タオルを洗濯したあと乾かすのを忘れると、鼻を刺激するようなカビ臭が発生してとても使う気になどなれないでしょう。幸いにも優れた洗浄方法がいくつかあるので、この悪臭に自分で対処することができます。

方法 1 の 3:
タオルを酢で洗う

  1. 1
    タオルを洗濯します。臭いタオルとホワイトビネガー250mlを洗濯機に入れ、できるだけ高い温度で洗いましょう。[1]
    • この時点で、洗濯用洗剤や柔軟剤は使いません。
  2. 2
    洗濯機の中でタオルを浸します。すべてがよく混ざったら洗濯機を一時停止します。酢水にタオルを1時間ほど浸けてから洗濯を再開します。
  3. 3
    酢と洗剤を加えます。もう1度洗濯しますが、今度は酢250mlと普段使っている洗濯洗剤を加えます。普段と同じ分量の洗剤を投入し、普段通りに洗濯します。ただし、最後に脱水を余分に行いましょう。
    • 洗濯機で脱水時間を延長するか脱水が終わってからもう1度脱水します。
  4. 4
    タオルを直ちに乾燥機に入れます。2度目の脱水が終了したら、すぐにタオルを乾燥機で乾かしましょう。乾燥機をできるだけ高温に設定し、タオルを完全に乾かします。その後もう1度乾燥機でタオルを乾かします。
    広告

方法 2 の 3:
タオルを熱湯と洗剤に浸ける

  1. 1
    オキシクリーン160mlを大きなバケツに入れます。酢や重曹で洗濯しても効果がなければ、今度はオキシクリーンと熱湯に浸けてみましょう。初めにオキシクリーン160mlを大きなバケツに入れます。
    • 手を保護するために手袋をつけましょう。
  2. 2
    熱湯を注ぎます。バケツに熱湯を注ぎましょう。蛇口のお湯がそれほど熱くない場合は、水を沸騰させてバケツに入れます。熱湯を注ぎながらバケツをそっと前後に傾けて、オキシクリーンと熱湯を混ぜましょう。バケツをひっくり返したり中身をこぼしたりしないように気を付けましょう。
  3. 3
    バケツにタオルを入れます。熱湯をバケツの半分まで入れたら、バケツにタオルを入れましょう。タオルが完全に浸るようにします。
    • タオルを浸したまま48時間おきます。
  4. 4
    タオルを洗濯機で洗います。タオルをバケツから取り出して絞りましょう。その後すぐに洗濯機に入れ、洗剤と柔軟剤を投入し、できるだけ高い温度で洗濯します。
    • タオルを洗濯する際にオキシクリーンを加えることもできます。[2]
  5. 5
    タオルを乾かします。洗濯が終わり次第タオルを乾燥機で乾かしましょう。乾燥機を高温に設定してタオルを完全に乾かします。洗濯と乾燥が終わったタオルは新品のようになるでしょう。
    • この方法でもカビ臭が残っていたら、新しいタオルと交換する必要があるかもしれません。
    広告

方法 3 の 3:
洗濯機のカビを取り除く

  1. 1
    洗濯機の欠陥を確認します。洗濯終了後排水が完全に行われていない場合は、それがカビ臭の原因かもしれません。洗濯機のどこかに水が残っていないか確認してみましょう。排水に問題がある場合は専門家に修理を依頼するか、新しい洗濯機に替える必要があるかもしれません。
  2. 2
    パッキンを洗いましょう。タオルのカビ臭の原因の一部は洗濯機にあるかもしれません。洗濯機の内部には水漏れを防ぐゴム製のパッキンが付いていますが、洗濯機から発生するカビ臭を取り除くためには、このパッキンを洗浄することが重要です。石鹸水を含ませた雑巾でパッキンを拭くか、低刺激のカビ取り剤をスプレーしましょう。同量の水で希釈した漂白剤を使うこともできます。
    • パッキンの手が届きにくい箇所を掃除するには、古くなった歯ブラシを使いましょう 。
    • パッキン全体を掃除します。パッキンを引っ張りながら、ひだの間の狭い部分も掃除しましょう。[3]
  3. 3
    洗剤ケースを掃除します。洗濯機から洗剤ケースを外し、食器用洗剤少量と水を混ぜたものを使ってこすります。洗剤ケースに残った洗剤や溜まった水で、洗濯機のその部分から悪臭が発生することもあります。
    • 洗剤ケースを洗濯機から取り外せない場合は、雑巾や細いブラシを使ってできるだけきれいに掃除しましょう。[4]
  4. 4
    洗濯機を回します洗濯機には何も入れずに、できるだけ高温に設定して長時間洗濯機を回します。カビ臭が残っていたらもう1度洗濯機を回しましょう。カビ臭を取り除くためには洗濯機を何度か回す必要があるかもしれません。[5] 次のいずれかを直接洗濯機に入れて洗濯機を掃除してみましょう。[6]
    • 漂白剤1カップ
    • 重曹1カップ
    • 酵素系食洗器用洗剤1/2カップ
    • 洗濯機用洗浄剤1/2カップ
    • 酢1カップ
  5. 5
    専門家に依頼します。上記の方法を試してもカビ臭が取り除けない場合は、専門家に洗濯機を確認してもらいましょう。ドラムの裏側にカビが繁殖しているか、排水口やフィルターが詰まっている可能性もあります。[7]
    • 修理認定業者は洗濯機の不具合を確認することができ、必要に応じて洗濯機を分解し、臭いの原因を突き止められるかもしれません。
  6. 6
    カビ臭を防ぎましょう。カビの発生個所を突き止めたら、カビが再び繁殖しないように予防策を講じましょう。予防策の例は次の通りです。
    • 洗濯機の風通しを良くする。洗濯機を使わないときはドアを開けておきましょう。ただし、ペットや子供が洗濯機の中に閉じ込められないように注意する必要があります。[8]
    • 洗剤を賢く使う。 泡があまり立たない洗剤および高性能洗濯機に特化した洗剤を使いましょう。一般的に、粉末洗剤は液体洗剤ほど泡が立ちません。また、洗剤の使用量の目安を超えた量を使わないようにしましょう。使う洗剤の量を減らしたほうが、衣類をきれいに洗濯できる場合もあります。[9]
    • 柔軟剤の使用を控える。液体の柔軟剤は、カビの繁殖につながるカスを残す傾向があります。液体の柔軟剤ではなくドライヤーシートやドライヤーボールを使って、洗濯物をふんわり乾かしましょう。[10]
    • パッキンを乾燥させる。ゴムパッキンの周囲やひだの内側を雑巾で拭き取りましょう。洗濯機を使うたびにパッキンを拭くのが理想的です。洗濯のたびに拭くのでなければ、週に1度などと決めて、定期的にパッキンを拭いて発生したカビを取り除きます。[11]
    • 漂白剤を使う。月に1度漂白剤と熱湯で洗濯しましょう。洗濯機の殺菌になるだけでなく、ひどく汚れた作業着や汚いタオルを洗う良い機会にもなります。[12]
    広告

ポイント

  • 使用後のタオルを掛けて乾かすとカビを防げます。掛ける場所が足りなければ、家族の人数分のタオルが掛けられるようにタオル掛けを増やしましょう。
  • 防カビ効果のある洗濯洗剤や漂白剤配合の洗濯洗剤を使いましょう。カビ臭を落とす効果に加えカビの繁殖を防ぐ効果があります。
  • 日当たりの良い場所に住んでいる場合は、タオルを干して日光にあてて乾かしましょう。

広告

注意事項

  • 洗濯機に漂白剤とアンモニアを同時に入れてはいけません。これらが混ざると有毒な塩素ガスが発生し、命にかかわる恐れがあります。
  • 漂白剤、酢、その他強力な洗浄剤を使い過ぎると、洗濯機のパッキンが劣化し、水漏れする場合があります。さらに、強力な化学物質を使用すると、洗濯機の保証の適用除外になる場合があります。
広告

関連記事

How to

銅製品の汚れを落とす

How to

天然成分の消毒剤を作る

How to

失くしたテレビのリモコンを見つける

How to

カーペットの臭いを消す

How to

家庭でのノミ駆除

How to

濡れたカーペットを乾かす

How to

窓ガラスの水垢を取る

How to

クモの駆除

How to

自分の部屋を掃除する

How to

タイルの目地をきれいにする

How to

冷凍庫の霜取り

How to

時間が経った犬のおしっこのシミを落とす

How to

アイロン面の汚れを落とす

How to

薬剤を使わずにアリを駆除する
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 by
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は3,859回アクセスされました。
カテゴリ: 掃除
このページは 3,859 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告