タイピング速度を向上する方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム | 16 出典

この記事には:タイピングの基礎を極める速度を向上する姿勢と位置を改善する

大抵の職場において、タイピングは必須技量です。そのためにも、職場でさらにスキルアップをしたいのであれば、タイピング速度を向上する必要があります。タイピング速度を速めるために自宅で練習したり、適切な訓練を受けて上達することも可能です。いずれにせよ、タイピング速度を向上するには毎日の練習が欠かせません。

1
タイピングの基礎を極める

  1. 1
    使いやすいキーボードを探す キーボードには様々な形状があります。快適にタイピングできるようなエルゴノミックキーボードもあります。現在使用しているキーボードではうまくタイピングできないのであれば、エルゴノミックキーボードをいくつか試してみましょう。快適に作業できるようなものを選んでみましょう。[1]
    • キーの大きさを考慮に入れましょう。大きければ大きいほどタイピングしやすくなります。文字や数字キーは他のキーよりも頻繁に使用するため、頻繁に使うキーが大きく設定されたキーボードを選択する方がよいでしょう。[2]
    • 指の形状にフィットするように中央部が凹んだキーを含むキーボードもあります。この種のキーボードはタイピングミスを防ぐ上で効果的であるため、タイピング速度を向上できるでしょう。
    • 強めの触覚フィードバックを備えたキーボードを選ぶのが最善でしょう。キーを押した際に、入力されたことを伝える上で十分な反動が返ってきます。この反動により、タイピング中に間違ってキーを押すことを予防できるでしょう。また、より素早いタイピングが可能になります。
  2. 2
    キーボードに慣れる 大半のキーボードは比較的標準的な仕様になっていますが、中には様々な特徴やレイアウトを持つものもあります。キーボードに付属している説明書をしっかりと読み、すべてのキーの機能や、どのショートカット機能が有効かを把握しておきましょう。すべてのキーの機能を把握したら、タイピング中に思い出すことができるように、キーボードのレイアウトを頭の中で視覚的に描いてみましょう。[3]
    • 大抵のキーボードには、一般的なコマンドやキー入力が短時間でできるショートカットキーが備わっています。キーボードのショートカット機能を把握して、タイピング速度を向上させましょう。
  3. 3
    指を適切な位置に置く タイピング速度を高める上で最も重要な要素は、指を適切な位置でキーボード上に置くことです。左人差し指を「F」キーに置き、右人差し指を「J」キーの上に置きます。これらのキーの上には通常凸部があるので、キーボードを見なくてもその感触をつかむことが可能です。左手の親指以外の3本の指は「A」「S」「D」キーの上に置き、右手の親指以外の3本の指は「K」「L」「;」の上に置きましょう。親指はスペースキーの上に置きます。[4]
    • 「A」「S」「D」「F」「J」「K」「L」「;」 キーを含む列は、タイピング時にいつも最初に指が置かれて、最終的に指が戻る部分であるため、ホームポジションとも呼ばれています。
    • キーボード上に指を置く際に、つねに軽く曲げた状態で置き、手から力を抜きましょう。
    • キーボードが体の中央に面するようにします。
  4. 4
    ふさわしい指を使って別のキーを打つ タイピング時には、ホームポジションからキーボードの別のキーを打ちます。つまり効果的にタイピングする上で、特定の指が特定のキーを打つように意図されています。大抵の場合、ホームポジションの上下にあるキーを打つには、同じ指を使うことになるでしょう。[5]
    • 左小指で「A」キーに加えて、「1」「2」「Q」「Z」キーを打ちます。
    • 左薬指で「S」キーに加えて、「3」「W」「X」キーを打ちます。
    • 左中指で「D」キーに加えて、「4」「E」「C」キーを打ちます。
    • 左人差し指で「F」キーに加えて、「5」「6」「R」「T」「G」「V」「B」キーを打ちます。
    • 右人差し指で「J」キーに加えて、「7」「Y」「U」「H」「N」「M」キーを打ちます。
    • 右中指で「K」キーに加えて、「8」「I」「,」キーを打ちます。
    • 右薬指で「L」に加えて、「9」「O」「.」キーを打ちます。
    • 右小指で「;」に加えて、「0」「-」「=」「P」「[」[]」「‘」「/」キーを打ちます。
    • 別のキーを打っている指とは反対側の小指で「シフト」キーを打ちます。
    • 打ちやすい方の親指でスペースキーを打ちます。
  5. 5
    定期的に練習をする その他のスキルと同様に、タイピング速度を向上するには定期的に練習するしかありません。タイピングをすればするほど、キーボードのレイアウトや、適切な指の置き場所に慣れていくでしょう。また一般的な言葉の組み合わせをタイピングすることで、指の筋肉の働きが脳に記憶されていきます。そのためより早く、正確にタイピングできるようになるでしょう。[6]
    • 最も効果的な方法の1つとして、例文を繰り返し練習してみることが挙げられます。オンライン上では、タイピング精度や速度を向上する上で役立つ文章があります。
    • 練習中にはまず正確に入力することを心がけましょう。各単語を正確に入力し、適切な空白や句読点を入力します。タイピングの精度が上がれば、次に速度アップに取り組みましょう。
    • オンライン上でタイピングテストを受けるだけが練習ではありません。家族や友人にメールを送信したり、ネット掲示板などで投稿をして、タイピングスキルに磨きをかけて速度を向上しましょう。
  6. 6
    定期的に休憩をはさむ タイピング速度を向上する上で練習は不可欠ですが、必要に応じて休憩を取るようにしましょう。頑張りすぎると、疲れ果ててしまうだけでなく、最悪の場合、手根管症候群などの怪我を負ってしまう場合があります。手や手首に違和感を覚える際には、しばらくタイピングを止めて休憩を取りましょう。[7]
    • 頑張りすぎないためにも、一日にタイピングを練習する時間を設定して、練習スケジュールを作成します。ただ疲れすぎないためにも、スケジュールに休憩を組み込むようにしましょう。例えば、毎日30分間練習に費やすとしたら、10分間置きに休憩をはさんでもよいでしょう。

2
速度を向上する

  1. 1
    目をスクリーンに向ける タイピングをしていると、自然と目がキーボードの方に向いてしまう傾向があります。しかし、キーに目をやってしまうと、タイピング速度が低下するだけでなく、打ち間違いをする確率が増加してしまいます。入力する際には、ブラインドタッチとして知られている手法を駆使して、目をスクリーンに向けるように心掛けましょう。この手法を試し始めた当初は、若干入力ミスが増えるように感じられるでしょう。しかしすぐにキーボードのレイアウトやキーの位置に慣れていきます。それによりタイピング速度は向上するでしょう。[8]
    • キーボードを見ずにタイピングを練習する際には、手の上に布や紙、また段ボールを被せてみましょう。こうすればキーを見ることができなくなります。
    • 視線をコンピューターのスクリーンに向けるように努力しますが、キーの位置を確認するために時折キーボードを盗み見しても問題はありません。
  2. 2
    オンライン上のタイピングテストを受けてみる 自分のタイピング技能がどれほどかを知りたい場合には、オンライン上の様々なタイピングテストを受けてみてもよいでしょう。大抵の場合、特定の文章を入力するように求められます。ウェブサイトを通じて1分間の単語の入力数やタイピング精度が判定されます。こういったサイトを使用すれば、タイピング速度の上達を計る優れた目安となるでしょう。[9]
  3. 3
    ブランドタッチ練習用ソフトやゲームを使用してみる 視覚に頼るのではなく、感覚に頼ればより早くタイピングできるようになります。ブラインドタッチ練習用ウェアを使用してタイピングスキルに磨きをかければ、作業をより早く行うことができるでしょう。一般的に役立つ練習や楽しいゲームが用意されているので、楽しくタイピングスキルを上達できます。
    • ブラインドタッチ練習用ソフトを購入することもできますが、e-typingやP検など様々な無料のタイピング練習用ソフトもあります。
    • ブラインドタッチの基本を学習した後は、オンライン上の無料のタイピングゲームを使ってタイピング速度を向上するように努めましょう。無料で楽しめるゲーム形式のものもあります。いつも同じ文章を繰り返し練習するよりもはるかに楽しいので、タイピング速度向上のための練習を続けられるでしょう。
  4. 4
    タイピング教室を探してみる 自分の力でタイピング速度を上達しようとしても効果がなかった場合には、タイピング教室に通ってみてもよいでしょう。素早く正確にタイピングする上で、適切な指の置き位置や姿勢を教師から教わることができます。高校や大学に在学中であれば、学校内にタイピング用の授業があるかどうかを確認してみましょう。学生でなければ、近隣の市民講座や生涯学習センターにタイピング専用クラスがあるかもしれません。[10]
    • 利用できるタイピング専用クラスが近隣にない場合には、役立つオンライン上のプログラムもあります。個人レッスンではありませんが、指示に従って練習すればタイピング速度を向上できるでしょう。

3
姿勢と位置を改善する

  1. 1
    背中が支持された状態を保つ タイピングする際に大切な点として、背中をしっかりと支える椅子を選択します。最もよいタイプは、背もたれがわずかに湾曲したような形の椅子です。こうすれば背骨の反りを支持する助けになります。また、背もたれの底部分にクッションが備わっているような椅子は、背中の下部を支持する上で効果的でしょう。[11]
    • 背中にかかる圧力を軽減するためにわずかに体を後に傾けたくなるかもしれません。しかし体を後ろに傾けた状態でタイピングをすると、肩や首に負担がかかってしまう恐れがあります。椅子を机の近くに寄せれば、負担をいくらか緩和できるでしょう。
    • 背中の下部分にクッションがないような椅子の場合には、付加的に背中を支持するために、背中と椅子の間にクッションを置いもよいでしょう。
  2. 2
    首と肩から力を抜く 椅子に座ってタイピングする際に、肩と首から力を抜くように注意します。大抵の場合、椅子の背もたれに寄りかかるとリラックスできます。首と肩が支持されるので、真っ直ぐに保つために力をかける必要がありません。[12]
    • 肩から力が抜けているかどうかを確認する上で、ゆっくりと深呼吸してみましょう。息を吐いた際に、肩が自然に下がる位置にあれば、肩から力が抜けている状態であると言えます。
  3. 3
    肘を体の脇に寄せておく デスクチェアーにて快適な位置が見つかれば、肘を体の脇に引き寄せてみましょう。肘を体の脇に自然に保つ上で、調整式の肘掛けが付いた椅子を使用してもよいでしょう。[13]
    • 必要がなければ椅子の肘掛けを使用しなくてもよいでしょう。ただ、余分な支えをし、肘掛けを使用しないとしても、肘が脇部分に近い状態で維持されるように注意します。
  4. 4
    足を床に対して平らに置く 椅子にしっかりと座った後に、足を床に付けて真直ぐに座りましょう。こうすれば下半身が安定します。脚を組んだり、片方の足であぐらをかいたりすると、体勢を適切な位置で維持するのが困難になります。座面の高さが調整可能な椅子であれば、自然に足が床に付く地点まで高さを調整してみましょう。[14]
    • 座面の高さが調整できない椅子であれば、簡単に足を平らな位置に維持する上で、人間工学に基づくフットレストを購入してもよいでしょう。
  5. 5
    手首と手のひらを机から降ろす タイピング中に、机やキーボードが置かれている表面上に手首や手のひらを置かないようにすれば、より素早く正確に作業ができるでしょう。手首や手のひらを浮いた状態で維持しつつ、上向きや下向きに曲げないようにすれば不便を感じないはずです。手首を中間位置に保ちつつ、親指を前腕部と同一線上に並ぶようにしましょう。また、手首はキーボードと同じ高さになるようにわずかに曲げます。[15]
    • キーボードやキーボードトレイの中には、手首用のパッドが付属しているものがあります。それはタイピング中に手首を置くためのものではありません。むしろタイピングをしていない時に、少しだけ休憩するためのものです。手を手首用パッドの上に置く時には、手首ではなく、むしろ手のひらをその上に置いてみましょう。
    • 椅子に調整式の肘掛けがある場合には、前腕部が床に対して平行であり、手首が中立位置になるように設定しましょう。
  6. 6
    キーボードがふさわしい高さに来るようにする 最も効果的にタイピングする上で、キーボードがちょうど膝上の高さに来るように設定します。恐らく大半の人が設定している高さよりも低いはずです。キーボードをこの高さで設定すると、肘が90度開いた状態で腕を下方に下げることができるので有効です。[16]
    • 机や作業面に取付けられる調整式のキーボードやマウストレイを購入してもよいでしょう。そうすればキーボードを最も快適な高さに設定できます。
    • キーボードトレイがない場合には、椅子の高さを調整して、姿勢をより快適なものにしてみましょう。

ポイント

  • チャットサービスやメール、またフォーラムを使用する際には、簡略表記された言葉使いに慣れないように注意しましょう。さもないと、タイピングスキルを上達することはできません。正確でなければいくら素早くても意味がありません。

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: 能力向上

他言語版:

English: Improve Typing Speed, Español: mejorar la velocidad de mecanografía, Italiano: Migliorare la Velocità di Battitura, Português: Melhorar sua Velocidade de Digitação, Русский: увеличить скорость набора текста, Deutsch: Die Geschwindigkeit beim Tippen steigern, Français: améliorer sa vitesse de frappe au clavier, Bahasa Indonesia: Meningkatkan Kecepatan Mengetik, العربية: زيادة سرعتك في الكتابة على لوحة المفاتيح, Nederlands: Sneller leren typen, Tiếng Việt: Cải thiện tốc độ đánh máy, 中文: 提升打字速度, ไทย: พัฒนาความเร็วในการพิมพ์

このページは 293 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?