タトゥーマシンを作る方法

タトゥーは個性的で創造的な自己表現の形です。自分の手でタトゥーマシンを作れば、個性も独創性も一段とアップします。簡単な手順を踏めばすぐに、自分や友人にタトゥーできるようになります。

方法 1 の 2:
部: 部品を作る

  1. 1
    モーターを手に入れます。電動モーターなどの回転モーターで、12ボルト以上で作動するものが必要です。18ボルトなら理想的です。
  2. 2
    チューブを作りましょう。このチューブが針のガイドとなります。鉛筆やペンを使って簡単に作れます。
  3. 3
    固定用の金具を設計します。マシンのモーターに取り付けて、チューブを支えるためのものです。
  4. 4
    針を作ります。ギターの金属製の弦をチューブより3cmほど長く切ります。部品を組み立てた時に、モーター中心部からチューブ先端まで届く長さが必要です。鍋に石鹸と水を入れて沸騰させましょう。針を鍋に入れて5分間煮沸します。きれいな水ですすいだ後、今度は水だけを使って再び煮沸します。
    広告

方法 2 の 2:
マシンを組み立てる

  1. 1
    チューブを金具に取り付けます。シャープペンシルから消しゴムと芯を取り除きます。スプーン(あるいは歯ブラシ)の短い方の端を、銃を構えるような恰好で手の中にしっかり持ち、テープでペンシルに固定します。この時、シャープペンシルの消しゴムのあった側の端をスプーンの直角部に揃え、軸は金具のまっすぐな面に沿わせます。ペンシルの先端は金具よりも長く突き出ているはずです。
  2. 2
    モーターを金具に接着します。金具の短い方の柄にモーターをテープで固定します。モーターはまっすぐに、かつボタンと軸の中心線をきれいに揃えて取り付けます。
  3. 3
    針を挿入します。シャープペンシルの先端にギターの弦を差し込み、チューブに通していきます。反対側に達したら、ペンチで弦の先端を直角に曲げます。次に、弦の端をもう一度直角に曲げ、針の先端部にフックを作ります。長くなりすぎないよう、フック部分の余分な弦は切り取りましょう。
  4. 4
    針をモーターに装着します。先ほど作ったフック部分をボタン穴の一つに差し込みます。ボタンを回転させると、針がペンシルのチューブの先から出たり入ったりするのが見えるはずです。針は必要に応じて短く整えます。
  5. 5
    電源を接続します。CDプレイヤーのプラグイン・アダプターや携帯電話の充電器その他、2本の電線でできている電源を使います。電線を分けてモーターの接触部につなぎます。
  6. 6
    使い捨ての物品を廃棄します。タトゥー施術後は針とチューブ(シャープペンシルやペン)は必ず処分します。いかなる場合でも、こうしたものを使い回してはいけません。肝炎やエイズといった病気を広める恐れがあります。自分にしか彫らないつもりであっても、危険を冒すべきではありません。ギターの弦やシャープペンシルなどは相当安く手に入るのですからなおさらです。
    広告

ポイント

  • 針は多めに用意し、使い捨てましょう。
  • 針は必ず殺菌します。絶対に再使用してはいけません。

広告

注意事項

  • 重要:必ず適切な殺菌処理を行ってください。
  • タトゥーマシンはおもちゃではなく、医療器具のようなものと考えるべきです。消毒処理を施して慎重に取り扱うとともに、ほかの人に施術する前に自分の体で使用して練習を積みましょう。
広告

必要なもの

  • 回転式モーター
  • シャープペンシルかボールペン
  • スプーンか歯ブラシ
  • ギターの弦
  • 黒の絶縁テープ
  • ハサミ
  • ペンチ
  • マルチ電源
  • タトゥー用のインク(インターネットやタトゥーショップで入手可能)

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む37人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
このページは 2,823 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告