タニウツギはきれいな赤やピンクの花を咲かせる低木で、約2メートルの高さまで生長します。剪定することで、タニウツギの樹形が保たれ、健全な生育も促されるので花付きが良くなります。適切な方法で剪定を行うと、丈夫で元気なタニウツギを育てることができます。

方法 1 の 2:
枝を切る

  1. 1
    主幹の地際で側枝を2、3本、鋸で切る 側枝を切ると、タニウツギは元気いっぱいに育ちます。主幹の横に伸びている側枝を2、3本見つけて、剪定用の手引き鋸を使い、切り口が斜め45度の上向きになるように切ります。できるだけ地面に近い箇所で枝を切りましょう。[1]
    • こうすると、タニウツギのエネルギーが主幹と新しい芽の生育に注がれ、さらに旺盛に花を咲かせます。
  2. 2
    鞘がついた枝の先端部分を切り落とす 花が咲いて散った後に鞘が残ります。鞘はタニウツギの枝先にあり、芽のように見えます。剪定バサミを使って、鞘の下についている花芽のすぐ上で、上部の生長部分を切ります。[2]
    • 枝の長さの半分まで切ることができます。
    • 花芽のすぐ上で水平に切りましょう。
    • 古い芽を切り落とすと新しく力強い芽の生育が促され、翌年旺盛に花を咲かせます。
  3. 3
    枯れた枝や病気になった枝を切り落とす 手で触ったときに折れそうだったり、中空のように感じられる、薄い灰色や茶色の枝を探しましょう。病気の枝には斑点やカビがついていることもあります。こうした枝は主幹の近くで斜め45度に切り落として、新しい芽が育つスペースを作り、病気が感染する可能性を防ぎます。[3]
    • 枝の切り口の中央が茶色や灰色になっているなら、枝は枯れています。
  4. 4
    か細い枝を剪定する 弱々しい枝や、か細い枝は、花芽が育たない可能性が非常に高くなります。こうした枝は主幹の近くで切り落として、他の部分の生育を促すようにしましょう。[4]
    • 必要最低限の芽がついていて、花を咲かせることができる太い枝は残します。
  5. 5
    主幹にあたっている枝を切り落とす 主幹にあたったり交差したりしている枝は、株を傷める可能性があるので切り落としましょう。剪定バサミを使って、主幹に近いところで切り詰めます。[5]
  6. 6
    タニウツギを「更新する」ために数年にわたって3分の1ずつ剪定する タニウツギを始めから育て直したい場合は、更新剪定をします。毎年、新しい枝だけは残して、すべての枝を3分の1の高さ(10~25センチ)まで剪定します。タニウツギを育て直すために、株を新たに購入する必要がなくなるので、これは非常に良い方法です。[6]
    • 更新剪定は晩冬に行わなければいけません。
    広告

方法 2 の 2:
タニウツギを手引きに従って剪定する

  1. 1
    タニウツギは晩秋、または初春に剪定する 霜の恐れがなくなる晩秋、または初春にタニウツギを剪定しましょう。今年の花付きを良くしたければ開花前に、次の開花時期に旺盛に咲かせたければ開花後に、剪定すると良いでしょう。[7]
    • 7月中旬を過ぎてからタニウツギを剪定してはいけません。[8]
  2. 2
    1回の剪定は株全体の3分の1以下に止める 剪定しすぎると、木を弱らせたり、枯らしたりする可能性があります。1年に行なう剪定は必ず株全体の3分の1以下に止めましょう。[9]
    • 生育部分を大量に取り除く必要がある場合は、数年かけて徐々に行っていきましょう。
  3. 3
    タニウツギを年に1度剪定する タニウツギは、たくさんの芽を付けた、か細くて弱々しく見える枝を伸ばす傾向があります。これでは、タニウツギの花の自然の美しさが損なわれてしまいます。このような枝ばかりになってしまわないように、毎年1回剪定をしなければいけません。[10]
  4. 4
    よく切れる消毒した剪定バサミを使う よく切れるハサミを使うと、タニウツギの損傷を防げます。剪定する都度、ハサミをアルコールで拭いて、他の植物に病気が感染するのを防ぎましょう。[11]
    • 剪定バサミで枝をまっすぐ切り落とすというよりも、折ったり割ったりしている場合は、新しいハサミを購入しましょう。
  5. 5
    芽の上で枝を剪定し、伸びる方向を調整する 上向きの芽はそのまま上へ向かって伸び、下向きの芽は下に向かって伸びていきます。芽のすぐ上で枝を切ると、芽が伸びる方向を調整することができます。タニウツギの樹形を保つために剪定を行う場合は、このことに留意しましょう。[12]
    広告

ポイント

  • 剪定する時に着用する園芸用手袋は品質の良いものを購入しましょう。品質の良い手袋なら、手をしっかり保護する上に作業のじゃまになりません。
  • 剪定道具等は毎回使用する前後に、必ず消毒用アルコールを使って消毒し、清潔にしましょう。
広告

必要なもの

  • 剪定用鋸
  • 剪定バサミ
  • 園芸用手袋(任意)

関連記事

コオロギを捕まえるコオロギを捕まえる
カタツムリを駆除するカタツムリを駆除する
きのこを駆除する
レモンの種を植えて育てるレモンの種を植えて育てる
鉢植えのアリを駆除する鉢植えのアリを駆除する
ミノムシを駆除するミノムシを駆除する
観葉植物の変色した葉先を切り取る観葉植物の変色した葉先を切り取る
ツタを取り除くツタを取り除く
ミリオンバンブーを栽培するミリオンバンブーを栽培する
枯れそうなアロエベラを復活させる枯れそうなアロエベラを復活させる
木の根を枯らす
デーツの種を発芽させるデーツの種を発芽させる
バラを種から育てるバラを種から育てる
マンゴーを熟成させるマンゴーを熟成させる
広告

このwikiHow記事について

Maggie Moran
共著者 ::
ホーム・ガーデン専門家
この記事の共著者 : Maggie Moran. マギー・モーランはペンシルバニア州に住むプロの園芸家です。
このページは 126 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告