡単です。さらに、網でグリルした時にのように、ソーセージの余分な脂肪分を落とすことができます。
    • 天板をアルミホイルで覆います。こうすると後の掃除がとても楽です。
    • オーブンの中にアルミホイルで覆った天板を入れます。オーブン内の網は、間からソーセージが落ちないように、間隔が狭いものにするとよいでしょう。
  3. 3
    天板にソーセージを並べる 上記の方法と同様に、均一に火を通すために、ソーセージとソーセージとの間を2cmほど開けます。ソーセージが繋がっている場合は、切り離してから並べましょう。
  4. 4
    オーブンで20分焼く  オーブンの中心にソーセージを乗せた天板を置きます。10分ほどオーブンで焼き、裏返してさらに10分焼きます。[7]
    • ソーセージから出た油が飛んでくることがあるため、熱いソーセージを裏返す時は、トングを使用しましょう。
  5. 5
    火が通ったかどうかを確認する  オーブンで焼いたソーセージは「火が通る」と、グリルで焼いた時のような状態になります。焼きあがったソーセージの外側は茶色で、パリッとしています。中側は、肉に弾力があり、ピンクの部分がなく、肉汁は透明です。
    • ソーセージがまだ焼けていないようなら、さらに5分ほど加熱し、しっかりと火を通します。大きめのソーセージや厚いソーセージの場合、十分な加熱時間が必要です。

ポイント

  • スーパーマーケットなどで販売されているソーセージの中には、商品のパッケージに書かれている方法が今回紹介した方法とは全く異なるものもありますが、心配はいりません。英国、ニュージーランド、オーストラリアで販売されているソーセージは、パッケージに書かれた調理法に従えば(例えば、フライパン調理のみ、バーベキューコンロで調理可能など)安心して食べることができます。
  • 調理後の理想的な中心温度は60~65℃です。肉用の中心温度計があれば、調理中にソーセージの中心温度を計りましょう。
  • フライパンで調理した時にフライパンに残ったソーセージの脂肪分を使って、他の食材(野菜、パンなど)を焼いてみましょう。食材にソーセージの風味が付くため、さらに美味しくなります。

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む39人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 調理法 | 食・おもてなし

他言語版:

English: Cook Sausages, Français: faire cuire des saucisses, Italiano: Cucinare le Salsicce, Español: cocinar salchichas, Deutsch: Würstchen zubereiten, Português: Cozinhar Linguiças, Nederlands: Worst bereiden, Русский: приготовить сосиски, Bahasa Indonesia: Memasak Sosis, العربية: طهي السجق, ไทย: ปรุงไส้กรอก, Tiếng Việt: Chế biến món xúc xích, 한국어: 소시지를 조리하는 방법, 中文: 烹饪香肠

このページは 4,852 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?