タイルの床を手入れする方法

フロアタイルは台所、洗面所、トイレなどの水回りによく使用されています。適切に手入れをすれば、新品のような状態を何年も保てます。フロアタイルの基本的な手入れ、洗剤を使用しての清掃、そして目地の汚れ落としの方法をwikiHowが紹介します。以下に紹介する方法はセラミック、または合成樹脂素材のフロアタイルのどちらにも有効です。また、掃除のし過ぎに注意しましょう。

方法 1 の 3:
フロアタイルの基本的な手入れ

  1. 1
    毎日掃除機をかける、または箒で掃く 小さなゴミ、食べ物のくず、フロアに溜まる埃をこれで取り除きます。濡れたところに放置された埃は、頑固な汚れになってこびりつきます。
    • モップや洗剤を使用する前に、掃除機をかけるか箒で掃きます。
    • 掃き終わったら、乾拭きをするかモップをかけます。
  2. 2
    お湯でモップをかける 床に染み汚れがなく、洗剤を使用する必要がなければ、湿らせたモップをかけるだけで十分に美しさが保てます。一区画ごとにきれいなお湯でモップをすすぎながら、床全体をきれいにします。
    • 食器洗剤を少量お湯に加えて、日々床に溜まる埃やチリの掃除をすることもできます。
    • 毎日の手入れには、床に雑巾がけをするか、ダスキンモップのような乾いたモップをかけるだけで十分です。
  3. 3
    床を乾かす お湯や洗剤を加えたお湯を使用した後は、床を小さな区画に区切って、余すところなく乾いたモップをかけます。こうすると、埃が新たに溜まって目地に染みが付くのを防ぐことができます。
  4. 4
    物をこぼしたら素早く対処する ジュースや、たとえ水でもこぼしたら直ちに拭き取ります。長く放置するほど、目地に時間をかけて浸み込んでいきます。オレンジジュースなど糖分を含む液体が乾くと、べとつき汚れになり厄介です。
  5. 5
    酷い汚れに消毒剤を使用する ペットが粗相した、または生肉を床に落とした場合は、消毒剤を汚れに直接スプレーして直ちに拭き取ります。
    • できれば、消毒剤をかけるのを汚れた部分だけに留めます。強い化学成分の作用でタイルフロアに染みが付く、または品質が損なわれる場合があります。
    広告

方法 2 の 3:
洗浄剤を使用する清掃方法

  1. 1
    お湯と酢の混合液で床にモップをかける 4リットルの水に1/2カップの酢を混ぜて、普段通りにモップをかけます。思うようにきれいに仕上がらなければ、水に洗剤を混ぜてもう一度モップをかけます。
    • 洗剤を使用した後はきれいなお湯で拭き取ります。タイルに残った洗剤にほこりが付着するのを防ぐためにも、洗剤をきれいに拭き取りましょう。 
    • 大理石の床に酢や化学薬品を使用しては行けません。 大理石を手入れする方法を参考にして、大理石の床を傷めずにきれいにしましょう。
  2. 2
    フロアタイルに付いた染みを取る 食べこぼしなどをしばらく放置すると、フロアタイルに染みが付きます。部分汚れ落としのペーストを作って染みを取り除きましょう。
    • 粉末クレンザーとお湯を1:1の割合で混ぜてペーストを作ります。
    • 清潔な布でペーストを染みの部分にすり込み、約5分から10分間おきます。
    • 柔らかいブラシで染みをこすり、お湯で洗い流したら、ペーストの残滓を布で丁寧に拭き取ります。
    • 染みが消えていなければ、同じ手順をもう一度繰り返します。
  3. 3
    フロアタイルのカビを取り除く トイレ、洗面所、お風呂場の床にはカビが生えがちです。カビを予防するには、シャワーを浴びた後などにしっかり換気をして、床を常に乾いた状態にしておくことが一番です。カビが生えてしまったらアンモニア溶液で対処します。
    • 手を保護するためにゴム手袋をはめます。部屋の換気が十分かを確認します。
    • 水とアンモニアを1:1の割合で混ぜます。
    • 柔らかいブラシにアンモニア混合液を浸けて、カビの生えた箇所をこすります。
    • カビが取れたらきれいな水で洗い流します。
  4. 4
    フロアタイルの錆を落とす 錆落としを頻繁に行う必要はおそらくありませんが、行う場合は灯油が効果的です。
    • 手を保護するためにゴム手袋をはめます。
    • 清潔な布に灯油を浸み込ませます。
    • 灯油が浸みた布で錆汚れをこすり取ります。
    • 残った錆と灯油をお湯で洗い流します。錆が完全に落ちていない場合は、同じ手順を繰り返します。
    広告

方法 3 の 3:
フロアタイルの目地をきれいにする

  1. 1
    消しゴムを使う この家庭の知恵は、目地の狭い部分の汚れを落とすのにとても効果があります。鉛筆のお尻に付いている消しゴムで、目地に付いた染みを消えるまでこするだけです。白かピンクのきれいな消しゴムを使用しましょう。
    • 紙やすりや目地用の研磨剤を使うと頑固な汚れにも高い効果があります。
  2. 2
    重曹を使う 目地汚れのほとんどは、天然材料を使用したこの方法できれいに落とすことができます。
    • 重曹と水でペーストを作ります。
    • 古い歯ブラシでペーストを汚れた目地に塗ります。ペーストを目地にしっかりとすり込みます。
    • こすり終えたらお湯で洗い流します。
    • しつこい汚れを落とすには、ペーストを塗った後に数分おいてからこすります。
  3. 3
    漂白剤で頑固な汚れを落とす 天然材料の方法で落とせない頑固な汚れには、漂白剤を使います。
    • 手を保護するためにゴム手袋をはめます。
    • 白い目地には漂白剤と水を3:1の割合で混ぜた混合液を使用します。色が付いた目地には普通の水を使用します。漂白剤を使用すると色が剥げる恐れがあるので、色の付いた目地に使用してはいけません。
    • 歯ブラシ、もしくはスポンジの端に溶液を付けて目地をきれいにします。漂白剤液をタイルに付けないように気を付けましょう。
    • 目地の汚れが落ちたら、漂白剤の跡が残らないようにお湯できれいに洗い流します。
    • 床が完全に乾いたら目地にグラウトシーラーを丁寧に塗り、ゴミや埃が付着するのを防ぎます。
    広告

ポイント

  • 床を区画ごとに手で雑巾がけをして乾かす方が、モップを使うよりもよい結果が得られます。
  • フロアタイルの目地専用のブラシや研磨剤をホームセンターで購入できます。紙やすりで目地をすり減らした程度によっては、目地材を補充する必要があります。

広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む25人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
このページは 6,681 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告