タイルの隙間(目地)を埋めてタイル固定するグラウトは、水、砂、セメントが材料で、きれいに保つのは至難の業です。目地にはすぐほこりや汚れがたまり、気が付くと白い目地が黒くなっています。wikiHowで目地の清掃方法を学んで、明るい白さを取り戻しましょう。きれいに保つ秘訣も学べば、しょっちゅう清掃する必要もなくなります。

方法 1 の 4:
酢とアンモニアを使う

  1. 1
    予備清掃を行う 目地磨きに取り掛かる前に、タイルを普段通りに掃除します。カウンターを拭く、床を掃いてモップをかけるなど、普段と同じように掃除をしましょう。表面についた汚れが落ちるので、後の作業が少し楽になります。
  2. 2
    洗浄液を作る バケツか大きなボウルに、お湯7カップ、重曹1/2カップ、アンモニア1/3カップ、酢1/4カップを入れます。材料をよく混ぜて重曹を完全に溶かします。
  3. 3
    洗浄液をスプレーボトルに入れる 洗浄液をスプレーボトルに入れておくと、汚れの酷い個所を狙って吹きかけやすく、また保管にも便利です。スプレーボトルに詰めたらよく振りましょう。
  4. 4
    目地に吹きかける 30~50 平方センチメートルほどの狭い範囲から始めます。洗浄液を目地に吹きかけて湿らせます。目地に浸み込むまで3~5分おきます。
  5. 5
    擦る 固い毛の掃除用ブラシ、歯ブラシ、「激落ちくん」のようなメラミンスポンジなどから、好みの道具を選びます。タイルの間にはまり込んだ汚れを、力を入れて擦り落とします。
  6. 6
    汚れた水を拭き取る 目地を擦ると、汚れた水がタイルに多少溜まります。雑巾で拭き取り、別の容器に絞りましょう。こうしておくと、最後にタイルがきれいに仕上がります。
  7. 7
    目地を全てきれいにする 前述の方法で他の部分も同様に磨いて、目地を全てきれいにします。汚れて黒くなっている個所を集中して擦り、隠れていた目地本来の白さを取り戻します。
  8. 8
    拭き取って仕上げる 目地がすっかりきれいになったら、もう一度、全体の仕上げをします。カウンターや風呂場のタイル目地の場合は、普段使っているスプレー洗剤をひと吹きし、雑巾で拭いて仕上げます。床の場合はタイルにモップをかけ、タオルで拭いて乾かします。
    広告

方法 2 の 4:
オキシドールと重曹を使う

  1. 1
    タイルをきれいにする 目地磨きに取り掛かる前に、好みの洗剤で普段通りにタイルを掃除します。床の目地を清掃する場合は、掃いてモップをかけます。風呂場や台所のカウンターは、洗剤をスプレーして拭き取ります。
  2. 2
    ペーストを作る 小さなボウルにオキシドールと重曹を混ぜて濃いペーストを作ります。材料の割合は好みの粘度、硬さによります。
  3. 3
    混合液を塗る 指、または歯ブラシで目地にペーストを塗ります。最初は30~50平方センチメートル程度の狭い範囲から始めましょう。目地が隠れるようにペーストを厚く塗り、5~10分おきます。
  4. 4
    擦る 歯ブラシのような小さなブラシ(できれば電動ブラシ)で目地を擦ります。狭い範囲に十分に力をかけて、ほこりや汚れを浮き上がらせます。目地がまだ汚れていたら、ペーストをさらに塗り、数分置いてからもう一度擦ります。
  5. 5
    目地磨きを完了する 目地にペーストを塗って汚れを擦り落とす作業を続けます。目地の汚れが全てきれいになるように、ゆっくりと進めましょう。
  6. 6
    タイルを拭く 濡れた雑巾でタイルに残ったペーストを拭き取ります。カウンターであれば専用のスプレー洗剤で、床であればモップと洗剤で、普段通りにタイルを掃除して仕上げます。[1]
    広告

方法 3 の 4:
酸素系漂白剤を使う

  1. 1
    タイルを拭く 目地磨きを始める前に、タイルの表面のほこりやゴミくずを拭き取っておくと、後の作業が楽になります。床を掃いてモップをかける、カウンターの表面にスプレー洗剤をかけて拭き取るなど、普段通りに掃除をしておきます。
  2. 2
    漂白剤を作る 酸素系漂白剤は安全な漂白化合物で、細菌や垢を分解して目地を白くします。酸素系漂白剤とお湯を1:1の割合で混ぜ、完全に溶かします。
  3. 3
    漂白剤をかける 30~50平方センチメートル程度の狭い範囲を決めて、そこに作った漂白剤をかけます。目地が完全に液体で覆われるようにします。作業がしやすければ、スプレーボトルに入れて使用しても問題ありません。漂白剤が効いてくるまで15~20分おきます。
  4. 4
    擦る 時間をおいたら、目地を擦ってほこりや汚れを落とします。目地を磨くには歯ブラシのような小さなブラシを使いましょう。擦りながら漂白剤を加えると、目地の湿気が保たれて、清掃作業がはかどります。
  5. 5
    余分な水分を拭き取る 目地を擦り終わったら、タイルに溜まった汚れた水を乾いた布で拭き取ります。水が多ければ、作業の途中で拭き取って布を絞ります。汚れた水を拭き取っておくと、最後の仕上げをするのが楽になります。
  6. 6
    目地の清掃を続ける タイル張りの範囲全ての目地磨きが終わるまで、漂白剤をかけては擦る作業を繰り返します。目地の汚れの酷い個所では、漂白剤をかけて1時間か、さらに長くおくといいでしょう。長く置くほど汚れを擦り落としやすくなります。
  7. 7
    タイルをきれいにする タイルを通常通りに掃除する前に、もう一度、水分を拭き取りましょう。最後のひと拭きで、残っていた漂白剤と汚れが落ちて、目地が新品のように白く輝きます。[2]
    広告

方法 4 の 4:
目地をきれいに保つ

  1. 1
    何かこぼしたらすぐに拭き取る クランベリージュースやオレンジジュースをこぼして何時間も放っておくと、確実に染みになります。床に何かをこぼしたら、跡が残らないように、濡らした布できれいに拭き取りましょう。
    • 染みが残ったらオキシドールを少量かけます。数分置いてからきれいな布で拭き取りましょう。
    • 乾いた汚れも目地に入り込むと染みになります。コーヒーの粉、土埃などの固形物も落ちたらすぐに掃きましょう。
  2. 2
    定期的に小さな汚れの手入れをする 大がかりな清掃をしょっちゅうしなくて済むように、汚れが小さなうちに対処しましょう。目地磨きに使用する洗浄剤をスプレーボトルに入れて、小さな範囲の清掃をします。または、小さな汚れを取り除く別の方法も試してみましょう。
    • 重曹のペーストを使う 重曹を少量の水で溶いてペーストを作り、汚れの付いた目地に塗りつけます。数分置いてから古い歯ブラシで汚れを擦り落とします。
    • 白い歯磨き粉を使う 汚れの付いた目地に歯磨き粉を直接絞り出して、指で擦りつけます。数分置いてから古い歯ブラシで擦り、濡らしたきれいな布で拭き取ります。
    • 消しゴムを使う ごく小さな汚れには、消しゴムが驚くほどよく効きます。色がついた消しゴムを使うと目地に色が移り、染みを残す恐れがあるので、白い消しゴムを使います。
  3. 3
    換気をよくする 風呂場は湿気が何時間も残ることがあり、黒カビや白カビが目地に付きやすくなります。シャワーや入浴の後には換気扇を回し、濡れたタイルを拭いて、目地にカビが生えるのを防ぎましょう。
  4. 4
    グラウトシーラーを塗る 年に一度、市販のグラウトシーラーを塗ると、目地を埋めるグラウトの細かな穴に汚れがすぐに浸み込むのを防ぎ、お風呂の黒カビ、白カビも防ぎます。ホームセンターやオンラインショップでグラウトシーラーを購入し、説明書の指示に従って使用しましょう。
  5. 5
    違う色に染める 目地を白く保とうとすることが、あまり実用的ではない場合もあります。髪を自宅で染める、台所で絵の具を使って遊ぶのが好きな子供がいる、もしくは、目地を真っ白に保ちたいという気がない、ということであれば、目地の汚れを利用して他の色に染めてもいいでしょう。目地の色をタイルの色に合わせたり、全く違う色を選んでコントラストを楽しんだりすることもできます。
  6. 6
    目地の寿命を知る 目地は古くなるとヒビが入ったり砕けたりして、そこに湿気が入り込むとそれが悪化し、時間とともにタイルの劣化につながります。目地を取り換えるのは大変な作業ですが、取り換えれば掃除がしやすくなり、カビの発生も防ぐので、必要に応じて行う価値はあります。
    広告

ポイント

  • 清掃作業中は窓を開けて換気を良くしましょう。
  • 大きなホームセンターではリン酸配合のタイル目地洗浄剤を扱っています。使用する際は説明書をよく読んで指示に従いましょう。

広告

関連記事

How to

アリを殺虫剤なしで殺傷する

How to

エアーベッドの空気漏れを修理する

How to

革製品の臭いを取り除く

How to

キャンドルのロウを落とす

How to

台所のアリを駆除する

How to

カタツムリを駆除する

How to

コンクリートを仕上げる

How to

池の藻を除去する

How to

マンゴーを熟成させる

How to

ヒューズをチェックする

How to

ツタを取り除く

How to

コーラでトイレを掃除する

How to

衣服に付いたロウを落とす

How to

ミリオンバンブーを栽培する
広告

このwikiHow記事について

Raymond Chiu
共著者
ハウスクリーニング業者
この記事の共著者 Raymond Chiu. レイモンド・チウは、ニューヨーク市を拠点として手頃な価格で個人宅、および商業施設の清掃サービスを行う会社「MaidSailors.com」の運営責任者を務めています。バルーク大学にて事業管理経営の学士号を取得。 この記事は15,636回アクセスされました。
このページは 15,636 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告